読了時間:約 2

iPhoneやPCでしばしば起こる「iTunesがアップデートできない」という問題はどのようなことが原因となって行っているのでしょうか。

ここではiTunesをアップデートする際に起こる不具合や見落としがちな原因をご紹介すると共に、その解決策を解説していきます。

iTunesがアップデートできないと困っている方、アップデートできない原因すら分からないという方は是非参考にしてみて下さい。

画像引用元:iTunes – Apple サポート 公式サイト

iPhone 7 / 8イヤホンまとめ|音楽の聴き方とおすすめイヤホン9選

iPhoneでiTunesがアップデートできない理由


macと同じくiPhoneはiOSの更新と一緒にiTunesをはじめとするApple純正アプリをアップデートする仕様となっています。

そのため、iTunesがアップデートされない時はiOSや他のApple純正アプリもアップデートされません。

問題を解決するためにはiOSの更新が不可欠で、大抵はiOSの更新が上手くいけばiTunesのアップデートもスムーズに行えます

まずはiPhoneでiTunesがアップデートできない理由について見ていきましょう。

空き容量が少ない


iPhoneはiTunesをアップデートするためにiOSを更新しなければならない仕様を取っている関係上、iTunesのアップデートにはまとまった空き容量が必要になります。

そのため、空き容量が少ないと、iTunesだけでなくiOS、Apple純正アプリのすべてがアップデート不可能となってしまうのです。

このミスはiOSの更新が出来ない際に特に頻発するものであるため、空き容量の有無には気を使っておきましょう。

アップデートサーバーにアクセス出来ていない

iOSのアップデートはアップデートサーバーよりアップデート用のデータをダウンロードして行われます。

ところが、何らかの理由でアップデートサーバーにアクセス出来ない場合、元々のデータをダウンロード出来ず、結果としてアップデートが出来なくなってしまいます。

このケースではアップデート開始時に「アップデートを検証出来ません」と表示されるので、表示された場合はネットへの接続方式を変えるなどしてみましょう。

PCでiTunesがアップデートできない理由

セキュリティソフトが邪魔をしている

macOS搭載PCでは起こり得ない問題ですが、Windows搭載PCでは導入しているセキュリティソフトが邪魔をしてiTunesがアップデートされないこともあります。

特にセキュリティレベルが高く設定されている場合はアップデート出来ないことが多いです。

セキュリティソフトを原因としてiTunesがアップデート出来ないケースでは、iTunes以外のアプリもアップデート出来ないことが少なくありません

そのため、複数のアプリがアップデート出来ない場合は、セキュリティソフトの設定を見直すようにしましょう。

権限がないアカウントで実行している


Windows搭載PCではアカウント毎に権限を設定しており、権限によって実行できる処理が異なります

設定できる権限は標準、管理者の2つで、基本的にiTunesなどのアップデートは管理者権限のアカウントで行わなければいけません。

設定によっては標準権限のアカウントでアップデートすることも出来ますが、手っ取り早くアップデートしたいなら管理者としてPCにログインし直した方が良いでしょう。

また、PCの設定によっては管理者権限を持つアカウントでPCにログインしても、アップデートを管理者として実行しない限り処理を受け付けないケースもあります。

パッケージエラーが発生している

パッケージエラーとはiTunesのインストーラーに問題が起きている状態を指し、パッケージエラーが起きるとiTunesが上手くアップデート出来ません。

インストーラーを原因としてアップデートが正常に進まない時は「このWindowsインストーラパッケージには問題があります」と表示されます。

パッケージエラーが起きる原因として考えられるのは、

  • iTunesが正常にインストールされていない
  • 以前iTunesをアンインストールした時にデータが残ってしまった

の2つです。どちらの場合でもインストーラーを再ダウンロードするか、iTunesを再度インストールすることになります。

大抵は「修正」という処理をすることでiTunesが正常にアップデートされるので、パッケージエラーが生じた時は修正をしてみましょう。

OSが古すぎる


WindowsにしろmacOSにしろ、古いOSを使っているとiTunesを最新版にアップデートすることは出来ません

この問題はOSをアップデートするだけで解決するため非常に簡単ですが、使っているPCが古い場合は注意しておきましょう。

というのも、使っているPCが古すぎると、PCのスペックが新しいOSの要求スペックに満たないことが多々あるのです。

新しいOSにアップデート出来ないということはつまり、最新版のiTunesへのアップデートも出来ないということになります。

この場合、最新のiTunesを使うためには少々無理をしてでもOSの入れ替えを行うか、新しいPCを購入することになるでしょう。

iTunesがアップデートできない理由
  • iPhoneの場合…空き容量が少ない、アップデートサーバーにアクセス出来ていない
  • PCの場合…セキュリティソフトが邪魔をしている、権限がないアカウントで実行している、パッケージエラーが発生している、OSが古すぎる

次のページでは、iTunesがアップデートできない時の解決策をご紹介します。

1 2