iPhone下取り|ドコモ・au・ソフトバンクどこがお得?価格と特徴比較

  • 2020年6月12日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

Appleの新型iPhoneに買い換えるとき、これまで使っていたiPhoneはどうしていますか?

ずっと手元に置いておきたいところですが、下取りしてもらって新しいiPhoneの支払いに充てたいという方が多いでしょう。

今回は、ドコモ・au・ソフトバンクをiPhoneの下取り価格と特徴で比較して、どこがお得かを突き止めてみることにします。

ドコモ・au・ソフトバンクでのiPhone下取りとは?

キャリアでのiPhone購入なら下取りが便利

ドコモ・au・ソフトバンクで新しいiPhoneを購入する方は、新機種の購入と同時に利用できる下取りサービスを利用するケースが多いことでしょう。

キャリアでの下取りは、機種ごとに価格が明示されているので安心して利用できます。また、店頭・オンラインショップのいずれで購入する場合でも、下取りサービスは利用可能です。

携帯解約違約金の大幅値下げで新型iPhoneはApple購入で格安SIMが最安

キャリアでのiPhone下取りなら安心

ドコモ・au・ソフトバンクでの下取りサービスより、「ゲオ」や「ネットオフ」などのiPhone買取価格のほうが高額でお得なイメージがあるかもしれません。

少しの傷なら対応してくれるし、古くなった機種では買取のほうが価格的に有利なようです。

けれども買取では画面割れは対象外だったり、買取価格に幅があって、実際の買取価格はキャリアの下取りより安くなってしまうこともあります。

一方、キャリアの下取りサービスでは、あらかじめいくらで下取りしてもらえるのかはっきりしているし、画面割れでも対応してもらえるのです。

キャリアの下取りサービス利用には条件が

ドコモ・au・ソフトバンクで下取りサービスを利用できるタイミングは、新しい端末を購入するときに限られます。

したがって、これまで使っていたiPhoneを手放すかどうか、しばらく手元において考えたい…ということはできないわけです。

さらに下取りサービスを利用するためには、特定の端末を購入したり、指定料金プランへの加入が必須だったりという条件が加わります。

正直なところ、いつでも好きなときに条件なしで受け付けてもらえる買取に比べると、キャリアの下取りサービスは少々不自由です。

買う?買わない?新型iPhone発売でiPhoneXRとiPhoneXSの値下げはあるか

下取りプログラム利用前の準備

ドコモ・au・ソフトバンクのいずれの場合も、ネットワーク利用制限がかかっていると下取りしてもらえません

ネットワーク利用制限は、端末代金の支払いが延滞していたり端末本体が盗難にあったりといった理由で、キャリアが通信を制限する処置のことです。

端末に制限がかかっているかどうかを調べるには、iPhoneの「設定」アプリの「一般」から「情報」をタップし、「IMEI」の欄で本体の製造番号を確認しましょう。

続いて契約中のキャリアにアクセスしてIMEI番号を入力すれば、ネットワーク利用制限の有無がわかります。

あとは、アクティベーションロックの解除と端末の初期化もお忘れなく

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone下取り価格は?

ここからは、機種ごとにドコモ・au・ソフトバンクのiPhone下取り価格をみていきましょう。

ドコモの下取り価格(dポイントで付与) ※2019年8月1日(木)以降


画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモで購入したiPhone

下取り対象機種 良品 画面割れ品 機能不良品
iPhone X(64GB) 50,000円 15,000円 9,000円
iPhone X(256GB) 55,000円 16,500円 9,400円
iPhone 8 Plus(64GB) 41,000円 12,300円 5,400円
iPhone 8 Plus(256GB) 47,000円 14,100円 5,800円
iPhone 8(64GB) 27,000円 8,100円 4,200円
iPhone 8(256GB) 37,000円 11,100円 4,600円
iPhone 7 Plus(32GB) 20,000円 6,000円 2,800円
iPhone 7 Plus(128GB) 27,000円 8,100円 3,000円
iPhone 7 Plus(256GB) 31,000円 9,300円 3,200円
iPhone 7(32GB) 13,000円 3,900円 1,400円
iPhone 7(128GB) 18,000円 5,400円 1,600円
iPhone 7(256GB) 21,000円 6,300円 1,800円

他社で購入したiPhone

下取り対象機種 良品 画面割れ品 機能不良品
Phone X(64GB) 47,000円 14,100円 7,000円
iPhone X(256GB) 53,000円 15,900円 7,400円
iPhone 8 Plus(64GB) 38,000円 11,400円 5,400円
iPhone 8 Plus(256GB) 44,000円 13,200円 5,600円
iPhone 8(64GB) 24,000円 7,200円 3,400円
iPhone 8(256GB) 33,000円 9,900円 3,600円
iPhone 7 Plus(32GB) 19,000円 5,700円 2,200円
iPhone 7 Plus(128GB) 26,000円 7,800円 2,400円
iPhone 7 Plus(256GB) 30,000円 9,000円 2,400円
iPhone 7(32GB) 12,000円 3,600円 1,000円
iPhone 7(128GB) 16,000円 4,800円 1,000円
iPhone 7(256GB) 19,000円 5,700円 1,200円

auの下取り価格※2019年7月1日(月)以降


画像引用元:au

auで購入したiPhone(WALLETポイントで付与)

通常品 画面割れ品
iPhone X
(256/64GB)
51,840円 相当
(51,840ポイント)
15,120円 相当
(15,120ポイント)
iPhone 8 Plus
(256/64GB)
39,960円 相当
(39,960ポイント)
11,880円 相当
(11,880ポイント)
iPhone 8
(256/64GB)
27,000円 相当
(27,000ポイント)
8,100円 相当
(8,100ポイント)
iPhone 7 Plus
( 256/128/32GB)
23,760円 相当
(23,760ポイント)
7,560円 相当
(7,560ポイント)
iPhone 7
(256/128/32GB)
16,200円 相当
(16,200ポイント)
4,860円 相当
(4,860ポイント)

他社で購入したiPhone

下取り対象機種 通常品 画面割れ品
本体価格からの割引額 auご利用料金からの割引額(※2019年9月1日受付終了) 本体価格からの割引額
iPhone X
(256/64GB)
最大 51,840円 最大 2,160円 × 最大 24回 最大 15,120円
iPhone 8 Plus
(256/64GB)
最大 39,960円 最大 1,665円 × 最大 24回 最大 11,880円
iPhone 8
(256/64GB)
最大 27,000円 最大 1,125円 × 最大 24回 最大 8,100円
iPhone 7 Plus
(256/128/32GB)
最大 23,760円 最大 990円 × 最大 24回 最大 7,560円
iPhone 7
(256/128/32GB)
最大 16,200円 最大 675円 × 最大 24回 最大 4,860円

ソフトバンク ※2019年4月1日(月)以降


画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクで購入したiPhone

下取り対象機種 正常品 破損品
iPhone X 63,600円(2,650円×24回) 19,080円(795円×24回)
iPhone 8 Plus 39,600円(1,650円×24回) 11,880円(495円×24回)
iPhone 8 33,360円(1,390円×24回) 10,080円(420円×24回)
iPhone 7 Plus 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)
iPhone 7 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)

他社で購入したiPhone

下取り対象機種 正常品 破損品
iPhone X 54,000円(2,250円×24回) 16,200円(675円×24回)
iPhone 8 Plus 30,000円(1,250円×24回) 9,000円(375円×24回)
iPhone 8 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)
iPhone 7 Plus 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)
iPhone 7 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)
iPhone予約購入が初めての人は必読!準備とトラブル時の対処法

iPhone下取りでドコモ・au・ソフトバンクの特徴は?

キャリアによって違う割引方法

新しいiPhoneを購入する際に、下取り価格は端末代金からストレートに割引されるとは限りません。

ドコモの場合、店頭で手続きすれば付与されるdポイントを新しいiPhoneの支払いに充てることができます。

しかし、ドコモオンラインショップでの手続きは郵送となるためポイント付与は後日となり、新しいiPhoneの代金に充てることはできません

auの場合も、機種変更やMNPと同時に下取りできなければ新しい端末代に充当できないのです。

ソフトバンクの下取りでは端末代金から一括して割引されるのではなく、24回に分けての割引となります。なお、24ヶ月を待たずに解約すると、残りの割引は受けられません。

下取りプログラムの利用条件

下取りプログラムを利用するためには、指定された端末を購入しなければなりません。さらにドコモでは以下の条件が追加されます。

  • 新機種購入時にiPhoneを下取りに出すこと
  • dポイントクラブ(法人はドコモビジネスプレミアクラブ)に加入または加入済みであること
  • 下取りに出すiPhoneは正規店で購入していること

購入するiPhoneの代金も見落とせない

ここまで見てきた各キャリアの下取り価格は、ソフトバンクがおおむねお得に見えますが、念のために新しく購入するiPhoneの代金もみておきましょう。

ここでiPhone X(64GB)を下取りしてiPhone XR(64GB)を購入するケースを例に、各社の下取りプログラム利用後の実質本体価格を確認します。

ドコモ au ソフトバンク
本体代金 98,496円 98,400円 106,560円
下取り価格 50,000円 51,840円 63,600円
実質本体代金 48,496円 46,560円 42,960円

ご参考までにiPhone XSとiPhone XS Maxのケースも挙げておきます。

ドコモ au ソフトバンク
iPhone XS(64GB) 128,304円 125,400円 136,800円
実質本体代金 78,304円 73,560円 73,200円
iPhone XS Max(64GB) 141,912円 138,360円 149,760円
実質本体代金 91,912円 86,520円 86,160円

いずれの機種もソフトバンクが割高ですが、実質本体価格ではソフトバンクが最安となりました。

ただし先にも述べたように、ソフトバンクでの割引は一括ではありません。

また、下取りプログラム以外のキャンペーンやキャリア独自の割引は加味されていなため、ご注意ください。

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone下取り
  • キャリアでのiPhoneでのiPhone購入なら下取りが便利
  • 新機種購入時にiPhoneを下取りに出すなど、キャリアの下取りサービス利用には条件がある
  • ドコモオンラインショップでの手続きは郵送となるためポイント付与は
  • 後日となり、新しいiPhoneの代金に充てることはできないので注意
  • iPhoneの下取りは、ほとんどのケースでソフトバンクが一番お得
2019年秋発売の新型iPhoneは11、9、SE2どれが濃厚?最新iPhone情報

iPhone下取りはソフトバンクが一番お得


画像引用元:料金プラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

iPhoneの下取りは、ほとんどのケースでソフトバンクが一番お得のようです。とはいえ、実質本体価格は下取りだけでは決められません。

記事を参考にしながら他の割引やキャンペーンもしっかりチェックして、少しでもお得にiPhoneをゲットしてください。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)