読了時間:約 2

長年ドコモを利用してきたけれど、月々の料金が高いのをなんとかしたい・・・そんな時は、ドコモを解約して違うキャリアに乗り換えてしまいましょう。

今回は、乗り換え先キャリアで利用できるキャンペーンや料金プランの比較に加えて、ドコモから別キャリアに乗り換える方法について紹介していきます。

MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?

ドコモからどこに乗り換えがおすすめ?携帯キャリア別比較

ドコモオンラインショップで使える機種変更向けクーポンとは?
では、一体どこに乗り換えればおトクなのでしょうか。

料金的には格安スマホに乗り換えるのがおトクですが、電波状況や対応機種から格安スマホに変更することを考えていない方も多いでしょう。

そこで今回は、au・ソフトバンクを比較して乗り換えにおすすめのキャリアを紹介します。まずは乗り換え時に利用できるキャンペーンを見てみましょう。

携帯キャリア別:キャンペーンの比較

auのキャンペーン(2019年6月現在)

キャンペーン名条件割引内容
iPhone MNP au購入サポートiPhoneXをMNPで購入かつ対象プランに加入機種代金から最大64,800円割引
iPhoneおトク割iPhone対象機種をMNPで購入機種代金から最大10,800円割引
iPhone交換プログラムiPhoneご利用中の方がiPhone対象機種をMNPで購入最大63,080円還元
Android MNP au購入サポート対象の4G LTEスマートフォンをMNPで購入機種代金から最大59,400円割引
Androidおトク割Android対象機種をMNPで購入かつ対象プランに加入機種代金から最大32,400円割引
BASIO3購入サポートBASIO3をMNPで購入機種代金から最大32,400円割引
memorino4おトク割memorino4をMNPで購入機種代金から最大5,400円割引
miraieおトク割miraie fをMNPで購入機種代金から最大10,800円割引
下取りプログラム(乗りかえ)MNPの際にご利用中の端末を下取りとして提出機種代金から最大55,080円割引
Wow!キャッシュバックキャンペーンWow!IDを新規登録後クーポンを取得し、MNP契約をする1台につき10,000円のキャッシュバック

ソフトバンクのキャンペーン(2019年6月現在)

キャンペーン名条件割引内容
1年おトク割対象プランに加入料金プランから毎月1,000円✕12ヶ月割引
iPhoneXRハッピープライスキャンペーンiPhoneXRをMNPで購入機種代金から10,800円割引
下取りプログラム(のりかえ)MNPで契約し、ご利用中の端末を下取りに出す機種代金から最大54,000円割引

学割キャンペーンなどが終了して、この時期はお得なキャンペーンが少ない印象です。1年の間でも、キャンペーンが多い時期と少ない時期があります。

もし契約更新月をチェックして解約違約金が発生しない場合は、キャンペーンが多い時期に乗り換えを行いましょう。

POINT

学割や決算時期の関係上、1年で一番おトクに乗り換えができるのが3月。半期決算のある9月もおトクなキャンペーンが多いでしょう。

携帯乗り換えで5万円得するショップ選びとMNPキャンペーンの使い方

携帯キャリア別:料金プランの特徴

2019年6月から、auは新auピタットプラン、ドコモはギガホ・ギガライト、ソフトバンクでもウルトラギガモンスター+・ミニモンスターが始まりました。

これまでの旧料金プランでは「通話」がメインの料金システムとなっていて、データ容量はデータパック形式で料金プランとセットにして追加料金をとっていました。

しかし、近年のスマホユーザーは「LINE」での通話やSNS上でのメッセージのやり取りなど、通話よりも「データ容量」メインのスマホの利用方法に変化してきました。

そのため大手3キャリアとも、データ容量をメインの料金プランとする新しいプランシステムに大きく打ち出したのです。

各社が格安スマホに対抗して料金プランを変化させてきている様子が伺えます。それでは各社の料金プランを比較してみましょう。

まずは各社の新料金プランの料金システムについて説明します。

  • ドコモ:月額料金にデータ定額/spモード300円/通話料金は30秒につき20円別途(家族間通話無料)
  • au:月額料金にデータ定額/基本料金980円/LTE NET300円/通話料金は30秒につき20円別途
  • ソフトバンク:月額料金にデータ定額/通話基本プラン1,200円/ウェブ使用量300円

データ量がメインの支払いシステムとなったため、これまでの「カケホ」「カケホーダイ」といった概念がなくなりました。各社とも30秒につき20円がかかる通話プランしか基本には導入されていません。

しかし従来のようにカケホのような通話サポート措置は必要・・・というユーザーもいますよね。そんな声に応えた各社は新料金プランのオプションとして、「カケホ」と同じ措置が追加できるようにしました。

  • ドコモ:かけ放題オプション1,700円/月 国内通話無料
  • ドコモ:5分通話無料オプション500円/月 国内通話5分以内無料
  • au:通話定額1,700円/月 国内通話無料
  • au:通話定額ライト700円/月 国内通話5分以内無料
  • ソフトバンク:定額オプション1,500円/月 国内通話無料
  • ソフトバンク:準定額オプション500円/月 国内通話5分以内無料

続いて、各社の7GBまでのデータプランの月額料金について説明します。

〜7GBまでの少量データプラン

キャリア料金プランギガ数/月データ定額月額料金(税抜)料金プラン合計月額料金(税抜)
ドコモギガライト〜1GB2,680円2,980円
〜3GB3,680円3,980円
〜5GB4,680円4,980円
〜7GB5,680円5,980円
au新auピタットプラン〜1GB1,700円2,980円
〜4GB3,200円4,480円
〜7GB4,700円5,980円
auフラットプラン7プラス7GB4,200円5,480円
ソフトバンクミニモンスター〜1GB2,480円3,980円
〜2GB4,480円5,980円
〜3GB5,980円7,480円
〜4GB5,980円7,480円
〜5GB6,980円8,480円

こちらの料金プランはすべて統一して「2年契約あり」の際の月額料金で比較しています。

続いて、各社の大容量データプランの月額料金について説明します。

大容量データプラン

キャリア料金プランギガ数/月データ定額月額料金(税抜)合計月額料金(税抜)
ドコモギガホ30GB6,680円6,980円
auauデータMAXプラン無制限7,700円8,980円
auフラットプラン20(シンプル)20GB4,720円6,000円
auフラットプラン25GB Netflixパック(シンプル)25GB4,720円7,650円
ソフトバンクデータ定額50プラス50GB5,980円7,480円

こちらの料金プランはすべて統一して「2年契約あり」の際の月額料金で比較しています。また、au各プランの(シンプル)とは国内通話30秒につき20円がかかる通常プランのことを指します。

各社とも提供されるデータ容量は、以前のように「家族間シェア」ができなくなりました。そのため個人の利用するデータ量に最も近い定額を選択するか、月の利用量に応じた月額が請求されるプランを選択するか考えてみてください。

これらを比較すると、ソフトバンクが他社と比べ月額が高く感じますね。少量データプランではau・ドコモが安いです。また、auは大容量プランで2019年夏から「データMAXプラン」として、前代未聞のデータ無制限プランを展開します。

なお、各社とも「家族割」と呼ばれる割引制度が存在します。同じキャリアを持つ家族とグループを作ることで、その人数に応じて毎月割り引かれるというものです。

更に9月までに新料金プランを申し込むと12ヶ月間に毎月一定額割り引かれるというキャンペーンもあります。ご自身の契約更新月を確認しながら、適用を検討してみてください。

ご自身の使いたいデータ容量や、家族のなかのキャリア先などを考慮したうえで、改めて月額料金をシミュレーションしてみましょう。

次のページでは、ドコモから乗り換える手順をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2