キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 3

2017年に発売されたiPhone X/XS/XRまでの大きさや重さなど、サイズをまとめて比較しました。

iPhoneひとつとってもサイズ感や重さに違いがあります。

これからiPhoneデビューする方や機種変更を考えている方にとっては、どれが自分に合うか悩むところではないでしょうか。

今回は、2017年に登場したiPhone X/XS/XRまでの大きさや重さの違いを徹底比較しました。

また、2019年に発売されたiPhone 11シリーズのサイズ情報やiPhone製品に使える割引情報などもご紹介します。

歴代iPhoneの価格・サイズ・スペックをまとめて確認したい方はこちらでチェック。

画像引用元:iPhone XR 256GB

iPhone X/XS/XRの大きさ・重さ

2017年に発売されたiPhone X、2018年に発売されたiPhone XSとXR、それぞれのサイズや重さの詳細を下記表にまとめました。

種類ディスプレイ高さ厚さ重さ
iPhone X5.8インチ143.6mm70.9mm7.7mm174g
iPhone XS5.8インチ143.6mm70.9mm7.7mm174g
iPhone XR6.1インチ150.9mm75.7mm8.3mm194g

2019年に発売されたiPhone 11シリーズのサイズについても比較をしてみました。

種類ディスプレイ高さ厚さ重さ
iPhone 116.1インチ150.9mm75.7mm8.3mm194g
iPhone 11 Pro5.8インチ144mm71.4mm8.1mm188g
iPhone 11 Pro Max6.5インチ158mm77.8mm8.1mm226g

iPhone 11のスペック・機能・価格の評価レビューに興味のある方はこちらで確認できます。

ディスプレイで比較

iPhone XとiPhone XSはディスプレイサイズが5.8インチと全く同じです。

それに比べiPhone XRは6.1インチと、今回ご紹介する3機種の中では一番大きなディスプレイです。

この大きさは過去発売されたiPhoneシリーズの中で比べると一番大きいサイズです。

しかし同年発売されたiPhone XS Maxは6.5インチとiPhone XRよりもさらに大きいものとなっています。

2018年発売の機種全て含めると全シリーズの中でiPhone XRは2番目の大きさです。

iPhone X/XSもiPhone XRよりは小さめですが、シリーズ全体の中では非常に大きいタイプです。

本体サイズで比較

iPhone X/XS/XRの中ではiPhone XRが一番大きいですが、歴代のiPhoneシリーズの中ではiPhone 8 Plusが158.4mm×78.1mm×7.5mmと一番大きいものとなります。

しかしディスプレイサイズは5.5インチで、iPhone XRの6.1インチと約一回りほど小さいのです。これには理由があります。

iPhone 8 Plusまではまだ全画面ディスプレイではなかったため、「ディスプレイを大きくする≒本体サイズも拡大」が常でした。

しかしiPhone Xからベゼルレスを採用しホームボタンを廃止したことで大きく変わりました。

全画面ディスプレイが可能となり、本体サイズを大きくせずともディスプレイだけを迫力のある大画面にすることができたのです。

重さで比較

ディスプレイサイズが大きいと必然的に重量も重くなるのではと思われがちですが、iPhoneシリーズの中で比較した場合iPhone XRは実はそこまで重たくありません。

iPhone X/XSに比べれば重たいのですが、iPhone XS Maxが208g、iPhone 8 Plusが202gでiPhone XRより重量があります

また、iPhone X/XSも重量はiPhoneシリーズ全体の中でも中盤あたりで、大きさの割には重たくありません。

iPhone X/XS/XRのサイズに対する口コミまとめ

iPhone X/XSとiPhone XRではどちらが持ちやすいのか実際のユーザーの評価や口コミをまとめました。

スペックや価格を除き、あくまでもサイズや手に馴染むかどうかのご意見をピックアップしています。

iPhone X/XSの口コミまとめ

口コミを見た感想

  • iPhone 6 Plusと比べて幅がスリムになり持ちやすくっている
  • iPhone 5sと比べて画面が大きくなったが持ちにくさはない
  • iPhone SEと比べて重量が気になるがサイズは気にならない
  • 全画面なので操作感が大きく変わり慣れるまで時間がかかる

もともとiPhone 6 Plusなどの大きい機種を利用していたユーザーからは、コンパクト・スリムになった、持ちやすいといった評価が目立ちました。

iPhone SEなどの非常にコンパクトな機種を利用していたユーザーからも、意外と悪い評価は少なく全体的に持ちやすさは満足度が高いようです。

iPhone XRの口コミまとめ

口コミを見た感想

  • iPhone 5sと比べて縦長だが重さあり安定度はいい
  • 手が小さい人には片手操作は難しいが、両手操作は意外とすぐ慣れる
  • iPhoneシリーズの中では厚み重さがあり、スマート感に欠ける

iPhone XRはやや評価が分かれました。本体サイズより重量についての意見が多いようでした。

ずっしりとした重みが手に馴染む方、重くて持ち続けるのが疲れるといった評価もあり個人差があるようです。

iPhone XRを検討している方は実際の機種を触ってから購入を判断した方が良いかもしれません。

iPhone X/XS/XRのサイズを評価

iPhone XR
画像引用元:iPhone XR | iPhone | NTTドコモ

見やすさは概ね快適

ディスプレイサイズというのは、ディスプレイの対角線上の長さを表しています。

そのため従来のiPhoneよりiPhone X/XSはディスプレイが縦長に見え、iPhone XRはさらに縦長に見えるということです。

そのためスマートフォン向けのサイトの情報などであれば、1画面でより多く表示することができます

検索や、SNS閲覧などの利用が主な方はディスプレイが大きくなることで、1度に得る情報量が増えるので非常に見やすくなったと言えます。

また動画視聴などが多い方は本体を横向きにすることで、ワイドな画面表示で迫力満点の映像を楽しむことができます。

電子書籍については縦書きの小説やエッセイなどの書籍の場合、やや縦長な表示ではあるものの特に大きな不便はありません。

しかしコミックの場合は基本的に横幅に合わせて表示されるため、iPhone X/XS/XRの大画面があまり活かされず特段読みやすいといった印象はありません。

寧ろコミックによっては若干読み辛さを感じる場合もあります。

大画面でコミックの読みやすさを期待して購入するのはあまりおすすめではありませんが、今はコミック専用のアプリやサービスサイトがあります。

専用のアプリやサイトであれば、スマートフォンで読みやすいようなコマ割りになっているので影響はないでしょう。

長時間の利用は厳しい

iPhoneシリーズの中では比較的中盤あたりの重量と言えど、iPhone XRは重量がほぼ200gあります。

また本体サイズも大きいため、片手で持ち続けると手が疲れる可能性があります。

適度に持ち替えたり、両手を使ったり、そこまで長時間の利用でなければあまり気にならいかもしれません。

しかし映画視聴や読書をだらだらと横になりながら楽しみたい時に、まめに持ち替えたり両手を使い分けるのは億劫です。

また仰向けで操作するとなると重さをより感じやすいので手が疲れやすくなり、顔の上に落してしまうなんてことも。長時間利用は厳しいかもしれません。

iPhone X/XSはiPhone XRより20g軽いので、長時間リラックスして利用したい方はまだiPhone X/XSの方が使いやすいのではないでしょうか。

また、しっかり手から離れないようスマホリングやベルトなどのアイテムを装着して使うのもおすすめです。

iPhone X / XS / XRサイズまとめ
  • iPhone XとiPhone XSは高さ、幅、厚さ、重量のどれも全く同じで、ディスプレイサイズが5.8インチ
  • iPhone XRは6.1インチで、サイズもiPhone XとiPhone XSよりひとまわり大きい
  • iPhone X/XSもiPhone XRよりは小さめですが、シリーズ全体の中では非常に大きいタイプ
  • ベゼルレスを採用したことによって、従来のiPhoneよりiPhone X/XSはディスプレイが縦長に見え、iPhone XRはさらに縦長に見える

iPhone X/XS/XRの装飾品は同じ?

iPhone XS 512GB
画像引用元:iPhone XS 512GB

iPhone X/XSは冒頭でご紹介したように、高さ、幅、厚さ、重量のどれも全く同じです。また、ディスプレイサイズも同じ5.8インチです。

機能がスペックアップした以外、見た目的にはなんら変わりありません。

大きさそのままでスペックアップを求めている方はiPhone XからiPhone XSへの切り替えはおすすめです。

スマホケースや画面フィルムの併用

サイズが全く変わらないとなれば気になってくるのがスマホケースや画面フィルムがそのまま併用できるかどうかです。

最近のスマホケースは凝ったデザインのものも多く、価格もそれなりに高いものもあります。できればそのまま使えるとうれしい方も多いのではないでしょうか。

スマホケースの場合

まずはスマホケースからお答えすると、「併用できるケースもあればできないケースもある」です。

実はサイズが全く同じiPhone X/XSですが、背面にあるカメラのレンズサイズが微妙に異なります。

パッと見は違いを感じにくいのですが、iPhone XSでセンサーのサイズが大きくなったことによりカメラレンズ全体がiPhone Xよりも大きくなっているのです。

そのため、カメラとスマホケースの間に隙間がなくタイトなデザインや、ハードな素材のスマホケースだとしっかり装着することができません。

無理にしっかりと嵌らないスマホケースを利用するのは、傷や打痕ができないよう保護する意味をなくしますので控えましょう。

また、スマホケースの一部がカメラレンズに被ってしまい映り込む可能性があります。

反対に、カメラとスマホケースの間に余裕がありソフトな素材のスマホケースであれば、難なく装着することも可能です。

画面フィルムの場合

iPhone X/XSのディスプレイサイズは5.8インチです。

サイズだけではなくセンサーなどの位置も特に変わっていないことから、画面フィルムはそのまま併用ができると考えられます。

また、家電量販店や通販サイトなどを見てみると、メーカーからも「iPhone X/XS利用可能」として売り出されていますので、画面フィルムは併用しても問題ないでしょう。

iPhoneの値下げ、割引情報

iPhone XR
画像引用元:iPhone XR | iPhone | NTTドコモ
ここからはiPhoneの値下げ・割引が多いドコモの情報についてご紹介していきます。

値下げや割引がされているタイミングなら、iPhoneの最新端末も通常価格より安く買えるでしょう。ぜひうまく活用してみてください。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

スマホおかえしプログラムは、分割36回で支払い手続きをした端末を24ヶ月目以降で返却すると、残りの端末代をゼロにしてくれる制度です。

例えば、分割36回で契約しても、24ヶ月でドコモへ返却すれば実質24回しか払わなくて済みます。

2020年4月1日からはこれまで対象外になっていた製品も対応機種に入っています。

2020年4月1日から対応になる機種
  • iPhone XR(64GB)
  • iPhone XS(64GB)
  • iPhone XS(256GB)
  • iPhone XS(512GB)
  • iPhone XS Max(64GB)

もちろん返却せずにそのまま使用することも可能です。

また返却する場合は、本体が返却条件に当てはまっていなければいけません。また、購入時にdポイントクラブの会員になっている必要があります。

そして返却と査定の条件は次の内容です。

返却条件
  • ドコモ正規店で購入した製品
  • 購入したときに不正や不備がない
  • 端末返却時に料金の未払いやドコモへのその他債務などを怠っていない
  • 対象機種のメモリやデータの消去が可能
  • 対象機種を改造していない
  • 対象機種の所有権は加入者である
  • 査定条件を満たして査定を完了できる
査定条件
  • 返却する端末が正常な状態である

もし、返却できる条件を満たしていないのに返却したい場合は、20,000円(税抜)払う必要があるので注意してください。

査定してもらうには、ドコモショップへ持っていく必要があり、必ず電池パック装着済みで持っていきましょう。

購入するときは、支払回数を分割36回にしてスマホおかえしプログラムを適用させるのをおすすめします。

はじめてスマホ購入サポート

hajimete_sp_purchase_support
画像引用元:はじめてスマホ購入サポート | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

はじめてスマホ購入サポートは、3G製品からiPhone(スマホ)へ機種変更するとdポイントで還元される制度です。

これには他社3G製品からの乗り換えも含まれます。ただし、2020年4月1月からはこれまでの該当製品や還元額が変更になるので、注意が必要です。

どのくらいポイントがもらえるか、値引きされるかは製品ごとに違い、内容は以下のとおりです。

機種名詳細
iPhone XS(512GB)100,000pt
iPhone XS Max(64GB)
iPhone XR(256GB)80,000pt
iPhone XR(64GB)50,000pt
iPhone XS(64GB)
iPhone XS(256GB)
iPhone 8(64GB)20,000pt

他社3G製品からドコモのiPhoneへ乗り換えた場合は次のとおりです。

機種名詳細
iPhone 11 Pro(512GB)20,000pt
iPhone 11 Pro(256GB)
iPhone 11 Pro(64GB)
iPhone 11(256GB)
iPhone 11(128GB)
iPhone 11(64GB)
iPhone XS(512GB)100,000pt
iPhone XS Max(64GB)
iPhone XR(256GB)80,000pt
iPhone XR(64GB)50,000pt
iPhone XS(64GB)
iPhone XS(256GB)
iPhone 8(64GB)20,000pt

iPhone 11シリーズは他社3G製品からの乗り換えでのみ、ポイント還元が適用されます。

はじめてスマホ購入サポートの条件に当てはまる方は、ぜひこの機会を逃さず、手続きしてみてはいかがでしょうか。

対象機種や割引額も頻繁に更新されるので、購入前に公式サイトで必ず確認をしましょう。

>はじめてスマホ購入サポートの対象機種・割引額を確認する。

はじめてスマホ割

hajimete_wari
画像引用元:はじめてスマホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
はじめてスマホ割は、3G製品からiPhone(スマホ)へ機種変更やMNPをする方が対象の料金プランへ手続きすることで受けられます。

サービス内容は、料金プランから1ヶ月1,000円(税抜)の値引きで適用期間は最大1年間です。

適用となるプランは次のとおり。

  • ギガホ(5Gギガホ)
  • ギガライト(5Gギガライト)

iPhoneの場合はギガホ・ギガライトの2種類です。

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモユーザーにはdカード GOLDが必須!
入会特典で今なら最大13,000ポイント還元
(dポイント、期間用途限定)

dカード GOLD公式サイト公式サイトを見る

  • ■ドコモオンラインショップ:2%ポイント還元
  • ■dカードケータイ補償:紛失全損で10万円補償
  • ■ドコモ料金:1,000円(税抜)につき10%還元

端末購入割引

docomo tanmatuwari
画像引用元:端末購入割引
端末購入割引はスマホの機種変更やMNPで対応機種を買うと機種代から割引、もしくはdポイント還元されるサービスです。

ほかの制度と同様に、こちらも2020年4月1日から還元ポイント数や対象製品が変わっています。

新規契約の内容は以下のとおりです。

機種名詳細
iPhone XR(64GB)20,000pt
iPhone XS(64GB)
iPhone XS(256GB)
iPhone XS(512GB)
iPhone XS Max(64GB)
iPhone 8(64GB)
iPhone 11(64GB)15,000pt
iPhone 11(128GB)
iPhone 11(256GB)
iPhone 11 Pro(64GB)
iPhone 11 Pro(256GB)
iPhone 11 Pro(512GB)

ドコモの4G製品から機種変更する場合はこちら。

機種名詳細
iPhone XR(64GB)22,000円
iPhone XS(64GB)
iPhone XS(256GB)

他社4G製品からドコモのiPhoneへ乗り換える場合は次の内容です。

機種名詳細
iPhone XR(64GB)20,000pt
iPhone XS(64GB)
iPhone XS(256GB)
iPhone XS(512GB)
iPhone XS Max(64GB)
iPhone 8(64GB)
iPhone 11(64GB)
iPhone 11(128GB)
iPhone 11(256GB)
iPhone 11 Pro(64GB)
iPhone 11 Pro(256GB)
iPhone 11 Pro(512GB)

4月からは新規契約とMNPがお得な内容になっています。ぜひ該当する方はこの機会に新規契約、もしくは乗り換えしてみてください。

端末購入割引は、不定期で割引金額に変更があるため、機種変更の前には必ず金額を確認するようにしましょう。

>端末購入割引の対象機種・割引額を確認する。

ギガホ割

gigahowari
画像引用元:ギガホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
ギガホ割は、ギガホに手続きすると最大半年間は毎月1,000円(税抜)安くなるサービスです。

通常価格でギガホを利用すると1ヶ月の料金は6,980円ですが、1,000円安くなると5,980円で利用できます。

この5,980円は、ギガライトの5GB以上の料金内容と同額です。1ヶ月に使用するデータ通信量が多い方にとてもお得なサービスといえるでしょう。

加えて、通常30GBが上限のところが現在は60GBまで使用できるギガホ増量キャンペーンも行われています。

これだけデータ通信量があれば、1ヶ月通信速度に困ることなく利用できるはずです。

ギガホの利用を考えている方は、ギガホ割やギガホ増量キャンペーンでお得に活用してみてはいかがでしょうか。

下取りプログラム

shitadori
画像引用元:下取りプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
ドコモですでにスマホやケータイを購入したことがある方は、下取りプログラムの活用もおすすめです。

下取りプログラムは新しい端末を買うときに、下取り価格分だけ端末代からdポイントで進呈してくれます。これはドコモのタブレットも対象です。

dポイントの進呈の仕方は郵送と店頭の2パターンあります。店頭ならその場で下取りする端末を検品し、問題なければすぐにdポイントがもらえます。

郵送なら、自宅に下取り用端末を送るための送付キットが届き、それに端末と下取り申込書を入れてドコモへ返送してください。

その後、ドコモで製品が検品されて問題がなければ終了後にdポイントが進呈されます(一括)。

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の税抜1000円につき10%還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリット・デメリットまとめ

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

実機を触って確認してみよう

iPhone XとiPhone XSはディスプレイも本体サイズ・重量も変わらないため、スペックや価格で比較検討した方がいいでしょう。

iPhone XRは上記2機種より大きいため、動画視聴や画像編集などをより大きな画面で閲覧・作業したい方向きです。

ご自身の手の大きさによっても馴染み方が変わってきますので、ぜひお近くのドコモショップで実機を手に取ってみることをおすすめします。

そしてiPhoneに適用されている割引をうまく利用して、お得に機種変更やMNP、新規契約をしてみてください。