読了時間:約 2

2019年、格安SIMが急速に普及して来た事により三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は苦戦を強いられています。

大手よりも低価格の格安SIMはライトユーザーを中心に確実にシェアを伸ばしているのです。

それでもサポートや回線の安定性は大手キャリアの方が勝っていますし、「安心と信頼」を求めて長く使い続けているという方もいらっしゃるでしょう。

ここでは大手キャリアに乗り換え・MNPをする際にどこが最もおトクなのかを検証・ご紹介しています。

2019年携帯会社の最新料金プランは?

2018年に総務省が通信料に言及して以降、大手キャリアは積極的に新しい携帯料金プランの導入を行っています。

2019年秋には「改正電気通信事業法」が施行される事になっており携帯料金と機種代金を分ける「分離プラン」が正式に義務化されているのです。

まずは現在の各社の料金プランと特徴などを確認しておきましょう。

2019年の最新料金プラン


画像引用元:新auピタットプラン | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

既に大手3キャリアは「改正電気通信事業法」を先取りする形で分離プランを導入しています。

各社細かな違いはありますが、基本的に定額制と従量制の2つのプランを中心としているのが特徴的です。

ドコモは6月1日よりギガホとギガライトという2つの新プランを提供開始しておりソフトバンクと似た料金体系となりました。

ただしベーシックプランなどの従来プランなどは引き続き選択できるようになっています。

auも同じく6月1日より新プランをスタートしましたが、これにともなって「auピタットプラン」など旧プランの一部は新規受け付け終了予定となっています。

ソフトバンクは早い段階から2つのプランを中心としていますが、今後の法改正に向けて新プランを打ち出してくる可能性もあるでしょう。

大手キャリア3社の最新料金プラン(割引適用後の最安価格)

 定額制従量制その他(定額/追加プラン含む)
ドコモギガホ/月4,980円~ギガライト/月1,980円~データプラス
ケータイプラン
キッズケータイプラン
auauデータMAXプラン/月5,980円~新auピタットプラン/月1,980円~auフラットプラン7プラス
auフラットプラン20
auフラットプラン25 Netflixパック
ソフトバンクウルトラギガモンスター+/月3,480円~ミニモンスター/月1,980円~スマホデビュープラン
ドコモ新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」は実際に安くなるか比較

割引サービスやキャンペーンの多くは新料金プランが対象

大手キャリアの料金プランはここ数年で目まぐるしく変化しており割引サービスやキャンペーンも定期的に入れ替わっています。

ここでポイントとなるのは「大手キャリアの割引サービス・キャンペーンなどは基本的に新料金プランを対象としている」という事です。

分離プランが導入されて移行、以前より通信料が下がる代わりに端末代金の値引きなどは少なくなって来ています。

また、各キャリアの動向を見るに端末代金の値引きをこれまで以上に制限する動きもありますので、高価格のスマートフォンは以前より購入しにくくなると思われます。

引き続き従来プランを選択する事もできますが、なるべくお得にしたいなら割引サービスやキャンペーンの対象となる新プランを選ぶ方が良いはずです。

新料金プランのチェックポイント
  • 現在の料金プランは定額制と従量制の2つが中心
  • ドコモはギガホ(月4,980円~)とギガライト(月1,980円~)
  • auはauデータMAXプラン(月5,980円~)と新auピタットプラン(月1,980円~)
  • ソフトバンクはウルトラギガモンスター+(月3,480円~)とミニモンスター(月1,980円~)
  • 割引・キャンペーンなどは新料金プランを対象としたものが多い

2019年大手キャリアの携帯乗り換え・MNP関連キャンペーン

大手キャリアの料金プランなどを大まかに理解した所で、続いては現在提供されているMNPキャンペーンをご紹介して行きます。

数年前はキャリアも積極的にMNPのキャンペーンを展開していましたので乗り換えを繰り返す事で数万円のキャッシュバックを受ける事も可能でした。

しかし現在では高額なキャッシュバックが規制されており、中には完全なMNP専用のキャンペーンを実施していないキャリアもあります。

MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?

ドコモの乗り換え・MNPキャンペーン


画像引用元:はじめてスマホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

「はじめてスマホ割」はFOMAからXiへの契約変更を行う方や他社フィーチャーフォン利用中でXiへMNPされる方が対象の割引サービスです。

MNP専用のキャンペーンではありませんが、初回適用から最大12か月間1,000円が割り引かれます。

先にご紹介したドコモのギガホとギガライトを対象としているため当然旧プランで加入しても適用されません。

「ギガホ割」や「My docomoでお手続きキャンペーン」など、新プランを対象とした割引・キャンペーンは他にも提供されています。

ドコモでは「ウェルカムスマホ割」や「docomo with」といった割引サービスが提供されていましたが、こちらは2019年5月31日で新規受け付け終了となっています。

はじめてスマホ割の適用条件と割引内容

1対象オーダー以下の料金プランから対象料金プランへの変更
・ケータイプラン:定期契約あり/なし
・カケホーダイプラン(ケータイ) :定期契約あり/なし
・カケホーダイライトプラン(ケータイ) :定期契約あり/なし
・シンプルプラン(ケータイ) :定期契約あり/なし
MNPポートインでの新規契約(他社フィーチャーフォンご利用者)
「ウェルカムスマホ割」適用中のお客様の対象料金プランへの変更
2契約種別Xi
3契約者名義個人名義・法人名義
4対象料金プランギガホ:定期契約あり/なし
ギガホライト:定期契約あり/なし
5利用中端末
【①契約変更/②料金プラン変更の場合】
直近にドコモ販売店にて購入手続きいただき、ドコモに登録されている最新購入機種が対象機種で、かつ18か月以上ご利用いただいていること
割引額1,000円/月
割引期間初回適用月から最大12か月間

ギガホ割/My docomoでお手続きキャンペーンの内容

ギガホ割2019年9月30日までに「ギガホ」をご契約の方は、全員が最大6か月、月額1,000円割引
My docomoでお手続きキャンペーン2019年6月30日までのキャンペーン期間中、My docomoよりドコモの新料金プランにお申込みいただいたお客様にもれなくdポイント(期間・用途限定)を300ポイントプレゼント

auの乗り換え・MNPキャンペーン


画像引用元:Android™ MNPau購入サポート | キャンペーン | au

auの乗り換え・MNPキャンペーンは大手3キャリアの中で最多となっています。

「auケータイデビュー割」や「Android™MNPau購入サポート」は、MNP乗り換えで対象プラン加入・対象機種を購入する事で適用されます。

機種によって割引額は異なりますが、それぞれ最大32,400円・最大59,400円が機種代金から割り引かれるのは見逃せません。

また、auへのMNPなどでau WALLET残高へ10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンの他「ケータイ→auスマホ割」など多数のキャンペーンが実施されています。

数は多いですが、キャンペーン内容を「機種代金の値引き」または「通信量の値引き」という2つで考えると分かりやすいはずです。

auのMNPキャンペーン概要・条件

 概要主な適用条件
auケータイデビュー割他社から乗りかえ(MNP)で対象のauケータイをご購入いただくと機種代金から最大32,400円(税込)割引対象のauケータイを「au購入サポート」で購入、対象プラン・2年契約などに加入
Android™MNPau購入サポート他社からお乗りかえ(MNP)で対象の4G LTE スマートフォンをご購入いただくと機種代金から最大59,400円(税込)割引対象プラン・2年契約などに加入
今ならauの乗り換えがおトク!au新規(MNP含む)契約で10,000円分キャッシュバッククーポンもらえる!契約前に「Wow!ID」に登録、新auピタットプランなど対象プラン・2年契約などに加入
iPhone MNPau購入サポート他社からお乗りかえ(MNP)で対象のiPhoneをご購入いただくと機種代金から最大64,800円(税込)割引対象プラン・2年契約などに加入
ケータイ→auスマホ割適用条件を満たしご契約時「新auピタットプラン」にご加入いただいた場合、翌月から月々最大1,700円を12カ月間割引新auピタットプランと通話定額サービスなどへの加入
初スマホ割乗りかえ(MNP)などで対象のauケータイをご購入いただくと機種代金から最大37,800円(税込)割引対象のauケータイを「au購入サポート」で購入、対象プラン・2年契約などに加入

ソフトバンクの乗り換え・MNPキャンペーン


画像引用元:ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクでは「ガラケー通話し放題割」と「番号以降プログラム」という乗り換え・MNPキャンペーンを実施しています。

ガラケー通話し放題割は他社のケータイからソフトバンクの4G ケータイにのりかえ(MNP)すると、毎月の通話定額基本料より1,000円が3年間割引になります。

一方の番号以降プログラムはワイモバイルの対象機種からソフトバンクへ番号移行(MNP契約)を行う事で、毎月の通信料から1,000円×24ヵ月間割引が発生します。

ドコモと同じく、現状ソフトバンクのMNPキャンペーンは少ないと言えるでしょう。

ソフトバンクのMNPキャンペーン概要

 概要主な適用条件
ガラケー通話し放題割他社のケータイからソフトバンクの4G ケータイにのりかえ(MNP)すると、毎月の通話定額基本料(ケータイ)より1,000円が3年間割引・24時間国内通話無料対象機種への乗り換え(MNP)とキャンペーンへの申込み
番号以降プログラム毎月の通信料を1,000円×24ヵ月間割引、各種事務手数料無料ワイモバイルの対象機種からソフトバンクへ番号移行(MNP契約)
大手キャリアの携帯乗り換え・MNP関連キャンペーンまとめ
  • ドコモ…はじめてスマホ割、ギガホ割、My docomoでお手続きキャンペーン
  • au …auケータイデビュー割、Android™MNPau購入サポート、今ならauの乗り換えがおトク!、iPhone MNPau購入サポート、ケータイ→auスマホ割、初スマホ割
  • ソフトバンク…ガラケー通話し放題割、番号以降プログラム

次のページでは、下取りプログラムについてご紹介します。

1 2