au スマホの使い方 ソフトバンク ドコモ
読了時間:約 2

お手持ちのスマートフォンをWi-Fiルーターとして利用する事で、外出先でも快適なインターネット環境が整えられるテザリング。特にノートPCやタブレットを持ち歩いている方にとって、安心・安全で速いインターネット接続が出来るテザリングは便利なものです。

また、スマートフォン以外ではモバイルWi-Fiルーターを契約・持ち歩けば外出先などでインターネット環境を構築する事が可能でしょう。ここでは、ソフトバンク・ドコモ・auのテザリングの使い方や料金についてご紹介しています。

Wi-Fiルーターの一つであるWiMAXとも比較していますので、現在テザリングを検討中の方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

テザリング・WiMAXについて

テザリングとは、スマートフォンなどのモバイル端末を利用してノートPCやタブレットなどをインターネットに接続する事を言います。スマートフォンのデータ通信方式であるLTEや3Gの電波状況さえ問題なければ、外出先などどのような場所でも快適なWi-Fi環境を整えられる事が魅力です。

一般的にテザリング=Wi-Fi(無線通信)として認知されていますが、実際にはこの他にUSBやBluetoothを利用したテザリングも存在しています。

現在では外出先で利用する事が出来るフリーWi-Fiも多くあるため、通信データのかかるテザリングを敬遠しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、大手キャリアで利用する事が出来るテザリングのメリット・デメリットについて確認しましょう。

テザリングのメリット

テザリングを利用する最大のメリットは、スマートフォンさえ持っていれば新たにデータ通信SIMやモバイルWi-Fiルーターを契約しなくて済む事でしょう。

数年前までは対応しているスマホは限定されていましたが、現在国内で発売されているものであればAndroidスマホ・iPhoneに限らずほぼテザリングに対応しているのです。

スマホ本体さえあれば別途用意するようなものもありませんので、普段の荷物が増えないのはビジネス・日常生活のどちらにおいても嬉しいポイントではないでしょうか。また、キャリアのテザリングの利用料金も比較的低価格になっている事が多いのも魅力的です。

テザリングのデメリット

手軽に利用する事が出来る反面、スマートフォンを利用したテザリングは通信コストがかかります。特にPCやタブレットはスマートフォン以上に容量が大きく、何気なく使っているだけでもあっという間に通信制限がかかってしまうという事にもなりかねません。

また、テザリングを利用する際はスマホが常に通信を行っている状態であり、特にWi-Fiを利用した無線テザリングの場合は著しくバッテリーが消耗します。

このため、頻繁にテザリングを利用するヘビーユーザーならモバイルバッテリーを持ち歩くなどしてスマホのバッテリーに気を使う必要性があるでしょう。大手キャリアのテザリングは少し前まで追加料金無し、またはスマホの購入後2年間は無料で利用する事が出来るようになっていました。

しかし、2018年3月に大手キャリアから一部大容量プランなどでのテザリング有料化が発表され、現在では無料キャンペーンなどもほぼ終了してしまいました。

これはテザリングを行うユーザーが増えた事でネットワーク環境に負荷がかかるようになった事が原因と発表されていますが、一時期話題になったのでご存じだという方も多いはずです。

ただし、このテザリング有料化はデータ定額の一部のプランでのみ実施されており、例えばソフトバンクでは「ご加入から永年無料」や「ご加入から2年無料」のテザリングも残されています。有料化になったプランなどは下記の料金比較で詳しくご紹介しています。

WiMAXとは


スマートフォンを利用するテザリングに対して、専用のルーターを使ってインターネットに接続するのがWiMAXです。WiMAXはルーターの名前ではなく、「Worldwide interoperability for microwave Access」の略称であり無線通信技術の規格の一つとして数えられています。

WiMAXとよく混同されるものとしてWi-Fiがありますが、この2つは通信方式や利用範囲に違いがありまったくの別物です。簡単にご紹介するなら、Wi-Fiが自宅やオフィスなどの限定的なエリアで使用されるのに対して、WiMAXはそれ以外の広域エリアでの使用を前提としています。

このためWiMAXを契約した際に提供されるルーターは、持ち歩くことを前提とした「モバイルルーター」が主流となっているのです。

また、外出先で使用する事が前提となるWiMAXですが、通信速度が安定している事・定額の利用プランがある事などから固定回線の代わりに自宅で導入する方も多くなっています。

ただし、基本的には「3日間で10G」のような通信制限が設けられている事が多く、ビジネスなどで使用する場合にはWiMAXより固定回線に分があるでしょう。WiMAXを扱うプロバイダは多くありますが、現在では通信速度や安定性が向上したWiMAX+2が主流となっている点も見逃せません。

テザリングやWiMAXの使い方は?

スマホのテザリングは最初以外は難しい設定など必要なく、サービスにさえ加入していればすぐに利用する事が出来るのが魅力です。ただし、ドコモではspモード契約、ソフトバンクauでは別途テザリングへの申し込みが必要となります。

また、キャリアや機種の発売時期によっても操作方法が異なるため、スマホに慣れていない方はテザリングを利用するまで少々時間がかかってしまうかもしれません。

対応機種は各キャリアのホームページ上でも確認する事が可能ですが、Androidスマホ・iPhoneどちらも最近のスマホであればまず問題無く使用する事が出来るはずです。ここでは、各キャリアのテザリングの使い方、およびWiMAXの使用方法についても簡単にご紹介しましょう。

各キャリアのテザリング利用方法


画像引用元:テザリングオプション | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクのテザリングは、Wi-Fi接続かUSB接続のどちらかを選択する事が出来ます。2015年夏以前発売の機種の場合は「テザリングオプション」アプリを利用、2015年秋以降発売の機種を利用している場合は「設定」画面から進んでいきましょう。

USB接続の場合はテザリングを利用する機器にドライバーがインストールされている事が条件となりますので、注意が必要です。Androidスマホ・iPhoneでテザリングを利用するまでの手順が少し異なりますが、詳しくはソフトバンクのテザリング設定ページを参照すると良いでしょう。

他にドコモではテザリングの利用方法、auではテザリングオプションのページでテザリングについて紹介しています。しかしテザリングの設定はiPhone準拠になっているため、AndroidスマホはQ&Aなどを参照する必要があります。

AndroidスマホとiPhoneでも多少異なりますが、最終的にネットワークやパスワードを入力・設定しなければならないのはどのキャリアでも同じ仕様です。各キャリアの基本的なテザリング利用の流れは下記のようになります。

どうしても分からない場合などは契約しているキャリアのサポートに問い合わせるなどして確認するのが良いでしょう。

基本的なテザリングの利用手順

  1. 設定・または専用アプリを起動
  2. その他の設定・インターネット共有などに進む
  3. 「テザリング」をタップ
  4. 注意事項などを確認/テザリングをONにする
  5. テザリング設定よりネットワークやパスワードを入力
  6. 接続・利用開始

WiMAXの利用手順


画像引用元:WiMAXが選ばれる5つのポイント|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

スマホのテザリングと比較すると、WiMAXは利用を開始するまでに少し時間がかかってしまうかもしれません。WiMAXを契約した後は、自身が選択したルーターが自宅まで配送されてきます。

その後ICカードの取り付けや無線LANの設定など各種準備が必要となりますが、一度設定さえ行ってしまえばスイッチ一つで手軽に利用する事が出来るのがWiMAXの魅力です。

WiMAXはBIGLOBEやSo-netなど多くのプロバイダが取り扱っていますが、契約する会社によって設定など多少の差異があります。説明書などを見てもどうしても理解できないポイントがあるなら、こちらも契約した会社のサポートに確認するのが一番です。

参考までに、WiMAXの基本的な設定の手順は下記のようになっています

基本的なWiMAXの利用手順

  1. ルーターへICカード/SIMを取り付ける
  2. ルーターの電源をONにする
  3. スマホやPCのWi-Fi設定をONにする
  4. セキュリティーキーを入力・利用開始

大手キャリアのテザリング料金比較


ここからはソフトバンク・ドコモ・auのテザリング料金をチェックしていきましょう。WiMAXを取り扱っているプロバイダの中から特に低価格の「GMOとくとくBB」についても触れていますので、参考までにご確認下さい。

ソフトバンク

ソフトバンクのテザリングサービスを利用する際はデータ(パケット)定額サービスへの加入が必須となっています。このデータ(パケット)定額サービスのうち「データ定額 20G/30G/50G」と「法人データシェアギガパック (50) / (100)」のテザリング利用料は2018年5月31日以降有料化となりました。

ソフトバンクの各データ(パケット)定額サービスごとのテザリング利用料金は無料または500円となっています。現状ソフトバンクでは大幅な料金体系の変更が行われており、テザリングの対象となっているプランも新規受け付けを終了したものがあります。

例えば50Gのデータ定額プランは新規受け付けを終了しましたが、同じく50GでSNS使い放題の「ウルトラギガモンスター+」などが変わりとして登場しました。今後終了するプランも含めてテザリングの料金は下記にまとめてありますのでご確認下さい。

データ(パケット)定額サービステザリング月額使用料
データ定額 50Gプラス/ミニモンスター500円
データ定額20G/30G/50G500円
家族データシェア 50G/100G500円
法人データシェアギガパック (50) / (100)500円
データ定額ミニ 1G/2G無料
データ定額 (お手軽プラン専用)無料
データ定額 5G無料
データ定額S (4Gケータイ)無料
上記以外(ホワイトプランなどが対象)加入から2年無料

ドコモ


画像引用元:spモード | サービス・機能 | NTTドコモ
ドコモは大容量データプランである「ウルトラパック」と「ウルトラシェアパック」のテザリング料金を、これまでの無料から月額1,000円の有料化にすると発表していました。

しかし、ネットワーク設備などに大きな影響が発生していない事を理由に2018年4月以降もテザリングは無料で利用出来るようになっています。このため、ソフトバンク・auとは違い別途テザリングオプションなどは設けられていません。

ただし、あくまで「無料キャンペーンの延長」として取り扱われているため、今後有料化する可能性が無くなった訳ではありません。基本的にはドコモの提供する月額300円のspモードを契約すれば、どなたでもテザリングを利用する事が出来ます。

au

auでは2018年4月1日より「auピタットプラン」「auフラットプラン20/30」「データ定額20/30」の有料化が発表されました。

ソフトバンクと同じくauでも料金体系の大幅な変更が行われており、現在はauピタットプランとauフラットプラン20/30が主力のデータプランとして扱われています。

テザリングオプションも無料または500円となっている点は、ソフトバンクのプランを参考にしているとも考えられます。新規受け付けを終了したプランを除くと、各データプランごとのテザリング料金は下記のようになります。

データ(パケット)定額サービステザリング月額使用料
auピタットプラン500円
auフラットプラン20/30500円
auフラットプラン25 Netflixパック500円
データ定額20/30500円
データ定額1/2/3/5無料
ジュニアスマートフォンプラン無料
カケホ(ケータイ)無料
VKプラン無料
VKプランS無料
VKプランM無料
LTEプランS無料
上記以外500円
テザリング2年間無料特典は終了

WiMAX

単体で契約するWiMAXは各社約2,500円4,000円ほどとスマホのテザリングに比べて割高となります。また、BIGLOBEなどの一部のプロバイダを除き一律3,000円の契約事務手数料(初期手数料)も必要で、端末の保証などに加入すると月額の料金はより高くなります。

しかし、前述したような「3日間で10Gの通信速度制限」を除けば7G/使い放題プランなどが設定されており、各種キャッシュバックキャンペーンを利用すれば「GMOとくとくBB」のような初年度1,000円以下で利用出来るプロバイダもあります。

固定回線などと同じで契約期間が定められており契約更新月ではないと違約金が発生するなどデメリットもありますが、すべてのデータ通信をWiMAXだけにする場合などはテザリングより安く済ませられるかもしれません。

キャリアとWiMAX、お得なのは?

各キャリアのテザリング手数料、そしてWiMAXの平均的な価格についてはここまででご紹介した通りです。テザリングの利用を検討している方にとって、「どのキャリア・WiMAXがお得なのか?」という点は最も気になるポイントではないでしょうか。

最後に、WiMAXの基本的なデータプランである7Gと使い放題を基準に、各キャリアとプランの比較をしてみましょう。データ量や料金プラン・手数料などにも違いがあるため、あくまでも目安として考える事をおススメ致します。

各キャリアとWiMAXの料金比較

単純に近い料金プラン同士で比較してみると、各キャリアと一部のWiMAXプロバイダの価格は下記のようになります。

各キャリアは5Gの定額プランと大容量プラン・WiMAXは標準の7Gと使い放題プランを用いましたが、料金は5G~7Gで3,000円台~5,000円台・大容量や使い放題プランで4,000円台~8,000円台と差が出ました。

キャリア/WiMAXプロバイダデータ(パケット)定額サービス料金(月額)/2018年10月
ソフトバンクデータ定額5G5,000円+テザリング無料
ソフトバンクウルトラギガモンスター+7,000円+テザリング500円
ドコモベーシックパック(5G)/1Gからの段階制5,000円+spモード300円
ドコモウルトラデータLLパック(30G)8,000円+spモード300円
auauピタットプラン(5G)/1Gからの段階制5,480円(1年目4,480円)+テザリング500円
auauピタットプラン30(30G)7,000円(1年目6,500円)+テザリング500円
GMOとくとくBB WiMAX+2(7G)3,609円/事務手数料として別途3,000円
GMOとくとくBB WiMAX+2(上限無し)3,609円(1~2か月目)
4,263円(3か月目以降)
事務手数料として別途3,000円
UQ CommnicationsUQ Flatツープラス(7G)3,696円/登録料として別途3,000円
UQ CommnicationsUQ Flatツープラス ギガ放題(上限無し)4,380円
2年契約で(1~3か月目3,696円)

お得度はユーザーによって異なる

上記のように、単純にデータプランだけで比較するとテザリングとWiMAXでは料金に差があります。しかし、各キャリアの価格はあくまで「WiMAXに近いデータプラン」を用いたものであり、実際には1G~2Gで約2,000円から利用する事が出来る安価なプランも当然用意されています。

スマートフォンの契約の際にはデータプラン以外に端末代や通話料が加算されますし、割引キャンペーンなどによってはより安価に利用出来る可能性もあります。また、スマートフォンが通話+データ通信を基本としているのに対して、WiMAXはデータ通信のみとなっている事も忘れてはなりません。

これらを総合して考えると、テザリングとWiMAXをお得に利用するためには下記のような使い方が考えられます。

  • 月30G~50Gの範囲でPCやタブレットを利用する場合はテザリング
  • 安定した高速通信を無制限に(月50G以上)利用したい場合はWiMAX
  • スマホの契約プランを最小にして、テザリングを併用

テザリング・WiMAXを活用してインターネットを快適に


いかがだったでしょうか。今回は、ソフトバンク・ドコモ・auのテザリングの使い方やWiMAXとの比較をご紹介しました。各キャリアのテザリング利用料はドコモのspモード300円を含めると無料~500円と低価格です。

しかし、加入するプランやデータ通信の使用頻度によって最終的な月額利用料は異なってきます。また、WiMAXはあくまでデータ通信用のルーターですので、単純に比較するのは難しいのも事実です。

いずれにせよユーザーによって利用の仕方・料金などは異なると思われますので今一度自身のスマホ・PC・タブレットなどの利用状況を見直し、よりお得な契約・プランを選べるようにしてみてはいかがでしょうか。

Pocket