iPhone初期設定完全ガイド|絶対に世界が変わるオススメ便利機能5選

  • 2020年2月21日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

これまでAndroidスマホを使っていたようなiPhone初心者の方が不安に感じるのが、iPhoneの初期設定です。

iPhoneのOS(iOS12)はAndroidと勝手が違うため、ムリのない話です。

そこでここからは、iPhone初期設定を完全ガイドするとともに、オススメ便利機能5選もあわせて紹介します。

iPhoneをサクサク使いこなせるようになること、請け合いですよ。

2019年iPhone乗り換えキャンペーンはどこがお得?傾向から最安を予想

iPhoneの初期設定を完全ガイド!

あこがれのiPhoneをついに購入!ワクワクしながら電源を入れてさあ使おうとしても、そのままではiPhoneは使えません。

iPhoneのすべての機能を使うには、初期設定(アクティベーション)を行わなければならないのです。なんだか難しそう…と思われるかもしれませんが、大丈夫。

初期設定で設定した項目は後から変更することができるので、わかりにくいところはスキップしておいて後日再設定することができます。

なお、初期設定の方法は、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれでも同じです。

2019年秋発売の新型iPhoneは11、9、SE2どれが濃厚?最新iPhone情報

iPhoneの初期設定のやり方


画像引用元:iPhone – Apple(日本)

まずはSIMカードを挿入

初期設定に先だち、SIMカードを挿入します(このときすでにSIMカードが入っていれば初期設定に進めばOKです)。

SIMカード挿入の手順はまず、iPhoneに同梱されているSIM 取り出しツールをiPhone本体の右側にある小さな穴に差し込み、まっすぐ押します。

するとトレイが出てくるので、SIMカードを乗せてからトレイを元に戻せばOKです。その後、iPhone側面にある「サイドボタン」を長押しすると、iPhoneが起動します。

初期設定を行う

iPhoneが起動すると、「こんにちわ」という文字が表示されます。

ここからは画面上の案内にそって進めばよいのですが、ここで「不正なSIMです」や「SIMカードが挿入されていません」と警告される場合があります。

そんなときはトレイを閉め直すか、SIMカードを入れ直せば大丈夫です。ここからは以下の流れで進みます。

  1. 「言語」と「国または地域」を選択
  2. クイックスタートの画面で「手動で設定」をタップ
  3. キーボードを選択
    「日本語かな」「日本語ローマ字」「絵文字」「English(Japan)」のなかから選びます。
  4. Wi-Fiネットワークを選択
    パスワードを入力後、[接続]をタップします。
  5. Face IDを設定
    顔をカメラの枠内に入れて、円の中で頭を動かしながら顔のすべての角度が表示されるようにします。
  6. パスコードを設定
    iPhoneのセキュリティ保護と利便性向上のために必要な、6桁のパスコードを設定します。
  7. 「Appとデータ」でデータを転送する
    データを移行する方法を選択してください。
  8. 「Apple ID」 でサインインする
    「Apple ID」画面でApple ID とパスワードの入力が求められます。
  9. 利用規約に「同意する」
    利用規約が表示されたら内容を確認し、画面右下の「同意する」をタップします。
  10. エクスプレス設定の画面で「続ける」をタップ
  11. Siriの設定画面で「あとで設定」をタップ
    設定完了後に「設定」→「Siriと検索」→ 「”Hey Siri”を聞き取る」と進めば、あとから設定できます。
  12. App解析を許可するかどうかを選択
    データを共有したくなければ「共有しない」を、共有してもよいという場合は、「Appデベロッパと共有」を選びます。
  13. 「表示サイズを選択」をタップ
    画面に表示される、テキストやアイコンのサイズを選びます。「標準」か「拡大」のどちらかを選択し「次へ」をタップします。

4でモバイルデータ通信回線を選択すると、通信状況によって初期化できないこともあるため、ここではWi-Fi接続がおすすめです。

「iPhoneのアクティベートには数分かかることがあります。」と案内されますが、おおむね30秒ほどで次の画面に移ります。

7ではデータを移行する方法を「iCloudバックアップから復元」「iTunesバックアップから復元」「新しいiPhoneとして設定」「Androidからデータを復元」のなかから選びます。

これまでAndroidを使っていたなら「Androidからデータを復元」を、新規の場合は「新しい [デバイス] として設定」を選択してください。

8では「Apple ID」画面でApple ID とパスワードの入力が求められます。

Apple IDをまだ持っていないか忘れてしまった場合には、「パスワードをお忘れか Apple ID をお持ちでない場合」をタップしてApple IDまたはパスワードの回復を行います。

Apple ID がない方は、「無料のApple IDを作成」をタップしたあと必要事項を入力すれば、新規Apple IDを作成できます。

各種設定が終了すれば、「さあ、はじめよう!」が表示されます。これでiPhoneが使えるようになりました。

2019年新型iPhoneはSE2?人気モデル後継機は本当に発売されるのか速報まとめ

iPhone初心者におすすめの便利機能5選

初期設定が終了すればiPhoneを使えるようになりますが、もっと快適にiPhoneを使うためにおすすめしたい便利機能があります。ここではiPhone XR(iOS12)で使える機能を紹介しましょう。

紛失・盗難時に役立つ「iPhoneを探す」機能


画像引用元:iCloud – iPhone、iPad、Macを探す – Apple(日本)

iPhoneをなくしてしまった…悪夢のようなことですが、意外と起こりがち。

「iPhoneを探す」は、iPhoneの紛失や盗難の際に端末を追跡してくれる機能で、いの一番に設定してもらいたい機能です。「iPhoneを探す」でできることは、以下のようになっています。

  • 追跡機能:GPSでiPhoneの現在地を追跡
  • 遠隔ロック:iPhoneを遠隔でロックできる
  • 遠隔データ消去:遠隔操作でiPhoneのデータを消去できる
  • 音を鳴らす:音を鳴らして見つけやすくする
  • iPhoneに電話をかける:発見者にコンタクトできる
  • 紛失したことをiPhoneに表示:紛失メッセージと電話番号を画面に表示できる

とはいえ、「iPhoneを探す」がオンになっていなければしないので、さっそく設定方法を紹介しましょう。

  1. 設定アプリを起動
  2. iCloudにサインイン
  3. 「iPhoneを探す」機能をオン
  4. 位置情報をオン

これで行方不明になったiPhoneを追跡することができるようになりました。

「スクリーンタイム」機能


画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンタイムを使う – Apple サポート

iOS12.0へのアップデートで追加されたスクリーンタイム機能は、アプリ・ウェブごとに秒単位で使った時間がわかるという、とても便利な機能です。

スクリーンタイムを使えば、どのくらいの時間iPhoneを使っているのかが一目瞭然。

一日あたりのアプリの時間制限を設定することも可能で、お子さんのiPhone使用時間の管理にも役立ちます。設定方法は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「スクリーンタイム」を開く
  3. 「スクリーンタイムをオンにする」をタップ
  4. 「続ける」をタップ
  5. 自分用か子ども用かを選択

時間制限の設定は「スクリーンタイム」→「App使用時間の制限」→「制限を追加」→制限するアプリを選んで「追加」をタップすれば、曜日別に使用時間を設定できます。

iPhoneの電源が入らない時の原因と対処法|修理前に確認すべき設定

疑似ホームボタンを設置できる「Assistive Touch」


画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で AssistiveTouch を使う – Apple サポート

iPhone XRをはじめとするiPhone Xシリーズ以降、iPhoneからホームボタンがなくなりました。

けれども「Assistive Touch」を使えば、画面上に擬似ホームボタンを設置することができるのです。以下の方法で設定できます。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「一般」から「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」を開く
  3. 「Assistive Touch」を有効にする

表示されたボタンをタップすると、再起動やスクリーンショットのほか、音量の上げ下げなどの機能にアクセスできるようになります。

さらに設定から、「シングルタップ」「ダブルタップ」「長押し」「3D Touch」の4種類のタップ方法について、違った機能を割り振ることもできるのです。

買う?買わない?新型iPhone発売でiPhoneXRとiPhoneXSの値下げはあるか

大画面に必須の「片手キーボード」

iPhone XRの大きな画面はとても見やすくて良いのですが、手が小さい方からはキーボードを片手で扱えなくて不便という声もあります。

そんな方には「片手キーボード」がおすすめです。キーボードを画面の左右に寄せることができるので、片手で楽にキーボード操作ができるようになります。

キーボードにある「地球儀ボタン」を長押しすると、メニューの一番下にキーボードアイコンが表示されるので、左右どちらか寄せたい側のアイコンをタップすればOKです。

「ダークモード」で目を労ろう

夜中に通知がありiPhoneの画面を開いたら、あまりの眩しさに目が痛くなった…こんなことにならないための機能が「ダークモード」です。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「一般」から「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」→「色を反転」を開く
  3. 「反転(スマート)」を有効にする

もっと便利に使いたいなら、簡単にオンオフを切り替えられるように設定できます。

  1. 設定アプリを起動
  2. 「コントロールセンター」の「コントロールをカスタマイズ」から「アクセシビリティのショートカット」を追加
  3. 設定アプリを起動
  4. 「一般」から「アクセシビリティ」→「ショートカット」に進む
  5. 「色を反転(スマート)」にチェック

これでコントロールセンターから、簡単にオンオフを切り替えられるようになりました。

iPhoneオススメ便利機能
  • 紛失・盗難時に役立つ「iPhoneを探す」機能
  • 「スクリーンタイム」機能
  • 大画面に必須の「片手キーボード」
  • 「ダークモード」で目を労ろう
  • 疑似ホームボタンを設置できる「Assistive Touch」

iPhoneはサクッと初期設定してもっと便利に使いたい

「iPhone初期設定完全ガイド|絶対に世界が変わるオススメ便利機能5選」と題して、初期設定に困らないための完全ガイドと超おすすめの便利機能5選をお届けしました。

今回ご紹介した便利機能は、簡単に設定できて使い勝手も優れています。記事を参考に、iPhoneを使いこなせるようになっていただければと思います。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ