+メッセージ
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

「+メッセージ」 は、ドコモ・au・ソフトバンクの3社が開発した新しいメッセージアプリです。

+メッセージは電話番号を使って相手にメッセージを送るという仕組みから、簡単にいえば「新しいSMS」といった具合です。

ただしメッセージアプリに関して言えば「LINE」が中心で、+メッセージのリリース時のインパクトは薄い印象もありました。

+メッセージにはどのようなメリットや特徴があり、そのような使い方をすると便利なのでしょうか。

今回は新しいメッセージアプリ「+メッセージ」の評判やメリット・デメリット・便利な使い方について詳しく解説します。

トップ画像引用元:ドコモ

+メッセージとは?

+メッセージ
画像引用元:ドコモ

「+メッセージ」は、ドコモ・au・ソフトバンクの3社が提供する新しいメッセージアプリです。

これまでキャリアのメッセージアプリといえば「SMS」が主流でしたが、このSMSが刷新される形で「+メッセージ」がリリースされました。

スマホに登録した電話番号を元にメッセージを送信するといった方式はこれまでと同じですが、さまざまな機能が加えられています。

チャット形式のメッセージ画面や豊富なスタンプ、写真・動画の送信にまで対応し、プライベート・ビジネス両方に利用可能です。

「+メッセージ」アプリをインストールするだけで利用ができ、月額料金は無料、パケット通信料のみがかかります。

App Storeのダウンロードリンク Google Playのダウンロードリンク

+メッセージの評判|メリット・デメリット

+メッセージ
画像引用元:ドコモ

2018年4月にリリースされた「+メッセージ」。

リリースから順調にユーザー数を増やしており、2020年2月には利用者数が1,500万人を突破したといわれています。

「電話番号だけでメッセージが送れる」「チャット感覚で使えるメッセージが便利」「スタンプがかわいい」などさまざまな声があります。

では、Twitterなどで投稿されている「+メッセージ」の評判にはどのようなものがあるのでしょうか。

口コミを調査していきながら、「+メッセージ」のメリット・デメリットを明らかにしていきましょう。

※Twitter調べ。

【口コミからわかる】+メッセージのメリット①LINE以外の選択肢になる

国内でも圧倒的な支持を得ているメッセージアプリの「LINE」ですが、中には「LINE」を使っていないという人も多くいます。

しかし、メッセージのやり取りは何らかの形でする必要はあり、チャット形式に慣れているとメールのやり取りは面倒でもあります。

そこで、LINEに代わる選択肢として「+メッセージ」を利用している人が多くいるようです。

女性のアイコン
LINEね。うちの家族みんなプラスメッセージ派なんだよな

電話帳に登録した電話番号を使ってメッセージを送り合うので、セキュリティ面でも安心です。

見ず知らずの相手からいきなりメッセージが送られてくるといったこともないでしょう。

また、使い方自体はLINEと同じようにチャット形式でメッセージを送り合うので、シンプルで気軽に送受信が可能です。

【口コミからわかる】+メッセージのメリット②電話番号だけで相手と繋がれる

「+メッセージ」の特徴の1つにSMSの流れを汲む「電話番号」を使ってメッセージの送受信を行うという点があります。

「電話番号を使う」ということは、乗り換えや機種変更でスマホを新しくしても面倒な手続きが不要になります。

男性のアイコン
仕事でスマホを使う人は+メッセージ(プラスメッセージ)を入れといて欲しい。LINEを聞いていいか分からない、メールをスマホで見てるか分からない人でも+メッセージ(プラスメッセージ)なら電話番号だけで送れる。SMSと違って無料だし、添付ファイルも送れるし、最初から入れといてほしいくらい。

LINEだとアプリ内で引き継ぎ手続きを行なって、新しいスマホから認証を行うなど面倒な手間があります。

引き継ぎ操作を忘れると新しいスマホにアカウントを引き継ぐことができません。

「+メッセージ」なら電話番号がアカウントの代わりになります。

スマホを替えても電話番号が変わることはほとんどないので、スムーズに引き継ぎが行えます。

【口コミからわかる】+メッセージのデメリット①格安SIMでは使えない

「+メッセージ」は、ドコモ・au・ソフトバンクの3社が提供するアプリです。

そのため、アプリの利用ができるのはキャリアスマホのみとなっており、格安SIMには対応していません。

メッセージアプリを友人間や家族間で利用する場合、「キャリアにしか対応していない」というのは大きなデメリットです。

女性のアイコン
+メッセージ(プラスメッセージ)MVNOに対応してくれないかな…
男性のアイコン
先発隊の息子らはUQモバイルで全然大丈夫って。私的には+メッセージ使えないのが残念なところ

人によって使える・使えないというケースが発生しますし、メッセージを送る相手によってアプリを使い分けるのは面倒です。

LINEであればキャリア・格安SIMに関係なくアプリを利用することができます。

スマホの主流がキャリアから格安SIMに変わりつつある中で、「キャリア同士でしかやり取りできない」というのは、ある意味時代遅れです。

そういった観点からも考えると「+メッセージ」の利便性について問題がありそうです。

【口コミからわかる】+メッセージのデメリット②スタンプが少ない

「+メッセージ」では、約500種類ものスタンプが無料で利用可能となっています。

しかし、無料・有料スタンプを揃えるLINEと比較すると、どうしてもラインナップの少なさは否めません。

女性のアイコン
+メッセージ良いんだけど、スタンプが少ないのは致命的だよね……

もちろん「+メッセージ」にも、汎用性の高いスタンプは揃ってはいます。

しかし、アニメやタレントとコラボしたスタンプやクリエイターの個性が光るスタンプなどはありません。

LINEでスタンプを積極体に活用していた人にとっては、「+メッセージ」のスタンプ機能は物足りなく感じるでしょう。

【口コミからわかる】+メッセージのデメリット③機能が少ない

「+メッセージ」は基本的に「メッセージ」機能に特化した仕様になっています。

LINEのように「ウォレット機能」や「音楽配信」「漫画配信」「クーポン」といった多様な機能は備えていません。

あくまでメッセージを送り合う用のアプリとしてしか使えないので、機能面に不満を抱く方も多くいるようです。

女性のアイコン
私が政府なら、zoomみたいな基本機能で、カメラ撮影で書類送信できたり、テキストやりとり(授業のテスト的なやりとりができるような)、キャリア決済でもカード決済でもいいけど支払いやりとり、の機能がついた日本国オリジナルアプリを開発するかな。で、無料で配る。+メッセージは最悪app。
男性のアイコン
仕事で使ってるけど、+メッセージさんはそろそろ文字打ったらスタンプを表示させる機能を実装すべきだと思ってる

さらに、通話やビデオ会議といった機能もないので、幅広い機能を備えたオールインワンの「LINE」と比較すると利便性に欠ける印象です。

+メッセージはどんな人におすすめ?

+メッセージ
画像引用元:ドコモ

さまざまな特徴やメリット・デメリットのある「+メッセージ」ですが、このアプリはどのような人におすすめなのでしょうか。

ここでは「+メッセージがおすすめな人」をピックアップして解説します。

LINEの利用に不安がある人

ライン
画像引用元:GooglePlay
国内でも利用者数も圧倒的なLINEですが、それでも「LINEを使うのはちょっと不安…」という人は多いでしょう。

乗っ取り被害や見知らぬ人からメッセージが届くなど、気軽に使えて便利な反面、トラブルも起きています。

しかし、メッセージアプリ自体は非常に便利なので、何かしら使っておいた方がいいでしょう。

そんな方に「+メッセージ」がおすすめです。

「+メッセージ」ならLINEと同じ感覚でチャット形式のやり取りが可能です。

「LINEの利用に不安のある方」や「LINEは使わないという方」はぜひ+メッセージを利用してみてください。

仕事用のメッセージアプリを使いたい人

+メッセージ
画像引用元:ドコモ

+メッセージはビジネスでのリアルタイムなやり取りにもおすすめです。

「LINEだと仕事用にはちょっと…」という人でも、相手の電話番号を知っていれば「+メッセージ」を介したやり取りが可能です。

プライベートはLINE、ビジネスは+メッセージという使い分けも便利ですね。

+メッセージの便利な使い方

+メッセージ
画像引用元:ドコモ

+メッセージの便利な使い方について解説します。

どのような便利機能があって、どのような用途にもってこいなのか詳しく見ていきましょう。

+メッセージだと「既読」表示をOFFにできる

+メッセージ
画像引用元:ドコモ
LINEでは、メッセージを確認すると「既読」という表示が出ます。

人によっては返信を急かされている感じがして、ストレスが溜まってしまいますよね。

+メッセージでは、設定によってこの「既読機能」をOFFにできます。

こうすれば既読マークが表示されないので、変な気遣いをせずに済みます。

電話番号しか知らないビジネスの付き合いにぴったり


画像引用元:ドコモ
ビジネスでは名刺交換で電話番号だけしか知らないというケースが多くあり、いちいちLINEを交換するのも難しいでしょう。

+メッセージなら電話番号のみでメッセージが送れる上に、メールよりもレスポンス性の高いチャット形式でやり取りが可能です。

また、画像や動画も送信できるので、リアルタイムで臨場感のあるメッセージのやり取りが可能です。

ビジネス用のメッセージツールとして、ぴったりな存在でもあります。

iPhoneユーザーは「iMessage」と「+メッセージ」どっちがおすすめ?

アイメッセージ
画像引用元:Wikipedia
iPhoneユーザーの方であれば、LINE以外にも「iMessage」というメッセージアプリが利用可能です。

ただ、「iMessage」だとiOS端末同士でしかやり取りができません。

キャリア同士でやり取りができる「+メッセージ」の方が利便性は高いといえるでしょう。

ただ、「iMessage」は1つのAppleアカウントがあれば、iPhone、iPad、Macなど、どのデバイスからも利用可能です。

+メッセージはビジネスにおすすめ!

+メッセージの評判や便利な機能について
  • LINEを使わない人にとっては便利な選択肢
  • 「格安SIMで使えない」「スタンプ・機能が少ない」などのデメリットもある
  • 電話番号しか知らないビジネス相手との連絡にはかなり便利

「+メッセージ」の評判や便利な機能について解説しました。

キャリア3社から提供された新しいメッセージアプリとして注目されており、メリット・デメリットが両方あるようです。

機能面からある程度用途は限定される可能性は高いですが、用途を絞ってピンポイントに活用すれば便利といえるでしょう。