ドコモの歴代Xperia(エクスペリア)を比較|最新機種or旧モデル買うならどれがいい?

ドコモの歴代Xperia(エクスペリア)を比較して新旧どのモデルがおすすめか紹介していきます。Xperia 5やXperia1は勿論のこと発売されている全てのXperiaシリーズのスペック・機能を比較することができます。2020年の機種変更や乗り換えにおすすめのXperiaがきっと見つかるはずです!

  • 2022年6月17日
ドコモの歴代Xperia比較
スマホ購入は公式オンラインが断然お得!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計22,000dポイント(期間・用途限定)

Xperia(エクスペリア)は高解像度ディスプレイ、高画質カメラとソニーの技術の結晶の塊ともいえる先進的なスマホとして人々を魅了してきました。

そんなXperiaを新旧で比較して、機種変更や乗り換えをしようと考えている方も多いことでしょう。

ここではドコモの歴代Xperiaシリーズとともに、2022年に買うべきおすすめのモデルもご紹介していきます。

最新フラッグシップモデル「Xperia 1 IV」をはじめ、2022年に発表された最新機種の情報も追加していますので、あわせてご覧ください。

ドコモの最新機種Xperia 1 IV(2022年6月3日)

  • Xperia 1 IV
  • Xperia 1 IV
  • Xperia 1 IV
ドコモ Xperia 1 IVの価格(税込)
販売価格190,872円
いつでもカエドキプログラム適用110,352円
矢印ドコモ公式を見る
Xperia 1 IVのおすすめポイント
  • 世界初望遠光学ズーム搭載
  • 最新CPUのSnapdragon8 Gen1で高性能
  • ゲームやストリーマー向け機能も充実
Xperia 1 IVのおすすめしないポイント
  • 価格は前モデルからさらに値上がり
  • 顔認証は非対応

Xperia 1 IVはソニーが手掛けるフラッグシップ「エクスペリア 1シリーズ」の最新モデルです。

前モデル「Xperia 1 III」からデザイン面で大きな変更点はありませんが、基本性能やカメラ機能はさらに進化しています。

カメラは4K 120fps撮影に対応した超広角・広角・望遠の3眼で、世界初となるデジタル一眼と同じ構造の望遠光学ズームを搭載しています。

CPUは最新・最上位のSnapdragon8 Gen1搭載で、メモリ・ストレージは12GB/256GBと大容量です。

ゲームやストリーマー向け機能も充実しており、幅広い方におすすめできるハイスペックスマホとなっています。

Xperia 1 IVの主要スペック&機能
ドコモ版カラーブラック/アイスホワイト/パープル
本体サイズ約165(H)×約71(W)×約8.2(D)mm
重量約187g
ディスプレイ約6.5インチ(有機EL)
RAM/ROM12GB/256GB
CPUSnapdragon8 Gen1
バッテリー容量5000mAh
アウトカメラ約1220万画素(超広角)
約1220万画素(広角)
約1220万画素(望遠)
※85-125mm望遠光学ズーム搭載
3D iToFセンサー
生体認証指紋
防水/防塵
おサイフケータイ
ワイヤレス充電

Xperia 5 III期間限定キャッシュバック実施中!

ヤマダウェブコムにてSIMフリー端末を購入すると以下の特典が受けられます。
  • 5,000円キャッシュバック
  • 1,144ポイント還元
条件を確認して、在庫があるうちに申し込みをしましょう!矢印ヤマダウェブコム公式へ

ドコモの最新機種Xperia 10 IV(2022年7月上旬以降発売予定)

  • Xperia 10 IV
  • Xperia 10 IV
  • Xperia 10 IV
  • Xperia 10 IV
Xperia 10 IV の価格税込)
販売価格64,152円
いつでもカエドキプログラム適用41,712円
矢印ドコモ公式を見る
Xperia 10 IVのおすすめポイント
  • 手に取りやすい価格のミドルスペック
  • 6.0インチながら重量約161g
  • 超広角・広角・望遠レンズはナイトモードが進化
Xperia 10 IVのおすすめしないポイント
  • キャリアによってカラーが異なる
  • 悪く捉えると中途半場な性能

2022年7月上旬以降に発売予定のXperia 10 IVは、価格と性能をバランスよく両立させたミドルスペックモデルです。

6.0型有機ELディスプレイは21:9の比率で動画視聴に適しており、Xperia 10 IIIから約1.5倍明るくなって視認性も向上しました。

また、約161gと比較的軽量で片手での操作にも支障はありません。

超広角・広角・望遠レンズはナイトモードが進化しており、日常の風景を美しい写真に収める事ができます。

ミドルスペックなので上位モデルのようにゲームやストリーミングをする使い方には向いていません。

一方、洗練されたデザインや必要十分の機能から日常使いが中心の方には最適のスマホと言えるでしょう。

Xperia 10 IVの主要スペック&機能
ドコモ版カラーラベンダー/ミント/ホワイト/ブラック
本体サイズ約153(H)×約67(W)×約8.3(D)mm
重量約161g
ディスプレイ約6.0インチ(有機EL)Full HD+
RAM/ROM6GB/128GB
CPUSnapdragon 695 5G Mobile Platform
バッテリー容量5000mAh
アウトカメラ約800万画素(超広角)
約1200万画素(広角)
約800万画素(望遠)
生体認証指紋
防水/防塵
おサイフケータイ
ワイヤレス充電×

ドコモの最新機種Xperia Ace III(2022年6月10日)

  • Xperia Ace III
  • Xperia Ace III
  • Xperia Ace III
Xperia Ace IIIの価格(税込)
販売価格34,408円
いつでもカエドキプログラム適用26,488円
矢印ドコモ公式を見る
Xperia Ace IIIのおすすめポイント
  • 価格重視の5G対応Xperia
  • 4,500mAバッテリーで長く使える
  • 初心者向けのかんたん&便利機能搭載
Xperia Ace IIIのおすすめしないポイント
  • スペックが低く、容量も少ない
  • 動画視聴・ゲームが多い方は他の機種がおすすめ

Xperia Ace IIIは22022年6月10にドコモから発売されるエクスペリアの中でもスタンダードモデルです。

前モデルXperia Ace IIと同じくでエクスペリアらしくないシンプルなデザインですが、通信規格は新たに5Gに対応しています。

ディスプレイは約5.5インチながら4,500mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水・防塵や指紋認証機能も備えます。

また、文字やアイコンが大きくなるスマホ初心者向けのかんたん&便利機能にも対応しています。

カメラは単眼レンズとなっていますが、日常使いが中心なら満足な撮影が可能です。

スペックや容量は物足りないものの、スマホ初心者やスマホをあまり使わない方に最適です。

Xperia Ace IIIの主要スペック&機能
ドコモ版カラーブリックオレンジ/グレー/ブラック
本体サイズ約140(H)×約69(W)×約8.9(D)mm
重量約162g
ディスプレイ約5.5インチ(液晶)HD+/TFT
RAM/ROM4GB/64GB
CPUSnapdragon 480 5G Mobile Platform
バッテリー容量4500mAh
アウトカメラ約1300万画素(広角)
生体認証指紋
防水/防塵
おサイフケータイ
ワイヤレス充電×

▲目次に戻る

Xperiaを比較して買うならどれがいい?

ドコモでは最新機種はもちろん、1年前に発売された旧モデルのXperiaも販売しています。

価格の面では旧モデルが有利ですが、最新モデルは性能・機能ともに進化しているのがポイントです。

続いてはXperiaを比較しておすすめの機種をご紹介します。

スペック重視ならフラッグシップモデルXperia 1 IV

SONY Xperia 1 IV
SONY Xperia 1 IV

ドコモの歴代エクスペリアを比較してスペック重視のおすすめ機種は、Xperia 1 IVです。

Xperia 1 IVのカメラ構成は3眼+ToFセンサーと従来から変わりませんが、望遠に光学ズームを搭載しAF機能も全カメラで利用できます。

また、4Kの21:9 ワイドディスプレイはXperia 1 IIIから明るさが50%向上し視認性が高められています。

さらにゲーム向けの機能が多く搭載されており、YouTubeで配信をする専用機能も搭載されています。

動画視聴はもちろん、撮影や配信活動などクリエイターにもおすすめできるスマホとなっています。

Xperia 1 IVはいつでもカエドキプログラムを使えば11万円台まで価格を下げる事ができます。

スマホおかえしプログラムを使ったXperia 1 IIIが10万円台ですので、割引後なら価格の差もほとんど無くなります。

とにかくスマホにスペックを求める方には最新フラッグシップモデルXperia 1 IVがおすすめです。

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

価格・機能のバランスを求めるならXperia 10 IV

SONY Xperia 10 Ⅳ
SONY Xperia 10 IV

価格・機能のバランスを求める方はXperia 10 IVがおすすめです。

Xperia 1シリーズなど、上位モデルと同じ21:9比率の有機ELディスプレイは快適な動画視聴を実現します。

カメラはトリプルレンズを搭載し、ナイトモードの機能強化などさらに多才な撮影が可能となっています。

また、ミドルスペックではあるものの高負荷でなければゲームプレイも問題ありません。

バッテリー容量も前モデルより増量されており、128GBのストレージでアプリが増えても安心です。

前モデルXperia 10 IIIドコモオンラインショップで販売終了となっているため、購入したいならドコモショップなど実店舗の在庫を探すしかないでしょう。

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

日常使いが中心ならXperia Ace III

SONY Xperia Ace III
Xperia Ace III

スマホは日常使いが中心という方はコストパフォーマンスに注力したXperia Ace IIIがおすすめです。

Xperia Ace IIIは価格は安いものの、基本スペックやカメラ機能が抑えられています。

ディスプレイは5.5インチですので長時間の動画視聴には不向きですし、2022年のスマホとしてはメモリ・ストレージも最低クラスです。

しかしディスプレイ解像度はHD+/TFTで視認に問題はありませんし、カメラは場所や被写体を問わず綺麗な撮影が可能です。

また、4500mAhのバッテリーを搭載しており、防水・防塵や生体認証など基本機能は充実しています。

Xperia Ace IIIは初めてのスマホとしてはもちろん、シンプルなスマホをお探しの方にも適しているのではないでしょうか。

前モデルXperia Ace IIはドコモオオンラインショップでの販売が終了しています。

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

▲目次に戻る

歴代Xperiaを最新発売日順にチェック!

ここからはドコモで発売されたXperiaを、最新発売日順にご紹介していきます。

Xperia 5 III(2021年11月12日)

ドコモ Xperia 5 III SO-53B
Xperia 5 III

Xperia 5 IIIはXperia 1シリーズほどスペックがいらない、かつ価格を抑えたい人にぴったりな機種です。

カメラ性能も非常によく、アプリなどの操作性もサクサク動くので、最新機種でなくてもいいという方には非常におすすめの機種です。

Xperia 5 IIIのスペック
内蔵メモリ(ROM)128GB
内蔵メモリ(RAM)8GB
CPUSnapdragon 888 5G
OSAndroid 11
画面サイズ約6.1インチ(有機EL)
本体サイズ157×68×8.2mm
重量約168g
アウトカメラ1220万画素/1220万画素/1220万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量4500mAh
防水/防塵
ワンセグ×
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
Xperia 5 IIIの評価レビュー|買う理由・買わない理由

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

Xperia 1 III(2021年7月9日)

Xperia 1 III SO-51B
Xperia 1 III

Xperia 1 IIIはソニーが手掛けるフラッグシップ「Xperia 1シリーズ」の2021年モデルとなります。

世界初となる4K 120Hz HDR対応有機ELディスプレイや可変式望遠レンズなど各種機能が強化されています。

「リアルタイムトラッキング」など追加された機能も多く、カメラ機能は前モデルより全体的に進化したモデルとなっています。

Xperia 1 IIIのスペック
内蔵メモリ(ROM)256GB
内蔵メモリ(RAM)12GB
CPUSnapdragon 888 5G
OSAndroid 10
→Android 12
画面サイズ約6.5インチ(有機EL)
本体サイズ165×71×8.2mm
重量約188g
アウトカメラ1220万画素/1220万画素/1220万画素
+3D iToFセンサー
インカメラ800万画素
バッテリー容量4500mAh
防水/防塵
ワンセグ×
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
Xperia 1 IIIの評価レビュー|買う理由・買わない理由

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

Xperia 10 III(2021年6月18日)

Xperia 10 III SO-52B
Xperia 10 III

Xperia 10 IIIは5Gに対応した事で通信速度が向上しています。

また、RAM/ROMやバッテリーなど前モデルから各種容量がアップされている点も見逃せません。

シリーズの特徴である21:9ワイドディスプレイは視認性が高いのはもちろん動画視聴にも適しています。

Xperia 10 IIIのスペック
内蔵メモリ(ROM)128GB
内蔵メモリ(RAM)6GB
CPUSnapdragon 690 5G
OSAndroid 10
→Android 12
画面サイズ約6.0インチ (有機EL)
本体サイズ154×68×8.3mm
重量約169g
アウトカメラ800万画素/1200万画素/800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量4500mAh
防水/防塵
ワンセグ×
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
Xperia 10 IIIの評価レビュー|買う理由・買わない理由

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

Xperia Ace II(2021年5月28日)

Xperia Ace II
Xperia Ace II

名前の通り2019年からドコモなどで発売された「Xperia Ace」の後継モデルに当たりますが、外観含め大幅な仕様変更が行われています。

コンパクトな約5.5インチですがノッチ型のディスプレイを採用し、普段使いに支障の無い視認性を確保。

また、アウトカメラは2眼レンズで背景ぼかしにも対応しており、エクスペリアの「プレミアムオート」で簡単に撮影を楽しめます。

Xperia Ace IIのスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUHelio P35
OSAndroid 10
→Android 12
画面サイズ 約5.5インチ(液晶)
本体サイズ140×69×8.9mm
重量約159g
アウトカメラ1300万画素/200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量4000mAh
防水/防塵
ワンセグ×
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
Xperia Ace IIの評価レビュー|買う理由・買わない理由

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

Xperia 5 II SO-52A(2020年11月)

Xperia 5 IIのパープル
Xperia 5 II

Xperia 5 IIは「Xperia 5」の後継モデルという位置づけで登場した5G対応機種です。

カラーはブルー、グレー、ブラック、ピンクに加えて、ドコモオンラインショップでは限定のパープルが登場しています。

アウトカメラは、すべて1,220万画素で標準/超広角/望遠で、ツァイスレンズのトリプルカメラ仕様。瞳AFによるポートレート撮影や背景をぼかした本格的な写真撮影が可能です。

21:9の縦長ディスプレイは前機種から引き続き健在で、120Hzディスプレイに240Hz高速タッチ検出を加えることで、圧倒的なゲーム体験を可能にしました。

Xperia 5 IIのスペック
内蔵メモリ(ROM)128GB
内蔵メモリ(RAM)8GB
CPUSnapdragon 865
OSAndroid 10
画面サイズ約6.1インチ/有機EL
本体サイズ158×68×8.0mm
重量約163g
アウトカメラ1220万画素/1220万画素/1220万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量4000mAh
防水/防塵
ワンセグ×
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
Xperia 5 IIを評価レビュー|買う理由・買わない理由

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

Xperia 10 II SO-41A(2020年6月)

Xperia 10 II
Xperia 10 II SO-51A

2019年に海外で発売された「Xperia 10」の後継モデルで、日本では「Xperia Ace」やau「Xperia 8(au)」の後継モデルにあたります。

縦横比21:9の約6.0インチ、有機ELディスプレイを搭載。「Xperia 8」とサイズはほぼ同じながら、重さが20gほど軽くなりました。

21:9の縦長ディスプレイは少し個性的な見た目なので好き嫌いがわかれるところですが、縦長なので女性でも持ちやすいのが特徴。

映画を見たり、ゲームをするときの没入感は最高なのでおすすめです。

Xperia 10 IIのスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 665
OSAndroid 10
画面サイズ約6.0インチ/有機EL
本体サイズ157×69×8.2mm
重量約151g
アウトカメラ800万画素/1200万画素/800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量3600mAh
防水/防塵
ワンセグ×
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
ドコモ「Xperia 10 II」の発売日・スペック・機能・価格をご紹介

\手数料0円!割引も豊富!/矢印ドコモ公式ショップを見る

Xperia 1 II SO-51A(2020年)

Xperia 1 II
Xperia 1 II

Xperia初の5G対応スマホとして登場したXperia 1 IIは、フラッグシップらしい最高の性能・機能を併せ持っていました。

ToFカメラ付きのトリプルレンズ、21:9のディスプレイなど現在のXperiaにも受け継がれている特徴が多くあります。

次世代機Xperia 1 IIIと詳細に比較してみれば、よりXperiaの特徴・強みを理解できるはずです。

Xperia 1 IIのスペック
内蔵メモリ(ROM)128GB
内蔵メモリ(RAM)8GB
CPUSnapdragon 865
OSAndroid 10
画面サイズ6.5型/有機EL
本体サイズ166×72×7.9mm
重量約181g
アウトカメラ1220万画素/1220万画素/1220万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量4000mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大1TB
Xperia 1 IIの評価レビュー|買う理由・買わない理由と口コミ・評判まとめ

Xperia 5 SO-01M(2019年)

Xperia 5 SO-01M
Xperia 5 SO-01M

Xperia 5は、夏モデルとして各キャリアから発売されていたXperia 1の小型版という位置づけです。RAM・ROM・CPUなど基本的な性能はまったく同じとなっています。

Xperia 1が6.5型の4k有機ELディスプレイだったのに対し、Xperia 5は6.1型のFull HD有機ELディスプレイを採用しています。

21:9のワイドディスプレイなので、画面が小さすぎるという感じはありません。

特に、Xperia 1のボディが大きすぎると思っていた方にはおすすめのモデルです。

Xperia 5のスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)6GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
画面サイズ6.1型/有機EL
本体サイズ158×68×8.2mm
重量178g
アウトカメラ1220万画素/1220万画素/1220万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量3000mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリmicroSDXC 最大512GB
]
ドコモ Xperia 5の評価レビュー|買う理由と買わない理由

Xperia 1 SO-03L(2019年)

Xperia 1 SO-03L

ドコモだけでなくau・ソフトバンクでも取り扱われるXperia 1は国内で既に発売されている最新のXperiaシリーズとなります。

Xperia初のトリプルレンズカメラを搭載し、標準・望遠・超広角を切り替えた撮影機能が魅力的。

また、21:9比率の世界初4k有機ELディスプレイでゲームや動画視聴などエンターテイメントを存分に楽しむことができます。

圧倒的な性能・使いやすさはXperiaシリーズとしてはもちろん、スマホの進化の1つの到達点だと言えるでしょう。

Xperia 1のスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)6GB
CPUSnapdragon 855
OSAndroid 9
画面サイズ6.5型/4k有機EL
本体サイズ167×72×8.2mm
重量178g
アウトカメラ1220万画素/1220万画素/1220万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量3200mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ512GB microHDXC
2019年夏発売「Xperia 1」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

Xperia Ace SO-02L(2019年)

Xperia Ace SO-02L

Xperia Aceも現在発売されているXperiaシリーズの最新モデルとなります。

先にご紹介したXperia 1がフラッグシップモデルであったのに対し、Xperia Aceはスペック・価格を抑えたミドルレンジモデルです。

ミドルレンジモデルとはいえRAM・ROMともに必要十分な性能となっており、日常使いにはピッタリです。

インカメラに超広角を搭載するなど若年層を意識した仕様が目立ちます。

しかし、高負荷のゲームをプレイするなどでなければ、どのようなユーザーでも満足できるでしょう。

Xperia Aceのスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 630
OSAndroid 9
画面サイズ5.0型/Full HD
本体サイズ140×67×9.3mm
重量154g
アウトカメラ1200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量2700mAh
防水/防塵
ワンセグ-
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ512GB microHDXC
ドコモ Xperia Aceを最大6.3万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

Xperia XZ3 SO-01L(2018年)

Xperia XZ3 SO-01L

Xperia XZ3ではXperiaシリーズで初めて有機ELディスプレイを搭載したモデルとなっています。

有機ELテレビ「ブラビア」で培った技術を惜しみなく搭載し、ソニー独自の高画質技術で漆黒と光、色彩の違いを緻密に描き出します。

その他、カメラも高性能です。構えるだけですぐにカメラを起動できるスマートカメラ起動で、撮りたい瞬間を逃しません。

スマートカメラ起動は4K HDRやスーパースロー撮影にも対応しています。

Xperia XZ3のスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 845
OSAndroid 9
画面サイズ6.0型/有機EL
本体サイズ158×73×9.9 mm
重量193 g
アウトカメラ1920万画素
インカメラ1320万画素
バッテリー容量3200mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ512GB microHDXC
Xperia XZ3 SO-01Lの辛口レビュー&評価|2018年冬春モデル

Xperia XZ2 Premium SO-04K(2018年)

Xperia XZ2 Premium SO-04K

Xperia XZ2 Premiumではエクスペリアシリーズで初めてデュアルカメラを搭載したモデルとなっています。

新たに搭載されたカメラセンサーはモノクロセンサー側で輝度情報を取得しています。

また、もう一方のカラーセンサーの情報を合成することで暗い場所での撮影でもノイズの少ない明るい写真を撮ることができます。

Premiumの名称がついており、2160×3840ドットの4Kディスプレイとなっています。

そのため、画像や動画もこれまでにない鮮やかなものを楽しむことができるでしょう。

Xperia XZ2 Premiumのスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)6GB
CPUSnapdragon 845 2.8GHz
OSAndroid 8.0(Android 9対応)
画面サイズ5.8型TFT液晶
本体サイズ158 × 80 × 11.9
重量236 g
アウトカメラ1920万画素+1220万画素
インカメラ1300万画素
バッテリー容量3400mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ512GB microHDXC

Xperia XZ2 SO-03K(2018年)

Xperia XZ2 SO-03K

Xperia XZ2はXperiaとしては初めてワイヤレス充電に対応しています。

Xperia XZ2のスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 835 2.45GHz
OSAndroid 8.0(Android 9対応)
画面サイズ5.7型TFT液晶
本体サイズ153 x 72 x 11.1mm
重量198g
アウトカメラ1900万画素
インカメラ1500万画素
バッテリー容量3060mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ512GB microHDXC

Xperia XZ2 Compact SO-05K(2018年)

Xperia XZ2 Compact SO-05K

Xperia XZ2 Compactはコンパクトモデルながら、Xperia XZ2と同じSoCを使用しており、同等性能となっています。

Xperia XZ2 Compactのスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 845 2.8GHz
OSAndroid 8.0(Android 9対応)
画面サイズ5.0型TFT液晶
本体サイズ135 x 65x 12.1mm
重量168g
アウトカメラ1900万画素
インカメラ500万画素
バッテリー容量2760mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ400GB microHDXC

Xperia XZ1 SO-01K(2017年)

Xperia XZ1 SO-01K

Xperia XZ1は4×4 MIMO(マイモ)に対応しています。

Xperia XZ1のスペック
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 835 MSM8998 2.45GHz + 1.9GHz
OSAndroid 8.0(Android 9対応)
画面サイズ5.2型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ148 × 73 × 7.4 mm
重量156 g
アウトカメラ1920万画素
インカメラ1320万画素
バッテリー容量2700mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ256GB microHDXC

Xperia XZ1 Compact SO-02K(2017年)

Xperia XZ1 Compact SO-02K

Xperia XZ1 CompactはXperia XZ1 と同じsnapdragon835を搭載しています。

Xperia XZ1 compact
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 835 MSM8998 2.45GHz + 1.9GHz
OSAndroid 8.0(Android 9対応)
画面サイズ4.6型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ129 × 65 × 9.3 mm
重量143 g
アウトカメラ1920万画素
インカメラ1320万画素
バッテリー容量2700mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ512GB microHDXC(UHS-I)

Xperia XZs SO-03J(2017年)

Xperia XZ1 compact

Xperia XZsには長時間快適に使える機能が備わっています。

スマートクリーナーによって普段利用していないアプリを無効化したり、キャッシュを削除してROMやRAMを最適化できます。

Xperia XZsのスペック
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUSnapdragon 820 MSM8996 2.2GHz + 1.6GHz
OS(発売時)Android 7.1→8.01
画面サイズ5.2型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ146 × 72 × 8.1 mm
重量161 g
アウトカメラ1320万画素
インカメラ1320万画素
バッテリー容量2900mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ256GB microHDXC

Xperia XZ Premium SO-04J(2017年)

Xperia XZs

Xperia XZ Premiumには4Kディスプレイが搭載されています。

Xperia XZ Premiumのスペッ
内蔵メモリ(ROM)64GB
内蔵メモリ(RAM)4GB
CPUMSM8998 2.45 GHz+1.9 GHz
OSAndroid 7.1→8.0
画面サイズ5.5型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ156 × 77 × 7.9 mm
重量191g
アウトカメラ1920万画素
インカメラ1320万画素
バッテリー容量3230mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ256GB microHDXC

Xperia X Performance SO-04H(2016年)

Xperia X Performance SO-04H

Xperia X Performanceは日本国内で販売された最初のXシリーズモデルです。

これまでのXperiaモデルに比べてバッテリーライフの改善が見られた機種で、3日の長寿命なのが特徴と言えます。

Xperia X Performanceのスペック
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)3GB
CPUSnapdragon 820 MSM8996 2.2GHz + 1.6GHz
OSAndroid 6.0.1→7.0→8.0
画面サイズ5.0型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ144 × 71 × 8.6 mm
重量165 g
アウトカメラ2300万画素
インカメラ1320万画素
バッテリー容量2570mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ200GB microHDXC

Xperia Z5 SO-01H(2015年)

Xperia Z5 SO-01H

Xperia Z5はXperiaシリーズとしてははじめての生体認証(指紋認証)を搭載したモデルです。

ロック解除にPINやパスワードやパターンを入力する手間が省け、ホーム画面にワンタッチで戻ることができ安全で便利になりました。

Xperia Zシリーズの最後のモデルとなり、以降はXシリーズへと移行していきます。

Xperia Z5のスペック
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)3GB
CPUSnapdragon 810 MSM8994 2.0GHz + 1.5GHz
OSAndroid 5.0→7.0
画面サイズ5.2型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ146 × 72 × 7.3 mm
重量154 g
アウトカメラ2300万画素
インカメラ510万画素
バッテリー容量2900mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ200GB microHDXC

Xperia Z4 SO-03G(2015年)

Xperia Z4 SO-03G

Xperiaシリーズはこのモデルまでコンパクト版を除いて重く厚くなる傾向がありました。

しかしXperia Z4は前モデルXperia Z3より厚さが0.4mm、重さが8gコンパクトになっています。

Xperia Z4のスペック
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)3GB
CPUSnapdragon 810 2.0GHz/1.5GHz
OSAndroid 5.0→6.0→7.0
画面サイズ4.2型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ146 × 72 × 6.9 mm
重量144 g
アウトカメラ2070万画素
インカメラ510万画素
バッテリー容量2930mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ128GB microHDXC

Xperia Z3 SO-01G(2014年)

Xperia Z3 SO-01G

Xperia Z3はハイレゾ音源の再生に完全対応したはじめてのXperiaです。

ハイレゾではない圧縮音源でもアップコンバートしてハイレゾ相当の高音質で楽しめるようになったモデルでもあります。

なんと、プレイステーション4をWi-Fi経由でプレイする機能もついていました。

音楽、ゲームといったエンターテイメント重視のモデルと言えるでしょう。

Xperia Z3のスペック
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)3GB
CPUSnapdragon 801 2.5GHz
OSAndroid 4.4 → 5.0→6.0
画面サイズ5.2型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ146 × 72 × 7.3 mm
重量152 g
アウトカメラ2070万画素
インカメラ220万画素
バッテリー容量3100mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ128GB microHDXC

Xperia Z3 Compact SO-02G(2014年)

Xperia Z3 Compact SO-02G

これまでもXperiaのコンパクトモデルは登場していましたが、通常版に比べ性能面で劣るものも見受けられました。

Xperia Z3 Compactのスペック
内蔵メモリ(ROM)16GB
内蔵メモリ(RAM)2GB
CPUSnapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHz
OSAndroid 4.4.4→5.0.2→6.0.1
画面サイズ4.6型TFT液晶
本体サイズ127 × 65 × 8.6 mm
重量約129 g
アウトカメラ2070万画素
インカメラ220万画素
バッテリー容量2600mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズnanoSIM
外部メモリ128GB microHDXC

Xperia Z1 SO-01F(2013年)

Xperia Z1 SO-01F

Xperiaの特色といえばカメラ機能が高性能であることがあげられます。

しかし、Xperia Z1もそれを踏襲しておりカメラ機能に力が入った機種です。

Xperia Z1のスペック
内蔵メモリ(ROM)32GB
内蔵メモリ(RAM)2GB
CPUSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHz
OSAndroid 4.2.2→4.4.2
画面サイズ5.0型TFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile)
本体サイズ144 × 74 × 8.5 mm
重量171 g
アウトカメラ2070万画素
インカメラ220万画素
バッテリー容量3000mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズmicro SIM
外部メモリ128GB microHDXC

Xperia Z SO-02E(2013年)

Xperia Z SO-02E

Xperia Zシリーズの初代として名高い機種がXperia Zです。

デザインもこれまでのモデルとは一新され、縦向きでも横向きでも扱いやすいオムニバランスデザインなのが特徴です。

Xperia Zのスペック
内蔵メモリ(ROM)16GB
内蔵メモリ(RAM)1GB
CPUSnapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz
OSAndroid 4.1.2 → 4.2.2 → 4.4.2
画面サイズ5.0型TFT液晶
本体サイズ139 × 71 × 7.9 mm
重量146 g
アウトカメラ1310万画素
インカメラ220万画素
バッテリー容量2330mAh
防水/防塵
ワンセグ
SIMサイズmicro SIM
外部メモリ64GB microHDXC

Xperia acro SO-02C(2011年)

Xperia acro SO-02C

Xperia acroはおサイフケータイやワンセグ、赤外線といった日本向けサービスに対応できるモデルとして発売されました。

Xperia acroのスペック
内蔵メモリ(ROM)512MB
内蔵メモリ(RAM)1GB
CPUSnapdragon MSM8255 1GHz
OSAndroid 2.3.3→2.3.4
画面サイズ4.2型TFT液晶
本体サイズ127 × 63 × 11.8 mm
重量135 g
アウトカメラ810万画素
インカメラ-
バッテリー容量1500mAh
防水/防塵×
ワンセグ
SIMサイズ標準SIM
外部メモリ32GB microSDHC

Xperia arc SC-01(2011年)

Xperia acroのスペック

Xperia arcは日本初のAndroid 2.3を搭載したスマホです。

Xperia arcのスペック
内蔵メモリ(ROM)1GB
内蔵メモリ(RAM)512MB
CPUSnapdragon MSM8255 1GHz
OSAndroid2.3.2 → 2.3.3 → 2.3.4
画面サイズ4.2型TFT液晶
本体サイズ125 × 63 × 7.3 mm
重量118 g
アウトカメラ1320万画素
インカメラ130万画素
バッテリー容量1500mAh
防水/防塵×
ワンセグ×
SIMサイズ標準SIM
外部メモリ32GB microSDHC
2022年ドコモのスマホ最新おすすめランキング|iPhone・Android全て比較
ドコモユーザー必見!dカード GOLDがお得な理由
dカード GOLD
「dカード GOLD」が本当におすすめな理由
  • ドコモの利用料1,000円に付き10%還元
  • 最大10万円のケータイ補償などメリットが豊富
  • 1枚無料で発行できる家族カードがお得すぎる
  • 全国・ハワイの空港ラウンジが無料
  • マツモトキヨシなどでポイント最大4%還元
>dカード GOLDの入会特典・キャンペーン
\今なら最大22,000P貰える!/
矢印dカード GOLD公式サイトを見る

▲目次に戻る

カメラや映像美などエンタメ楽しみたいならXperiaで間違いなし

2022年の最新機種をはじめ、ドコモの歴代Xperiaをご紹介してきました。

やはりエクスペリアというとカメラ機能や、映像・音楽といったエンターテイメントに特化した機種である点が最大の魅力です。

撮影やゲーム、配信などで最新スペックが必要ならフラッグシップモデル「Xperia 1 IV」がおすすめです。

性能と価格のバランスで考えるなら、「Xperia 10 IV」や「Xperia Ace III 」もいいでしょう。

ドコモでの機種変更を考えている方は、今回の記事を参考に自分にあったXperiaを選んでみるのはいかがでしょうか。


スマホ購入は公式オンラインが断然お得!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。