読了時間:約 2

長年ドコモを利用してきたけれど、月々の料金が高いのをなんとかしたい・・・そんな時は、ドコモを解約して違うキャリアに乗り換えてしまいましょう。

今回は、乗り換え先キャリアで利用できるキャンペーンや料金プランの比較に加えて、ドコモから別キャリアに乗り換える方法について紹介していきます。

携帯機種変更のベストタイミング|2年縛りの解約月・更新月を解説

乗り換え方法は意外とカンタン

ドコモオンラインショップで使える機種変更向けクーポン
ドコモは電波が安定していて利用できるエリアが広いけど、ちょっと月々の料金が高いな・・・と思ってはいませんか。

現在の端末の利用期間が2年に近付くと、機種変更するか乗り換えるかで悩む方も多いのではないでしょうか。

乗り換えは使っている電話番号をそのままに、他社の携帯キャリアに変更することをいいます。

現在の月々の料金が高いことに悩んではいても「手続きが面倒そう」「手数料がかかりそう」など、初めての方は躊躇してしまうこともあるでしょう。

しかし、実際にやってみると乗り換えは簡単にできてしまうものです。料金に悩んでいる方は、ぜひ思い切って乗り換えにチャレンジしてみませんか。

ドコモを解約して乗り換える際に必要な費用


まず、ドコモを解約して他社へ乗り換えを行うとどのような費用が発生するのか見てみましょう。

必要となる乗り換え費用
  • 契約事務手数料 3,000円
  • MNP転出手数料 2,000円
  • 解約違約金 9,500円
  • 残りの端末代金(端末代金の支払いが残っている場合)

乗り換える場合、契約事務手数料とMNP転出手数料は必ず支払う必要があります。解約違約金は乗り換えの時期によって支払う必要の有無が分かれます。

端末代金についても契約内容によって違いますので、自分の契約状況を確認してできるだけ発生しないタイミングで乗り換えを行いましょう。

オトクにドコモを解約して乗り換えるタイミング


それでは、おトクにドコモを解約して乗り換えられるタイミングとはいつなのでしょうか。ご自身の現在の契約内容を確認する方法も合わせて紹介しますので、ぜひご確認ください。

契約満了月の翌月から3ヶ月間は解約違約金が発生しない

解約違約金とは、2年間の料金プランの契約を条件に割引を行う代わりに、契約途中で解約した場合は違約金を支払わなければならないというものです。

2年ごとの契約なので24ヶ月目が契約満了月となり、25ヶ月目から3ヶ月は解約をしても違約金が発生しない仕組みとなっています。

この時期を逃すと解約違約金を支払わなければいけないので、乗り換えたい場合はご自身の契約更新月を確認しておきましょう。

契約更新月の確認方法

オンラインからの確認

  1. PCもしくは携帯のブラウザからMy docomoへログイン
  2. 「ご契約内容の変更確認」をタップ
  3. 2ページ目に契約満了月が表示されています

電話での確認

  • ドコモ携帯から:局番無しの 151
  • その他電話から:0120-800-000
  • 受付時間:午前9時から午後8時まで

「月々サポート」「端末購入サポート」の期間内ではないか確認

最大24ヶ月間の割引がある「月々サポート」を利用して購入した現在の端末を途中で乗り換える場合は、残りの端末代金を全額支払わなければなりません。

長期でドコモを利用している場合は月々サポートの期間終了と契約更新月がずれている場合があります。

契約更新月の確認方法と同じなので、月々サポートを利用している方は必ずこちらも確認を行いましょう。

また、「端末購入サポート」も購入時に大幅な割引がある代わりに利用期間が定められています。途中で乗り換えると高額な解除料金が発生するので注意です。

カケホーダイなどの定額料金の利用料は日割りにならない


ドコモを解約して乗り換える際に気を付けたいのが、カケホーダイやパケットパックの利用料は日割り計算にならないという点です。

もし月初めに解約して乗り換える場合、カケホーダイなどの利用料は一月分支払う必要があるので、乗り換え先の支払いと重なることになります。

乗り換える際は更新月の末日の解約をおすすめします。更新月は3ヶ月なので3ヶ月目の末日でも可能ですが、リスクを考えると1ヶ月目の末日がベストです。

また、解約日は乗り換え先に転入した時点で解約となります。MNP予約番号を発行しただけでは解約したことにはならないので注意しましょう。

ドコモを解約して乗り換えるタイミング
  • 契約満了月の翌月から3ヶ月間は解約違約金が発生しない
  • 「月々サポート」「端末購入サポート」の期間内ではないか確認
  • カケホーダイなどの定額料金の利用料は日割りにならない
スマホ料金が高いと感じたら料金プランの見直しと安く抑える方法

次のページでは、「どこに乗り換えがおすすめ?携帯キャリア別比較」をご紹介します。

1 2 3