OPPO Reno3 Aの評価レビュー|買う理由・買わない理由

  • 2021年4月12日
OPPO Reno3 Aの評価レビュー
楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!

2020年6月25日に、OPPOがSIMフリースマートフォンの「OPPO Reno3 A」を発売しました。

2019年10月に発売された「OPPO Reno A」の後継機種という扱いで、防水やおサイフケータイなどの機能が搭載されています。

今回はOPPO Reno3 Aの機能や性能をレビューし、買うべきか、買わないべきかについて紹介していきます。

OPPO Reno3 Aのポイント
  • 最大25,000円P貰えるキャンペーンの対象
  • 良い口コミと悪い口コミが大きく分かれる
  • スペックは中間くらいのバランス型
  • コスパはいいがスペックが少し物足りないかも

OPPO Reno3 Aの口コミ・評判まとめ

OPPO Reno3 A

実際にOPPO Reno3 Aを使用している人はどのような感想を持っているのでしょうか。評判をまとめてみました。

良い口コミ

まずは良い口コミからまとめていきます。全体としては良い口コミが多くを占めていました。

良い口コミ
  • 有機ELディスプレイや急速充電など高機能
  • コストパフォーマンスが高い
  • カメラがとてもきれい

OPPO Reno3 Aに関しては機能の豊富さを挙げている人が多くいました。

確かにOPPO Reno3 Aは機能の豊富さが魅力で、防水やおサイフケータイに加えて有機ELディスプレイや急速充電機能。

さらには画面内指紋認証など、エントリー〜ミドルクラスのスマートフォンとは思えないほど多くの機能が付いています。

実売は3万円台とAndroidスマートフォンの中ではかなり安価なモデルですが、機能面はハイスペックモデル並の豊富さなので非常に魅力的ですね。

またカメラの評判が高いのも大きなポイント。

背面のカメラだけで4つのレンズが搭載されているので、思い通りの写真を綺麗に撮影することができます。

悪い口コミ

悪い口コミ
  • 動作が遅い
  • 独自OSの使い勝手が悪い
  • 指紋認証の精度が悪い

基本的に好意的な評価が多かったものの、いくつか悪い口コミも見当たりました。

一番多かったのは動作がもっさりしているなど、動作に関しての不満点でした。

ブラウジングやSNSの動作についてはあまり不満は見られなかったものの、やはりゲームのプレイなどはカクカクすることも多いようです。

確かに端末の性能自体はハイスペックモデルに比べると抑えられているので、この部分は仕方ないのかもしれませんね。

またOPPOのスマートフォンは、Android OSをベースにしたOPPO独自のColor OSというOSを使っているのですが、これが使いづらいという声もありました。

独自OSと言ってもほぼAndroid OSのようなものなので使い勝手はあまり変わらないと思われますが、慣れるまでは使いづらいかもしれません。

他には指紋認証の精度が悪いという声もありました。

OPPO Reno3 Aは画面内指紋認証という新しい技術を採用しているのですが、精度についてはまだまだ課題がありそうです。

OPPO Reno3 Aの価格を評価レビュー

OPPO Reno3 A
OPPO Reno3 Aの販売価格
価格(楽天モバイル)39,800円
価格(IIJmio)31,800円
楽天モバイルでは、料金プラン申し込みと端末購入で25,000ポイント貰えるキャンペーンの対象なので、実質価格は非常にお得です!

ちなみに同価格帯の製品だとSHARP AQUOS Sense3やXiaomi Mi Note 10 Liteなどになります。

この中でOPPO Reno3 Aはスペックと機能性をバランス良く追い求めたモデルになっています。

「ある程度の性能は欲しいけどおサイフケータイなどの機能も欲しい」といった方にはおすすめできる端末でしょう。

\最大25,000P還元キャンペーン中/矢印楽天モバイル公式ショップを見る

Androidスマホのおすすめ15選【2021年最新】全キャリア徹底比較

OPPO Reno3 Aのスペックを評価レビュー

OPPO Reno3 A スペック

続いてはOPPO Reno3 Aのスペックを見ていきます。

分類詳細
RAM6GB
サイズ縦: 160.9mm
横: 74.1mm
厚さ: 8.2mm
重量約175g
インチ数6.44 インチ
カラーホワイト/ブラック
ストレージ128GB(最大256GB micro SD対応)
ディスプレイFull HD+/有機ELディスプレイ
SoCSnapdragon 665
OSColorOS 7.1(based on Android™ 10)
バッテリー4,025mAh
その他デュアルSIMスロット

サイズ・インチ数

OPPO Reno3 Aのサイズ・インチ数は以下の通りです。

  • サイズ:160.9(H)×74.1(W)×8.2(D)mm
  • 重量:約175g
  • インチ数:6.44 インチ

サイズ、重量、インチ数ともにAndroidスマートフォンとしては標準的なサイズと言えるでしょう。

ただしOPPO Reno3 Aは画面占有率と呼ばれるスマートフォン表面にディスプレイが占める割合が高く、ディスプレイの大きさと比較するとサイズはかなり小さくできています。

カラー

OPPO Reno3 Aのカラーは以下の2点展開です。

  • ブラック
  • ホワイト

どちらもシンプルな色になっているので、どんな方でも手に取りやすいデザインになっています。

ストレージ

OPPO Reno3 Aのストレージは128GBです。

Androidスマートフォンの中では標準的なサイズと言えるのでは無いでしょうか。

よほど高画質の動画や音楽をたくさん入れなければ、十分な容量でしょう。

さらにOPPO Reno3 Aは外部ストレージとしてMicroSDカードに対応しています。

現在はAndroidスマートフォンの中でもMicroSDカードに対応している端末が少なくなっているので、この仕様は嬉しいですね。

ディスプレイ

OPPO Reno3 Aのディスプレイサイズは6.44インチで、解像度は2400×1800のフルHD+、さらに有機ELディスプレイを搭載しています。

ディスプレイの性能としてはハイスペックのスマートフォンに匹敵する性能を持つと言ってもいいでしょう。

更に注目したい部分が画面占有率です。

OPPO Reno3 Aでは画面占有率が89.9%と非常に高く、表面のほとんどが画面という作りになっています。

これにより端末のサイズを小さくしながらも、より没入感のある画面を楽しむことができますよ。

パフォーマンス

OPPO Reno3 Aのパフォーマンス性能は以下の通りです。

  • SoC:Snapdragon 665
  • OS:ColorOS 7.1(based on Android™ 10)
  • RAM:6GB

端末の処理速度に直接関わってくるSoCは、Snapdragon 665とミドルレンジスマートフォンによく搭載されているチップです。

ハイスペック端末に搭載されているチップに比べると性能は低く、3Dゲームや負荷の高い処理を行う場合には若干力不足になるかもしれません。

が、SNSや動画視聴など、重いゲームをしない場合なら基本的にはスムーズに動くレベルです。

また、0SにはOPPO独自のColorOSが搭載されています。

独自と言ってもベースは最新のAndroid10なので、使い勝手はAndroidとほぼ同じと捉えて大丈夫です。

RAMは6GBと、ミドルレンジスマホとしては多い容量なので容量不足を気にせずに使えるでしょう。

\最大25,000P還元キャンペーン中/矢印楽天モバイル公式ショップを見る

5Gスマホおすすめランキング[2021年]対応エリア・最安購入方法も紹介

OPPO Reno3 Aの機能を評価レビュー

OPPO Reno3 A 機能

最後にOPPO Reno3 Aの機能について見ていきます。

機能詳細
カメラ超広角 800万画素
メイン 4,800万画素
モノクロ 200万画素
ポートレート 200万画素
生体認証画面内指紋認証
防水防塵IP68
その他急速充電対応
おサイフケータイ

カメラ

OPPO Reno3 A
OPPO Reno3 Aで撮影した写真
  • メインカメラ:約4800万画素(f/1.7)
  • 超広角カメラ: 約800万画素(f/2.2)

OPPO Reno3 Aは4つのカメラが搭載された4眼カメラとなっています。

注目する点は前機種のOPPO RenoAから追加されたポートレートカメラとモノクロカメラの2つのカメラ。

この2つのカメラは直接写真を撮影する役割ではなく。色表現や写真の立体感をより際立たせるための補助として利用されているものです。

これによってスマートフォンのカメラとは思えないほどの緻密な表現を可能にしました。

さらに夜景撮影用のナイトモードも搭載されているので、上手く撮影するのが難しい夜の写真も簡単に撮ることができます。

生体認証

OPPO Reno3 Aの注目するべき点として、指紋認証が画面内で行えることが挙げられます。

この画面内指紋認証は最近実用化されたばかりの新しい技術です。

物理ボタンの無いAndroidスマートフォンは指紋認証のしづらさが大きな欠点でしたが、指紋認証を画面内で行うことで非常に快適なロック解除を可能にしています。

\最大25,000P還元キャンペーン中/矢印楽天モバイル公式ショップを見る

OPPO Reno3 Aを評価|買うべき?

OPPO Reno3 A
OPPO Reno3 Aは買うべきか買わないべきか

ここまでOPPO Reno3 Aの性能や機能についてレビューしましたが、この端末は果たして買うべきなのでしょうか。

買うべき理由、買うべきでない理由について解説します。

OPPO Reno3 Aを買うべき理由

買うべき理由
  • 機能が豊富
  • カメラが綺麗
  • 価格が安い
機能が豊富

OPPO Reno3 Aの最大の特徴は機能の豊富さにあります。

OPPO Reno3 Aのようなミドルクラスの端末は製品のコストダウンのために機能を削ることが多いですが、この製品にはハイスペックモデル並の機能が詰め込まれています。

防水やおサイフケータイ、撮影補助カメラなど多くの機能が備わっているので、機能性の高いスマートフォンがほしい方にはおすすめの端末です。

カメラが綺麗

OPPO Reno3 Aが力を入れている部分がカメラです。

特に写真の画質を上げるために付いている2つの補助カメラはかなりの力の入れようで、スマホカメラらしからぬ圧倒的な解像感と表現力を備えています。

スマホでよく写真を撮るという方に手にしてもらいたい端末と言えるでしょう。

価格が安い

スマートフォンは非常に身近な電子機器ですが、短い期間で買い換える割に値段がとても高い製品です。

OPPO Reno3 Aなら3万円台で手に入るので、非常に手頃に購入することができますよ。

OPPO Reno3 Aを買わない理由

買わない理由
  • 機能が無駄と感じる人も
  • 性能が低い
  • 独自OSに使いづらさを感じるかも
機能が無駄と感じる人も

OPPO Reno3 Aは非常に豊富な機能を揃えていますが、人によっては必要ない機能まで搭載されていたり、機能が多すぎてよくわからないという方もいるかも知れません。

機能はそんなにいらないから他の部分を強化してほしいと感じる方には、OPPO Reno3 Aの高機能は無駄だと感じるかもしれませんね。

性能が低い

OPPO Reno3 Aに搭載されているSoCであるSnapdragon665は、Androidスマートフォン全体の中では性能が高い方ではありません。

例えばXiaomi製スマートフォンのRedmi note9はOPPO Reno3 Aよりも価格が低いですが、搭載されているSoCのHelio G85はSnapdragon665よりも性能が20%ほどアップします。

このように、OPPO Reno3 Aと同価格あるいは低価格の端末でもより高い性能を持つ製品は見受けられるので、性能面で不満を感じる方もいるかも知れませんね。

独自OSに使いづらさを感じるかも

OPPO Reno3 Aは独自OSであるColor OSを採用しています。

操作感はAndroid OSとほぼ変わらないものの、人によっては使いづらさを感じる点にはなるかもしれません。

au OPPO A54 5Gの評価レビュー|買う理由と買わない理由

\最大25,000P還元キャンペーン中/矢印楽天モバイル公式ショップを見る

高機能でコストパフォーマンスの高いOPPO Reno3 A

ここまでOPPO Reno3 Aを見てきましたが、全体的には非常に機能が豊富なコストパフォーマンスの高い端末と言えるでしょう。

防水やおサイフケータイが付いている価格の安い端末が欲しい方は非常におすすめなので、是非OPPO Reno3 Aをチェックしてみてくださいね。

OPPO A73の評価レビュー|買う理由・買わない理由
楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
banetufs
自作PCを組んだり、スマホを海外から個人輸入するなどガジェットが好きなwebライター。写真撮影も趣味。 皆様に詳しく、分かりやすい記事をお届けします。