iPhoneのロック画面をカスタマイズする方法|時計の位置や色を変更

iPhoneのロック画面にお気に入りの壁紙を設定しても、時計の表示位置が被ってしまったり、色や大きさが合わなかったりすることがあります。そこで本記事では、iPhoneのロック画面で時計の表示位置や色、大きさを変更できるのか調査しました。iPhoneのロック画面をカスタマイズしたいと考えている人はぜひチェックしてください。

  • 2020年8月20日
iPhone11
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

iPhoneのロック画面に写真やお気に入りの画像を壁紙として設定している人も多いのではないでしょうか?

しかしiPhoneのロック画面にいざお気に入りの壁紙を設定しても、時計の表示位置が大切な場所に被ってしまったり、色や大きさが合わなかったりすることがあります。

本記事では、iPhoneのロック画面で時計の表示位置や色、大きさを変更できるのか調査しました。

その他のカスタマイズや設定方法も紹介していますので、iPhoneのロック画面をカスタマイズしたいと考えている人はぜひチェックしてください。

iPhoneのロック画面をカスタマイズする方法まとめ
  • 壁紙を自分の好きな壁紙に設定ができる
  • 設定したい画像のどの部分を表示させるか、拡大・縮小などはカスタマイズ可能
  • ウィジェットを使えばロック画面を解除しなくてもアプリを使えて便利
  • ウィジェット対応の時計アプリを使えば一覧でカスタマイズした時計の利用が可能

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhoneのロック画面で時計の表示位置を変更できる?

iPhoneの壁紙画像引用元:Apple公式サイト

iPhoneのロック画面で時計の表示位置を変更できる?

iPhoneのロック画面では時計の表示位置を変更できません。背景と被ってしまう場合は、背景画像の方を拡大・縮小するなどして調整しましょう。

人物写真や好きなキャラクターなどの写真をiPhoneのロック画面に設定すると、顔に時計が被ってしまう場合があります。

時計の位置表示を変更できればいいのですが、残念ながらiPhoneのロック画面で時計の表示位置を変更できません

対処法としては、時計の位置表示を変更するのではなく、設定する写真自体を拡大・縮小して顔などの大切な部分と被らないように設定することで解決可能です。

写真の表示位置をずらすには、写真を壁紙に設定する画面で、ピンチもしくはドラッグで写真を拡大・縮小したり、位置をずらしたりできます。

iPhoneのロック画面で時計の色を変更できる?

iPhoneのロック画面で時計の色を変更できる?

iPhoneのロック画面の時計の色は変更できません。背景と被って見えにくい場合は、背景画像の色を調整しましょう。

iPhoneのロック画面で壁紙を変更すると、時計の色は自動的に白もしくは黒に変更されます。

人によっては自分好みに時計の色を変更したい人や、時計の色が見にくくて時計の色を変更したい人もいるかもしれませんが、iPhoneの時計の色は変更できません。

基本的には白っぽい画像は黒文字に、黒っぽい画像は白文字に設定されますが、壁紙によっては見にくい方の色に設定されてしまう場合もあります。

その場合は、画像自体の色味を変更したり、違う画像を使ったりして対処してください。

iPhoneのロック画面で時計の大きさを変更できる?

iPhoneのロック画面で時計の大きさを変更できる?

iPhoneのロック画面では時計の大きさは変更できません。また時計自体を消すこともできません。

iPhoneのロック画面で時計の大きさを小さくしたり、大きくしたり自分好みにカスタマイズしたい場合でも、iPhoneのロック画面で時計の大きさの変更はできません。

iPhoneのロック画面の時計は、大きさの変更だけでなく、時計自体を消すこともできません。

時計が邪魔で小さくしたい場合でも、逆にもっと大きくしたい場合でも、iPhoneでは変更できないので注意してください。

ロック画面でできるおすすめカスタマイズ・設定変更

ここまで紹介してきたようにiPhoneのロック画面で、時計の表示位置の変更や、色の変更、大きさの変更はできません。

ほとんどのカスタマイズができないので、他の人と差別化をするのは難しいのですが、壁紙だけは自分好みのものに自由に変更が可能です。

壁紙には、自分で撮影した写真はもちろん、好きなキャラクターの画像や風景などを設定することができます。

どの壁紙を選んだらいいのかわからないと悩んでいる人には、iPhoneに最初からインストールされている壁紙から選択することも可能です。

iPhoneの壁紙を設定する方法は?

iPhoneの壁紙設定画面
画像引用元:Apple公式サイト

iPhoneの壁紙を設定する方法は、設定アプリから選ぶ方法と、写真アプリから選ぶ方法があります。

設定アプリから壁紙を設定する方法
  1. 「設定アプリ」を開き、「壁紙」をタップする
  2. 「壁紙を選択」をタップする
  3. プリインストールされている画像or自分の写真フォルダから写真を選ぶ
  4. ピンチやドラッグを使って写真を配置する
  5. 「設定」をタップし、「ロック画面に設定」で完了
写真アプリから壁紙を設定する方法
  1. 「写真」アプリを開く
  2. 壁紙に設定したい画像をタップする
  3. 左下の四角に上矢印のマークをタップする
  4. 「壁紙に設定」をタップする
  5. ピンチやドラッグを使って写真を配置する
  6. 「設定」をタップし、「ロック画面に設定」で完了

iPhoneの壁紙の設定は、上記のどちらかの手順で行えますが、壁紙を配置する画面で「視差効果」をオンにするかオフにするかというボタンが出てきます。

「視差効果」とは?
  • 本体を傾けると本体に合わせて壁紙が動く機能
  • バッテリー消費が多くなるので注意が必要
  • 好みに合わせて選べばOKだが、必要なければオフ推奨

視差効果をオンにするとまっすぐスマホを持っていない時でも、傾きに合わせて壁紙やアイコンが動く効果です。

視差効果によって画面に奥行きが生まれますが、人によっては慣れずに気持ち悪くなってしまう人もいるので注意してください。

また、視差効果をオンにしている間は、常にバッテリー消費を行うため、バッテリーを節約したい場合はオフにしておくことをおすすめします。

壁紙設置時には、画像の解像度に注意

iPhoneのロック画面に壁紙を設定しても、画像がぼやけてしまって思ったような表示にならないという経験をした人も多いのではないでしょうか。

iPhoneは機種によって解像度が異なり、解像度が低い画像(小さい画像)を設定すると綺麗に表示されません。

参考までに、iPhone8以降の解像度は以下の通りです。

iPhoneの機種ごとの解像度
  • iPhone 8/SE(第2世代):1,334 x 750ピクセル
  • iPhone 8 Plus:1,920 x 1,080ピクセル
  • iPhone X/XS/11 Pro:2,436 x 1,125ピクセル
  • iPhone XS Max/11 Pro Max:2,688 x 1,242ピクセル
  • iPhone XR/11:1,792 x 828ピクセル

iPhoneのロック画面に設定したい壁紙を選ぶ時には、利用しているiPhoneにあった解像度の画像を選ぶようにしましょう。

ウィジェットを設定してロック画面をより便利に

iPhone-ウィジェット一覧画面
画像引用元:Apple公式サイト

iPhoneのロック画面でできるその他のカスタマイズとして、ウィジェットを使う方法があります。

ウィジェットとは、わざわざアプリを起動しなくても簡単に天気やニュースなどを確認したり、To Doリストやメモ帳の内容を確認・追加したりできる便利な機能です。

iPhoneでは、ロック画面であってもウィジェット一覧を開くことができるため、ウィジェット画面をカスタマイズしておくことで、ロック画面をより便利に使えます。

iPhoneのウィジェットの設定方法は以下の通りです。

iPhoneのウィジェットの設定方法
  1. ホーム画面orロック画面で、左から右に画面をスワイプする
  2. 画面を1番下までスクロールする
  3. 「編集」をタップして、ウィジェットを編集する

上記の手順ですぐにアクセスしたいアプリをウィジェットに追加しておくことで、ロックを解除しなくてもすぐに情報を手に入れられます。

また、ウィジェット対応の時計アプリを入れておけば、ロック画面でもウィジェット一覧画面にてカスタマイズした時計の表示が可能です。

iPhoneのロック画面にカレンダーを表示させる方法

iPhoneのロック画面のその他のカスタマイズとして、カレンダーを表示させる方法を紹介します。

iPhoneのロック画面にカレンダーを表示させる方法
  1. カレンダー付きの待受画像を探す
  2. 気に入っている画像にカレンダーを追加する

インターネットやSNSで検索をすると、iPhoneの待受画像用にカレンダー付きの待受画像を配布している人がいます。

その中から気に入ったデザインの画像を選んでロック画面に設定をするか、気に入っている画像にカレンダーを追加して壁紙に設定する方法で表示が可能です。

Lock Screen Calendar」という無料アプリを使えば、任意の画像の好きな位置にカレンダーをつけた画像を簡単に作成できます。

作成した画像を壁紙に設定するだけで、ロック画面にカレンダーを表示することができ、ロックを解除しなくてもぱっと見ただけで日付の確認可能です。

ロック画面に通知を表示させない方法

iPhoneの通知設定画面
画像引用元:Apple公式サイト

着信があったときやメッセージを受け取ったときなどに、iPhoneのロック画面には通知が表示されます。

通知が表示されることで、着信やメッセージに気づけて便利ですが、周りの人に通知の内容を見られたくないという人や、邪魔だと感じている人も多いのではないでしょうか。

特定のアプリのみ通知を消したい場合は、以下の手順で通知を受け取るかどうか、ロック画面に表示するかどうかの設定が可能です。

ロック画面に通知を表示させない方法
  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「通知」をタップする
  3. 通知の表示・非表示をしたいアプリをタップする
  4. 通知欄の「ロック画面」のチェックを外す

上記の手順では、ロック画面のみ通知を表示しない設定になります。

特定のアプリの通知自体を消したい場合は、3番目までの手順を行った後「通知を許可」をオフにすれば完了です。

特定の時間帯のみ通知を消したいなら「おやすみモード」を使おう

就寝中や会議中など、特定の時間帯のみ通知を受け取りたくない場合は、おやすみモードを利用すれば、特定の時間帯のみ通知を消すこともできます。

おやすみモードは、コントロールセンターからオン・オフの切り替えが可能です。

コントロールセンター-おやすみモード
画像引用元:ソフトバンク公式サイト

コントロールセンターのおやすみモードボタンを長押しで、「1時間」「今日の夜まで」「この場所から出発するまで」と、おやすみモードをオンにする時間帯を選択できます。

ロック画面カスタマイズでiPhoneをもっと楽しもう!

iPhoneのロック画面をカスタマイズする方法まとめ
  • 壁紙を自分の好きな壁紙に設定ができる
  • 設定したい画像のどの部分を表示させるか、拡大・縮小などはカスタマイズ可能
  • ウィジェットを使えばロック画面を解除しなくてもアプリを使えて便利
  • ウィジェット対応の時計アプリを使えば一覧でカスタマイズした時計の利用が可能

本記事では、iPhoneのロック画面で時計の表示位置の変更や色、大きさのカスタマイズができるかどうかを紹介しました。

残念ながらiPhoneのロック画面では時計のカスタマイズはできませんが、その他色々なカスタマイズは可能です。

iPhoneのロック画面で時計のカスタマイズをどうしてもしたいという人は、iPhone以外のスマホを利用するという手もあります。

ただし一度機種変更してしまうとAppleの保証対象外となってしまうことや、自己責任での利用となることから、カスタマイズのために機種変更を行うことはおすすめできません。

iPhoneのロック画面で時計のカスタマイズはできませが、壁紙を好きなものにしたり、ウィジェットを使ってみたりと、その他のカスタマイズを楽しんでください。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)