読了時間:約 3

近年、格安SIMの人気もあり、日本国内でもキャリア以外から購入できるSIMフリー端末が充実してきました。

キャリアから販売されていない機種を使ってみたり、格安SIMへの乗り換えを考えてあらかじめSIMフリー端末を購入するのもひとつの選択肢です。

ドコモでは、SIMフリー端末を持ち込んで新たに契約できますので、2019年のドコモの学割でもSIMフリー端末を使用できます

本記事では、ドコモの学割をSIMフリー端末に適用させる方法と、2019年2月時点でドコモでは取り扱っていないおすすめのSIMフリースマホを紹介します。

2019年のドコモの学割にSIMフリー端末は使えるのか?


画像引用元:ドコモの学割 | 料金・割引 | NTTドコモ

2019年のドコモの学割は、2018年12月1日~2019年5月31日の期間に条件を満たすと、以下の2つの特典が適用されます。

  • 特典1:申し込み当月+12ヵ月間の利用料金から1,500円割引
  • 特典2:シェアパック利用で最大3,500ポイントのdポイント還元

特典1の割引については、学割対象者本人に適用され、特典2のdポイント還元については、対象者が加入しているシェアグループ全員に適用されます。

また、特典2は2019年2月1日までに条件を満たすと早期契約特典として3,500ポイント、それ以降は2,500ポイントとなります。

POINT
特典2の早期割引は終了したので、2019年2月時点では2,500ポイントの還元になります。

学割が適用される条件は?

ドコモの学割が適用されるための条件は主に以下の2つです。

  • 申し込み時点で利用者が25歳以下であること
  • 新規契約(MNP含む)、契約変更(FOMA→Xi)、「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更のいずれかの契約であること

若干わかりづらいですが、ドコモへの新規契約または乗り換え、ガラケーからスマホへの契約変更、旧Xiプランから新Xiプランへのプラン変更などが対象となります。

そのため利用者が25歳以下のユーザーであっても、機種変更だけの場合は適用されません

加えて、学割対象者がシェアグループに加入している場合は、特典2のdポイント還元がシェアグループ内の全員に適用されます。

SIMフリー端末を利用する場合は?


2019年のドコモの学割の適用条件となっているのは、機種の購入ではなく契約内容なので、SIMフリー端末でも適用できるケースがあります。

ドコモショップで契約する場合は、SIMフリー端末とMNPの場合はMNP予約番号を持ち込んで契約すれば、ショップ側でドコモ回線が使えるようにしてもらえますので簡単です。

また、ドコモオンラインショップを利用する場合は、SIMカードを自分で差し替えて、必要な場合はAPN設定をすることで、ドコモ回線が使えるようになります。

ただし、動作確認や対応バンドの確認はあらかじめ自分で済ませておく必要がありますので注意しましょう。

本記事では、各機種の対応バンドについては記載していますので、参考にしてみてください。

POINT
SIMフリー端末を利用する場合も「ドコモの学割」が適応されます。その際は対応バンドの確認を忘れずに!

【2019年度版】SIMフリーおすすめ機種


ここからは、ドコモでは取り扱っていないSIMフリー端末のおすすめ機種を紹介していきます。

Huawei(ファーウェイ)P20 lite


画像引用元:HUAWEI P20 lite | 携帯電話 | HUAWEI Japan

世界の端末出荷台数で見ると、Samsung(サムスン)、Apple(アップル)に次ぐ第3位のシェア率を誇るのがHuawei(ファーウェイ)です。

最高クラスのスペックを持つハイエンドモデルから、比較的低価格でコスパに優れたモデルまで幅広い端末を販売しており、国内では主にSIMフリー市場で人気を獲得しています。

ドコモからはP20 Proが国内では専売されていますが、最初に紹介するP20 liteは、同じP20シリーズの下位モデルにあたり、価格の安さとスペックのバランスに優れた機種です。

P20 liteは2018年SIMフリー端末一番の売れ筋


P20 liteは、全国のPOSデータを集計したBCNランキングで2018年SIMフリー端末の販売台数1位を獲得した人気の機種。

約5.84インチのディスプレイは、上部にノッチを配し、上下左右のベゼルが狭い流行のデザイン。

SoCはKirin 659、メモリは4GBを搭載し、普段使っていて性能面が気になる場面はほぼないでしょう。

ユーザーからは音ゲーとの相性の悪さが報告されているのでその点は注意が必要ですが、それ以外のアプリゲームであれば十分にプレイできます。

カメラは約1,600万画素と約200万画素のダブルレンズを採用しており、ハイエンドモデルと同じく背景をぼかした写真を簡単に撮影可能です。

対応バンドは、都市部で主に使用されているバンド1と3に対応し、プラチナバンドと呼ばれるバンド19にも対応していますので地方での使用も安心です。

スペック面に特にこだわりがないなら、ドコモでの運用もおすすめできる機種となっています。

おサイフケータイと実質負担金で選ぶならドコモ版P20 Pro

発売当時は31,980円でしたが、2019年2月時点では、価格.comの最安値が23,800円。通販サイト大手のAmazonも26,000円で取り扱っています。

ただし、ドコモで販売されているP20 Proは15,552円で、P20 liteが対応していないおサイフケータイも利用できますので、価格やおサイフケータイという部分で選ぶならドコモ版P20 Proの方がおすすめです。

P20 liteのスペック表

P20 lite
発売日 2018年6月15日
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約149 × 71 × 7.4 mm
重さ 約145g
ディスプレイ 約5.84インチ(液晶)
解像度 2,280 × 1,080(FHD+)
OS Android 8.0
CPU Kirin 659 オクタコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
バッテリー 3,000mAh
連続待受時間 LTE:約433時間(Y!モバイル公表データ)
アウトカメラ 約1,600万画素 / F値2.2
約200万画素
インカメラ 約1,600万画素 / F値2.0
対応バンド FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE:B41
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900 MHz
Bluetooth Bluetooth 4.2with BLE(support aptX)
生体認証 指紋認証 / 顔認証
おサイフケータイ ×
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 ×
接続端子 USB Type-C / イヤホンジャック
カラー ミッドナイトブラック、クラインブルー、サクラピンク
価格(税抜き) 31,980円

Huawei(ファーウェイ)Mate 20 Pro


画像引用元:楽天モバイル:HUAWEI Mate 20 pro

Mate 20 ProもP20 liteと同じくHuawei製のスマートフォンです。Mate 20シリーズは2018年11月に発売されたシリーズで、Mate 20 Proはその最上位モデルになります。

キャリアでは唯一ソフトバンクが取り扱っていますが、ドコモで使用したい場合はSIMフリー版を購入することで使用可能です。

アップルのiPhone XS/XS MaxやサムスンのGalaxy S9などと並んでも遜色のないハイエンドモデルを求めている方におすすめのSIMフリー端末といえます。

トリプルカメラが魅力の現行最高スペック機種


Huawei製のスマホといえばカメラ性能も魅力のひとつ。ドコモから販売されているP20 Proと同じく、世界的カメラメーカーのライカが監修したトリプルカメラを搭載しています。

カメラの構成はP20 Proの「カラーとモノクロの広角×2、3倍望遠カメラ」から、「広角カメラ、0.6倍超広角カメラ、3倍望遠カメラ」に進化。

1 2