読了時間:約 2

dカードGOLDや楽天ゴールドカードに限らず、「ゴールドカード」と呼ばれるクレジットカードには必ず付与されている「海外旅行保険」と「空港ラウンジ利用権」。

どちらもゴールドカードユーザーに相応しい特典ですが、dカードGOLDと楽天ゴールドカードを比較した場合、どちらの特典がお得なのでしょうか。

今回はそんなdカードGOLD、楽天ゴールドカードの海外旅行保険と空港ラウンジ利用について詳しく解説をしていきます。

そろそろゴールドカードが欲しい、dカードGOLDと楽天ゴールドカードのどちらを発行するべきか悩んでいる、という方は是非参考にしてみて下さい。

ドコモへMNP|dカード / dカード GOLD入会でスマホがもっとお得に

ゴールドにふさわしい特典を持つ2つのカード


dカードGOLDと楽天ゴールドカードはゴールドカードの中でも比較されることが多く、実際に悩みに悩んだ末どちらかを選択したという人は少なくありません。

確かに、2つのカードは年会費や審査基準、特典などが似通っており、人によってはどちらが良いのか決めかねることもあるでしょう。

しかし、実はdカードGOLDと楽天ゴールドカードは似ているようで、細かな仕様は異なっています。

特に海外旅行保険に関してはかなり大きな違いがあるため、海外旅行に行くことが多いなら、両者の違いは必ず確認しておきたいです。

空港ラウンジ利用権についても同様で、利用できるラウンジ数こそ大差ありませんが、年間の利用可能回数はまったく違います

通常のクレジットカードと違い、年会費の問題で何枚も作るのは難しいゴールドカードだからこそ、作る前にはしっかり特典内容を把握しておきましょう。

海外旅行保険を比較

dカードGOLDの海外旅行保険


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
年会費が1万円前後のゴールドカードの中では、dカードGOLDはかなり海外旅行保険に力を入れている部類に入ります。

流石にダイナースやアメックスなどのハイステータスカードに比べると質は落ちますが、一般的なカード付帯の海外旅行保険としては破格と言えるでしょう。

保険項目最大損保額
傷害治療300万円
疾病治療300万円
傷害死亡5,000万円
傷害後遺障害5,000万円
救援者費用500万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円
手荷物遅延費用1万円
手荷物紛失費用2万円
乗継遅延費用2万円
出航遅延・欠航費用1万円

死亡保険などももちろん大事ですが、海外旅行保険で最も重要なのは傷害治療や疾病治療などの項目

というのも、国内とは違い海外では医療費を100%自費で支払わなければならないため、怪我をした時や病気になった時の準備は万全にしておかなければならないのです。

その点、dカードGOLDの傷害・疾病障害は各300万円と高額。ちょっとした怪我や風邪程度なら自腹を切ることなく治療費を賄えます。

省かれることの多い手荷物遅延費用や手荷物紛失費用、出向遅延・欠航費用まで付帯しているのも嬉しいポイントです。

更にこれらの海外旅行保険は自動付帯となっているため、旅行前に煩わしい手続きをする必要もありません。

何かとバタバタしてしまいがちな海外旅行の際に、手間がひとつ無くなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

dカードGOLDの海外旅行保険について
  • dカードGOLDの傷害・疾病障害は各300万円で高額
  • 手荷物遅延費用や手荷物紛失費用、出向遅延・欠航費用もカバー
  • 海外旅行保険は「自動付帯」
  • 海外旅行保険は楽天ゴールドカードよりdカードGOLDがお得
dカード GOLD vs 楽天ゴールドカード|ネット通販で本当に得なのはどっち?

楽天ゴールドカードの海外旅行保険


画像引用元:価格.com – 楽天ゴールドカード|クレジットカード比較
海外旅行保険に力を入れているdカードGOLDに比べ、楽天ゴールドカードの海外旅行保険の内容は平均的なものです。

保険項目最大損保額
傷害治療200万円
疾病治療200万円
傷害死亡2,000万円
傷害後遺障害2,000万円
救援者費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円

表の通り楽天ゴールドカードの海外旅行保険はどの項目も損保額でdカードGOLDに負けており、保険項目の数も少なくなっています。

特に少しでも多く確保しておきたい傷害・疾病治療がdカードGOLDに比べて100万円も低いのは問題と言えるでしょう。

旅行する国にもよりますが、海外では骨折の手術だけで費用が100万円を超えることも珍しくありません。

そんな中、少しでも重い怪我や長期の入院をしてしまうと、たちまち高額な治療費を請求されることになりますから、200万円というのは些か不安な数字です。

また、傷害死亡・傷害後遺障害の損保額がdカードGOLDは5,000万円が上限であるのに対し、楽天ゴールドカードの2,000万円というのは少なすぎる額と言えるでしょう。

更に楽天ゴールドカードの海外旅行保険は、航空券などの海外旅行に掛かる費用を楽天ゴールドカードで支払った場合のみ適用される「利用付帯」を採用しています。

そのため、保険を適用させるには何かしらの旅行に纏わる費用を楽天ゴールドカードで支払わなければなりません。

元々楽天ゴールドカードで支払いをするつもりだったなら問題ありませんが、ポイント等の関係で別のカードを使いたい場合などは不便な思いをすることになるでしょう。

dカード GOLDに加入する前に知っておくべき海外旅行保険のメリットと注意点

海外旅行保険は圧倒的にdカードGOLDがお得

解説した通り、海外旅行保険に関してはdカードGOLDの方が圧倒的にお得です。

単純な損保額の高低はもちろん、自動付帯かどうかという点も踏まえると、dカードGOLDは海外旅行にとってかなり相性の良いクレジットカードと言えます。

更にドコモユーザーの場合はdカードGOLDを持っていることで、月々の携帯料金の10%が還元される特典まで享受することが可能です。

そのため、dカードGOLDは海外旅行の際だけでなく、普段の生活コストを抑えるためにも最適なクレジットカードと言えるでしょう。

楽天ゴールドカードの海外旅行保険
  • dカードGOLDの傷害・疾病障害は各200万円
  • 傷害死亡・傷害後遺障害の損保額は2,000万円でdカードGOLDより少ない
  • 海外旅行保険は「利用付帯」
  • 海外旅行保険は楽天ゴールドカードよりdカードGOLDがお得

次のページでは、使える空港ラウンジについてご紹介します。

ドコモユーザーなのにdカード / dカード GOLDを持たないと損する10の理由
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2