読了時間:約 2

9月の新型iPhone発売を待って、Androidから新型iPhoneへ機種変更する方も多いと思いますが、Android・iPhone間の機種変更はOSや利用できるアプリケーションが違いますので、いくつか注意が必要なポイントがあります。

とくにバックアップやデータ移行については、電話帳や写真などの大切なデータを守るためにも押さえておきたいところです。

本記事では、iPhoneに機種変更してから役立つデータのバックアップ方法や、AndroidからiPhoneへのデータ移行手順と注意点についてまとめました。普段はあまり気にならない部分ではありますが、機種変更時には知っておいて損はないので、この機会にチェックしておきましょう。

AndroidとiPhoneのバックアップ方法の違い


AndroidではOS標準のGoogleアカウントによるバックアップか、キャリア提供のデータ預かりサービスなどを利用することが多いですが、AndroidとiPhoneではバックアップ方法が異なります。ここでは、初めてiPhoneへ機種変更した方に向けて、iPhoneのバックアップ方法を紹介します。

今までバックアップとは無縁だったという方も、iPhoneには自動でバックアップが取れる機能もありますので、利用してみてはいかがでしょうか。iPhoneはSDカードスロットがないので、故障の際にSDカードのデータを残すこともできません。いざというときのために備えておくと安心です。

iPhoneのバックアップ方法は主に2種類

iPhoneで利用できるバックアップ方法は主に2種類あります。iPhoneからクラウドサービスのiCloudに保存する方法と、PCに接続してiTunesに保存する方法です。それぞれメリットやバックアップ方法が違いますので、上手く使い分けましょう。

iCloudを使ったバックアップ


iCloud(アイクラウド)はアップルが提供しているクラウドサービス。iPhoneのストレージ(保存容量)ではなく、ネットワークを介してクラウドにバックアップを取ります。

そんなiCloud最大のメリットは、自動でバックアップが取れる点。バックアップはよくわからないし面倒という方も、バックアップを取りたいデータを選ぶだけで設定できますのでおすすめです。一度設定しておけば、以下の条件を満たしたときに、自動でiCloud上にバックアップファイルを作成してくれます。

  • iPhoneが電源に接続されている
  • iPhoneがWi-Fiネットワークに接続されている
  • iPhoneがロック中である
  • iCloudに十分な空き容量がある

自宅にWi-Fi環境がある必要がありますが、帰宅してiPhoneを充電するタイミングで、勝手にバックアップを取ってくれるのは便利です。ただし、iCloudの空き容量だけは注意する必要があるかもしれません。

iCloudの設定方法

iCloudのバックアップを利用するには、まずは設定からバックアップ機能をオンにします。「設定」>「iCloud」と開いて、バックアップを取りたいデータをオンにしてください。オンにしたデータはクラウド上のデータとして更新され、他の端末やiPhoneのデータが消えたときに同期できます。対象となるデータは「写真」「連絡先」「メール」「カレンダー」など、iPhoneに保存されているほぼすべてのデータをカバーしています。

同じページで現在の空き容量も表示されていますので、必要に応じてバックアップを取るデータを選択しましょう。また、「iCloudバックアップ」からはiCloud全体のオンオフと、手動でのバックアップが可能です。

iCloudは5GBまで無料

基本的に無料で利用できるiCloudですが、5GB以上は有料プランに入る必要があります。月額利用料は50GBプランが130円、200GBが400円、2TBが1,300円。長年利用していると写真などが容量を圧迫しますが、そういった場合も130円で50GB分追加できるのはかなりおトクです。

無料の5GBでバックアップを取るデータを取捨選択するか、130円払ってすべてバックアップを取るか、使い方に合わせて選びましょう。

iTunesを使ったバックアップ


iTunes(アイチューンズ)は、PC上で主に音楽を管理するアプリですが、iPhoneを接続することでバックアップにも使用できます。iCloudと比べると、PCに接続して手動でバックアップを取るのが手間ですが、容量に余裕がある(PCの容量によります)点がメリットです。

iTunesでのバックアップ方法

バックアップにiTunesを使用する場合は、以下の手順で進めます。

  1. iPhoneをPCに接続し、iTunesを開く
  2. メニューからiPhoneを選択し、「概要」を選択する
  3. 「バックアップ」の「手動でバックアップ」から「今すぐバックアップ」を選択する
  4. バックアップが完了する

iCloudとiTunesのバックアップは状況に応じて使い分ける


iCloudは無料で利用するのであれば、5GBの容量制限が付くので、電話帳やメールなどの容量が軽いデータの日常的なバックアップに使用するのに向いています。普段カメラをあまり使わない人は、写真・ビデオをオンにしていても十分足りるはずです。

一方、iTunesは容量制限がないので、写真や動画のバックアップに向いています。どこかに出かけたりしてデータが溜まったときに、iTunesでバックアップを取るのがいいのではないでしょうか。機種変更時もすべてのデータをバックアップ取りたい方が多いと思われますので、iTunesのバックアップがおすすめです。

Android→iPhone間のデータ移行法と注意点


AndroidからiPhoneへのデータ移行は、専用のアプリを利用するのが一般的です。iPhoneにはSDカードスロットが付いていませんので、画像・音楽などのデータをAndroidでSDカードに移してそのままiPhoneへ、ということもできません。素直に専用アプリを使用するのがおすすめです。

データ移行専用アプリにはいくつか種類があり、実はアップルも公式アプリを出しているというのは、データ移行が初めてという方は知らないかもしれません。

他にもドコモ・au・ソフトバンクといった各キャリアの公式アプリ、Google PlayやApp Storeからダウンロードできるフリーアプリなどがありますので、自分の環境に合ったものを選びましょう。

アップル公式アプリ「Move to iOS(iOSに移行)」を使う


画像引用元:「iOSに移行」アプリケーションでのiPhoneへの乗り換え – Apple(日本)

「Move to iOS(iOSに移行)」は、アップルが公式にリリースしているAndroid・iPhone間のデータ移行アプリです

アップル製のアプリということで、iPhoneへの移行でも安心して使えます。アプリが正常に動くデータ移行条件を確認して、事前準備を整えてから、手順を進めれば確実にデータ移行できます。なお、Move to iOSで移行可能なデータは以下の通りです。

データ移行可能なデータ
連絡先、メッセージ履歴、カメラで撮影した写真と動画、ブックマーク、メールアカウント、カレンダー、無料アプリケーション

データ移行条件

  • iOS 9 以降
  • iPhone 5 以降
  • iPad 第4世代以降
  • iPad mini 第2世代以降
  • iPod touch 第6世代
  • Android 4.0以降

事前の準備

  • Android端末に「Move to iOS」をインストールする
  • Android端末のWi-Fiが有効になっていることを確認する
  • Android・iPhoneを電源に接続しておく
  • 移行するデータ容量がiPhoneの容量で足りるかを確認する

データを移行させるAndroid端末には、あらかじめMove to iOSをインストールしておきます。アプリはGoogle Playから、通常のアプリと同様の手順でインストール可能です。

1 2