スマホの使い方 最新 iPhone予約 機種変更
読了時間:約 2

9月の新型iPhone発売を待って、Androidから新型iPhoneへ機種変更する方も多いと思いますが、Android・iPhone間の機種変更はOSや利用できるアプリケーションが違いますので、いくつか注意が必要なポイントがあります。

とくにバックアップやデータ移行については、電話帳や写真などの大切なデータを守るためにも押さえておきたいところです。

本記事では、iPhoneに機種変更してから役立つデータのバックアップ方法や、AndroidからiPhoneへのデータ移行手順と注意点についてまとめました。普段はあまり気にならない部分ではありますが、機種変更時には知っておいて損はないので、この機会にチェックしておきましょう。

AndroidとiPhoneのバックアップ方法の違い


AndroidではOS標準のGoogleアカウントによるバックアップか、キャリア提供のデータ預かりサービスなどを利用することが多いですが、AndroidとiPhoneではバックアップ方法が異なります。ここでは、初めてiPhoneへ機種変更した方に向けて、iPhoneのバックアップ方法を紹介します。

今までバックアップとは無縁だったという方も、iPhoneには自動でバックアップが取れる機能もありますので、利用してみてはいかがでしょうか。iPhoneはSDカードスロットがないので、故障の際にSDカードのデータを残すこともできません。いざというときのために備えておくと安心です。

iPhoneのバックアップ方法は主に2種類

iPhoneで利用できるバックアップ方法は主に2種類あります。iPhoneからクラウドサービスのiCloudに保存する方法と、PCに接続してiTunesに保存する方法です。それぞれメリットやバックアップ方法が違いますので、上手く使い分けましょう。

iCloudを使ったバックアップ


iCloud(アイクラウド)はアップルが提供しているクラウドサービス。iPhoneのストレージ(保存容量)ではなく、ネットワークを介してクラウドにバックアップを取ります。

そんなiCloud最大のメリットは、自動でバックアップが取れる点。バックアップはよくわからないし面倒という方も、バックアップを取りたいデータを選ぶだけで設定できますのでおすすめです。一度設定しておけば、以下の条件を満たしたときに、自動でiCloud上にバックアップファイルを作成してくれます。

  • iPhoneが電源に接続されている
  • iPhoneがWi-Fiネットワークに接続されている
  • iPhoneがロック中である
  • iCloudに十分な空き容量がある

自宅にWi-Fi環境がある必要がありますが、帰宅してiPhoneを充電するタイミングで、勝手にバックアップを取ってくれるのは便利です。ただし、iCloudの空き容量だけは注意する必要があるかもしれません。

iCloudの設定方法

iCloudのバックアップを利用するには、まずは設定からバックアップ機能をオンにします。「設定」>「iCloud」と開いて、バックアップを取りたいデータをオンにしてください。オンにしたデータはクラウド上のデータとして更新され、他の端末やiPhoneのデータが消えたときに同期できます。対象となるデータは「写真」「連絡先」「メール」「カレンダー」など、iPhoneに保存されているほぼすべてのデータをカバーしています。

同じページで現在の空き容量も表示されていますので、必要に応じてバックアップを取るデータを選択しましょう。また、「iCloudバックアップ」からはiCloud全体のオンオフと、手動でのバックアップが可能です。

iCloudは5GBまで無料

基本的に無料で利用できるiCloudですが、5GB以上は有料プランに入る必要があります。月額利用料は50GBプランが130円、200GBが400円、2TBが1,300円。長年利用していると写真などが容量を圧迫しますが、そういった場合も130円で50GB分追加できるのはかなりおトクです。

無料の5GBでバックアップを取るデータを取捨選択するか、130円払ってすべてバックアップを取るか、使い方に合わせて選びましょう。

iTunesを使ったバックアップ


iTunes(アイチューンズ)は、PC上で主に音楽を管理するアプリですが、iPhoneを接続することでバックアップにも使用できます。iCloudと比べると、PCに接続して手動でバックアップを取るのが手間ですが、容量に余裕がある(PCの容量によります)点がメリットです。

iTunesでのバックアップ方法

バックアップにiTunesを使用する場合は、以下の手順で進めます。

  1. iPhoneをPCに接続し、iTunesを開く
  2. メニューからiPhoneを選択し、「概要」を選択する
  3. 「バックアップ」の「手動でバックアップ」から「今すぐバックアップ」を選択する
  4. バックアップが完了する

iCloudとiTunesのバックアップは状況に応じて使い分ける


iCloudは無料で利用するのであれば、5GBの容量制限が付くので、電話帳やメールなどの容量が軽いデータの日常的なバックアップに使用するのに向いています。普段カメラをあまり使わない人は、写真・ビデオをオンにしていても十分足りるはずです。

一方、iTunesは容量制限がないので、写真や動画のバックアップに向いています。どこかに出かけたりしてデータが溜まったときに、iTunesでバックアップを取るのがいいのではないでしょうか。機種変更時もすべてのデータをバックアップ取りたい方が多いと思われますので、iTunesのバックアップがおすすめです。

Android→iPhone間のデータ移行法と注意点


AndroidからiPhoneへのデータ移行は、専用のアプリを利用するのが一般的です。iPhoneにはSDカードスロットが付いていませんので、画像・音楽などのデータをAndroidでSDカードに移してそのままiPhoneへ、ということもできません。素直に専用アプリを使用するのがおすすめです。

データ移行専用アプリにはいくつか種類があり、実はアップルも公式アプリを出しているというのは、データ移行が初めてという方は知らないかもしれません。

他にもドコモ・au・ソフトバンクといった各キャリアの公式アプリ、Google PlayやApp Storeからダウンロードできるフリーアプリなどがありますので、自分の環境に合ったものを選びましょう。

アップル公式アプリ「Move to iOS(iOSに移行)」を使う


画像引用元:「iOSに移行」アプリケーションでのiPhoneへの乗り換え – Apple(日本)

「Move to iOS(iOSに移行)」は、アップルが公式にリリースしているAndroid・iPhone間のデータ移行アプリです

アップル製のアプリということで、iPhoneへの移行でも安心して使えます。アプリが正常に動くデータ移行条件を確認して、事前準備を整えてから、手順を進めれば確実にデータ移行できます。なお、Move to iOSで移行可能なデータは以下の通りです。

データ移行可能なデータ
連絡先、メッセージ履歴、カメラで撮影した写真と動画、ブックマーク、メールアカウント、カレンダー、無料アプリケーション

データ移行条件

  • iOS 9 以降
  • iPhone 5 以降
  • iPad 第4世代以降
  • iPad mini 第2世代以降
  • iPod touch 第6世代
  • Android 4.0以降

事前の準備

  • Android端末に「Move to iOS」をインストールする
  • Android端末のWi-Fiが有効になっていることを確認する
  • Android・iPhoneを電源に接続しておく
  • 移行するデータ容量がiPhoneの容量で足りるかを確認する

データを移行させるAndroid端末には、あらかじめMove to iOSをインストールしておきます。アプリはGoogle Playから、通常のアプリと同様の手順でインストール可能です。

そしてデータ移行先のiPhoneは、初期設定の途中でデータ移行を行いますので、既に設定を済ませていた場合は初期化が必要になります。すでに大事なデータが残っているなら、バックアップを取ってから初期化してください。iPhoneは「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」から初期化できます。

AndroidとiPhoneをWi-Fi環境に接続しておくこともポイントになります。接続が途切れるとデータ移行が中断される可能性があるので、自宅のWi-Fiなど安定したネットワーク環境の方がより好ましいです。

Move to iOSを使用したデータ移行手順

すべての準備が整ったら、データ移行の手順を進めていきましょう。

  1. 【Android】アプリを開き「続ける」をタップする
  2. 【Android】表示された利用規約を確認後、「同意する」をタップする
  3. 【Android】「コードを検索」と表示されたらそのまま待機させる
  4. 【iPhone】初期設定を進めて「クイックスタート」画面が表示されたら、「手動で設定」をタップする
  5. 【iPhone】「Appとデータ」の画面まで進め、「Androidから移行」>「続ける」とタップする
  6. 【iPhone】画面に6桁か10桁のコードが表示される
  7. 【Android】iPhoneに表示されたコードを、Androidに入力する
  8. 【Android】移行するデータを選択し、「次へ」をタップする
  9. データ移行が完了する

データ移行にかかる時間は、移行するデータ容量によって異なります。手順が完了したら、iPhoneの初期設定を完了させて、データ移行が反映されているか確認しておきましょう。

各キャリアの公式アプリを使う


データ移行やバックアップ用のサービス・アプリは各キャリアにもあります。ドコモは「ドコモデータコピー」、auは「データお預かり」、ソフトバンクは「あんしんバックアップ」をそれぞれ提供しています。

本記事では、「ドコモデータコピー」を使用した例を紹介しますので、au・ソフトバンクのサービスを利用する方は、以下のリンクから確認してください。

データお預かり | アプリ | iPhone | au
あんしんバックアップ | サービス | モバイル | ソフトバンク

ドコモデータコピーを使用したデータ移行手順

ドコモデータコピーはドコモが提供しているデータ移行・バックアップ用アプリ。データ移行元のAndroid端末と、移行先のiPhoneの両方に「ドコモデータコピー」アプリをインストールしてから、データ移行を行います。対象となる端末は、Android 4.4以上、iOS 9.1以上です。

データ移行はWi-Fi環境で両端末を並べて行います。手順は以下の通りです。

  1. 【Android】アプリを開き「データ移行」>「はじめる」をタップする
  2. 【iPhone】コントロールセンターからWi-Fiをオンに、Bluetoothをオフにして、「次へ」をタップする
  3. 【iPhone】「はじめる」をタップする
  4. 【Android】「今までのスマートフォン(コピー元)」をタップする
  5. 【iPhone】「新しいスマートフォン(コピー先)」をタップする
  6. 【Android】新しいスマートフォンがどちらか聞かれるので、「B. iPhone/iPad」をタップする
  7. 【iPhone】今までのスマートフォンがどちらか聞かれるので、「B. それ以外」をタップする
  8. 【Android】画面にQRコードが表示される
  9. 【iPhone】「読み取り」をタップして、Androidに表示されたQRコードを読み取る
  10. 【iPhone】「接続」をタップし、接続先でプロファイルをインストールする
  11. 【iPhone】「ドコモデータコピーへ」>「開く」をタップする
  12. 【Android】コピーしたいデータを選択し、「次へ」をタップする
  13. データ移行が完了し、「トップに戻る」を選択する

※Android→iPhoneへ移行する手順です。

Android側で「B. iPhone/iPad」を、iPhone側で「B. それ以外」をタップする箇所があるので若干込み入っていますが、基本的に画面の指示に従うだけなので難しくありません。なお、OSのバージョンによっては、表示されない手順もありますので注意してください。

専用アプリで移行できないデータは?


以前よりもデータ移行アプリが充実し、OSをまたぐAndroid・iPhone間のデータ移行でも、ほぼカバーできるようになりつつあります。ですが、アプリケーション内のデータは個別で対応が必要です。多くのアプリでは、データ引き継ぎ手順が用意されていますので、機種変更前に確認しておきましょう。

LINEについては、ほとんどのスマホユーザーが利用していると思いますので、詳しく紹介します。また、iPhone同士であれば最も簡単な音楽データの移行も、Androidから移すにはPCが必要になります。

LINEは引継ぎできないデータあり


定番メッセージアプリのLINEは、Android・iPhone間で引継ぎできないデータがあります。

引継ぎできるもの
友だちリスト、ノートやアルバムに投稿した内容、自分のプロフィール、ホーム/タイムラインの内容、購入したスタンプ、着せかえ情報、課金アイテムの購入履歴、LINEゲームなど連動アプリのデータ
引継ぎできないもの
過去のトーク内容、トーク背景、通知音の設定、コイン残高

残念ながら、過去のトーク内容やコイン残高はOSまたぎの機種変更で引き継ぐことができません(Android→Android、iPhone→iPhoneは可)。トークについてはLINEのKeep機能を使うか、あるいはテキストファイルで保存することはできるので、大切なトークだけどちらかで対応するのがベストです。

LINEアカウントの引継ぎ

新しい端末でLINEカウントを引き継ぐには、アプリ内であらかじめ設定しておく必要があります。引き継ぎ時は、「設定」>「アカウント」>「メールアドレス登録」からアドレスとパスワードを登録し、「設定」>「アカウントの引継ぎ設定」から引き継ぎを許可しておきましょう。

新しい端末にLINEをインストールしてから、同じアドレスとパスワードでログインすれば、アカウントの引継ぎは完了です。セキュリティ上、引き継ぎ許可の期限は24時間以内となっています。

トーク内容を引き継ぐ

異なるOS間のトーク内容の引継ぎは基本的に対応していません。メッセージ単位でKeep機能を使うか、トーク画面のトーク設定から「トーク履歴をバックアップ」>「テキストでバックアップ」を使うかのどちらかです。

いずれもテキストファイルでの保存になりますので、スタンプなどは保存されません。見た目をそのまま残したい場合は、スクリーンショットなどで画像として保存するしかないでしょう。

そのほかのデータ移行


TwitterやInstaframなどのSNS系アプリは、アカウント管理なので、新しい端末でログインするだけでまったく同じ環境で使用できます。

ゲームアプリなどはそれぞれのアプリで確認が必要です。例えば「モンスト」はIDとGoogleアカウントを使用した引継ぎ、「パズドラ」は機種変更コードを使用した引継ぎとなっています。また、ゲーム内コインなどについては、引継ぎそのものができないケースもありますので、注意してください。

最後に音楽データの引継ぎですが、まずAndroidをUSBケーブルでPCに接続し、「MUSIC」フォルダをPCにコピー。そしてiTunesでファイルを取り込めばiPhoneへも移行できます。音楽ファイルの保存先は「内部ストレージ」と「SDカード」どちらかにありますので、自分が保存している方からコピーしてください。

大切なデータはバックアップやデータ移行でしっかり残そう


バックアップについては、Androidと比べてiPhoneはiCloudiTunesなど連携しているアプリが充実しています。iCloudは一度設定しておけば自動でバックアップできますので、これまでバックアップしていなかったAndroidユーザーの方も、大切なデータを保存しておきましょう。

データ移行については、OSが異なるAndroid・iPhone間の機種変更では移行できないデータがあるものの、アップルや各キャリアが専用アプリをリリースしているので、そちらを利用すれば難しくはありません。ただし、LINEやゲームアプリなど個別に設定が必要なものについては自分でデータ移行する必要がありますので、要注意です。

Pocket