iPhone X iPhone XR iPhone Xs
Pocket

読了時間:約 3

機能とファッション性を両立させた唯一無二のスマートフォンとして、世界中で愛されるAppleのiPhoneシリーズ

持っているだけで目につくデザインと使いやすい操作性は、今日では一種のステータスとなっています。

iPhoneと言えば黒と白が定番ですが、近年ではカラーバリエーションも豊富です。

ここでは、iPhone X/XR/XSの人気カラーやおすすめの色をご紹介しています。

これからiPhoneデビューするという方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

iPhone Xは2色のみ


画像引用元:iPhone X – 技術仕様

今回ご紹介する3機種の中で、唯一2017年に発売されたiPhone X

iPhoneシリーズで初めてノッチ型を採用し話題をさらった機種でしたが、2018年9月には残念ながら販売終了となりました。

キャリア版はまだ在庫があるようですが、SIMフリー版を購入する場合基本的に中古市場を利用する事になるでしょう。

防水・防塵はもちろん、おサイフケータイ(FeLiCa)も搭載しており日常使いには申し分ない性能を備えています。

肝心のカラーはスペースグレイとシルバーの2色のみ。

同時期に発売されたiPhone 8/8 Plusよりも少ないカラーですが、選択肢が少ないため逆に考えると迷う事無く選べそうです。

iPhone Xの基本スペック

スペックiPhone X
画面サイズ5.8インチ
ディスプレイOELD(有機EL)
重量174g
CPUA11 Bionic
ストレージ64GB/256GB
アウトカメラ1,200万画素
広角+望遠
カラースペースグレイ、シルバー

シルバー


画像引用元:iPhone X 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

iPhone Xのシルバーは何より背面の美しさがポイントです。

ほとんどホワイトに近いシルバーカラーは、背面のAppleマークや「iPhone」の文字と合わさって絶妙なコントラストとなっています。

また、サイドフレームがシルバーで統一されているので、一体感のある上品な仕上がりとなっているのが特徴的。

もちろん「ベゼルレスデザイン」が採用されていますので、正面から見ても高級感を感じられるのが嬉しい所です。

全体的に美しい出来栄えとなっているため、ケースを付けない使い方が適しているでしょう。

スペースグレイ


画像引用元:iPhone X 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

上記のシルバーに対して、スペースグレイは美しさという意味で劣るかもしれません。

背面はブラックに近い塗装となっており、パッと見ではシルバーの高級感に見劣りするでしょう。

しかしその分汚れが目立ちにくくなっており、日常使いで安心して使っていけるのは間違いありません。

サイドパーツの配色も異なっており、スペースグレイは控えめな色で統一されています。

シルバーに比べると落ち着いた色になっている分、ケースの付け替えなども楽しめるはずです。

インパクトを求めるならシルバー、落ち着いた印象ならスペースグレイというように選んでみてはいかがでしょうか。

iPhone XRは6色展開


画像引用元:iPhone XRを購入 – Apple(日本)

2018年10月26日に発売されたiPhone XRは、同時期に発売されたiPhone XS/XS MAXの廉価版という位置づけでした。

他の2機種と同様前年発売のiPhone Xを踏まえたノッチ型デザインとなっています。

プロセッサにA12 Bionicを搭載する等大幅なアップデートが果たされていますが、特筆すべきはカメラ性能です。

iPhone XRはシングルカメラが搭載されていますが、背面をぼかすポートレートモードなど多彩なカメラ機能を持ちます。

AIの補正機能による画像処理により、どのような状況下であっても美しい写真を撮れる最新のカメラ機能が魅力となります。

また、カラーは豊富な6色展開となっており、他のiPhoneよりもバリエーションに富んでいるのも魅力的です。

ここでは豊富なカラーバリエーションの中から特に人気の高い3色をご紹介しています。

iPhone XRの基本スペック

スペックiPhone XR
画面サイズ6.1インチ
ディスプレイ液晶
重量194g
CPUA12 Bionic
ストレージ64GB/128GB/256GB
アウトカメラ1,200万画素
カラーホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)RED

ホワイト


画像引用元:iPhone XR 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

iPhoneシリーズにしては珍しく、ポップなカラーバリエーションで登場したiPhone XR

だからこそとも言えますが、定番のホワイトは特に人気が高くなっています。

背面カメラこそシングルレンズとなっているものの、ノッチ型を採用したiPhone XRはiPhone Xのデザインを受け継いでいます。

iPhoneお馴染みの色という事でインパクトには欠けるものの、洗練されたデザインと相まって高級感が漂います。

ブラックと並んで、日常使いはもちろんビジネスシーンでも気兼ねなく使用する事が出来るはずです。

(PRODUCT)RED


画像引用元:iPhoneを予約・購入する | iPhone | au

iPhone XRは6色展開となっているため、iPhone XS/XS MAXに比べるとどことなくポップな印象を受けます。

ただし実際に手に持ってみれば分かりますが、背面パネルはガラス仕上げで艶消しなどは行われていません。

このため、廉価版でありながら光の当たり具合によって色味が変化する高級感ある仕上がりとなっています。

(PRODUCT)REDは限定カラーという位置づけで、iPodやApple Watchなど様々なApple製品に採用されてきました。

もともと(PRODUCT)REDはHIV/AIDSを支援するために立ち上げられたものであり、売上金の一部は支援金となって寄付されています。

POINT

非常に目立つビビットなカラーですが、他の人とは違うiPhoneを持ちたいなら限定カラーの(PRODUCT)REDがおススメ!。

コーラル


画像引用元:iPhone XR 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

ピンクを基調としつつも、独特の赤みががかった色合いが人気となっているのがコーラルです。

イエローや(PRODUCT)REDと比べると落ち着いた色合いで、主張しすぎない丁度良い塩梅のカラーとなっているのが特徴的。

可愛らしい色というのが相応しい表現ですが、男性がアクセントとして持つのも面白いはず。

目立ち過ぎない色合いが好きでケースを付けない派の方であれば、コーラルを選んで満足できるのではないでしょうか。

次のページでは、3色展開しているiPhone XSをご紹介します。

1 2