iPhone14 Proの評価レビュー|買う理由・買わない理由

iPhone 14 Proを評価レビューして、価格・スペック・機能を解説していきます。iPhone14 Proの口コミや評判をまとめて、メリットとメリットをしっかり理解しましょう。記事の最後では買う理由と買わない理由も書いているので、iPhone14 Proの購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2022年11月25日
iPhone14 Proの評価レビュー|買う理由・買わない理由

2022年9月8日(木)午前2時にApple Eventsで発表された新型のiPhone14シリーズ。

今回はその中でもより機能性やスペックが高いiPhone14 Proについて、発表会で紹介された機能などを評価していきます。

気になる最新情報をまとめているので、新型iPhone14 Proが気になる方はぜひチェックしてみてください。

iPhone14 Proの評価

iPhone 14 Proのレビュー
動きの快適さ★★★☆☆3.0
使いやすさ・操作性★★★★☆4.0
カメラ★★★★☆4.0
バッテリーのもち★★★★☆4.0
オリジナル性能★★★☆☆3.5
価格★★☆☆☆2.0
総合評価3.4
iPhone14シリーズはこちら!
機種iPhone14iPhone14 PlusiPhone14 ProiPhone14 Pro Max
本体iPhone14iPhone14 PlusiPhone14 ProiPhone14 Pro Max
価格65,800円~
最安:楽天モバイル
74,400円~
最安:楽天モバイル
82,392円~
最安:楽天モバイル
90,888円~
最安:楽天モバイル
特徴iPhone14シリーズを
コスパで選ぶならこれ
低価格で大画面の
iPhoneならこれ
ハイスペックかつ
コンパクトならこれ
大画面でサクサク
使いたいならこれ
購入ドコモauソフトバンク楽天モバイルドコモauソフトバンク楽天モバイルドコモauソフトバンク楽天モバイルドコモauソフトバンク楽天モバイル

iPhone14 Proの口コミ・評判

iPhone14
iPhone14 Proの口コミ・評判

まずは2022年9月8日に発表されたiPhone14 Proについて、口コミと評判を確認していきます。

新モデルが登場する度にスペック面での進化を遂げているiPhoneシリーズですが、最新作のiPhone14 Proにも大きな期待がかかりますね。

それでは実際にiPhone14 Proの発表に関する口コミ・評判を見ていきましょう。

iPhone14 Proの良い口コミ・評判

iPhone14 Proの良い口コミ・評判3つ
  • スマホの中でのカメラ性能は高く魅力的
  • Dynamic Islandでスマホの使いやすさが変わると期待できる
  • 新色のディープパープルが魅力的

カメラ性能は大幅なグレードアップや新機能アクションモードが搭載されたため、撮影を楽しみたい人にとっては肯定的な意見が多かったです。

また、新しく採用されたDynamic Islandという通知システムは、更に先進的なスマホの使い方を提供してくれます。

新色のディープパープルが魅力的だから購入したいという声もありました。

iPhone14 Proの悪い口コミ・評判

iPhone14 Proの悪い口コミ・評判3つ
  • 価格が高すぎる
  • カメラを重視しないのであればコスパが悪い
  • 画面が小さくても重量感がある

一方で否定的な意見で多かったのは価格面です。

円安効果により価格が高くなってしまうのは仕方ありませんが、買い替えとして購入するには高すぎる価格設定です。

カメラをよく使う人など用途があっている人でなければコスパが悪いスマホになってしまいます。

iPhone14 Proの実機レビュー

iPhone14 Pro
iPhone14 Proの実機レビュー

iPhone14 Proを実際に利用してみた実機レビューをしていきます。

使ってみて分かったiPhone14 Proの魅力があったので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone14 Proを使ってみて良かった点

iPhone14 Proを使ってみて良かった点
  • 手に馴染むサイズ感
  • 暗所での撮影が本当に綺麗
  • アプリの立ち上げや画面操作はサクサク動く
  • ディープパープルの色合いがいい

ハイスペックスマホのディスプレイは年々大きいモデルが増えている中で、iPhone14 Proのサイズ感は小さめで手に馴染みました。

ディスプレイサイズも十分で絶妙なサイズ感です。

iPhone14 Pro実機レビュー
iPhone14 Pro実機レビュー

とはいえ手の小さい筆者では片手での文字入力はできるものの、画面上部の操作は厳しいサイズ感となります。

カメラ性能の向上で、まだ進化するのか!という驚きがありました。

iPhone14 Proで撮影した写真
iPhone14 Proで撮影した写真
iPhone14 Proで撮影した写真

暗所での撮影は特に綺麗に撮影ができ、暗くても対象物をとても明るく撮影することができました。

他にも撮影した写真があるので、カメラの章でまとめてご紹介します。

操作感は毎度のこと非常にサクサク動きます。CPUの向上前から重いゲームや動画アプリが快適だったので、今回も全くストレスを感じません。

iPhone14 Pro Maxの実機
iPhone14 Proの実機

また、ディープパープルの色合いは上品な大人っぽさがあり筆者は非常に好きな色合いでした。

実際に使っていると日の当たり具合で色合いや印象が変わる点もいい評価となりました。

iPhone14 Proを使ってみて悪かった点

iPhone14 Proを使ってみて悪かった点
  • 本体の発熱が気になる
  • 新機能Dynamic Islandは期待を超えてこない
  • ディスプレイの常時表示はバッテリーの減りが速い

iPhone14 Proでカメラ撮影やゲームアプリを操作している時には、やはり発熱が気になりました。

暑い日に外出先で動画撮影やゲームをするときにはデメリットだといえるでしょう。

また、新機能のDynamic Island(ダイナミックアイスランド)も、始めのうちはテンションが上りましたが、そこまで活用の機会が多くないなと感じてしまいました。

最新iPhoneの新機能というと期待値が上がりすぎてしまうとはいえ、これだけのためにiPhone14 Proを買うという感想にはならないでしょう。

また、ディスプレイの常時表示も便利かつ嬉しい機能ではありますが、電池の消耗が早くなるのでイマイチ。

一日外出する日などは、バッテリーが心配なので機能をOFFにしてしまう可能性が高いです。

刺さる人には刺さる機能の追加といった感じで、大きく便利になる新機能は今回はあまりなく残念でした。

iPhone14 Proの価格を評価レビュー

iPhone14の価格
iPhone14 Proの価格を評価レビュー
機種容量ドコモauソフトバンク※楽天モバイルApple
iPhone14128GB138,930円
(69,690円)
140,640円
(71,760円)
140,400円
(70,200円)
131,800円
(65,800円)
119,800円
256GB161,480円
(81,680円)
161,770円
(82,570円)
161,280円
(80,640円)
148,800円
(74,400円)
134,800円
512GB201,740円
(102,140円)
201,925円
(102,925円)
201,600円
(100,800円)
181,800円
(90,888円)
164,800円
iPhone14 Plus128GB158,180円
(79,220円)
158,490円
(80,730円)
158,400円
(79,200円)
148,800円
(74,400円)
134,800円
256GB179,520円
(90,000円)
179,850円
(91,770円)
179,280円
(89,640円)
164,800円
(82,392円)
149,800円
512GB220,330円
(111,250円)
220,355円
(112,355円)
220,320円
(110,160円)
197,800円
(98,880円)
179,800円
iPhone14 Pro128GB174,130円
(87,370円)
175,860円
(89,700円)
175,680円
(87,840円)
164,800円
(82,392円)
149,800円
256GB198,880円
(99,880円)
201,925円
(102,925円)
201,600円
(100,800円)
181,800円
(90,888円)
164,800円
512GB238,480円
(120,400円)
238,555円
(121,555円)
238,320円
(119,160円)
214,800円
(107,400円)
194,800円
1TB275,220円
(139,260円)
275,415円
(140,415円)
275,040円
(137,520円)
247,800円
(123,888円)
224,800円
iPhone14
Pro max
128GB201,850円
(101,890円)
201,925円
(102,925円)
201,600円
(100,800円)
181,800円
(90,888円)
164,800円
256GB220,330円
(111,250円)
220,355円
(112,355円)
220,320円
(110,160円)
197,800円
(98,880円)
179,800円
512GB257,070円
(129,990円)
257,100円
(131,100円)
257,040円
(128,520円)
230,800円
(115,392円)
209,800円
1TB289,300円
(144,940円)
293,845円
(149,845円)
281,520円
(140,760円)
263,800円
(131,800円)
239,800円

iPhone14 Proの価格(Apple)

  • 128GB:149,800円
  • 256GB:164,800円
  • 512GB:194,800円
  • 1TB:224,800円

iPhone14 Proの価格は上記の通りです。

前作iPhone13 ProのAppleでの発表時点販売価格は122,800円(128GB)でした。

円安の影響もありますが、約27,000円ほどiPhone14 Proで価格が高騰していることが分かります。

iPhone14 Proのスペックを評価レビュー

iPhone14
iPhone14 Proのスペックを評価レビュー

iPhone14 Proの主なスペックは以下の通りです。

iPhone14 Proのスペック

iPhone14 Proのスペック
メモリ非公表
ストレージ容量128GB/256GB/512GB/1TB
カラースペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル
ディスプレイ6.1インチ
サイズ71.5×147.5×7.85mm
重量206g
プロセッサA16 Bionic
バッテリービデオ再生:最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間

それぞれのスペックについて詳しく紹介していきます。

メモリ・ストレージ

ストレージ容量は前作と変わらず以下のラインナップとなりました。

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

近年のiPhoneでの撮影技術アップにより、写真や動画を収めたい方も増えています。

そういった影響もあり、最小128GBからの展開となりました。

メモリについては公式に発表されていないため現時点で評価ができませんが、CPUは最新のA16 Bionicチップを搭載。

前作iPhone13シリーズから更に進化したCPUチップによりメモリも向上していることが期待できるでしょう。

カラー

iPhone14 Pro

カラー

iPhone14 Proのカラーは以下のラインナップになりました。

  • スペースブラック
  • シルバー
  • ゴールド
  • ディープパープル

新作として登場したのはディープパープルです。

スタンダードのiPhone14/Plusのパープルより更に深みのある色合いで大人にも人気が出るでしょう。

背面はテクスチャーマットガラスを採用していて、フレームには従来のPro仕様と同じステンレススチールを使用しています。

前面のディスプレイにはどんなスマートフォンよりも頑丈なCeramic Shieldを使用していて頑丈さを期待できるでしょう。

ディスプレイ・サイズ

iPhone14 Pro/Pro Maxのサイズ
iPhone14 Proのサイズをレビュー

ディスプレイサイズは6.1インチながら重さは206gあり、172gのiPhone14より約30gも重たいです。

前面デザインでは新しいTrue Depthカメラを採用し、これまでより更に小さなノッチ部分になりました。

これまでの通知バナーデザインもDynamic Islandという新機能に一新され、使用しているコンテンツを邪魔しないようアラート内容に合わせて大きさが変化します。

マップで次の方向を示すときやタイマーなどをバックグラウンドで示すときも、必要な情報を最小の画面で表示できるようになりました。

Dynamic Islandの表示
Dynamic Islandでできること

また、iOS16の導入により常時表示ディスプレイが可能になりました。

持ち上げたり画面をタップしなくても常に時刻を確認できます。新しい低電力モードによりバッテリー消費も最小限です。

iPhone14
iPhone14 Proの常時表示ディスプレイ

採用されているディスプレイ性能は以下の通りです。

  • Super Retina XDRディスプレイ
  • 6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
  • HDRディスプレイ
  • Dynamic Island 常時表示ディスプレイ
  • 最大120Hzのアクティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
  • 2,556×1,179ピクセル解像度、460ppi
  • 2,000,000:1コントラスト比(標準)
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ
  • 最大輝度1,000ニト(標準)
  • ピーク輝度1,600ニト(HDR)・2,000ニト(屋外)
  • 対指紋性撥油コーティング
  • 複数の言語と文字の同時表示をサポート

バッテリー

スペック面や機能面におけるプロ仕様が期待のProシリーズですが、バッテリーにおいては注意が必要です。

スタンダードモデルのiPhone14と各機能の再生時間を比較してみました。

  • ビデオ再生:最大20時間→最大23時間
  • ビデオ再生(ストリーミング):最大16時間→最大20時間
  • オーディオ再生:最大80時間→最大75時間

ビデオ再生については再生時間が数時間程度伸びていますが、オーディオ再生は5時間も削られてしまっています。

更にiPhone14 Plusとも比較してみました。

  • ビデオ再生:最大26時間→最大23時間
  • ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間→最大20時間
  • オーディオ再生:最大100時間→最大75時間

もちろんiPhone14 Plusの方がiPhone14 Proよりサイズ感が大きいためバッテリーに関してもサイズは違うかもしれません。

しかし重量ではiPhone14 Proの方が数g重いですし、オーディオ再生に関しては25時間も短いのが懸念点です。

バッテリー性能を重視するのであればPro仕様を優先する必要性はないでしょう。

iPhone14 Proの機能を評価レビュー

iPhone14
iPhone14 Proの機能を評価レビュー

iPhone14 Proの主な機能は以下の通りです。

iPhone14 Proの機能

モデル名iPhone14 Pro
アウトカメラトリプル48MPカメラシステム:メイン、超広角、望遠カメラ
インカメラ12MPカメラ
ビデオ撮影ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
4Kビデオ撮影
シネマティックモード
アクションモード
1080pスローモーションビデオ
ナイトモードタイムラプス
手ぶれ補正機能付きタイムラプスビデオ
セキュア認証顔認証
耐水性能IP68等級
高速充電30分で最大50%充電
ワイヤレス充電対応
衝突事故検出対応

それぞれの機能について詳しく紹介していきます。

カメラ

iPhone14

カメラ
iPhone14 Proのカメラで進化した内容
  • 広角4,800万画素に向上した
  • 光学2倍望遠が可能に
  • 暗い場所での撮影が最大3倍の性能アップ
  • フラッシュの明るさが最大2倍に
  • 手ブレ補正が強化
  • インカメラも暗い場所での性能が2倍アップ

Proシリーズのカメラでは初の48MPトリプルカメラを採用しています。

iPhone13 Proのカメラセンサーよりも65%大きなセンサーで撮影する風景の情報をより取り入れます。

新しいPhotonic Engineとの組み合わせにより更に明るい光を取り入れた色彩豊かな写真撮影が可能です。

これまでトリプルカメラに取り入れられていたメイン、超広角、3倍望遠の撮影モードに加え、新たに2倍望遠オプションが追加されました。

使い方の幅が広がったiPhone14 Proのカメラで素敵な写真も簡単に撮影できます。

超広角カメラでは光の取り込みを約3倍も改良することに成功しました。

最新のCPUチップや撮影エンジンと組み合わせて、肉眼で見るよりも更に細部を忠実に映し出すことが可能です。

ビデオ機能では新たにアクションモードが搭載されました。

撮影者が走りながら撮影をしてもぶれが少ないオーバースキャン補正と先進的な回転ぶれ補正を搭載しているので安定したビデオ撮影が可能です。

iPhone14 Proで撮影した写真

傘のあかり

和のあかり

iPhone14 Proで撮影した写真

iPhone14 Proで撮影した写真

生体認証

iPhone14

生体認証

生体認証に関しては指紋認証の搭載を求める声もありましたが、引き続きFace IDが採用されています。

iOSのアップグレードにより、コロナ禍でも対応しやすいマスクをつけた状態での顔認証クリアが可能となりました。

そのためFace IDを使う上での不便な面はないというのがAppleの大きな見解でしょう。

充電機能

充電機能についてもiPhone13シリーズから大きな変化がありませんでした。

別売りの20W以上のアダプタを使用すれば、30分で最大50%の高速充電に対応しています。

ケーブルもType-C採用を望む声が多いですが、残念ながらLightningケーブルのままでした。

安全機能

衝突事故検出
iPhone14 Proの新機能をレビュー

これまで搭載されていた緊急SOSに加え、新たな安全機能が搭載されました。

その名も「衝突事故検出」です。

これは同時に発表されたApple Watchの最新シリーズと同じ機能が搭載されています。

これまでとは違うハイダイナミックレンジジャイロ、更に最大256Gまで検出できる抗重力加速度センサーを採用。

たとえば自動車を運転中重大な衝突事故にあった際、緊急SOSを使い自動で連絡することができます。

万が一意識がなくなっている状態でもiPhone14が助けを呼んでくれる、安心できる機能です。

更に、Wi-Fiや通信圏外のエリアで事故にあった際も安全機能は有効に。

登山中遭難してしまい電波が繋がらないという場面でも、衛星を経由した緊急SOSで助けを呼ぶことが可能になりました。

iPhone14のアンテナが衛星の周波数に接続できるよう独自の部品と専用のソフトウェアを用いて構築しています。

しかし衛星は肉眼では確認できないため、どこに繋げるべきかユーザーは判断できません。

そこで画面上にiPhoneの向けるべき方向を示す機能を搭載しているため、これでより早く衛星につなげて緊急SOSを呼べます。

また、「探す」機能を用いて登山中の現在地を離れた家族や友人とシェアすることが可能になりました。

こういった助けを呼ばなくてもいい場面でも安全であることを共有できるため、アクティブな活動にもより専念しやすいでしょう。

これらの新しい緊急サービスは2年間無料で利用できますが、日本ではまだ提供開始時期が明らかになっていません

便利な機能なので、今後日本での提供開始時期がいつになるかチェックしておきましょう。

【結論】iPhone14 Proを評価|買うべき?

iPhone14
iPhone14 Proの評価レビュー

最終的にiPhone14 Proを買うべきなのか、買わないべきなのかをまとめて評価していきます。

iPhone14 Proの購入を迷っている人はぜひ参考にしてください。

iPhone14 Proを買う理由

iPhone14 Proを買う理由
  • より光彩を取り入れた美しい写真を撮影したい
  • iPhoneひとつで映画のようなビデオを撮影したい
  • 画面オフ中やスマホ操作中も情報を取得しやすいディスプレイがいい

iPhone14 Proがスタンダードモデルと大きく異なるのはカメラ・常時表示ディスプレイ・Dynamic Islandの3つです。

これら3つの機能に魅力を感じている人であれば、高いお金を払ってでもiPhone14 Proを利用するメリットがあるといえます。

iPhone13シリーズから買い替えたいという人であれば、スタンダードモデルよりも変化が大きいiPhone14 Proがおすすめです。

iPhone14 Proを買わない理由

iPhone14 Proを買わない理由
  • 価格が高すぎるので急いで買う必要性を感じない
  • バッテリー性能はiPhone14 Plusに劣る
  • カメラや高性能なスマホをそこまで求めていない

iPhone14 Proの魅力はカメラです。そのため、カメラをそこまで使わない人や高性能なスマホでなくても日常使いで十分な人だとコスパが悪いです。

単純にAppleの新製品というだけで購入するのは控えた方がいいでしょう。

バッテリー性能を重視したい人であれば、iPhone14 ProよりPlusの方がおすすめです。

iPhoneのもしもに「モバイル保険」
iPhone申し込み時に一緒にお申し込みを!
モバイル保険

  • 月額700円で年間最大10万円まで補償
  • 故障時の修理費用負担0円
  • Wi-FiやBluetoothにつながる通信機器全般に利用できる
  • 1契約で3台まで補償できる

「モバイル保険」
について詳しく見る

iPhone14 Proの評価レビューまとめ

iPhone14
iPhone14 Proの評価レビューまとめ

今回はiPhone14 Proについて評価レビューをまとめてみました。

iPhone14 Proの予約開始・発売日は以下の通りです。

iPhone14 Proの予約開始日・発売日
  • 予約開始日:2022年9月9日(金)午後9時
  • 発売日:2022年9月16日(金)

予約はApple Streや各キャリアオンラインサイト(au、ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイル)にて開始します。

iPhone14 Proの評価をチェックして購入したいという方は、ぜひ予約をして在庫を確保してくださいね。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Sakura_Ooh
大手3キャリアでのイベントスタッフの経験を活かし、料金プランの選び方やおすすめスマホをどんどん紹介していきます。家やジムでも常に映画やドラマを見ていて、1日たりともスマホが手放せません。愛用スマホはiPhone12です。