ドコモの機種変更に必要な身分証明書・同意書|名義人・契約者以外の手続きは?

ドコモの機種変更に必要な身分証明書や同意書について詳しく説明するとともに、本人以外の名義人・契約者以外の手続き方法についても紹介します。ドコモの契約者であればドコモショップやドコモオンラインショップを利用して当日中に機種変更を行う事が可能です。

  • 2020年9月10日
契約書に印鑑を押す人
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

ドコモの機種変更の手続きはドコモショップやドコモオンラインショップで当日中に完了するくらい簡単です。

しかし契約者が親で自身が利用者という場合や、代理人に機種変更を頼むという場合必要な書類や手続き方法が異なります。

場合によっては必要書類が不十分とみなされ、契約者以外の代理人手続きが認められないこともあるのです。

ここでは自身が契約者ではない方・代理人として機種変更を行う方に向け、ドコモの契約者以外が機種変更手続きをする際に必要なものを解説します。

機種変更に必要なもの手順が確認できた方は、次にドコモの機種変更や乗り換えがお得になるキャンペーンについても確認をしていきましょう。

ドコモショップで機種変更する場合に必要なもの

契約書に印鑑を押す人
機種変更に必要なもの

自身が契約者ではない場合、ドコモショップに立ち寄ったからといってすぐに機種変更が出来るわけではありません。

まずは確実にドコモの機種変更手続きが出来るよう必要なものを知っておきましょう。

契約者本人が手続きする場合

契約者本人がドコモショップで機種変更を行う場合、必要なものは大きく分けて4つあります。

機種変更時は既にドコモとの契約を結んでいますので、新規申込みのように面倒な書類・印鑑等は必要ありません。

契約者の本人確認書類は主にドコモの分割払い(クレジットカードを利用しない方法)で必要となるもので、一括払いなら持って行かなくても機種変更は可能です。

ただし一括で購入できる方は限られますし、対応は店舗によって異なるため基本的には持って行くのが良いでしょう。

また、「携帯電話機などのお買い上げ代金」を現金以外で支払う場合は念のためクレジットカードなどを持って行きましょう。

機種変更の際に必要となるもの(契約者本人)

契約者の本人確認本人確認書類の提示(個別信用購入あっせん契約または割賦販売契約で必要となる)
ネットワーク暗証番号の入力
必要な費用(契約事務手数料)・「Xi」⇒「Xi」またはFOMA⇒FOMAの場合
登録手数料:2,000円
・FOMA⇒「Xi」または「Xi」⇒FOMAの場合
契約事務手数料:3,000円
携帯電話機などのお買い上げ代金端末代金、手数料(頭金など)
利用中の携帯電話機ドコモUIMカード・ドコモminiUIMカード・ドコモnanoUIMカードを含む(盗難・紛失時は再発行で対応)

ドコモが規定する本人確認書類

免許証と保険証
本人確認書類

本人確認書類は「日本に住んでいて居住地があり、生活実績を証明するために必要なもの」ということになります。

基本的には運転免許証やマイナンバーカード(個人番号カード)で対応可能ですが、無い場合は健康保険証などでも代用可能です。

新規申し込み時とは違い、機種変更時の補助書類の提示は不要となっています。

特に理由が無ければドコモが推奨している運転免許証やマイナンバーカードを持参するようにしましょう。

ちなみにドコモは未成年者でも本人名義で契約ができますがこの場合親権者の同意や確認が必要です。

未成年が契約者であった場合も通常の機種変更と変わりませんが、分割で契約する場合は別途親権者の同意書などが必要となります。

ドコモ/本人確認書類

 現住所記載の本人確認書類(コピー不可)
個人1. 運転免許証
2. マイナンバーカード(個人番号カード)
のいずれか1点
【上記を持っていない場合】

3. 健康保険証
4. 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
5. 在留カード(または)外国人登録証明書
のうち1点。

公共料金領収証(または)「マイナンバー」の印字がない住民票
・クレジットカードで支払いの手続きをする場合は補助書類は不要。
・キャッシュカードで支払いの手続きをする場合は補助書類は不要。
(ただし、「③健康保険証」の場合は補助書類が必要。この場合、契約者の家族名義の補助書類でも可能。)
上記以外の本人確認書類(官公庁から発給・発行された書類)での申込みについては、要問合わせ。

>ドコモ公式オンラインショップで機種変更の手続きへ

契約者以外の手続き

ドコモで契約者以外が機種変更するというのは「代理人」と「契約者=利用者が異なる」場合の2パターンがあるでしょう。

続いてはそれぞれの機種変更の方法や必要となる書類を確認していきます。

代理人が機種変更する場合

新規申込みとは違い、ドコモでは代理人による機種変更が可能です。

ここで言う「代理人」とは「契約者の携帯電話を本人に代わって機種変更する方」という事になります。

代理人による機種変更の場合は代理人の本人確認書類はもちろん、契約者本人の本人確認書類や委任状が必要となります。

契約者本人の本人確認書類はコピーではなく原本が必要となります。

委任状はドコモのHP上でダウンロードしますが、最寄りのドコモショップでも入手する事が可能です。機種を分割購入する場合契約者の家族以外が代理人となる事はできません。

この場合戸籍謄本など家族である事を証明できる書類も必要となります。

機種変更の際に必要となるもの(代理人)

  • 契約者本人の確認書類(コピー不可)
  • 契約者による委任状
  • 代理人の本人確認書類
  • 戸籍謄本やマイナンバーの印字が無い住民表など家族である事を確認できる書類(分割購入する場合のみ)

>ドコモ公式オンラインショップで機種変更の手続きへ

契約者=利用者が異なる場合

子供などに携帯電話を契約している場合、契約者=利用者が異なるという事が多いでしょう。

契約者=利用者が異なっており、利用者が機種変更をしたい場合に必要となるものは上記でご紹介した「代理人が機種変更する場合」と同じです。

また、必要により契約者本人に対して電話確認が必要となる場合もあります。

必要となる書類も多く電話確認の手間もありますので、なるべくなら契約者本人と一緒に機種変更を行うのが良いでしょう。

契約者が本人となっている場合とは違い、契約者と利用者が違う場合は成人・未成年関係なく必要となるものは同じです。

機種変更の際に必要となるもの(契約者=利用者が異なる)

  • 契約者本人の確認書類(コピー不可)
  • 契約者による委任状
  • 利用者の本人確認書類

ドコモオンラインショップでは契約者以外の機種変更ができない?

ドコモのメリット4つ
オンラインショップのメリット

ドコモオンラインショップでは自宅受取り・店舗受取りが選べるのはもちろん、面倒な手間もなく機種変更を行う事ができます。

契約者と利用者が異なっている場合は、「ドコモオンラインショップを利用すれば楽に機種変更できるのでは」と考えるのではないでしょうか。

ドコモオンラインショップでは「契約者」以外機種変更できない

ドコモオンラインショップでの機種変更は契約者本人に限られており、代理人や利用者が代わりに行う事はできません。

また、契約者が未成年の場合は予約しても注文手続きが行えないため注意が必要です。

契約者のdアカウントやアップロード用の本人確認書類の写真などがあれば利用者でも手続きを行えますが、支払情報などの入力も必要となるため現実的ではないでしょう。

ドコモオンラインショップは「配送先」の設定ができる

ドコモオンラインショップでの機種変更は以下のような流れで行います。

ドコモオンラインショップのHP上では機種変更の申込みから商品が受け取れるまで最短2日としています。

住んでいる地域にもよりますが、入力情報に問題が無ければ長くても5日~1週間程度で申し込んだ機種を受けとれるはずです。

機種変更の場合は宅配受取りで契約者の住所以外を指定する事ができますので、必要であればこの時に利用者の住所を設定しておきましょう。

配送希望日や希望時間帯の指定もできますので、離れて暮らしている利用者の機種変更も行えるという事になります。

ちなみに受取り先にドコモショップを指定する事もできますが、この場合商品受取りには来店者と契約者(コピー可)の本人確認書類と委任状が必要となります。

  1. dアカウントでドコモオンラインショップにアクセス
  2. 機種変更する商品の選択
  3. 商品受取り方法・料金プラン・お支払情報・割引とキャンペーンを選択
  4. 本人確認書類をアップロード(未成年者名義の場合は本人+親権者)
  5. 商品の受取り
  6. データ移行
  7. SIM挿入・利用開始手続き

>ドコモ公式オンラインショップで機種変更の手続きへ

ドコモで機種変更や契約変更をする際に違約金がとられない最適なタイミングがあるので、確認していない方は是非こちらの記事でチェックしてみてください。

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の税抜1000円につき10%還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリット・デメリットまとめ

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

ドコモの名義変更について知っておこう

母親からスマホをもらう娘
ドコモの名義変更

ドコモオンラインショップを利用すれば、契約者=利用者が異なる場合であってもスムーズに機種変更を行う事が可能です。

しかし進学や就職を機に契約ごと子供に譲渡したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

ドコモの契約者=名義人

両親に代わって契約する娘
契約者と名義人

ドコモショップやドコモオンラインショップで記載される契約者と名義人はまったく同じ意味です。

家族でドコモを利用している場合契約者・名義人は親となっている事が多いのですが、手続きを行う事で別の人に譲渡す事が可能です。

子供など三親等以内の家族に譲渡す場合は無料ですし、第三者であっても2,000円(税抜)のみで手続き可能です。

名義変更によって電話確認や書類の準備など余計な手間を減らせるため、子供の進学や就職を控えている方は検討してみてはいかがでしょうか。

名義変更で必要となるもの(ドコモショップ)

パターン譲り渡す方(Aさん)譲り受ける方(Bさん)第三者(Cさん)
①譲り渡す方(Aさん)、譲り受ける方(Bさん)2人で来店する場合本人確認書類本人確認書類-
②譲り渡す方(Aさん)のみ来店する場合Aさん+Bさんの本人確認書類
Bさんからの委任状
--
③譲り受ける方(Bさん)のみ来店する場合-Bさん+Aさんの本人確認書類
Aさんからの委任状
-
④第三者(Cさん)が来店する場合--Cさん+Aさん+Bさんの本人確認書類
Aさん+Bさんからの委任状

名義変更の際の注意点

名義変更ではこれまで使っていたサービスの一部が引き継がれないため、変更した後に新たに加入する必要性があります。

例えばdアカウントは引き継がれないため、名義を譲り受けた方は新たにdポイントクラブに加入しなければなりません。

また、利用者が現在保有しているdポイントや名義変更が家族以外であった場合のメールアドレスなども引継対象外となっています。

特にメールアドレスは名義変更後に自動的に変更となるため早めの対処が必要です。

引き継がれない主なサービス

  • dポイントクラブ&dポイント
  • dアカウント
  • マイメニュー
  • ケータイデータお預かりサービス
  • メールアドレス(家族間の名義変更で利用者が同じ場合は引き継がれる)
  • iモードパスワード/spモードパスワード

その他機種変更前に確認しておくポイント

checkと書かれた紙
確認ポイント

最後に上記まででご紹介できなかった機種変更のポイントをご紹介しておきます。

dポイント利用には契約者の同意が必要

これまで貯めていたdポイントを機種変更時の代金支払いに利用したいという方も多いはずです。

契約者本人による機種変更の場合何もせずともdポイントを使う事ができますが、代理人が手続きを行う場合は委任状の「ポイントを利用する」にチェックをしておく必要があります。

また、契約者=利用者が異なる場合は委任状のチェックの他に契約者への電話確認が必要となる場合があります。

同意書と委任状は内容が違う

ドコモのHP上では代理人手続きによる「同意書・委任状」をダウンロードする事ができますが、同じページで紹介されている事からどちらを利用すれば良いか迷う方もいるようです。

同意書は「未成年者が新規契約」する場合の他に「機種変更でドコモの分割払い契約」をする際に必要となります。

一方の委任状は主に「代理人による機種変更手続き」で必要となります。

▼同意書・委任状のダウンロードはこちら
https://www.nttdocomo.co.jp/support/consent_form/index.html

少しややこしいため時間があるなら事前に利用予定のドコモショップに連絡するなどして確認しておきましょう。

改姓している場合

親が契約者で自身が利用者となっていても、結婚などを機に改姓手続きを行ったという方は以外といらっしゃるはずです。この場合でも特に問題なく機種変更手続きは可能です。

この場合は契約者の本人確認書類・契約者直筆の委任状・利用者(来店した者)の本人確認書類に加えて、戸籍謄本などが必要になります。

代理人による機種変更手続きでご紹介した通り、家族関係が証明出来れば手続きに移れるという事になります。

家電量販店でも機種変更可能

必要なものさえ揃っていれば家電量販店などでも代理人による機種変更が手続きが可能です。

ただしこちらも契約者による委任状の他、コピーではない本人確認書類などが必要となります。

家電量販店によっては委任状などの判断が曖昧となっている事もあるため、代理人が機種変更した際の控えを必ず保管しておく事が重要です。

家電量販店で機種変更を行う場合であっても、事前に必要なものなどをドコモショップやドコモサポートセンターに確認しておくと良いのではないでしょうか。

機種変更前に確認しておくポイント
  • dポイント利用には契約者の同意が必要
  • 同意書と委任状は内容が違う
  • 利用者が改姓している場合でも機種変更可能
  • 家電量販店でも機種変更可能

>ドコモ公式オンラインショップで機種変更の手続きへ

ドコモショップへ確認しておくのがおすすめ

ドコモで契約者以外が機種変更を行う場合、委任状をはじめ複数の書類が必要となります。

まだ契約者の家族で成人している場合なら手間は少ないのですが、未成年や契約者の家族以外の場合は機種変更にも時間がかかる傾向があるようです

本文中でもご紹介していますが、少しでも手間を省いて機種変更したければドコモオンラインショップを利用してはいかがでしょうか。

契約者本人に機種変更手続きしてもらい、新機種を代理人の自宅充てに届くように注文してもらうのがもっとも効率的です。

就職・進学を機に利用者が遠方に行ってしまう場合は、名義変更を行っておくのもおすすめの方法です。

機種変更を決めたら次に「データ移行のためのバックアップ」が必要になります。忘れると機種変更後にデータがなくなってしまうこともあるので絶対に確認しておきましょう。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)