OPPO Reno3 5G
ソフトバンク公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているのでお得!
読了時間:約 2

ソフトバンクのOPPO Reno3 5Gを評価レビューし、スペック・機能・価格をまとめてご紹介していきます。

OPPO Reno3 5Gはソフトバンクから2020年7月下旬以降に発売される5G対応スマホとして発表されています。

新機種として発表されたのは4製品ですが、どのスマホも5Gに対応している以外にも魅力的な機能を搭載しています。

ここではOPPO Reno3 5Gのスペックや機能などの基本的な評価レビューはもちろん、現時点で未発表となっている価格も合わせて買う理由と買わない理由を解説していきます。

最後にOPPO Reno3 5Gをソフトバンクオンラインショップで購入するメリットと対象のプレゼントキャンペーンについてもご紹介します。

2020年ソフトバンクの機種変更を100%得する方法|おすすめ機種ご紹介

画像引用元:OPPO Reno3 5G – 未来を先取りしたスマホ。| OPPO 日本

ソフトバンクOPPO Reno3 5Gは買うべきか?

OPPO Reno3 5G
画像引用元:OPPO Reno3 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

まずはソフトバンクOPPO Reno3 5Gのスペック・機能・価格を評価レビューしたものをまとめつつ、買う理由・買わない理由をご紹介します。

買う理由

買う理由3つ

  • ハイスペックなのに価格が安い可能性が高い
  • 4眼レンズでカメラ機能充実
  • 発売時期的に5G対象のエリアが拡大されている可能性が高い

OPPO Reno3 5Gはまだ価格が決まっていませんがソフトバンクでの発表会のコメントによると5Gスマホとしては安く発売される可能性があります。

また、OPPO Reno3 5Gは5Gに対応している事はもちろん、4眼カメラ搭載でハイスペックモデルとして不足している機能が少ないです。

それでいて薄くて軽いなど魅力的な特徴も備えています。

パフォーマンスも必要十分で、幅広いユーザーが満足できる仕様となっているのは見逃せません。

またソフトバンクの5Gは開始当初は限られた地域のみでの対応となるため、7月には全国的に対応が進んでいる可能性も考えられます。発売時期もベストタイミングかもしれません。

5G対象のエリア(2020年3月31日予定)
千葉県・東京都・石川県・愛知県・大阪府・広島県・福岡県の一部地域

ソフトバンクから発売される先行組の5Gスマホはまだ不安と感じる方には、OPPO Reno3 5Gはおすすめです。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「OPPO Reno3 5G」を見る

買わない理由

買わない理由3つ

  • 外部ストレージ非対応(SDカードが使えない)
  • 防水・防塵に非対応

OPPO Reno3 5Gのもっとも気になるポイントは外部ストレージ非対応、つまりSDカードなどが使えない点です。

ROM(ストレージ)は128GBと比較的大容量ですが、5G通信後はより情報量の多いアプリなどが登場する可能性もあるでしょう。

これにはGoogle ドライブなどの基本無料クラウドサービスを利用・PCに保存などして対処する必要性があります。

また、日本製のスマホでは当たり前となっている防水・防塵機能が省かれているのもOPPO Reno3 5Gの気になるポイントとなります。

ただし一部機能が省かれているためか、買う理由でご紹介したようにソフトバンクが発表した5Gスマホの中では最も安い価格となる予定です。

OPPO Reno3 5Gの価格については本記事内の「価格評価レビュー」で詳細に解説しています。

現在発表されているソフトバンクの5Gスマホを比較したい方用のまとめ記事もあるので是非チェックしてみてください。

ソフトバンク OPPO Reno3 5Gの評価レビュー【スペック】

OPPO Reno3 5G(OPPO製)の概要
画像引用元:OPPO Reno3 5G(OPPO製)の概要 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
続いては現在公表されているソフトバンクHP掲載のスペック表や他の5G対応製品との比較から、OPPO Reno3 5Gを評価・レビューしてみましょう。

OPPO Reno3 5Gの基本スペック
カラーミスティホワイト
本体サイズ約72×159×7.7mm
重量約171g
ディスプレイ約6.55インチ/有機EL
OSAndroid10(ColorOS 7.0)
CPUSDM765G(オクタコア) 2.3GHz+2.2GHz+1.8GHz
ROM(ストレージ)128GB
RAM(メモリ)8GB
バッテリー4025mAh
外部メモリ非対応
通信方式5G/4G
防水・防塵×
おサイフケータイ

>ソフトバンク公式オンラインショップで「OPPO Reno3 5G」を見る

OPPO Reno3 5Gのパフォーマンス

OPPO Reno3 5GはオクタコアのSDM765Gを搭載し、ROM(ストレージ)は128GB・RAM(メモリ)は8GBと十分な容量が確保されています。

スペック上では最上位の800番台CPUを搭載した他のソフトバンクの5G対応スマホに劣っています。

しかしOPPO Reno3 5G に搭載されたSDM765Gは5G向けに最適化されていますし、ゲームやアプリをストレスフリーで動かす事ができます。

OSはAndroidをベースとしたOPPO独自のColorOSが搭載されているため、国産スマホなどとは操作感などが若干異なる可能性があります。

大容量バッテリー&急速充電に対応

OPPO Reno3 5Gは4025mAhの大容量バッテリーを搭載しており、5G通信時でも電池切れの心配はほとんどありません。

また、本体・ACアダプタなどに埋め込まれた識別チップにより電圧をコントロールするOPPO独自の急速充電技術が採用されています。

この急速充電「VOOC フラッシュチャージ4.0」により20分で50%充電、56分でフル充電を行う事ができます。

素早く充電が行えるため万が一バッテリーが少ない時も安心して使用できるでしょう。

ソフトバンク OPPO Reno3 5Gの評価レビュー【機能】

続いてはOPPO Reno3 5Gの特に気になる機能を評価レビューしてみましょう。

4眼カメラで写真・動画撮影に特化

OPPO Reno3 5G
画像引用元:OPPO Reno3 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

OPPO Reno3 5Gのカメラ性能
アウトカメラメイン:約4800万画素
望遠:約1300万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
サブカメラ約3200万画素

OPPO Reno3 5Gには機能の異なる4つのアウトカメラが搭載されています。

メインカメラは約4800万画素で繊細で迫力のある写真を撮影する事が可能です。

また、望遠は5倍ハイブリットズーム、超広角は画角115°まで対応しています。

この他2.5cmまでの接写が可能なマクロモード、夜景を鮮明に撮影するウルトラナイトモードなど幅広い撮影モードを備えています。

サブカメラは約3200万画素で美しい自撮りができるのはもちろん、「カスタマイズA.Iビューディ」機能で撮影前後どちらでも様々な編集が可能です。

更に簡単にショートムービー作成ができるアプリで動画編集を楽しむ事もできます。

写真・動画撮影に特化した機種を探している方ならOPPO Reno3 5Gの性能は十分満足できるものとなっているはずです。

薄くて軽い&使いやすい

「SoftBank 5G」対応の製品/サイズ・重量比較
LG V60 ThinQ 5G約218g(本体のみ)
約78×170×9.2 mm(本体のみ)
OPPO Reno3 5G約171g
約72×159×7.7mm
AQUOS R5G約189g
約75×162×8.9mm
ZTE Axon 10 Pro 5G約176g
約73×159×7.9mm

OPPO Reno3 5Gは約6.55インチの大画面有機ELを備えています。

映像視聴を存分に楽しめるのはもちろん、上記でご紹介した写真・動画を撮影した後にチェックするのにも適しています。

更に大画面有機ELを備えつつも重さ約171gで厚み7.7mmという使いやすさにこだわったスマホとなっています。

「SoftBank 5G」対応の製品の中で最も軽く・薄いデザインとなっているのが特徴的です。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「OPPO Reno3 5G」を見る

ソフトバンク OPPO Reno3 5Gの評価レビュー【価格】

OPPO Reno3 5Gは現時点でまだ価格発表前となっています。

ただし端末代金を最大半額にできるプログラム「トクするサポート+」の対象となっている事から最低でも5万円以上する事は確定と言えるでしょう。

また、ソフトバンクの「SoftBank 5G」対応製品発表会でのコメントを元にしてある程度価格を予想する事ができます。

ここではOPPO Reno3 5Gの価格とともに、発売日の情報をご紹介します。

「驚くような価格」での販売

「SoftBank 5G」対応の製品/価格
LG V60 ThinQ 5G未定「トクするサポート+」対象
OPPO Reno3 5G未定「トクするサポート+」対象
AQUOS R5G129,600円(税込)
ZTE Axon 10 Pro 5G89,280円(税込)

OPPO Reno3 5G を含む4製品は3月5日に開催された「SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会」で発表されました。

OPPO Reno3 5Gの価格は発表されなかったものの、紹介の際は「驚くような価格」で販売するとのコメントがされています。

また、既に「SoftBank 5G」対応製品のうち2機種は価格が発表されており、AQUOS R5Gは129,600円(税込)・ZTE Axon 10 Pro 5Gは89,280円(税込)となっていました。

OPPO Reno3 5Gの性能を考えるとこの2機種より価格が安くなるのではないでしょうか。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「OPPO Reno3 5G」を見る

発売は7月下旬以降

「SoftBank 5G」対応の製品/発売日予定
LG V60 ThinQ 5G2020年4月下旬以降
OPPO Reno3 5G2020年7月下旬以降
AQUOS R5G2020年3月27日
ZTE Axon 10 Pro 5G2020年3月27日

OPPO Reno3 5Gの発売日は「SoftBank 5G」対応製品の中で最も遅い7月下旬となっています。

「SoftBank 5G」のサービス開始日は3月27日からですので、いち早く5Gサービスを利用したい方にとっては気になるポイントかもしれません。

ただしある程度5Gサービスの評判が固まってからの登場となるため、購入のタイミングとしてはむしろベストなのではないでしょうか。

現在発売中のソフトバンクの最新スマホを比較したおすすめランキング記事もあるので、4Gスマホも検討している方は是非チェックしてみてください。

ソフトバンクオンラインショップで購入するとお得!

ソフトバンクオンラインショップは24時間利用できる事以外にも様々なメリットがあります。

最後にオンラインショップのメリットやOPPO Reno3 5Gを対象としたキャンペーンをご紹介します。

ソフトバンクオンラインショップなら費用を節約できる

ソフトバンクオンラインショップがお得な理由
  • 24時間、好きな時に予約・購入手続きができる
  • 自宅受け取りか店頭受け取りか選べる
  • 頭金不要!事務手数料のみで手続き可能
  • キャンペーン情報をいち早くゲットできる

OPPO Reno3 5Gは全国に展開するソフトバンクショップはもちろん、キャリア直営となるソフトバンクオンラインショップでも購入可能です。

自身で手続きを行うソフトバンクオンラインショップで購入する場合は料金プランやオプション、端末などについてある程度の知識が必要となるでしょう。

しかしソフトバンクオンラインショップはキャリア直営という事で端末分割購入時の頭金が0円となっており、不要オプションの勧誘もありません。

このためソフトバンクオンラインショップでOPPO Reno3 5Gを予約・購入すると費用を安くできる可能性が高くお得です。

OPPO Reno3 5G購入でVRゴーグルプレゼント

OPPO Reno3 5G
画像引用元:OPPO Reno3 5G – 未来を先取りしたスマホ。| OPPO 日本
OPPO Reno3 5Gは先着購入でVRゴーグルがプレゼントされるキャンペーン開催予定となっています。

発売日が遅いという事もあり現状ではVRゴーグルの詳細やキャンペーン期間などは決まっていません。

ちなみに他の「SoftBank 5G」対応製品でも同様のキャンペーンが開催されていますが、その内容を参考にすると先着10,000名~20,000名へのプレゼントとなるはずです。

キャンペーンはソフトバンクショップでも開催されますが、発売直後であればオンラインショップを利用した方が確実に特典を入手できるのではないでしょうか。

ソフトバンク OPPO Reno3 5Gは使いやすさと機能を両立

5Gに対応したOPPO Reno3 5Gは日常での使いやすさを重視したスマホとなっています。

ゲームやアプリなどをストレスフリーで使用できるのはもちろん、特に写真撮影機能に特化しているのも魅力的です。

ただし本文中でご紹介したように防水・防塵・外部ストレージなどに対応していません。

その点だけ除けば非常に優秀なスマホですので、購入を検討している方は自身の使用用途などをよく確認しておくようにしましょう。