読了時間:約 1 minute

携帯電話やタブレットなど、使う頻度が少なくなったりいらなくなった場合には毎月の利用料金がもったいないので解約を考えますよね。

ただ、携帯の解約時にかかる解約金や手数料が不明確だったり、何を用意したらわからなくてついつい先延ばしになってしまっている方もいると思います。

実際に解約をしようとドコモショップにいったけど、契約を確認したら解約金などの費用が思ったよりもかかってしまったり、解約前に必要な確認をしていなかったために解約後にトラブルになってしまったというケースもあります。

今回はそんな失敗を少しでも減らすことができるように、ドコモの携帯電話やタブレットなどの契約を解約するにあたって事前確認すべきことや、必要なもの(手数料、委任状など)を詳しくご紹介します。

ドコモからauへMNP乗り換えをされる方はこちら
ドコモからauに乗り換えるために確認するべき手順と準備

ドコモからソフトバンクへMNP乗り換えをされる方はこちら
ドコモからソフトバンクに乗り換えるために確認するべき手順と準備

ドコモから格安SIMにMNP乗り換えをされる方はこちら
ドコモから格安スマホに乗り換えるといくらお得?格安SIMを比較

ドコモを解約する前に確認すること


まずは実際に解約時に困ることがないよう、解約を検討した時点で事前に確認すべきことをご案内します。

更新月の確認

まず確認すべきことは更新月の確認です。ドコモを契約しているほとんどの方は、2年単位の定期契約があるプランを契約しています。

2年定期契約ありのプランでは更新月以外での解約は、解約金が9,500円(税込10,260円)かかります。

更新月は、契約満了月の翌月と翌々月の2ヵ月間になります。

例えば2016年の3月に2年単位の契約をした場合は、2018年の3月が契約満了月となり、2018年の4月と5月が更新月になります。

更新月に変更の申し込みがない場合は、さらに2年ごとの自動更新となります。

できれば解約金のかからない更新月に解約できるのが一番ですが、更新月過ぎてしまって解約金がかかってしまう場合でも、次の更新月を待つよりはやめに解約をした方がお得になることがあります

例えば全然使っていないのに月々3,000円ほどかかっており更新月が6ヵ月先だった場合は、6か月分の料金=18,000円より解約金の9,500円を払ってしまった方が割安になります。

ここで注意したいのが、必ずしも「契約満了月=機種を購入してから2年」ではないということです。

機種変更は満了月以外でも解約金がかからず出来るため、機種の購入と2年定期契約のプランを契約した時期とずれてしまっていることがお多いです。

必ず契約内容を確認して、自分の更新月がいつなのか明確にしておきましょう。

更新月の確認方法

  • ドコモショップ店頭で
  • インフォメーションセンターで(0120-800-000)
  • mydocomo(オンライン)で

スマホからの確認方法

  1. dメニュー
  2. Mydocomo(お客様サポート)
  3. 契約内容・手続き
  4. ご契約内容の確認・変更
  5. ネットワーク暗証番号もしくはdアカウントでログイン
  6. ご契約プランの欄で契約満了月が表示されます。

※表示されるのは契約満了月のため更新月は表示された月の翌月と翌々月になります。

ポイントの利用

ドコモを解約する前に確認しときたいのが、dポイントが失効してしまわないかどうかです。

同じ請求グループにドコモに残る回線があればdポイントも残るので問題ありませんが、1つも番号が残らない場合はそのままにしておくとdポイントが失効してしまいます。

せっかく貯まったポイントなので使わないと損ですよね!

dポイントは以下の利用方法があります。

毎月の料金の支払いにあてる

dポイントは、毎月の料金の支払いに充当することができます。残念ながら、解約金や分割の清算に直接利用することはできませんが月々の基本料金分に利用することができます。

キャンペーンなどで取得したdポイントは利用できませんのでご注意ください。

ケースや充電器などのドコモ用品購入に使う

ドコモ商品でもケースや充電器などの形状は他社でも同じものが利用できる場合があるので、対応しているものがあればドコモでそろえて置くこともできます。

dポイントカードを使って、ローソンやマクドナルドで利用する

dポイントカードを利用すれば、主にローソンやマクドナルドなどの店頭でdポイントを利用することも可能です。dポイントカードはドコモショップ店頭で無料で発行することができます。

dショッピングサイトで利用する

ドコモが運営しているdショッピングサイトというオンラインショップでは日用品から電化製品まで様々な商品が販売されています。

品数はAmazonなどの大手と比べれば少ないですし、割高ではありますが会員登録も不要で手軽に利用ができます。

d払いに対応しているネットショッピングサイトで利用する

d払いという支払方法に対応しているネットショッピングサイトでの購入時にポイントを利用することも可能です。

主なところですと、メルカリや無印良品、ノジマオンラインなどでも利用ができます。

詳細なポイントの利用方法は、dメニュー→ポイント→つかうで確認ができます。

次のページではdアカウントの確認方法について解説します。

ドコモを解約するとdポイントはどうなる?継続利用の方法とメリット

1 2 3