読了時間:約 2

iPhoneシリーズもだいぶ種類が多くなってきました。

種類が増えたことでスペックよりも価格や、手に馴染むかどうか、持ちやすいかどうかで検討している方も増えています。

ここでは一昨年、昨年と発売されたiPhone X/XS/XRの3機種の大きさや重さなどサイズをまとめ比較しました。これから購入される予定の方はぜひ参考にしてみてください。

iPhone X/XS/XRの大きさ・重さ

2017年に発売されたiPhone X、2018年に発売されたiPhone XSとXR、それぞれのサイズや重さの詳細を下記表にまとめました。

種類ディスプレイ高さ厚さ重さ
iPhone X5.8インチ143.6mm70.9mm7.7mm174g
iPhone XS5.8インチ143.6mm70.9mm7.7mm174g
iPhone XR6.1インチ150.9mm75.7mm8.3mm194g

一番大きなディスプレイはiPhone XR

iPhone XとiPhone XSはディスプレイサイズが5.8インチと全く同じです。

それに比べiPhone XRは6.1インチと、今回ご紹介する3機種の中では一番大きなディスプレイです。

この大きさは過去発売されたiPhoneシリーズの中で比べると一番大きいサイズです。

しかし同年発売されたiPhone XS Maxは6.5インチとiPhone XRよりもさらに大きいものとなっています。

2018年発売の機種全て含めると全シリーズの中でiPhone XRは2番目の大きさです。

iPhone X/XSもiPhone XRよりは小さめですが、シリーズ全体の中では非常に大きいタイプです。

大きくても重量は軽い

ディスプレイサイズが大きいと必然的に重量も重くなるのではと思われがちですが、iPhoneシリーズの中で比較した場合iPhone XRは実はそこまで重たくありません。

iPhone X/XSに比べれば重たいのですが、iPhone XS Maxが208g、iPhone 8 Plusが202gでiPhone XRより重量があります

また、iPhone X/XSも重量はiPhoneシリーズ全体の中でも中盤あたりで、大きさの割には重たくありません。

iPhoneシリーズで一番大きい本体サイズは

iPhone X/XS/XRの中ではiPhone XRが一番大きいですが、歴代のiPhoneシリーズの中ではiPhone 8 Plusが158.4mm×78.1mm×7.5mmと一番大きいものとなります。

しかしディスプレイサイズは5.5インチで、iPhone XRの6.1インチと約一回りほど小さいのです。これには理由があります。

iPhone 8 Plusまではまだ全画面ディスプレイではなかったため、「ディスプレイを大きくする≒本体サイズも拡大」が常でした。

しかしiPhone Xからベゼルレスを採用しホームボタンを廃止したことで大きく変わりました。

全画面ディスプレイが可能となり、本体サイズを大きくせずともディスプレイだけを迫力のある大画面にすることができたのです。

見やすさ・使いやすさ

見やすさは概ね快適

ディスプレイサイズというのは、ディスプレイの対角線上の長さを表しています。

そのため従来のiPhoneよりiPhone X/XSはディスプレイが縦長に見え、iPhone XRはさらに縦長に見えるということです。

そのためスマートフォン向けのサイトの情報などであれば、1画面でより多く表示することができます

検索や、SNS閲覧などの利用が主な方はディスプレイが大きくなることで、1度に得る情報量が増えるので非常に見やすくなったと言えます。

また動画視聴などが多い方は本体を横向きにすることで、ワイドな画面表示で迫力満点の映像を楽しむことができます。

電子書籍については縦書きの小説やエッセイなどの書籍の場合、やや縦長な表示ではあるものの特に大きな不便はありません。

しかしコミックの場合は基本的に横幅に合わせて表示されるため、iPhone X/XS/XRの大画面があまり活かされず特段読みやすいといった印象はありません。

寧ろコミックによっては若干読み辛さを感じる場合もあります。

大画面でコミックの読みやすさを期待して購入するのはあまりおすすめではありませんが、今はコミック専用のアプリやサービスサイトがあります。

専用のアプリやサイトであれば、スマートフォンで読みやすいようなコマ割りになっているので影響はないでしょう。

長時間の利用は厳しい

iPhoneシリーズの中では比較的中盤あたりの重量と言えど、iPhone XRは重量がほぼ200gあります。

また本体サイズも大きいため、片手で持ち続けると手が疲れる可能性があります。

適度に持ち替えたり、両手を使ったり、そこまで長時間の利用でなければあまり気にならいかもしれません。

しかし映画視聴や読書をだらだらと横になりながら楽しみたい時に、まめに持ち替えたり両手を使い分けるのは億劫です。

また仰向けで操作するとなると重さをより感じやすいので手が疲れやすくなり、顔の上に落してしまうなんてことも。長時間利用は厳しいかもしれません。

iPhone X/XSはiPhone XRより20g軽いので、長時間リラックスして利用したい方はまだiPhone X/XSの方が使いやすいのではないでしょうか。

また、しっかり手から離れないようスマホリングやベルトなどのアイテムを装着して使うのもおすすめです。

iPhone X / XS / XRサイズまとめ
  • iPhone XとiPhone XSは高さ、幅、厚さ、重量のどれも全く同じで、ディスプレイサイズが5.8インチ
  • iPhone XRは6.1インチで、サイズもiPhone XとiPhone XSよりひとまわり大きい
  • iPhone X/XSもiPhone XRよりは小さめですが、シリーズ全体の中では非常に大きいタイプ
  • ベゼルレスを採用したことによって、従来のiPhoneよりiPhone X/XSはディスプレイが縦長に見え、iPhone XRはさらに縦長に見える

次のページでは、iPhone XとiPhone XSのサイズについてご紹介します。

1 2