AQUOS zero5G basicの評価レビュー|買う理由・買わない理由

auとソフトバンクから発売中のAQUOS zero5G basicを評価レビューして、価格・スペック・機能をご紹介していきます。またAQUOS zero5G basicのレビューを総評して買う理由と買わない理由もまとめるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2021年3月2日
AQUOS zero5G basic

AQUOS zero5G basicのスペック・機能・価格を評価レビューしていきます。

AQUOS zero5G basicの総合レビュー

AQUOS zero5G basicのレビュー
動きの快適さ★★★★☆4.0
使いやすさ・操作性★★★☆☆3.8
カメラ★★★☆☆4.2
バッテリーのもち★★★★☆3.8
オリジナル性能★★★☆☆3.5
価格★★★★☆3.5
総合評価3.8

AQUOS zero5G basicは5Gスマホの中でもミドルスペックの機種なので、初めての5Gスマホとしても非常におすすめできるモデルになっています。

発売日はSoftBankが2020年10月9日、auが2020年9月19日からで、既に発売中となります。

家電量販店勤務の筆者がキャリアスタッフにじっくり話を聞きました。簡単に読めるので、ぜひ最後までご覧ください。

AQUOS zero5G basicの口コミ・評判

AQUOS zero5G basicの口コミ・評判
AQUOS zero5G basicの口コミ・評判

AQUOS zero5G basicは2020年秋に発売されたシャープ製のAndroidになります。

ミドルレスペックの5G対応スマホで価格が安価ですが、スペック自体は中途半端なのでユーザーの評価が分かれています。

それでは実際にAQUOS zero5G basicを利用している人の口コミ・評価を見てみましょう。

AQUOS zero5G basicの良い口コミ・評判

良い口コミ・評判3つ
  • リフレッシュレートがハイエンド並みなのがうれしい
  • さすがシャープと言えるほどディスプレイがきれい
  • 10万円以下の価格なのにカメラ機能が優秀

AQUOS zero5G basicのアピールポイントはディスプレイとカメラ機能になり、ユーザーの評価も高くなっています。

まずディスプレイはハイエンドモデルでもトレンドになっているハッシュレート120Hzに対応しており、ゲームや動画をなめらかに表示できます。

さらに10億色の色表現ができる有機ELディスプレイで非常に鮮やかでキレイな映像を楽しむことができます。

カメラ機能はハイエンドモデルに多く搭載されているナイトモードの他にも光学式手振れ補正や光学3倍ズームに対応など、あらゆる場面の撮影に対応できるようになっています。

AQUOS zero5G basicの悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判3つ
  • 半年程度で画面が焼き付いた
  • CPUが古いせいか全体的な反応が遅い
  • タッチ箇所が2つの状態で、指を動かすと、どちらかのタッチ操作が途切れる

AQUOS zero5G basicは有機ELディスプレイを搭載しており、ディスプレイ表示がきれいな反面、画面の焼き付きが起こりやすくなります。

焼き付きに関しては有機ELディスプレイを搭載している他の機種にも言えることだと思いますが、AQUOS zero5G basicについてはとくに「画面が焼き付いた」という報告が多いです。

次にレスポンスについてですが、AQUOS zero5G basicに搭載されているCPUのSnapdragon 765 5Gは2年前の旧型チップなので最新チップと比べるとどうしても処理速度が劣ってしまいます。

また2本指を使うゲームや写真の拡大時に片方が反応しないという声が多数見受けられるので、2本指を使うようなゲームを楽しみたい人は購入を考えた方がいいかもしれません。

AQUOS zero5G basicの価格
SHARPAQUOS zero5G basic

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する
ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

AQUOS zero5G basicの価格を評価レビュー

AQUOS zero5G basicの価格
AQUOS zero5G basicの価格

AQUOS zero5G basicを販売しているauとSoftBankでグレードが少し違うため、販売価格も異なります。

多くの5Gスマホがリリースされている中、AQUOS zero5G basicはとても安価です。

 本体価格機種変更サポート適用時
SoftBank65,520円トクするサポート+(特典A)適用時
32,760円(月々1,365円)
au81,315円かえトクプログラム適用時
47,955円(月々2,085円)

「5Gをとりあえず体験したい」という方に、デビュー機としておすすめです。高価な機種を買って、「5Gの良さを体感できなかった」ではもったいないですからね。

5Gスマホのほとんどが10万円前後で販売されているので、AQUOS zero5G basicに比べると手軽さに欠けます。

5Gスマホで悩んでいるなら、まずは価格で選ぶのもありでしょう。

ただしauのAQUOS zero5G basic DXは、SoftBankのAQUOS zero5G basicよりも本体価格が約15,000円上がっています。

価格の違いは、スペックの違いが理由だったので、詳しく解説していきます。

AQUOS zero5G basicの価格
SHARPAQUOS zero5G basic

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する
ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

AQUOS zero5G basicのスペックを評価レビュー

AQUOS zero5G basicのスペック
AQUOS zero5G basicのスペック

AQUOS zero5G basicとAQUOS zero5G basic DXの基本スペックは、下記の通りです。

AQUOS zero5G basic(DX)のスペック
カラーブラック
ブルー(SoftBankのみ)
ホワイト(auのみ)
サイズ/重量約6.4インチ/約182g
ディスプレイ約75×161×9mm(突起部を除く)
CPUSnapdragon 765 5G(オクタコア)2.3GHz+2.2GHz+1.8GHz
内蔵メモリROM 64GB/RAM 6GB(SoftBank)
ROM 128GB/RAM 8GB(au)
外部メモリ(最大)microSDXC(1TB)
カメラメイン:約4800万画素+約1310万画素+約800万画素
フロント:約1630万画素
バッテリー容量4,050mAh
OSAndroid10

AQUOS zero5G basicとAQUOS zero5G basic DXの違いは、内蔵メモリの違いだけでした。

カラー

AQUOS zero5G basicのカラーバリエーションは3色です。

カラーバリエーション
  • ブラック
  • ブルー(SoftBankのみ)
  • ホワイト(auのみ)

ブラックは両キャリアから販売されています。しかしブルーはSoftBankのみ、ホワイトはauのみの限定色なので注意しましょう。

年単位で使うスマホなので、色やデザインはこだわりたいところ。キャリアで限定されているとなれば、ユーザーにとっては悩ましい問題になりそうですね。

サイズ・重量

サイズは、約75×161×9mmです。少し縦長な印象で、重量は約182g。バッテリー容量が増えた分、ほかのAQUOSシリーズと比較して重くなったようです。

AQUOS zero5G basicはなかなかの大きさで、片手操作は難しいでしょう。iPhone11 Pro MaxやiPhoneXS Maxが、約6.5インチと同等のサイズです。

筆者はiPhone11 Pro Maxを使用していますが、男性の手でも片手操作は不可能ですね。その分、迫力のコンテンツを楽しめます。

映像やゲームを中心に楽しむなら、AQUOS zero5G basicを選んで間違いないでしょう。

ディスプレイ

フルHD+の6.4インチ有機ELディスプレイを搭載したAQUOS zero5G basicは、感動的なタッチ操作と映像美をもたらします。

10億色のクリアな発色で、HDRコンテンツをよりくっきりと表現可能です。さらに下記のような、ゲームに特化した機能もあります。

ゲームに特化した機能
  • 4倍速240Hz駆動
  • ゲーミングメニュー
  • DisplayPort対応

240Hz駆動を可能にする「ハイレスポンスモード」ではなめらかな映像表現が可能で、「ぬるぬる」と動くゲームを楽しめます。

ゲーミングメニューは名前の通りゲームに特化したメニューのことです。

録画や通知抑止を始め、意図しない動作のブロックや放置型のゲームをサポートする機能が搭載されています。

大画面で楽しむためには、外部出力の機能が必要です。DisplayPortで出力ができるほか、VR機器を使用することで迫力のコンテンツを楽しめます。

CPU

搭載されているCPUは「Snapdragon 765」です。Snapdragon 765は、iPhoneXの時代のハイエンドモデルでした。

現在でも十分なパフォーマンスを誇り、ほとんどのアプリを軽快に扱えるでしょう。綺麗な映像とサクサク動く動作で、ゲームをするにはもってこいですね。

内蔵メモリ・外部メモリ

内蔵メモリは、AQUOS zero5G basicとAQUOS zero5G basic DXのスペックで唯一違う点です。

機種AQUOS zero5G basic(SoftBank)AQUOS zero5G basic DX(au)
ROM64GB128GB
RAM6GB8GB

ROMとは、ストレージと同義でデータの保存領域のことです。

大きければ大きいほど画像やアプリを保存できますが、外部メモリで補完できるため大きな差はないと言えます。

外部メモリは最大1TBのmicroSDXCカードに対応しており、よほどのことがない限り一杯になることはないでしょう。

一方でRAMは、作業領域を指します。複数のアプリを同時に起動できる能力と言ってもいいでしょう。複数のゲームを起動する人にとっては、RAMは大きいほうがいいです。

しかし一般的な使い方では、4GBもあれば十分と言われています。6GBと8GBでは、あまり気にする必要はなさそうです。

AQUOS zero5G basicの価格
SHARPAQUOS zero5G basic

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する
ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

AQUOS zero5G basicの機能を評価レビュー

AQUOS zero5G basicの機能
AQUOS zero5G basicの機能

AQUOS zero5G basicの持つ主要な機能について目を向けてみましょう。

主要な機能
  • バッテリー性能
  • トリプルカメラ

特筆すべきはこの3つです。1つずつ解説します。

トリプルカメラ

スマホは複数のカメラを搭載することが、当たり前になりつつあります。AQUOS zero5G basicが搭載しているのは、下記の3つのカメラです。

3つの高機能カメラ
  • 125°超広角カメラ
  • 48M標準カメラ
  • 光学3倍望遠カメラ

シーンによって適切なカメラが使えますね。さらに下記の4つの機能も見逃せません。

4つの機能
  • ナイトモード
  • AIオート
  • 背景ぼかし
  • AI動画カメラ機能

ナイトモードでは夜景を自動的に判別し、暗がりにある被写体を見やすく調整してくれます。暗いシーンも、きれいに撮影可能です。

AIオートは被写体を自動で認識し、画像を最適化。イキイキとした美しい写真が、簡単に撮影可能です。

あえて背景をぼかすことで、被写体がより際立ちます。人物の表情が豊かになり、魅力的に仕上がるでしょう。

動画撮影では、AI動画カメラ機能を忘れてはいけません。おもに、下記の3つの機能があります。

AI動画カメラ3つの機能
  • AIライブシャッター
  • フォーカス再生
  • AIライブストーリー

撮影した動画をもとに、AIが最適な構図に調整したりダイジェストムービーを作成したりします。動画撮影がより身近で、楽しいものとなるでしょう。

バッテリー性能

どんなに優れた機能を持っていても、バッテリーがいまいちだと性能を発揮できません。

その点でAQUOS zero5G basicのバッテリー性能は、十分すぎるパワーを持っていると言えるでしょう。なんといっても4,050mAhの大容量です。

iPhone12シリーズのバッテリーは2,227〜3,687mAhなので、比較するとかなり大きいことがわかります。

AQUOS zero5G basicのバッテリーは、容量以外にも下記の点が優れています。

バッテリー性能
  • インテリジェントチャージ
  • 独自の放熱設計

インテリジェントチャージは、バッテリーへの充電をコントロールする技術です。バッテリーは充電と放電を繰り返すと、寿命が縮んでいきます。

充電を制御することで、バッテリーへのダメージを軽減して長寿命を実現しました。また独自の放熱設計も、バッテリーの長寿命化に一役買っています。

熱を本体全面に素早く拡散させるので、放熱がより効率的です。熱がこもることによるパフォーマンス低下を防止し、バッテリーへの負担も軽減されています。

バッテリーの寿命が長くなり、持ちがよくなることで長時間のゲームや通信も思いのままです。バッテリーを気にしてゲームをする必要は、もうありませんね。

AQUOS zero5G basicの価格
SHARPAQUOS zero5G basic

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する
ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

AQUOS zero5G basicを評価|買うべき?

AQUOS zero5G basicは買うべきか
AQUOS zero5G basicは買うべきか

AQUOS zero5G basicを買うべきか買わないべきか、ここまでの情報を元に考えてみました。スペックで見ると、5Gスマホの中ではミドルレンジに属する機種です。

ここではAQUOS zero5G basicを買う理由と買わない理由を紹介します。

AQUOS zero5G basicを買う理由3つ

まずはAQUOS zero5G basicを買う理由についてまとめました。

AQUOS zero5G basicを買う理由
  • ディスプレイ性能が高い
  • カメラ性能が高い
  • SoftBankならコスパが良く、5Gデビューに最適

ディスプレイの性能が高く非常に綺麗な映像を楽しめるので、動画をよく視聴する人やゲームをたくさんする人に特におすすめです。

ゲームにおいては没入感が高まることで集中でき、勝率も上がるかもしれませんね。

カメラ性能も重要です。ナイトモードを搭載することで、夜景も綺麗に撮影できます。AI技術が高まったことで、今までより楽しく撮影できることは間違いないでしょう。

またキャリアがSoftBankならコスパが良く、5Gスマホのデビューとして申し分ないでしょう。

SoftBankでAQUOS zero5G basicと競合する5Gスマホは下記の2機種ですが、Google Pixelと並んでAQUOS zero5G basicがもっとも安価です。

SoftBankの競合機種

スペックに大きな差はないので、SoftBankで5Gスマホのデビューを考えている人は3機種の中から選ぶといいでしょう。

ソフトバンクの機種変更がお得になるキャンペーンはこちらでまとめているので、必ずチェックしてから購入をしましょう。

AQUOS zero5G basicの価格
SHARPAQUOS zero5G basic

公式で2万円以上お得になるキャンペーン実施中!

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する
ソフトバンク公式オンラインショップ>ソフトバンク公式ショップで確認する

AQUOS zero5G basicを買わない理由2つ

AQUOS zero5G basicを買わない理由は2つです。

AQUOS zero5G basicを買わない理由
  • 重量がある
  • auはコスパが良くない

1番の難点は、重量が182gあることです。5Gスマホでは最重量というわけではありません。

ただ問題は、AQUOS zero5G basicが「AQUOS zero」シリーズであることです。

zeroシリーズはAQUOSでも、薄型や軽量を売り文句としてきました。AQUOS zero5G basicはzeroシリーズでありながら重いので、どっちつかずという印象です。

しかし初めてzeroシリーズを触る人や重量をそこまで気にしない人は、そこまで大きな問題ではありません。

またauのAQUOS zero5G basic DXは、少々高価な印象です。

auの5Gスマホはラインナップが豊富で、AQUOS zero5G basic DX以外にも選択肢がたくさんあります。

5G対応スマホの機種数は、SoftBankが6機種に対してauは17機種。

17機種の内、AQUOS zero5G basic DXと同等のスペックでAQUOS zero5G basic DXより安価な機種は存在します。下記は、よく比較される3機種です。

auの競合機種

AQUOS zero5G basic DXの本体価格81,315円と比べると、かなり割安です。

「絶対にAQUOS zero5G basic DXじゃないとダメ」な理由があるなら、AQUOS zero5G basic DXを選びましょう。

決して後悔するスペックではありません。ただし価格と性能を重視するなら、他の選択肢も視野にいれたほうがよさそうです。

もしauで検討している方は、auの機種変更がお得になるキャンペーンを使うことで実質負担が減り購入しやすいので、是非チェックしてみてください。。

AQUOS zero5G basicは5Gスマホのデビューに最適な1台

AQUOS zero5G basicの評価レビューと、買う理由・買わない理由について考察しました。

ミドルスペックの5Gスマホということで、5Gデビューには十分にありな選択だと思います。

特にディスプレイに優れているので、映像やゲームを楽しむ人にはおすすめのスマホです。

ただしSoftBankとauで価格に大きな差があるので、その点だけ注意しましょう。SoftBankユーザーなら本体価格は65,520円なので、十分に買う価値はあります。

auユーザーは本体価格が81,315円と少々高価なので、他の機種とじっくり比較するのがおすすめです。

信頼性の高いAQUOSブランドなので、大きな失敗をすることはあまり考えられません。ぜひ鮮烈な5Gスマホデビューを飾ってください。

Androidスマホのおすすめランキングもあるので、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
津田まさき
家電量販店で勤務する複業WEBライター。家電製品や携帯端末を日々勉強し、わかりやすくロジカルな記事を心がけています。アニメやゲーム、文房具が好きで、毎日デジタルvsアナログが脳内で繰り広げられています。