読了時間:約 2

長年ドコモを利用してきたけれど、月々の料金が高いのをなんとかしたい・・・そんな時はドコモを解約して乗り換えて(MNP)しまいましょう。

今回はドコモから乗り換え(MNP)る方法とその際に利用できるキャンペーンに加えて乗り換え先となるおすすめの携帯キャリアはどこかを詳しくご紹介します。

携帯の乗り換えはショップ選びが重要です。
携帯乗り換えで損をしないための必要なショップの選び方とキャッシャバックやキャンペーンなどを利用したお得な乗り換え手順を詳しく紹介していています。
詳しくは携帯乗り換えで損をしないためのショップの選び方と得する手順をご覧ください。

乗り換え(MNP)は思っているよりも簡単にできる

ドコモは電波が安定していて利用できるエリアが広いけど、ちょっと月々の料金が高いなぁ・・・と思ってはいませんか。現在の端末の利用期間が2年に近付くと、機種変更にするか乗り換え(MNP)にするかで悩む方も多いのではないでしょうか。

乗り換え(MNP)は使っている電話番号はそのままに他社の携帯キャリアに変更することをいいます。

現在の月々の料金が高いことに悩んではいても「手続きが面倒そう」「手数料がかかりそう」「どこへ乗り換え(MNP)たらいいかわからない」など、初めての方は躊躇してしまうこともあるでしょう。

しかし、実際にやってみると乗り換え(MNP)は簡単にできてしまうものです。機種変更よりは少し手間がかかってしまいますが、それでも大きなメリットがあるので月々の料金に悩んでいる場合はぜひ思い切って乗り換え(MNP)にチャレンジしてみませんか。

ドコモを解約して乗り換える(MNP)際に必要な費用


まず、ドコモを解約して他社へ乗り換え(MNP)を行うとどのような費用が発生するのか見てみましょう。

必要となる乗り換え(MNP)費用

  • 契約事務手数料 3,000円(ドコモ・au・ソフトバンク)
  • MNP転出手数料 2,000円(au・ソフトバンクの場合は3,000円)
  • 契約解除料(解約金) 9,500円(更新月以外での解約の場合)
  • 端末代金(端末代金の支払いが残っている場合)

乗り換え(MNP)を行う場合、契約事務手数料とMNP転出手数料は必ず必要になってきます。契約事務手数料は3,000円で大手3社同額ですが、MNP転出手数料はドコモの場合は2,000円となります。

契約解除料(解約金)は乗り換え(MNP)時期によって発生する場合と発生しない場合があります。端末代金についても契約内容によって違いますので、自分の契約状況を確認してできるだけ発生しないタイミングで乗り換え(MNP)を行いましょう。

損せずにドコモを解約して乗り換える(MNP)タイミング

契約満了月の翌月から2ヶ月間は契約解除料(解約金)が発生しない

契約解除料(解約金)とは、2年間の契約を条件に大幅な割引を行うかわりに、途中で解約した場合は契約解除料(解約金)を支払わなければならないというものです。

2年ごとの契約ですので24ヶ月目が契約満了月となり、翌月と翌々月は更新月で契約解除料(解約金)が発生しない仕組みとなっています。

この時期を逃してしまうと契約解除料(解約金)を支払うはめになるので、乗り換え(MNP)しようかなと思ったら必ずこの更新月がいつなのかを確認しておきましょう。

契約更新月の確認方法

オンラインからの確認

  1. PCもしくは携帯のブラウザからmydocomoへログイン
  2. 「ご契約内容の変更確認」をタップ
  3. 2ページ目に契約満了月が表示されています

電話での確認

ドコモ携帯から:局番無しの 151
その他電話から:0120-800-000
受付時間:午前9時から午後8時まで

「月々サポート」「端末購入サポート」の期間内ではないか確認

前回の端末を購入する際に最大24ヶ月間の割引を受けることができる「月々サポート」を利用して端末を購入した場合は、期間内に乗り換え(MNP)を行うと残りの端末代金を全額支払わなければなりません。

前回の端末購入が契約と同時期の場合はいいのですが、長期でドコモを利用している場合は月々サポートの期間終了と契約更新月がずれている場合があります。必ずこちらも確認を行いましょう。(契約更新月の確認方法と同じ)

また「端末購入サポート」も端末購入時に大幅な割引をしてくれるかわりに、規定利用期間が定められています。期間内に乗り換え(MNP)をすると高額な解除料金が発生しまうので注意が必要です。

カケホーダイなどの定額料金の利用料は日割りにならない

ドコモを解約して乗り換え(MNP)を行う際に気を付けたいのがカケホーダイやパケットパックの利用料は日割り計算にならないという点です。

もし月初めに解約して乗り換え(MNP)になった場合、カケホーダイやパケットパックの利用料はまるまるひと月分支払いになるので乗り換え先の支払いとかぶることになります。

解約して乗り換え(MNP)をする際は更新月の末日に解約することをおすすめします。更新月は2ヶ月ありますので2ヶ月目の末日でも可能ですが、もしできなかった場合のリスクを考えると1ヶ月目の末日がベストです。

解約日は乗り換え先に転入した時点で解約となります。MNP予約番号を発行しただけでは解約したことにはならないので注意しましょう。

どこに乗り換えがおすすめ?携帯キャリア別プラン比較


さて、ドコモを解約して乗り換え(MNP)をすることは決めたものの、一体どこに乗り換え(MNP)をすればお得なのでしょうか。

料金的には格安スマホに乗り換える(MNP)のが一番安いのは言うまでもありませんが、電波状況や安心感から格安スマホに変更するまでは考えていない方も多いでしょう。

そこで今回はドコモ・au・ソフトバンクの大手3社の中から乗り換え(MNP)におすすめな携帯キャリアを考えてみたいとおもいます。まず乗り換え時に利用できる公式キャンペーンを見てみましょう。

現在利用できる乗り換え(MNP)キャンペーン

auのキャンペーン(2018年6月30日現在)

キャンペーン名キャンペーン内容
下取りプログラム(乗り換え)ドコモやソフトバンクなどの対象機種の下取りで最大40,500円割引
auデビュープログラム対象機種の他社からお乗りかえ(MNP)でau WALLET プリペイドカードへ10,000円(不課税)キャッシュバック(チャージ)!!
Android MNPau購入サポート他社から乗り換え(MNP)で対象の4G LTE スマートフォンをご購入いただくと本体価格から最大59,400円(税込)割引
auケータイデビュー割他社から乗り換え(MNP)で対象のauケータイをご購入いただくと本体価格から最大45,360円(税込)割引
スマホ応援割機種変更・新規契約(他社からの乗り換えを含む)と同時に「auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)」にご加入で、翌月から1年間毎月1,000円割引

ソフトバンクのキャンペーン(2018年6月30日現在)

キャンペーン名キャンペーン内容
下取りプログラム(乗り換え)ドコモ、auなどの対象機種を下取りで機種代金実質0円~。

学割キャンペーンなどが終了して、この時期はお得なキャンペーンが少ない印象です。1年の間でも、キャンペーンが多い時期と少ない時期があります。

学割や決算時期の関係上、1年のうちで一番お得に乗り換えができるのが3月です。半期決算のある9月もお得なキャンペーンが多いでしょう。そしてイベント時期であるゴールデンウィークやクリスマス時期もお得に乗り換えができる時期です。

もし契約更新月をチェックして可能な場合はそういったキャンペーンがある時期に乗り換えを行いましょう。

携帯キャリア別 料金プランの特徴

キャンペーンの次に気になるのは月々の料金プランでしょう。大手3社の携帯キャリアではそれぞれプランに特徴があります。

ドコモの場合は家族で分け合えるシェアパックが便利ですし、auは家族間のシェアパックが無いぶん個人での利用は安い料金設定となっています。ソフトバンクはウルトラギガモンスター50GBなど、とにかくひとりで大容量のデータ通信可能なヘビーユーザー重視のプランが特徴的です。

更にauは2017年からピタットプラン、ドコモは2018年5月25日からベーシックパック・ベーシックシェアパック、ソフトバンクでも6月29日からおてがるプランというデータ容量の段階制プランも始まりました。各社が格安スマホに対抗して料金プランを変化させてきている様子が伺えます。

1 2