ソフトバンクギガモンスター
Pocket

読了時間:約 2

スマホで扱うデータ通信量は増える一方で、契約通信量を毎月のように使い切って追加購入しているという方も多いようです。

そんな方には、ソフトバンクから登場したギガモンスターをおすすめします。

かわいい子犬のCMをご覧になった方もおられると思いますが、ギガモンスターは20GBと30GBというモンスター級の大容量を提供しているパケット定額サービスです。

ここからは、ギガモンスターは本当にお得なプランなのか、料金やデメリットはどうなっているのかについて解説してゆきましょう。

通信量が足りなくて困っている方のお役に立てていただければ幸いです。

ギガモンスターとは?

超安!大容量!20GBプラン!ギガモンスター 価格破壊!のデータプラン新登場!
ギガモンスターはソフトバンクが提供するパケット定額サービスの1つで、iPhone 7シリーズが発売された2016年9月より提供が開始されました。

ギガモンスターのプランには20GBと30GBのふたつがあり、それぞれの月額利用料は以下のようになっています。

  • 20GBプラン:6,000円(税別)
  • 30GBプラン:8,000円(税別)

20GBと30GBという大容量プランは、これまでにも「スマ放題」で提供されていました。

しかし、ギガモンスターの登場でこれらは姿を消し、現在のデータ定額サービスのラインナップとなったのです。

20GBだとどこまでできる?

20GBと聞けばなんとなくスゴイように思いますが、実際にどのくらいスゴイのかはよくわかりません。

そこで、20GBを実際に利用するコンテンツで計算するとどのくらい使えるのかをみてみましょう。

動画の場合

YouTubeの標準画質(1分あたり約4MB程度)を視聴するなら、1ヶ月で約83時間も楽しめます。1日あたりだと2時間半でかなりの時間になるのです。

最近のスマホは動画のダウンロードや画像・映像処理性能も向上していて、いつでもどこでも動画を見られるようになっていますが、ギガモンスターなら長時間の動画視聴でも、契約通信量を使い切って通信制限が掛かってしまうような心配はありません。

音楽の場合

iTunesで配信されている音源は、256kbpsのAAC VBR音源です。256kbpsの場合だと1分あたり約2MBを使用するため、1曲を4分と計算すれば毎月2,500曲もダウンロードできます。

1日あたりなら80曲余り、時間にすれば5時間20分となるのです。これだけたくさんの曲をダウンロードできれば文句なしですね。

旧データ定額プランとの比較

旧プランも含めたギガモンスター以外のパケット定額サービスのデータ容量および金額を、ギガモンスターと比較してみましょう。

なお、すでに廃止されて受付終了となっているパケット定額サービスには「(旧)」と表記してあります。

「スマ放題」「スマ放題ライト」プランの場合

プラン名 金額(税別)
データ定額ミニ 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 3,500円 (「スマ放題ライト」では選択不可)
データ定額 5GB 5,000円
(旧)データ定額・標準 8GB 6,700円
(旧)データ定額・大容量 10GB 8,000円
(旧)データ定額・大容量 15GB 12,500円
(旧)データ定額・大容量 20GB 16,000円
(旧)データ定額・大容量 30GB 22,500円

ソフトバンクのスマ放題については、ソフトバンクの料金プラン「スマ放題」のメリットと注意点をご覧ください。

「ホワイトプラン」の場合

プラン名 金額(税別)
パケットし放題フラット
for 4G LTE(7GB)
5,700円
パケットし放題
for 4G LTE(7GB)
2,000円〜6,200円

ソフトバンクのホワイトプランとスマ放題の違いについては、ソフトバンクのホワイトプランとスマ放題はどっちがおすすめ?をご覧ください。

「ギガモンスター」の場合

プラン名 金額(税別)
ギガモンスター(20GB) 6,000円
ギガモンスター(30GB) 8,000円(データ定額 30GBに加入中の方の機種変更のみ)

これらを見比べてみると、ギガモンスターの破格ぶりがよく分かります。従来の8GB以上のプランよりもギガモンスター20GBの方が割安となっていますね。

そのため、ソフトバンクではギガモンスターの提供開始後に8GB以上のデータ定額サービスを廃止して、ギガモンスターへと衣替えしました。

なお、50GBのウルトラギガモンスターの提供開始にともない、ギガモンスター30GBは新規での加入ができなくなっています。

2年間だとこんなに大きな差が

ところで2年間の利用料金だと、ギガモンスターはどのくらいお得になるのでしょうか。

従来の20GBプラン・30GBプランとギガモンスターの20GBプラン・30GBプランとでは、どれだけの価格差となるのかをみてみましょう。
[20GBプラン]

プラン名 価格(税別)
(旧)データ定額・大容量 20GB 16,000円×24ヶ月=384,000円
ギガモンスター 20GB 6,000円×24ヶ月=144,000円

※差額 240,000円
[30GBプラン]

 

プラン名 価格(税別)
(旧)データ定額・大容量 30GB 22,500円×24ヶ月=540,000円
ギガモンスター 30GB 8,000円×24ヶ月=192,000円

※差額 348,000円

2年間でこんなに差がついてしまうとは驚きですね。ギガモンスターはその名のとおり、モンスターと呼ぶにふさわしいお得なパケット定額サービスといえるでしょう。

「ギガモンスター」のメリット


大容量のデータ通信サービス「ギガモンスター」ですが、そのメリットは価格だけにとどまりません。

ギガモンスターのメリットを3つにまとめてみましたのでご覧ください。

圧倒的なコストパフォーマンス

ギガモンスターの最大のメリットは、そのコストパフォーマンスのよさといえます。

ギガモンスターと従来の「データ定額・大容量」プランでの同じ容量と比べると、料金は20GB・30GBともに半分以下となり、大変リーズナブルな料金で大容量プランを気軽に使えるようになったのです。

ところで、これまで料金がネックとなって大容量プランはあまり多くの方に利用されていませんでした。

そこで「スマ放題ライト+データ定額 5GB」や「ホワイトプラン+パケットし放題フラット for 4G LTE」を利用していた方の月額使用料とギガモンスター20GBの価格を比較してみましょう。

スマ放題ライト+ギガモンスター(20GB)

  • 基本使用料(スマ放題ライト) 1,700円
  • ウェブ使用料 300円
  • ギガモンスター データ定額20GB 6,000円
  • 合計:8,000円

スマ放題ライト+データ定額(5GB)

  • 基本使用料(スマ放題ライト) 1,700円
  • ウェブ使用料 300円
  • データ定額5GB 5,000円
  • 合計:7,000円

※ギガモンスタープランとの価格差:−1,000円

ホワイトプラン+パケットし放題フラット for 4G LTE

  • 基本使用料 934円
  • ウェブ使用料 300円
  • パケットし放題フラット for 4G LTE 5,700円(容量:7GB)

合計:6,934円

※ギガモンスタープランとの価格差:−1,066円

これまでスマ放題ライトやホワイトプランを利用していた方なら、月々1,000円程度をプラスするだけで今までの3〜4倍のデータ容量を利用できるようになります。

この金額は、データチャージ1GB分(1,000円/回)とほぼ同じなので、ギガモンスターがどれだけお得であるかがわかりますね。

「データくりこし」にも対応

余ったデータ容量を翌月に繰り越せる「データくりこし」は、とてもうれしいサービスです。

大手キャリア各社でも「ギガモンスター」クラスの大容量プランを展開していますが、データの繰り越しができるのはauの「スーパーデジラ」と「ギガモンスター」のみとなっています。

ギガモンスターでは、特に申し込まなくても余ったデータ量は自動的に繰り越しになります。これなら、余らせた分が無駄にならず安心ですね。

ただし、繰り越せるのは翌月分までです。例えば1月に15GBを消費した場合なら余った5GBは翌月に繰り越せるため、2月は25GB使用できるということになります。

しかし、2月に10GBを消費すると翌月に繰り越せるのは15GBで、3月には35GB使用できるというわけではありません。

この場合、1月に余った5GBは3月に繰り越すことはできずに消滅します。3月に繰り越せるのは2月分の20GBの残りである10GBとなるからです。

なお繰り越したデータ量の確認は、My SoftBank「前月からくりこしたデータ量を確認」のページから確認することができます。

うっかり使い込んでしまうと速度制限が掛かってしまうことになるため、定期的に「My Softbank」でデータ使用量を確認しておきましょう。

25歳以下なら毎月1,000円の値引き

現在、25歳以下の方は「ギガモンスター 20GB」を1,000円引きの5,000円/月でできる「学割モンスターU25」が適用できます。

名前に「学割」とありますが、年齢条件を満たしていれば学生でなくてもOKです。若い人はWi-FiのないところでもYouTubeなどの動画コンテンツをよく見ていますね。

25歳以下の方なら「学割モンスターU25」に申し込んでおけば、ギガモンスターのコストパフォーマンスのよさをさらに拡大できます。

3日間の通信速度制限も気にせず使える!

これまで、通信品質とネットワーク利用の公平性を確保するために、パケット定額サービスを利用している場合に一定期間で大量の通信をすると、通信速度の制限を受けていました。

これが3日間3GB制限と言われていたもので、過去3日間で3GB以上使用すると、その翌日の午前6時から24時間速度制限か掛かってしまうのです。

しかし、ギガモンスターはこの通信速度制限の対象外となっているため、1ヶ月に割り当てられる20GB・30GBまでならそのままの速度で利用できます。

これならいつでも速度制限を気にすることなくデータ通信サービスを楽しめて、「データくりこし」での繰り越し分もどんどん活用できます。

なお、「スマ放題」と「スマ放題ライト」で契約できるデータ定額サービスで3G端末以外なら、全ての容量で3日3GB速度制限を受けることなくデータ通信が可能です。

「ギガモンスター」のデメリット


メリットいっぱいのギガモンスターですがデメリットもあります。ここでは、デメリットについてご紹介しましょう。

「テザリング」が有料

プラン名 料金
データ定額ミニ(1GB/2GB) 無料
データ定額 5GB 無料
データ定額S(4G ケータイ) 無料
ギガモンスター データ定額(20GB/30GB) 月額500円(2018年3月末まで無料)

ギガモンスターの場合テザリングは有料のオプションとなっているため、月額500円が必要となります。

他のデータ定額プランなら「スマ放題」「スマ放題ライト」と組み合わせればテザリングの利用料金は無料ですが、残念ながらギガモンスターでの契約にはこのサービスは適用されません。

なお、2018年3月末までギガモンスターのテザリング料金が無料となるキャンペーンを実施中です。

実際に無料となる期間は、締日が30日の場合と10日の場合には2018年4月10日(火)まで、締日が20日の場合には2018年4月20日(金)までとなっています。

すでにテザリング契約をしている方であれば、無料期間中のテザリング使用頻度を確認して今後プラン変更するかどうかを検討されてみてはいかがでしょうか。

「家族データシェア」プランには適用できない

スマ放題には家族データシェアというサービスがありますが、ギガモンスターには適用されません。

家族で大容量データをシェアしたいなら、以下のプランに加入する必要があります。

なお、「家族データシェア」は、親回線1回線に対して子回線最大9回線とシェアすることができます。

プラン名 月額料金
家族データシェア 100GB 25,000円
家族データシェア 50GB 16,000円
家族データシェア 15GB 12,500円
家族データシェア 10GB 9,500円

ただし、スマホとタブレットでデータ容量をシェアする「データシェアプラス」ならギガモンスターでも利用でき、親回線で契約したデータ量を最大5台までの子回線でシェアできます。

「タブレットずーっと割」が適用された場合にはタブレットの月額料金はAndroidで 980円、iPadで1,980円となるので、大変お得です。

「ホワイトプラン」とは組み合わせられない

ギガモンスターは、通話し放題の基本料金プランである「スマ放題」か「スマ放題ライト」に加入しなければ利用することができません。

つまり「ホワイトプラン」とは併用できないということです。

通話はほとんど使用しないからホワイトプランに加入しているのに…という方にとっては、正直ギガモンスターにメリットを感じることはないかもしれません。

しかし、現在ホワイトプランを利用中だけど容量が足りなくて困っているという方なら、「スマ放題ライト」でギガモンスターを契約されるとお得になります。

1GBのデータチャージと同額を払うだけで、これまでの3倍量のデータ通信を使えるようになるので、一度これまでの通話料金とデータ通信料金を併せて検討されてみることをおすすめします。

こんな方には「ギガモンスター」がおすすめ!


これまでご紹介した内容をまとめると、以下のような方にギガモンスターがおすすめとなります。

  • 現在、データ定額を8GB以上のプランで契約している方
  • 速度制限にかかり、毎月追加料金を払っている方
  • 5GB・7GBを使っていて通信容量がギリギリの方
  • 自宅にインターネット回線をひいていない方
  • Wi-Fi環境がない場所で、動画などの大容量コンテンツをよく使う方

これらの条件に該当する方は、ギガモンスターへの加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

ギガモンスター契約で注意したいこと


ここでは『「ギガモンスター」のデメリット』の章でご紹介したこと以外で、ギガモンスター契約で注意したいことについてご紹介します。

3Gケータイでは契約できない

ソフトバンクでは、3Gケータイで「スマ放題」「スマ放題ライト」を契約できます。

しかし、データ定額サービスは3G専用のプランでしか契約できないため、ギガモンスターは契約できないのです。

3Gケータイを愛用されている方には残念なことですが、この機会に4Gケータイへの乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。

4G LTEの最大速度が350Mbpsなのに対して、3Gハイスピードの最大速度は21Mbpsです。

速度差は約17倍となるので、4G LTE端末への機種変更のうえギガモンスターに加入すれば快適な高速通信を利用できるようになります。

解約時には日割り計算されない

ギガモンスターの場合、月の途中でソフトバンクに新規契約すれば料金は日割り計算となります。

しかし途中解約の場合には日割り計算されず、6,000円もしくは8,000円の満額請求となってしまうのです。

契約途中でギガモンスターを追加で申し込んだ場合には、締め日の翌日からの適用となります。

申し込んだらすぐに適用されるのではないため、ご注意ください。以下に締め日ごとの適用日の例を挙げておきましょう。

10日締めの場合

変更日 適用開始日
1日~10日 同じ月の11日
11日~月末日 翌月の11日

20日締めの場合

変更日 適用開始日
1日~20日 同じ月の21日
21日~月末日 翌月の21日

月末締めの場合

変更日 適用開始日
1日~月末日 翌月の1日

ギガモンスターは大容量通信にぴったり


データ通信に革命を起こしたソフトバンクのギガモンスターは本当にお得なのかについて、料金やデメリットなどを含めながら詳細に解説しました。

現在では、大手キャリア3社すべてが同様の大容量通信サービスを提供していますが、これまでの料金プランと同じくやはりイノベーターはソフトバンでした。

データ使用量が少なく5G程度で充分という方や、テザリングをよく使うという方にとってはメリットが少ないプランですが、いつもスマートフォンの速度制限に掛かってしまい追加料金を支払っているという方なら、ギガモンスターに加入されることをおすすめします。

なおソフトバンクでは、「ギガ楽しもうキャンペーン」を実施中です。

新規契約または機種へ項で新たに20GBもしくは50GBプランに加入すると、1年間毎月500円の割引を受けられるというものです。

この機会に、ギガモンスターでストレスフリーの通信環境を手に入れていただければと思います。

Pocket

ソフトバンク公式ショップを利用すると、実店舗でかかる頭金が無料待ち時間なしで手続きが可能です。↓↓↓