iPhoneの初期設定|アプリの引き継ぎデータ移行を解説

iPhoneの初期設定をまとめて解説していきます。iPhone購入後にアプリの引き継ぎやデータ移行が簡単にできるように画像つきでご紹介しています。注意点としてゲームアプリなどは、アプリ毎にデータのバックアップと移行が必要になる場合があるので気をつけてください。

  • 2021年8月18日
iPhoneの初期設定|アプリの引き継ぎデータ移行を解説

はじめてiPhoneを使う場合や、機種変更をして新しいiPhoneを使う場合、初期設定が必要です。

本記事ではiPhoneの初期設定方法や、アプリのデータを引き継ぎする方法をまとめて紹介します。

これから新しいiPhoneを使い始めたいと考えている人はぜひチェックしてください。

auでiPhone14を予約!
オンライン予約なら発売日当日に受取可能
iPhone14/Plusのカラー展開
  • スマホトクするプログラムで約50%OFF
  • 下取りプログラムで最大64,350円還元
  • 5G機種変更おトク割で最大5,500円還元
矢印iPhone14を
au公式ショップで見る

iPhoneの初期設定方法

iPhone12
iPhoneの初期設定方法

iPhoneを使用するためには初期設定が必要です。早速、初期設定の方法について詳しく紹介します。

SIMカードを差し込む

SIMカード
iPhoneの初期設定方法

初期設定を始める前に、SIMカードが挿入できていない人は、まず以下の手順でSIMカードをiPhone本体にセットしましょう。

  1. 本体の左側もしくは右側にあるSIMトレイの位置を確認する
  2. 付属のピンをSIMトレイの穴に差し込む
  3. SIMトレイが出てきたら引き出す
  4. SIMトレイにSIMカードをセットしてiPhoneに差し込む

SIMカードや、SIMトレイの向きは決まっているため、向きを確認しながらセットをするようにしてください。

既にSIMカードが差し込まれている場合はこの手順は必要ありません。

iPhoneの初期設定を行う

iPhoneの初期設定手順は以下の通りです。

  1. iPhoneの電源を入れる
  2. 画面が表示されたら言語を選択する
    iPhone初期設定
  3. iOS11以降を搭載した別のデバイスがある場合はクイックスタートを、無い場合は「手動で設定」をタップする
    iPhone初期設定
  4. Wi-Fiネットワークを選択してWi-Fiに接続する
    iPhone初期設定
  5. Face IDまたはTouch ID を設定してパスコードを作成する
    iPhone初期設定
  6. 「バックアップから復元」or「Appとデータを転送しない」を選択する
    iPhone初期設定
  7. Apple IDでサインインする
    iPhone初期設定
  8. 自動アップデートを有効にして、その他の機能を設定する
    iPhone初期設定
  9. Siri やその他のサービスを設定する
    iPhone初期設定
  10. スクリーンタイムやその他のディスプレイオプションを設定する
    iPhone初期設定
  11. 「さあ、はじめよう!」をタップして完了

iPhoneの初期設定時にはWi-Fi接続が必要です。

モバイルデータ通信でも初期設定自体はできるものの、通信状況によって設定ができない場合があるためWi-Fiを利用しましょう。

またApple IDも必要となるため、所有していない人は「無料のApple IDを作成」をタップして作成するようにしてください。

基本的には表示される内容に従って選択や入力をしていくだけですが、バックアップなどを利用する場合時間がかかることがあります。

Apple Careは必須?Apple Careに入ってなかった場合の修理料金はいくら?

iPhoneのアプリデータを引き継ぎする方法

app
iPhoneのアプリデータを引き継ぎする方法

iPhoneのアプリデータを引き継ぎする方法には、以下のいずれかの方法があります。

iPhoneのアプリデータを引き継ぎする方法
  • iCloudバックアップを利用する
  • コンピュータでバックアップを作成する

それぞれの方法について詳しく紹介します。

iCloudバックアップを利用する

アイクラウド
iCloudバックアップ

iCloudバックアップはAppleが用意しているクラウドサービスです。

無料で5GBまで使えるほか、有料で最大2TBまで利用できます。

iCloudバックアップでiPhoneのアプリのデータをバックアップする方法は以下の通りです。

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続する
  2. 「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択し、「iCloud」をタップする
    iCloudバックアップ
  3. 「iCloud バックアップ」をタップする
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップする
    iCloudバックアップ

上記の手順でiPhoneのデータをiCloudにバックアップができます。

「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」で、「iCloud バックアップ」がオンになっていると、自動でバックアップの設定が可能です。

自動バックアップを利用するには、電源とWi-Fiに接続した状態である必要がありますが、設定しておくといざというときに便利に使えます。

バックアップしたデータを新しいiPhoneで復元してアプリのデータを引き継ぐ方法は以下の通りです。

  1. デバイスの電源を入れ「こんにちは」の文字が表示されたら言語を選択する
    iPhone初期設定
  2. 「App とデータ」画面が表示されるまで案内にそって進む
  3. 「iCloud バックアップから復元」をタップする
    iCloudバックアップから復元
  4. Apple IDでiCloudにサインインする
  5. バックアップを選択する
  6. 画面の案内に従ってApple IDアカウントにサインインし、Appと購入済みのコンテンツを復元する
  7. 進行状況バーが表示され、最後まで進むまで、接続したまま待つ
    iCloudバックアップから復元
  8. バックアップが終われば完了

バックアップの容量によっては復元までに時間がかかるため、時間に余裕を持って設定をするようにしてください。

また店舗にて購入したiPhoneでホーム画面の状態で渡された場合は、1度リセットして初期設定画面からバックアップが必要です。

以下の手順でiPhoneのリセットを行ってからバックアップからの復元を行ってください。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「リセット」をタップする
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする
  5. 「iPhoneを消去」をタップする
  6. 再度確認画面が表示するので、「iPhoneを消去」をタップする
  7. 初期設定の画面が開くまでしばらく待つ

コンピュータでバックアップを作成する

iTunes
コンピュータでバックアップ

iCloudの容量が足りない場合など、パソコンにバックアップを作成する方法もあります。

MacはもちろんWindowsでも以下の手順でバックアップが可能です。

  1. パソコンでiTunesを開く
  2. USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続する
  3. デバイスのパスコードの入力画面や、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内に沿って操作する
  4. iTunesでデバイスを選択する
    iTunesバックアップ
  5. デバイスやApple Watch上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合は、バックアップの暗号化を行う
  6. 「今すぐバックアップを作成」をクリックする
    iTunesバックアップ
  7. 処理が終わると、バックアップが正常に終わったかどうか「最後のバックアップの作成日時」を確認する
    iTunesバックアップ

上記の手順でパソコンにiPhoneのバックアップの作成が可能です。

作成したバックアップからiPhoneに復元をする方法は以下の通りになります。

  1. パソコンでiTunesを開く
  2. USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続する
  3. FinderウインドウまたはiTunesにiPhoneが表示されたら選択する
    iTunesバックアップから復元
  4. 「バックアップを復元」を選択する
  5. 各バックアップの日付を見比べて、最新のものを選択する
  6. 「復元」をクリックして、復元が終わるまで待つ※必要に応じてパスワードを入力する
    iTunesバックアップから復元
  7. デバイスが再起動した後も接続したまま、コンピュータとの同期が終わるまで待つ

バックアップからの復元は、初期設定の「App とデータ」画面内にある「Macまたはパソコンから復元」から行えます。

パソコンにバックアップをとる場合は自動バックアップは行われないため、定期的に更新をしておくようにしましょう。

【注意】アプリごとの設定もチェック

注意点
iPhoneのアプリバックアップの注意点

iPhoneのアプリのデータをiCloudバックアップやiTunesを使ってバックアップ・復元をする方法を紹介しました。

しかし、アプリによってはアプリごとにデータ移行のための設定が必要となるため、チェックしておきましょう。

特にゲームアプリなどは、アプリごとに設定されているIDやパスワードが必要となります。

機種変更後も問題なくアプリのデータを引き継いで使うために、必ずアプリごとの引き継ぎ設定も確認してください。

iPhoneに機種変更後のメール設定|引き継ぎできないパターンは? 尿液晶?iPhoneの画面が黄色くなるのを解消する設定方法!True Toneを確認しよう

iPhoneの初期設定は難しくない

iPhone12
iPhoneの初期設定まとめ

本記事ではiPhoneの初期設定方法とアプリのデータを引き継ぐ方法をまとめて紹介しました。

基本的な初期設定は画面の表示に従って選択をしていくだけなので、誰でも簡単に設定が行えます。

アプリのデータ移行もしっかりとバックアップをとっておけば問題なくできるはずです。

初めてiPhoneを利用しようと考えている人や、機種変更で新しいiPhoneを利用したい人は本記事を参考にデータ移行や初期設定を行ってください。

iPhoneでドコモメールを設定する方法|初期設定から変更の手順まで
※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Homi
家電量販店にて3年間携帯販売をして培った知識を活かし、スマホに関する様々な情報をわかりやすくお伝えします。現在iPhone13 Proにてソフトバンクと楽天モバイルの2回線を使用中です。