ソフトバンクからドコモへ乗り換えはdカード / dカード GOLDを作るべき理由

  • 2020年8月26日
dカード GOLD
ご入会&エントリー&ご利用で最大合計13,000※dポイント(期間・用途限定)プレゼント!

これまでソフトバンクを利用していた方は、ソフトバンクカードかYahoo! JAPANカードを愛用されていたのではありませんか?

しかし、ドコモに乗り換えたらならdカードかdカード GOLDに変更しましょう。

この記事ではソフトバンクからドコモへ乗り換える方が、dカード / dカード GOLDを作るべき理由を解説しています。

dカード / dカード GOLDはドコモユーザーのためのカード

dカード/ dカード GOLDはドコモが発行するクレジットカードです。ソフトバンクカードとは違い、dカード/ dカード GOLDはドコモユーザーでなくても作ることができます。

dカード/ dカード GOLDはドコモユーザーとの相性が最高で、数多くのメリットや特典があります。

ドコモユーザーが享受できるdカード/ dカード GOLDのメリットや特典は、後ほど解説します。

dカード GOLDはドコモユーザー最強のクレカ!特徴や還元率を解説

世界中で使えるdカード/ dカード GOLD

dカードの前身は「DCMX」(2015年11月19日まで)でした。決済はVISA・Mastercardをから選べますが、これらは二大国際ブランドでありクレジットカード売上のシェアを合わせると実に8割を超えています。

そのため世界中に加盟店が多く、国内はもとより海外においても便利に使用できるのです。

dカード/ dカード GOLDは電子マネー「iD」も使える

dカード/ dカード GOLDを持っているだけで、ドコモの電子マネー「iD」を使うことができます。

つまりdカード/ dカード GOLD が1枚あれば、電子マネー決済・クレジット決済のいずれにも対応できるため大変便利です。

電子マネーの多くはプリペイド方式となっており事前のチャージが必要ですが、ドコモの電子マネー「iD」はポストペイド方式です。

ポストペイド方式は事前のチャージが不要で、利用代金は後日クレジット決済で精算されます。

また、プリペイド方式のカードが何らかの理由で使えなく成った場合、チャージしていた金額は使えなくなってしまうのですが、ポストペイド方式ならそのような心配は無用です。

iD払いとは?電子マネーの仕組みを詳しく知ると簡単決済でポイントも貯まるお得な話

還元率が高いdカード/ dカード GOLD

dカード/ dカード GOLDで決済すると、100円(税込)ごとにdポイントが1ポイント付与されます。

還元率は1%で、数あるクレジットカードのなかでも高い部類に属していますが、ポイント付与の対象となる金額が100円刻みであることと、「税込み」であることが大きなメリットです。

例えば税抜きで186円の買い物をした場合をみてみましょう。dカード/ dカード GOLDなら税込みで200円の支払いとなるため、2ポイントが付与されます。

けれども、還元率は1%でも税抜き200円ごとに2ポイントがもらえるカードなら、税抜きで186円の買い物では1ポイントももらえないことになるのです。

たった4円の違いで2ポイントを貰い損ねることになるわけで、この差は大きいといえます。なお貯まったdポイントは、1ポイント=1円として利用できます

dカード GOLDならケータイ代が10%還元

ドコモユーザーは「dポイントクラブ」の会員(会費は無料)になると、毎月のケータイとドコモ光の利用料金でdポイントを貯めることができます。

このとき、通常のdカードの場合なら1%の還元となりますが、dカード GOLDでは10%も還元されるのです。

dカード GOLDは年会費が税抜き1万円必要となるのですが、ドコモユーザーなら毎月の通信料だけでチャラになるうえ、会費が実質無料となるdカードより断然有利な特典が数々用意されています。

dカード GOLDの各種優遇については、後ほど解説します。

ソフトバンクカードはドコモで使えない

Yahoo!カード

ソフトバンクでは、ドコモが発行しているdカード/ dカード GOLDのようなクレジットカードは発行されていません。

代わりにプリペイドカードのソフトバンクカードが発行されていて、ケータイ代金の支払いなどに利用することができます。

ただし、ソフトバンクカードはソフトバンクユーザーでなければ利用できないため、ドコモに乗り換えたらもう使えなくなります。

Yahoo! JAPANカードも悪くないけど

ソフトバンクの利用代金を支払うために利用できるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードやライフカードとはじめとして、VISA・Mastercardなどの五大国際ブランドカードなど数多くありますが、ソフトバンクユーザーがよく利用しているカードはYahoo! JAPANカードではないでしょうか。

Yahoo! JAPANカードはソフトバンクのグループ会社であるYJカードが発行する、Tポイントカードと一体型となった年会費無料のクレジットカードです。

Yahoo!ショッピングやLOHACO for SoftBankでよくお買い物をする方や、Tポイントを貯めたい方にとって有利なカードで、ソフトバンクの利用料金でも1%のポイントが付きます。

また、VISAかMasterCardのマークがあるYahoo! JAPANカードなら、ドコモの利用代金の支払いに使うことも可能です。

けれどもせっかくドコモに乗り換えるなら、ドコモユーザーを優遇してくれるdカード/ dカード GOLDを作られることをおすすめします。

dカード GOLDがお得な理由|効率のいいdポイントの貯め方と使い方

dカード/ dカード GOLDのメリットや特典

ここからはdカード/ dカード GOLDのメリットや特典について、詳しく紹介していきましょう。まずは、以下の表をご覧ください。

dカード GOLD(ゴールド) dカード
年会費 10,000円 永年無料
dカードケータイ保障 最大100,000円保障 最大10,000円保障
お買物あんしん保険 年間3,000,000円まで 年間1,000,000円まで
VJデスク(旅のサポート) あり あり
海外レンタカー あり あり
海外緊急サービス 無料 10,000円
空港ラウンジ あり なし
国内旅行保険 最大50,000,000円 なし
海外旅行保険 最大100,000,000円 なし
dカード GOLDデスク あり なし
dポイントクラブご優待 10%ポイント還元 なし
dカード GOLD(ゴールド)年間ご利用額特典 あり なし

dカード GOLDの海外旅行保険はとても手厚い

海外旅行へよく行かれる方なら、dカード GOLDが断然お得です。

海外旅行中のケガや病気による治療費用のほか、カメラなどの携行品の損傷や、ホテルの備品を破損したような場合の損害賠償まで対応してくれる、とても頼りになる保険です。

補償の対象者 dカード GOLDを契約中の本人会員・家族会員
dカード GOLD本人会員と生計を同一にしている、配偶者・19歳未満で同居の親族・19歳未満で別居の未婚の子供
補償期間 dカード GOLDの契約期間
保険の対象となる
旅行期間
海外旅行の目的を持って住居を出発した時から住居に帰着するまで。(出発の翌日から起算して90日目の午後12時までが限度)
補償の条件 dカード GOLDでの支払いなどの条件はなし
(dカード GOLDでの支払いの有無で一部保険金額が異なる)

本人会員と家族会員、およびdカード GOLDに加入していない家族も受けられるサポートの詳細は以下のとおりです。

dカード GOLD
本人会員/家族会員 本人会員の家族
傷害死亡 1億円 1,000万円
傷害後遺障がい 400万円~1億円 40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5,000万円 1,000万円
携行品損害(年間限度額) 50万円(一事故あたりの自己負担額3,000円) 15万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用(年間限度額) 500万円 50万円
海外航空便遅延費用特約 乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

なお、家族カードの年会費は以下のとおりです。

カードの種類 年会費
dカード GOLD 1枚目無料

2枚目以降1,000円(税抜)/枚

dカード 無料
※本会員・家族会員のいずれにもショッピング利用がない場合は、年会費400円(税抜)/枚が必要
dカード GOLDの海外旅行保険を解説|自動付帯と家族特約で充実した補償内容

dカード GOLDなら年間利用額によって特典あり

dカード GOLD会員なら、前年の年間利用額累計が100万円(税込)以上で11,000円相当、200万円(税込)以上で22,000円相当の選べる特典が進呈されます。

年間100万円と聞くと「無理じゃない?」と思われるかもしれませんが、ドコモの通信料を家族分支払いやETC利用代金に加え、日常の買い物代金や公共料金、国民年金保険料などの支払いも含めれば充分達成できる金額でしょう。

なお、dカード プリペイドチャージ以外の電子マネーのチャージ代金や金利のほか、再発行手数料・リボ払い手数料などの各種手数料、年会費は累計に含まれません。

dカードからdカード GOLDカードへアップグレードされた場合、dカードで利用した金額も年間利用額特典の累計対象となります。

ETCカードは無料で発行

一般的にETCカードはクレジットカードとセットで発行できますが、たいてい年会費が必要となります。

Yahoo! JAPANカードでもカード1枚あたり500円(税抜)の年会費が掛かりますが、dカード会員なら初年度のETCカード年会費は無料で、2年目以降も前年度に一度もETCカード利用を利用していれば引き続き無料となります。

dカード GOLD会員の場合は、利用の有無にかかわらず、2年目以降もETCカード年会費は無料です。なおETCカードは、本会員および家族会員につき各1枚のみ発行できます。

スマホの乗り換えはカードもいっしょに

ソフトバンクからドコモへ乗り換えされるなら、カードもいっしょにdカード/ dカード GOLDに乗り換えることを強くおすすめします。

なんといってもdカード/ dカード GOLDはドコモユーザーにとって最もお得になるカードです。

とくにdカード GOLDのお得さは半端ではなく、多くのドコモ社員さんもdカード GOLDの会員になっているほどです。

記事を読まれてdカード/ dカード GOLDのメリットに納得されたら、お早めに手続きなさってください。

dカードとdカード GOLDを徹底比較|年会費をお得に回収できるのは?
ご入会&エントリー&ご利用で最大合計13,000※dポイント(期間・用途限定)プレゼント!