読了時間:約 2

今や生活必需品となったスマホですが、落下による破損や水濡れ及び水没故障など、精密機械であるが故に偶発する故障リスクは高く存在します。加えて、モバイルデバイスとして何処へでも持ち歩くので、端末ごと紛失する可能性もあります。

しかし、そんな不測の事態が起きても、端末内部のデータのバックアップがあれば、新しい端末を購入してデータを移行することで、これまでと同じ使い勝手のスマホを再び手にすることが出来ます

もちろん、通信手段や使用機器としてのスマホというだけでなく、データ自体が大事な思い出や資産である方も多いと思います。大切なスマホデータを保護するためにも、データのバックアップはこまめに行いたいところです

定期的に行うべきiPhoneのデータバックアップ手順をお伝えします。

バックアップの前の確認事項


データのバックアップを行う前に、各情報を確認・更新して下さい。

Apple ID

iPhoneの主要なデータバックアップ方法は2通りです。iCloudを利用する方法と、iTunesがインストールされたPCを利用する方法です。

どちらの方法でバックアップを取るにしても、AppleIDが必要になります。

Apple ID確認手順

  1. [設定] > [自分の名前]をタップ

アイコンの下にApple IDが表示されます。

iOSアップデート

バックアップ対象のiPhoneが最新のiOSにアップデートしてあるか確認して下さい。最新のiOSでない場合は、アップデートしてからバックアップを取るようにして下さい。

iOSのverが古い状態でバックアップされたデータでは、正常に復元ができない場合があります。

iOSのアップデート手順

  1. [設定] > [一般] > [ソフトウェアアップデート] > [今すぐインストール]

電源管理

バックアップの途中でiPhoneやPCの電池残量がなくなっては大変です。正常にバックアップがされないどころか、最悪、iPhoneが故障してしまう可能性すらあります。

バックアップ途中で電源が落ちてしまわないよう、十分に電池容量がある状態でバックアップを行うようにして下さい。

ただし、iCloudを利用する方法で自動バックアップを設定した場合は、電源接続が条件の一つとなるので、特に電源管理に気を配る必要はありません。

また、iTunesを利用する方法も、PC接続することでiPhoneが給電されるため、電源管理は必要ありません。ただし、接続先のPCがラップトップなどバッテリー搭載機器である場合、PCの電源管理を忘れずに行って下さい

iCloudとiTunesのバックアップの違い

iCloud iTunes
データ保存場所 iCloud PCまたはiCloud
ストレージ iCloudの契約プランによる(最大2TB) PCの空き容量による
暗号化 常に暗号化 暗号化と非暗号化で選択可能
その他 Wi-Fi環境必須 iTunesがセットアップされたPC必須

バックアップできるデータ

  • Appデータ
  • Apple Watchのバックアップ
  • デバイスの設定
  • HomeKitの構成
  • ホーム画面とAppの配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
  • iPhone上の写真とビデオ
  • Appleサービスからの購入履歴(音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemailのパスワード(バックアップ時に使っていたSIMカードが必要)

iPhoneのほぼすべてのデータを保存できます。また、iCloudを利用するバックアップでは、保存したいデータあるいはアプリ毎に細かく選択して保存ができます。バックアップの必要のないデータは省くことが可能です。

データの保存容量に限りがある場合は、バックアップを取るべきデータか否か、事前に確認して判断して下さい。設定手順は次章で説明します。

アプリ毎のバックアップ情報確認

LINEやTwitter、ゲームなどのアプリは、別途IDやパスワードといったアカウント情報でデータが紐付けられています。また、それらのアプリは、単体でバックアップ機能を有していることもあります。

特に注意が必要なのは、アプリ単体のバックアップ機能でしかデータ復元が出来ない場合があることです。大切なデータを扱っているアプリは、単体でのバックアップが出来るかどうか確認し、別途バックアップをとることをオススメします。

iCloudを利用したバックアップ


iCloudを利用すれば、とても簡単にiPhoneのデータをバックアップすることができます。また、バックアップデータは全て暗号化されます。ただし、iCloudでのバックアップは、Wi-Fi環境が必須です。

Wi-Fiの電波状況が悪い場所では正常にバックアップが完了しません。前章で確認した電源のほか、Wi-Fiの電波状況も安定した場所を確保してからバックアップを行って下さい。

また、iCloudを利用したバックアップは手軽な反面、クラウドストレージの利用料金を支払うコストがかかります。無料プランは月5GBまでしか容量がないため、写真や動画を含むバックアップデータの保存先として現実的とはいえません。

必然的にiCloudを利用したバックアップは有料プランの契約者のみに利用可能な方法といえます。

iCloudのストレージプラン

容量 月額利用料金(税込)
5GB 無料
50GB ¥130
200GB ¥400
2TB ¥1,300

バックアップ手順

  1. Wi-Fiをオン
  2. [設定] > [自分の名前] > [iCloud] > [iCloudをバックアップ]をタップ
  3. [ICLOUDを使用しているAPP]の項目で、バックアップしたいデータ、アプリを選択
  4. [iCloudバックアップ] > [iCloudバックアップ]をオン

これでiPhoneが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときに自動的にバックアップが行われます。自動バックアップは行わず、バックアップのタイミングを自分で管理したい場合の手順は下記の通りです。

  1. [iCloud] > [iCloudバックアップ] > [今すぐバックアップを作成]をタップ

復元手順

新端末のiPhoneでiCloudにログインすると、自動でバックアップデータが復元できます。

  1. 初期設定で表示される「Appとデータ」画面で[iCloudから復元]をタップ
  2. Apple IDとパスワードを入力してiCloudにサインイン
  3. 利用規約が表示されるので確認して[同意する]をタップ
  4. 復元するバックアップデータを選択

iTunesを利用したバックアップ


iCloudを利用したバックアップと比べると、PCが必要となり、かつ少々手間がかかる方法です。しかし、iCloudのように月額利用料金を支払必要がなく、iTunesを利用できるPCがあれば、コストはかかりません

バックアップ前の準備

iTunesを利用したバックアップは、事前に保存に使用するPCにiTunesがインストールされている必要があります。また、iPhone同様に、iTunesのバージョンも最新のものにアップデートしておきます。

iTunesのインストール

Macの場合

最新のmacOSである10.14 MojaveではiTunesが付属されています。

1 2