読了時間:約 3

HUAWEI P20 Proはファーウェイから2018年4月に発売されたハイエンドモデルで、現在は日本では購入できませんが、情報によるとドコモの夏モデルとして投入されるのではないかといわれています。

ドコモから2018年6月15日に発売しています。

この記事ではそんなHUAWEI P20 Proについてスペックなどを見ていき、同じくファーウェイのハイエンドモデルHUWEI Mate 10 Proも参考しながら考察していきます。

ドコモの最新スマホに機種変更|おすすめスマホはコレ!2018年夏・秋モデル

ドコモ HUAWEI P20 Proの詳細はこちら

PシリーズとMateシリーズの違い

ファーウェイはPシリーズとMateシリーズどちらも主力機種として位置づけていますが、最初にその違いについて見てみましょう。

シリーズ 特徴
Pシリーズ ユーザーに若者を想定している。カメラに力を入れている。

Mateシリーズ ユーザーにビジネスマンを想定している。スペックの高さを重視している。

このように、どちらかといえばMateシリーズのほうがハイスペックという位置づけになっています。

ただしスペックは発売時期によって大きく左右されます。古いMateシリーズより新しいPシリーズのほうがハイスペックな傾向があります。

特にこだわりがなければ、発売時期やデザイン的な好みなどによって選んでも問題なさそうです。

HUAWEI P20 Proのスペック

HUAWEI P20 Proのスペックは、以下のようになっております。

HUAWEI P20 Pro
OS Android. 8.1 Oreo / MIUI8.1
CPU 4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53 + i7 コプロセッサ
Mali-G72 12コア GPU
Neural Network Processing Unit
SoC Kirin 970
サイズ 約155mm(高さ)× 約73.9mm(幅)× 約7.8mm(厚さ)
重さ 約180g
ディスプレイ 6.1インチ、フルHD+(2244×1080ドット)、408ppi、比率18.7:9、有機EL OLED、FullViewディスプレイ
RAM 6GB
ROM 128GB
microSD 非対応
背面カメラ 4000万画素 1/1.7型(RGBカラー) F1.8+2000万画素(モノクロ) F1.6+800万画素(望遠) F2.4
正面カメラ 2400万画素 F2.0
バッテリー 4,000mAh
コネクタ USB Type-C
イヤフォンジャック なし
SIM スロット数:2 / スロット:nanoSIM
防水・防塵 IP67
おサイフケータイ 対応
ワンセグ/フルセグ なし
セキュリティ 顔認証、指紋認証(ホームボタン)
カラー ブラック、トワイライト、ピンクゴールド、ミッドナイトブルー
対応バンド LTE:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 /
B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
B32 / B34 / B38 / B39 / B40

WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19

HUAWEI P20 Proのメリット


まず、P20 Proのメリットに目を向けたいと思います。

大型端末としてはコンパクト


画像引用元: https://consumer.huawei.com/en/phones/p20-pro/

P20 Proのサイズは約155mm(高さ)× 約73.9mm(幅)× 約7.8mm(厚さ)となっています。重量は180g、ディスプレイサイズは6.1インチです。

参考までに、iPhone 8 Plusは約158.4 mm(高さ)× 約78.1mm(幅)× 約7.5 mm(厚さ)で、重量は202g、ディスプレイサイズは5.5インチです。

こうして比較すると、HUAWEI P20 ProはiPhone 8 Plusよりコンパクトで軽く、かつディスプレイは大きいですね。

ハイエンド機としてふさわしい高スペック

Android 8.1搭載、RAM 6GB、デュアルSIMスタンバイ(DSDS)対応など、現在のハイエンド機として恥じない基本スペックを備えています。

他社ハイエンド機に勝るとも劣らないものです。

ちなみにAndroid 8.0(Oreo)から「ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)」という動画を小窓で再生できる機能や、「Smart Text Selection」というダブルタップで電話番号や住所を簡単に選択できる機能が加わりました。

P20 Proでもそういった機能を使えるわけです。

独自のSoC「Kirin 970」搭載

「Kirin 970」は、HUAWEIの子会社である半導体メーカー「HiSilicon」が製造したAIプロセッサです。

Kirin 970はユーザーの使用状況を学習することで、スマートフォンを最適な状態に保ち、電力効率やパフォーマンスを上げることができます。

まさにHUAWEI機種ならではの独自機能ですね。Mate 10 ProもKirin 970を搭載しており、評価はすでに上々です。

超高性能なカメラ!


画像引用元: https://consumer.huawei.com/en/phones/p20-pro/

P20 Proのカメラは背面4000万画素、正面2000万画素です。

これはMate 10 Proの背面1200万画素、正面800万画素を3倍近く上回っています。

背面カメラがトリプルレンズとなっているのも大きなポイントですね。ダブルレンズのMate 10 Proに比べて、いっそう一眼レフカメラに近い写真を撮影できます。

さすがカメラ性能を重視しているPシリーズの最新作ですね。

Mate 10 Proのカメラも高性能なのですが、P20 Proのカメラは数あるスマートフォンの中でもトップレベルです。

4,000mAhの大容量バッテリー

バッテリー容量はMate 10 Proと同じ 4,000mAhです。

参考として、iPhone Xは2,170mAhです。倍近い差があるわけですね。

バッテリー容量は多ければ多いほど嬉しいものです。

賛否両論?ディスプレイにiPhone Xのようなノッチ


画像引用元: https://consumer.huawei.com/en/phones/p20-pro/

P20 Proのディスプレイには、まるでiPhone Xのようなノッチがあります。

現状ではかなり珍しい形状といえますね。

アプリによってはノッチのせいで正しく表示されないケースも出てくるかもしれません。

iPhone Xであれば、AppleがApp Storeを利用するアプリ提供者にノッチに対応するようアナウンスすることで解決させることができます。

しかしファーウェイに、Google Play全体に与えるような影響力はないでしょう。

基本的には大丈夫でしょうが、思いがけない不便さが出てくる可能性も想定したほうがよさそうです。

ドコモ HUAWEI P20 Proの詳細はこちら

HUAWEI P20 Proのデメリット


次に、P20 Proのデメリットに目を向けてみましょう。

イヤフォンジャックがない

P20 Proにはイヤフォンジャックがありません。

ワイヤレスイヤホンも普及してきているとはいえ、まだまだイヤフォンジャックの需要が高いのも事実です。

イヤフォンジャックを必要とされる方は、残念ながらP20 Proの購入は控えたほうがいいでしょうね。

Micro SDカードに非対応

Micro SDカードに非対応なことも大きなポイントになりそうです。

1 2