au 手続き iPhone ソフトバンク 手続き ドコモ 手続き 機種変更
Pocket

読了時間:約 3

Apple社のiPhoneシリーズは、android機種に比べて修理代が高いことは周知の事実です。よくありがちな画面に衝撃が加わって割れたりヒビが入ったりと、過失や事故による故障の場合には、機種にもよりますが修理に何万円もかかってしまいます。

そこで、iPhone購入時に考える必要があるのが「Apple Care」に加入するかどうかです。Apple Careは本体代と別に料金が必要ですが、いざという時のための大きな保証を提供してくれます。

ただし、Apple Careが必須かというと一概にそうも言えません。場合によっては逆に損をしてしまうことすらあり得ます。そこで、実際にApple Careに加入するのは得策なのかそうでないのか、詳しく見ていくことにしましょう。

Apple Care+に加入・未加入でどう変わるか


iPhoneにも、他の全てのスマホと同じく1年間の無料メーカー保証は付いています。では、なぜわざわざ別料金を払ってまでApple Care+に加入する必要があるのでしょうか?そもそも、Apple Care+と無料保証は何が違うのでしょうか?

まず、iPhone購入時に自動的に付いてくる無料保証の内容について考えてみましょう。

Appleハードウェア製品限定保証


画像引用元:Legal – ハードウェア保証 – Apple

【サービス内容】
・1年間の自然故障の無償修理
・90日間の無償電話テクニカルサポート

無償修理の対象となるのは自然故障のみ、というのが重要なポイントです。サポート対象が自然故障ですから、落として本体や画面に傷がついた場合や水没させてしまった場合などは当然のごとく無料修理にはなりません。無償修理になるのは、iPhone端末自体に問題や異常があった場合のみです。

そして、iPhoneは有償修理になった場合の修理代金がかなり高いです。画面割れなら15,000~30,000円超、その他の故障であれば30,000~60,000円超と、泣きたくなる高額さです。

また90日間つまり3ヵ月間受けられる「無償電話サポート」ですが、Appleの電話テクニカルサポートはかなり優秀で、修理受付だけでなくiPhoneの設定や動作のことで相談しても丁寧にサポートしてくれます。

インターネットで調べて自分で問題を解決できる人ならいいですが、スマホにそれほど詳しくない人なら、Apple無償電話サポートに電話一本するだけで親切に教えてくれるので安心です。

次に、有料の保証サービス「Apple Care+」について内容を見てみましょう。

「Apple Care+ for iPhone」の特徴


画像引用元:AppleCare+ – iPhone – Apple

Appleが提供している「Apple Care+ for iPhone」にはどんな特徴があるのでしょうか?

【サービス内容】
・2年間の自然故障の無償修理
・2年間の無償電話テクニカルサポート
・無料のバッテリー交換
・2年間で最大2回まで下記のサービスが受けられる

  • 画面の損傷修理・・・3,400円(税別)
  • その他の修理・・・11,800円(税別)

【料金】
iPhone X・・・22,800円(税別)
iPhone 8/7/6s・・・14,800円(税別)
iPhone 8 Plus/7 Plus/6s Plus・・・16,800円(税別)
iPhone SE・・・12,800円(税別)
※すべて補償2年間分の一括払い

料金を見ると、補償サポートとしては金額が高いと思うかもしれません。iPhone Xであれば税込24,624円もします。2年間一切何の故障もなければ無駄にその金額を払ったことになるので、たしかに加入するかどうかは慎重に考えたほうがいいでしょう。

無料保証とApple Care+を比較してみた

それだけ高い補償サービスであるApple Care+ですが、その金額に見合ったサポートを受けられるのでしょうか?無料の1年保証とApple Care+の補償内容を比較してみましょう。

  Apple製品1年保証 Apple Care+ for iPhone
料金 無料 12,800~22,800円
保証期間 1年間 2年間
自然故障の無償修理期間 1年間 2年間
無償電話サポート期間 90日間 2年間
有償修理 画面の損傷 14,800~31,800円 3,400円 (2年間に最大2回まで適用)
その他の損傷 22,800~60,800円 11,800円
バッテリーサービス 3,200円or8,800円 0円

比較してみると、自然故障の無償修理が1年→2年に伸びています。そして無償電話テクニカルサポートが90日→2年間に延長されています。また、バッテリー劣化時にはApple Care+に加入していると2年間無料でバッテリー交換してくれます。

でも、これだけだとApple Care+の高い料金には見合いません。大事なのは、有償修理になった場合の金額差です。

iPhoneが有償修理になった場合の金額

iPhoneをちょっとした拍子に落として画面が割れてしまった、水がかかってから動作不良になってしまった、という事態になると有償修理が必要になります。Apple Care+に加入していた場合は、2年間で最大2回まで「画面の損傷」3,400円、「その他の損傷」11,800円で修理できます。

ではApple Care+未加入の場合では、どれ位修理費用がかかるのでしょうか?iPhone機種ごとの修理費用をみてみましょう。

Apple Care+ (未加入時)
iPhoneモデル 画面損傷 その他の損傷
iPhone X 31,800円 60,800円
iPhone 8 Plus 19,800円 43,800円
iPhone 8 17,800円 38,800円
iPhone 7 Plus 19,800円 38,800円
iPhone 7 17,800円 35,800円
iPhone 6s Plus 19,800円 36,800円
iPhone 6s 17,800円 33,800円
iPhone 6 Plus 17,800円 36,800円
iPhone 6 14,800円 33,800円
iPhone SE 14,800円 30,800円
iPhone 5s/5c/5 14,800円 30,800円
iPhone 4s 22,800円 22,800円

Apple Care+に加入していないと、非常に高額な修理代金がかかってしまうことが分かります。例を挙げてシミュレーションしてみましょう。

Apple Care+加入・未加入シミュレーション

ちなみに下記はすべて税込金額を表示しています。

シミュレーション1
購入機種・・・iPhone 8
故障状況・・・2年間で1回画面が破損し、1回本体の有償修理が発生した

【Apple Care+ 加入時】
保証加入料金・・・15,984円
修理合計費用・・・16,416円(3,672円+12,744円)
合計・・・・・・・32,400円

【Apple Care+ 未加入時】
保証加入料金・・・0円
修理合計費用・・・61,128円(19,224円+41,904円)
合計・・・・・・・61,128円

Apple Care+に加入していないと、費用合計は3万円近くも高くなるという結果になりました。

シミュレーション2
購入機種・・・iPhone X
故障状況・・・2年間で1回本体が損傷した

【Apple Care+ 加入時】
保証加入料金・・・24,624円
修理合計費用・・・12,744円
合計・・・・・・・37,368円

【Apple Care+ 未加入時】
保証加入料金・・・0円
修理合計費用・・・60,800円
合計・・・・・・・60,800円

画面ではなくその他の故障の場合も、Apple Care+に加入していないと2万円以上高くついてしまうことが分かります。

しかし、Apple Care+に加入することで逆に高くついてしまう場合もあります。次のシミュレーションでみてみましょう。

シミュレーション3
購入機種・・・iPhone 8 Plus
故障状況・・・2年間で1回画面が破損した

【Apple Care+ 加入時】
保証加入料金・・・18,144円
修理合計費用・・・3,672円
合計・・・・・・・21,816円

【Apple Care+ 未加入時】
保証加入料金・・・0円
修理合計費用・・・21,384円
合計・・・・・・・21,384円

iPhone 8 Plusを2年間使用していて画面の破損1回だけだった場合、Apple Care+に加入済なら修理代は安いのですが、そもそも保証料金が高いため、合計費用はApple Care+未加入の場合よりも432円高くなってしまいました。

1 2