読了時間:約 2

携帯電話を乗り換え時、必ずやるべきことの一つとしてバックアップデータをとる、ということが挙げられます。しかし、いざキャリアの移行準備でバックアップを行うと言われても、普段からその習慣がなかった人にとっては何から手をつけてよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

乗り換え時、スマホに入った大切な写真や動画、アプリ等のデータが引き続き次に持つ携帯でも安心して保持出来るようにするには、どのようにすればよいのか。

そこで今回は、携帯乗り換え前の移行準備として確実にしておきたいスマホのデータのバックアップについて解説していきます。

大きく分けて二つの方法


一口にバックアップと言ってもその方法は複数あり、それは大きく分けて二つに分類されます。一つは、パソコンを使ってする方法と、もう一つはスマホだけでする方法

パソコンに保存する方法は、そのパソコンの容量分だけのデータを保存出来るもので、外付けハードディスク等で容量を増やすことも可能です。

一方、スマホで保存する方法はアプリをインストールしてクラウドストレージというサービスにデータを移行するという方法になります。

乗り換え時、新規で端末を購入することが殆どかと思いますが、当然新品の端末は工場から出荷されたままのまっさらでデータも何も入っていない状態です。n

そこへバックアップで取っておいた、以前まで使用していたスマホのデータをそのまま移すことで、今まで使用していたスマホと同じ状態で使用することが出来るということになります。

AndroidとiPhoneでもバックアップの仕方は異なる


また、パソコンかクラウドサービスにバックアップをとるかそのどちらかは同じですが、AndroidとiPhoneでもそのOSの違いからそれぞれやり方も変わってきます

ゲームで例えるならNintendo SwicthとPlayStation Vitaの違いのようなもので、同じゲーム機であっても中身の構造が違うため、それぞれ利用するソフトも違うということ。

スマホも同じように、アプリなどのダウンロードではAndroidは『Google Play』iPhoneでは『iTunes』を利用しデータのバックアップに関しても、それぞれの方法でデータを取り込んだり取り入れたりすることが出来ます。

ここからは、AndroidとiPhoneでそれぞれのデータ移行の方法をご紹介し、最後にはAndroidからiPhone、iPhoneからAndroidへのバックアップの移行の仕方についてにも触れていきます。

Androidのデータをバックアップする場合


Androidのスマートフォンでは、Googleアカウントを利用してOS標準のバックアップ機能を利用する方法と、アプリを使用する方法、パソコンにデータを保存する方法の3つのバックアップ方法があります。

機種によってはインストール出来るアプリの種類や、保存出来るデータの内容が異なるため、それぞれのナビに従ってSDカード等と併用してバックアップを実行していきます。

AndroidでOS標準のバックアップ機能を利用する


こちらは、Android4.0以降で利用出来るもので、Googleアカウントとひも付されたデータのみ保存する事が出来ます。Android4.0以降のものであれば標準で装備されているものであり、インストールの必要もないため非常に手軽に利用することができます。

ただし、この方法でとれるバックアップは、Wi-Fiのパスワード、ブックマーク、各種設定、アプリや同期しているアプリのデータ等で、写真や動画、音楽などのデータは保存出来ません。

【バックアップ手順】

①Androidの『設定』アプリを開く

②『バックアップとリセット』を選択

③Googleアカウントに紐付けされたバックアップアカウントが出てくるので
『私のデータをバックアップ』を選択

この時、自動でバックアップされるものは以下になります。

  • Googleカレンダーの設定
  • Wi-Fiパスワード
  • Gmailの設定
  • Google Playからインストールしたアプリデータ等

機種変更などで復元したい場合は、新しいスマホを起動して同じGoogleアカウントでログインすることで手軽に行うことが出来ます。

また、画像や動画データをバックアップしたい場合、Googleと紐付けされたアプリとして『Googleフォト』というアプリがあるので、そちらを利用するとよいでしょう。

『Googleフォト』はクラウドストレージを利用してバックアップを取る方法ですが、一定の容量までは基本的に無料で利用することができます。

【Googleフォトのバックアップ手順】

①Googleフォトのメニューアイコンをタップ

②はじめの画面から『設定』を選択

③『バックアップと同期』から『バックアップと同期』をONにする

※1600万画素以上の画像は自動的に圧縮されます

Androidでアプリを使用してバックアップをする方法


バックアップ用アプリにも色々ありますが、まずは『Google Play ストア』へ行きお好きなものを選んでインストールしましょう。

アプリの中には連絡先や通信履歴、画像や動画、音楽データなどのバックアップも可能なものがあるので、ご自分にあったものを選びます。(アプリによって保存出来るデータが異なります)

ここでは、利用者の多い『JS Backup』を例に解説していきます。『JS Backup』は、累計で600万ダウンロードされている、バックアップアプリとしては定番のアプリで、Android端末間のデータ以降には非常に簡単で便利な機能を備えています。

『JS Backup』公式サイトはこちら

【バックアップ手順】

①JS Backupを起動し、『バックアップ』を選択

②データのバックアップ先『SDカード』か『クラウド』かを選択

③バックアップ内容の確認画面が出るので、『スタート』でバックアップ開始

『JS Backup』でバックアップされるもの。

  • 連絡先
  • 通話履歴
  • SMS
  • ブックマーク
  • システム
  • 辞書
  • カレンダー
  • ミュージックプレイリスト
  • アプリ一覧
  • 画像
  • 音・楽
  • 動画
  • 文書

バックアップ内容の確認画面で内容の変更も出来るので、任意の内容を選択してください。また、データ量にもよりますが、バックアップには30分以上の時間がかかる場合もあるため、通話などの支障がない時間帯に行いましょう。

バックアップが完了するとファイルが自動的に圧縮され、『バックアップが完了しました』という文字と、内容の確認画面が表示されます。

Androidでパソコンを使用してバックアップをとる方法


Androidでパソコンを使用してバックアップを取る方法は、パソコンとスマホをUSBケーブルで繋いでデータを移行するという方法です。データはパソコンの容量に収まる分だけ保存出来、外付けのハードディスク等にコピーしても問題ありません。

【バックアップ手順】

①パソコンとスマホをUSBケーブルで接続

②左下の『スタートボタン』から『コンピューター』へ

③ポータブルデバイスにスマホの機種が認識されているのでダブルクリック

④『内部ストレージ』をクリックし保存したいフォルダーをコピー

⑤任意の新規フォルダーを作成し、そこへコピーしたデータを貼り付け完了

※接続してもスマホを認識しない場合は、ロックがかかっているかパソコンと接続した時に表示される、『USBストレージをオンにする』をONにする必要があります。

以上が主要なAndroidのバックアップ方法と、その手順となります。尚、クラウドに保存する場合、データの量によっては有料となるので注意が必要です。

iPhoneのバックアップ方法


iPhoneでは基本的に二つのバックアップ方法があります。一つはクラウドストレージのiCloudを利用する方法、もう一つはPCを使ってiTunesへ保存する方法です。

いずれの方法も、設定をしておけば自動でバックアップを行ってくれるので後でデータが貯まった時にまとめて保存する煩わしさを感じず非常に便利です。

iCloudを利用して保存する方法


iCloudとはApple社のサーバー上に設けられた、自分専用の保存スペースを指します。それぞれのIDと紐つけられているので、直ぐに取り出して復元することが可能です。

【iCloudのバックアップ設定手順】

①iPhone内の『設定アプリ』を開く

1 2