読了時間:約 1 minute

ドコモショップと比較して時間の短縮・手数料節約など様々なメリットがある事から、ドコモオンラインショップを利用した機種変更は人気を集めています。

一方でSIMカードの差し替えや挿入・開通手続きなどドコモショップの店員が行ってくれる作業を自身の手で行うため、困ってしまう方も多いようです。

今回はドコモオンラインショップで購入した端末の開通手続きと、期限内に開通手続きができなかった場合の対処法などを解説します。

ドコモオンラインショップで機種変更するメリットと実店舗との違い

ドコモオンラインショップの開通手続きには期限がある

冒頭でもご紹介した通り、ドコモオンラインショップで機種変更や新規の手続きをした場合「開通手続き」という作業が必要になります。

この開通手続きとは言わば回線の切り替え手続きの事であり、機種変更を行うなら基本的に必須の作業となっています。

ここでは契約形態を新規契約、機種変更、MNPに分け、それぞれのケースの場合の開通手続きの期限を確認しましょう。

開通手続きの期限
新規(追加)契約の場合商品出荷日から起算して15日以内
機種変更の場合商品出荷日から起算して20日以内
他社からののりかえ(MNP)の場合商品受取後、1か月
(MNP予約番号有効期限に注意)

どの場合も「出荷された日」から起算されますので、商品到着後は早めに開通手続きを行う必要性があります。

また、この中で特に気を付けておきたいのはMNP(他社からののりかえ)の場合です。

MNP(他社からののりかえ)の開通手続き期限は1ヶ月と一番長いのですが、発行したMNP予約番号有効期限は通常15日に設定されています。

MNP予約番号有効期限が切れると転出元のキャリアから再発行を行わなければならないため、面倒な手間が増えてしまう事になるのです。

ドコモオンラインショップで機種変更やMNPを行った場合、開通手続きをしない状態であれば前の携帯電話は使用できる状態になっています。

そのため設定やデータ引き継ぎの作業が面倒になり、結果として開通手続きが後回しになってしまったというケースも多いようです。

ドコモオンラインショップの開通手続きを行わなかった場合はどうなる?

開通手続きの期限までに手続きを行わなかった場合、新規契約、機種変更、MNPでどうなるのかみていきましょう。

期限を過ぎた場合の対応
新規(追加)契約の場合ドコモ側で自動的に開通手続きが行われる
機種変更の場合ドコモ側で自動的に開通手続きが行われる
他社からののりかえ(MNP)の場合契約の申込みは取消し、端末代金が請求される

新規、機種変更は「ドコモ側で自動的に開通手続きが行われる」ということになっています。

例えばドコモオンラインショップで手続きしたのに「まだ端末が届いていない」「受け取っていない」という場合でも開通手続きが行われるのである意味では便利です。

ただしMNP(他社からののりかえ)の場合は必ず自身の手で開通手続きを行わなければなりません。

MNPで機種変更を行う場合、開通手続きを行わないまま1ヶ月が経過すると転入(転出)の手続き自体が取り消しとなってしまいます。

しかしすでに端末は購入してしまっていますし、代金は通常通り請求されることになります。

新規契約・機種変更の場合はもちろん、特にMNP(他社からののりかえ)の場合は開通手続きに気を付けておきましょう。

開通手続き自体が不要なケースもある

実は機種変更の場合に限り開通手続き自体が不要なケースが存在します。開通手続きが不要なケースは、主に以下の2つのパターンです。

  • Xi→Xiへの機種変更の場合
  • SIMカードの形状が変わらない場合

Xi→Xiへの機種変更の場合

ドコモのXi(スマートフォン)からXiに機種変更をする場合は基本的に開通手続きは必要ありません。Xiとは、4G/LTE回線を使ったドコモの主要料金プランとなっています。

既にドコモのスマホプランはXi契約に統一されましたので、これから機種変更を行う方はほとんどこのケースに該当するでしょう。

ちなみに現在のドコモには「FOMA」のプランが無いため、FOMA→FOMAという機種変更を行う事はできません。

SIMカードの形状が変わらない場合


画像引用元:ご利用前の設定【スマートフォン】 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモのSIMカード(UIM)カードはサイズが大きい順に標準・micro・nanoと3種類ある事をご存じの方も多いでしょう。

現在のスマホはほとんど「nanoSIM」が使われており、サイズが異なるという事はほとんどありません。

ドコモオンラインショップの機種変更では「SIMカードが同梱されていなかった」という場合はSIMカードを差し替える事でスマホを利用できるようになります。

古いスマホやガラケーを使っている場合はSIMのサイズが違う可能性が高いため、基本的には開通手続きが必要です。

  • 標準SIM:25mm×15mm
  • microSIM:15mm×12mm
  • nanoSIM:12.3mm×8.8mm

ドコモオンラインショップで開通手続きの手順と方法

ここまでのご紹介で開通手続きの期限などについてはひととおりご理解頂けたのではないでしょうか。

続いては実際に開通手続きを行うための手順・方法を確認してみましょう。

開通手続きを実際に行う方法は大きく分けると「ウェブサイト(ドコモオンラインショップ)から申し込む方法」と「電話で申し込む方法」の2つあります。

ドコモオンラインショップで開通手続きを行う場合


画像引用元:ご利用前の設定【スマートフォン】 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ウェブサイトで開通手続きを行う場合はドコモオンラインショップにアクセスする必要があります。

  1. ドコモオンラインショップにログイン
  2. 「お申込み履歴」をクリック
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック
  4. 「開通前のご確認事項」「受付確認メールの送信先」を確認
  5. 内容を確認し「ご注文を確定する」をクリック

機種変更の場合はdアカウントでログインした後、トップページに「お申込み履歴」という項目があるのでこちらをクリックしましょう。

新規契約、又はMNPでの契約の場合もdアカウントのID/パスワード(手続きした回線のもの)でログインします。

もしdアカウントを忘れてしまった場合は、受付番号(13桁の英数字)、購入時の連絡先電話番号、暗証番号(4桁の数字)を入力してログインしましょう。

「ご購入履歴・配送状況」というページの「切り替え(開通)のお手続き」へ進み、開通前のご確認事項と受付確認メールの送信先の指定を行って次へをクリックします。

その後メールにて契約番号と受付確認メールが届くので、ご注文を確定するというボタンをクリックし開通手続きが完了します。

電話で開通手続きを行う場合

電話での開通手続き方法は新規契約・機種変更の場合とMNP(他社からののりかえ)の場合とで若干異なります。

新規契約・機種変更の場合

新規で契約した場合、購入した機種と一緒にSIMカードが送られてきます。そのSIMカードを端末に挿した後に切り替え専用ダイヤル「1580」に電話をかけましょう。

受付時間は24時間なので深夜や早朝の時間でも手続きは行えます。ちなみにですが、この1580は購入した機種以外からは繋がらないので注意してください。

必要になるものはドコモ契約時に設定した4桁の「ネットワーク暗証番号」です。

基本的には音声ガイダンスに従って数字をダイヤルするだけなので簡単に開通手続きを済ませることができます。

新規契約の場合は絶対に開通手続きが必要ですが機種変更の場合は不要なケースの方もあります。新規契約や機種変更の場合は電話で開通手続きを行った方が簡単かもしれません。

切替専用ダイヤル携帯電話から(局番なし)1580(通話料無料)
※購入した機種以外からは繋がらない
受付時間24時間
※システムメンテナンス時間を除く
手続きに必要なもの・ネットワーク暗証番号(今回手続きした電話回線のもの)
・新しいドコモUIMカードを挿入した機種

MNP(他社からののりかえ)の場合

MNPでの開通手続きに必要なものはこちらになります。

  • ドコモのSIMを挿してある端末
  • ネットワーク暗証番号

この2つを準備した上でドコモインフォメーションセンターへ電話しましょう。

  • フリーダイヤル:0120-800-800
  • 受付時間:9:00〜20:00

番号はフリーダイヤルになります。受付時間に注意してオペレーターによる開通手続きを行ってもらいましょう。

電話が繋がりにくい場合もあるので、MNPの場合はドコモオンラインショップから開通手続きをした方が良いかもしれません。

ドコモオンラインショップなら時間を特に気にしなくても良いですし、待ち時間のストレスもないのでおすすめです。

切替専用ダイヤルドコモ インフォメーションセンター
一般電話などから0120-800-000
※一部のIP電話からは接続できない場合がある
受付時間午前9時~午後8時(年中無休)
手続きに必要なもの・ネットワーク暗証番号(今回手続きした電話回線のもの)
・新しいドコモUIMカードを挿入した機種

ドコモオンラインショップの機種変更で開通手続きを5分で終わらす方法

ドコモオンラインショップの開通手続きはお早めに!

今回はドコモオンラインショップからドコモの端末を契約した場合の開通手続きについてご紹介しました。

開通手続きはウェブサイトから行う場合と電話で行う場合の2つの方法があるのでやりやすいやり方で行うと良いでしょう。

新規契約・機種変更・MNPによって開通手続きの期限は違いますが、どの契約形態にせよ早めに開通手続きを行いましょう。

特にMNPに関してはせっかく面倒な手続きをこなしたのに契約自体が破棄され余計にお金を払う必要が出てきてしまいます。

機種変更の場合は開通手続きを行わなくても良い場合もあるので、こちらも事前に確認しておきましょう。

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の10%がポイント還元
  • ドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで高ポイント還元
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDはドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費は1万円かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!