超簡単!ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除する方法と注意点

  • 2020年6月12日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

ここ最近、格安SIM・SIMロック解除という言葉が日本でも大きく広まり、気になっている方やもう利用されている方も多いでしょう。

今回はソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除の方法や、SIMロック解除したソフトバンクにおすすめの格安SIMカードのご紹介をします。SIMロック解除の方法がわからない初心者の方から、ソフトバンク対応の格安SIMカードを探している方はぜひ一読ください。

目次

そもそもSIMロックとは?

まずは、SIMロックが何なのかを理解しておきましょう。まず、SIMカードとは自分が使用する電話番号や契約の情報が記憶されており、このSIMカードをスマートフォンに差し込むことで電話やネットなどが利用可能となるのです。

日本で言うSIMロックとは、ソフトバンク・au・ドコモがiPhoneやスマートフォンにロックをかけて他社のSIMカードを利用できなくしている機能です。

世界ではSIMロックフリーがほとんど

海外では基本的にSIMロックはフリーです。例えば香港などでは、SIMフリーの端末が中古市場でたくさん販売されていて、自分のSIMカードを入れ替えて使われています。そのため、香港の中古端末ショップやSIMショップはいつも賑わっているのです。

もちろんアメリカや中国もSIMフリーが基本で、日本のSIMロックは独特で、海外旅行者からすると少し不便な面もありました。現在では、海外旅行者向けに空港やコンビニでも格安SIMが販売されているので、海外旅行者の方にも好評です。

日本でもSIMロックフリーが拡大中

そんな中、日本でも確実にSIMフリーの需要が広まっています。これは、国が大手3社にSIMロック解除ができるように呼びかけたり2年縛りの契約に警告をおこなったからです。そのおかげで、格安SIMの会社も大幅に増えて好きなスマートフォンを利用できるようになりました。

現在は楽天やUQモバイルなど大手の企業が格安SIMに参戦しているので、初心者の方でもかんたんに契約できるようになっています。

SIMロックが一概に悪いと言えない理由

日本ではSIMロックが当たり前でした。SIMロックをかける理由としては、自社で購入したスマートフォンに他社のSIMを使われてしまうのを防ぐ囲い込みという理由があります。契約の2年縛りも同じ理由です。

ここれだけ聞くと消費者側は損ではないかと思いがちですが、その分本体の購入費を大幅に割引しているので、一概にSIMロックが悪いとは言えません。

そのおかげで、日本では高額のiPhoneXも買いやすくなっているというメリットもあるのです。これが、SIMロックや2年縛りが一概に悪いとは言えないの理由です。

SIMロックを解除するメリット3選

それではSIMロックを解除すると、どんなメリットがるのでしょうか。もちろんデメリットもあるので、詳しく比較していきます。実際SIMロックがかかっていた方がメリットがある場合もあるので、じっくり考えてみましょう。

格安SIMで毎月の料金がお得に

一番のメリットは、月額料金が大幅に安くなるという点です。格安SIMは自社の回線ではないものがほとんどで、大手の回線を借りてユーザーに提供しているのでユーザーの月額料金を安くできるのです。

そのため格安SIMに移行する人のほとんどはケータイ料金の月額料金を下げたいという理由が多いでしょう。

iPhoneが壊れてもすぐ別機種で代用可能

例えばいま利用してるiPhoneが壊れて使えなくなった場合、基本的にはショップに持ち込み、修理の手続きが必要になります。これが格安SIMであれば、古いiPhoneにSIMを入れ替えるだけですぐ利用可能です。深夜にiPhoneが壊れても、すぐに復活するのは非常に便利です。

また、ガジェット好きの方にはいつでも他のiPhoneやスマートフォンに機種変更できるので、愛用している人も多いでしょう。何かあったときに自分で対処できるのは大きなメリットと言えます。

テザリング費用が無料の場合も

テザリングとは、自分のiPhoneをWi-Fi端末にして、パソコンやタブレットに通信データを提供する方法です。ソフトバンクとauはテザリング料金が、税抜で月額500円ほどかかりますが、格安SIMの場合は無料のところがほとんどです。

ちなみにドコモだけは無料でテザリングを利用することができます。

外出先でパソコンを利用するためにテザリングを多用するならSIMロックを解除して格安SIMを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

SIMロックを解除するデメリット2選

SIMロック解除と格安SIMは大きなメリットがあることをお伝えしましたが、もちろんデメリットも存在するので次のことに注意しましょう。デメリットをしっかり理解しておくことで、対策してSIMロック解除したiPhoneを快適に利用することができます。

製品の機能やサービスの保証がなくなる

ソフトバンク以外の会社のSIMカードをSIMロック解除したiPhoneで利用する場合、音声通話やパケット通信やアプリを利用する際に何かトラブルが起こったとしても保証はいっさいありません。つまり何かあった場合は、自己責任でお願いしますということです。

ソフトバンクのサポートが100%利用できないのは不便な方も多いでしょう。ガジェット系が苦手という方は、SIMロック解除せずにソフトバンクをそのまま利用するのが安心です。

データが消えても保証なし!iPhone内のメモリは必ずバックアップを取る

ソフトバンクでiPhoneのSIMロックを解除する場合、データが消えてしまうリスクもあります。その場合、ソフトバンクではデータ復旧のサービスは行っていないので注意しましょう。必ず、自分でバックアップを取るようにしてください。

バックアップはiCloudやバックアップ用アプリがありますので、そちらを利用すると簡単にバックアップと復旧が行なえます。

簡単!ソフトバンクのSIMロックを解除する方法

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除する方法を書いていきます。SIMロック解除と聞くだけで、手続きが面倒・ショップまで行くのがめんどくさい・お金がかかるのが嫌という方もいるでしょう。

実はソフトバンクのiPhoneは店頭に行かなくても解除ができて、無料で行える場合もあるのです。知っているか、知らないかでお得にSIMロック解除ができるので飛ばさず読むようにしてください。

簡単解除が可能な店頭

SIMロック解除したいけど、自分で色々やるのは面倒だからなるべく簡単にしたいという方は、迷わず店頭に足を運びましょう。手数料として税込3,240円かかりますが、やはり店頭でスタッフに解除してもらうのが一番簡単で、解除するとここが不安という点もすぐ質問できるので安心感のある方法です。

ただ、店頭でSIMロックを解除する場合は、待ち時間がかなり長くなってしまう場合があります。特に土日や祝日は混み合いますので、時間に余裕を持っていくことをおすすめします。

手数料無料その1.iPhoneから解除する方法

自分のiPhoneからSIMロック解除が行なえます。こちらも覚えてしまえば簡単なので、手数料を浮かせるためにもぜひチャレンジしてみましょう。まずはIMEI番号を調べましょう。

IMEI番号はiPhoneの設定(歯車のマークのアプリ)から一般、情報、IMEIの順に進んでいくと15桁の数字が出てきます。これをメモしておいてください。

次にMy SoftBankにログイン、ページの右上にメニューマークを押して契約・オプション管理を選択します。すると料金の詳細や契約しているiPhoneの画面が出ますので、一番下までスクロールしてください。

関連メニューというタイトルの下の方にSIMロック解除手続きが現れるはずです。そこをタップすると、IMEI番号を打ち込む場所が出てくるので先程メモしたIMEI番号を打ち込んでください。あとは解除手続きをするをタップしたら完了です。

手数料無料その2.パソコンから解除する方法

パソコンから解除する方法もiPhoneからと同じでIMEI番号をメモしてからMy SoftBankにログインします。そこから料金プラン・オプションの変更を選択してください。次にSIMロック解除対象機種の手続きをクリックします。

IMEI番号を登録する場所が出たら、入力して解除ボタンを押せばiPhoneで行ったときと同様に解除が完了します。

iPhoneとパソコン両方共通して、解除できたか確認する場合は157から問い合わせが可能です。また手元に他社のSIMがあれば挿して確認してみましょう。たったこれだけの手順で、手数料税込3,240円が無料になるので断然オンラインでの解除をおすすめします。

ソフトバンクでSIMロック解除できるiPhone

それでは肝心のiPhoneをSIMロック解除するのですが、先に自分が利用している機種を確認してください。理由は、すべてのiPhoneが解除できるわけではないからです。

iPhoneとiPadは解除の機種が制限されている

ソフトバンクでiPhoneのSIMロック解除には機種の制限があるので注意しましょう。

引用元:ソフトバンク公式サイト

表を見ると、iPhoneはiPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusが解除対象になっています。

それ以前のiPhone4シリーズや、iPhone5、5S、5Cはロック解除対象外となりますので、間違って先に格安SIMを購入してしまってSIMロック解除できなかったといった事にならないようにしましょう。

iPadは、iPad(第6世代)、10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、iPad(第5世代)、9.7インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第1世代)、iPad mini 4が対象機種となっています。

IMEI番号があれば、Appleやソフトバンクショップで自分のiPadがどの世代か教えてくれるので確認してください。

海外旅行で現地SIMを利用するならSIMロック解除は不要


引用元:ぱくたそ
海外ではコンビニで手軽に旅行用現地SIMを購入できます。日本のプランを利用するより遥かに安く、便利なのでおすすめです。

実はiPadはどのキャリアから購入しても海外で使えるのをご存知でしょうか。国内ではSIMロックがかかっているのですが、海外のSIMはそのまま利用できる仕様となっているのです。海外旅行に行くときだけ現地SIMを使うならSIMロックをわざわざ解除する必要はありません。

解除しておくと様々な格安SIMを利用できるので、解除しておいて損はありません。

ソフトバンクのSIMロック解除条件

ソフトバンクで、iPhoneのSIMロックを解除するのには条件があります。もし、お店に行って解除できませんという事になったら無駄足になってしまいますので、しっかり確認しましょう。

SIMロック解除には101日待つ必要がある

機種の条件として、2015年以降に発売された機種で、なおかつSIMロック解除機能を搭載したものに限ります。先程述べた通り、iPhone4からiPhone5sまでは対象外です。そして機種を購入した日から101日め以降であることが条件となります。

購入してすぐSIMロック解除は行うことができないので、注意が必要です。

3つの条件を満たしている場合は機種購入日から100日以内であっても機種変更が可能

100日以内でも機種変更が可能な場合も存在します。以下の3つの条件全てに合致している場合です。どれか一つではなく、すべての条件に当てはまらなければいけないので間違えないようにしましょう。

1.2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
2.前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること
3.前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること
引用:ソフトバンク公式サイト
https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

まとめると、2015年5月以降に発売された機種を利用していて、その機種を2017年12月1日以降にSIMロック解除を行っている場合です。さらにその機種でSIMロック解除を行って101日以降であることが条件です。

もともとソフトバンクユーザーの場合は条件に当てはまる場合があり、この3つの条件を満たした上でiPhoneを購入すれば即日でSIMロックを解除できます。加えて残債なしが条件となるので、機種代金が残っている場合は利用できない点も注意が必要です。

解約済みのiPhoneは解除期間と契約者に注意

解約しているiPhoneをSIMロック解除する場合は、解約してから90日以内という決まりがソフトバンクには存在します。さらに契約者本人のみしか解除できないので、譲り受けたiPhoneは解除ができないのです。

特に気をつけたいのは、オークションで買ったiPhoneです。友人から譲ってもらったものは、代わりにロック解除を頼めますが、他人から購入したiPhoneは後日解除を頼むのはほとんど無理だからです。

故障品・水濡れ品・残債ありは解除対象外


引用元:ぱくたそ
SIMロック解除するiPhoneや水濡れの痕跡がある場合は解除不可です。まずは修理からスタートしてしまうので、修理代金が必要になります。

支払いが終わっていない場合は、まとめて残りの機種代金を払わなければいけないのでこの点もしっかり注意してください。

中古のソフトバンク版iPhoneのSIMロックは解除できる価格は?

中古のiPhoneはSIMロック解除できるのでしょうか。結論から述べると、自分が契約したiPhoneではないので解除はできません。解除はできませんが、中古で購入して使える方法がありますので書いていきます。

ソフトバンクiPhone中古を買う注意点

中古ショップやオークションサイトで購入する場合は、SIMロック解除済み、残債なしになっているものを購入しましょう。最初からSIMロック解除済みになっていれば解除する手間もいりませんし、残債済ならトラブルがあっていきなりiPhoneが使えなくなる事もありません。

大手の中古ショップならこの事項はしっかりチェックと記載がされているので、購入前に確認することができますし、メールや電話でもきちんと対応してくれます。

リスクが有るのはオークションです。中古ショップより安いというメリットはありますが、嘘の記載や間違った情報、そもそもSIMロック解除の決まりを知らない人が出品している可能性があるからです。

やや割高でも、中古ショップで購入することをおすすめします。どうしてもオークションで購入したい方は、購入前に出品者からIMEI番号を聞いてネットワーク制限の情報を確認したり、別のSIMを挿して動作している写真を送ってもらうようにしてください。
  

SIMロック解除ができなかった場合の対処法・おすすめSIM3選

もし、中古のソフトバンクiPhoneを購入してSIMロック解除ができなかった場合は、ソフトバンクの電波に対応しているSIMカードを買いましょう。ソフトバンクの電波に対応しているSIMカードはSIMロックを解除しなくてもそのまま使えるのです。

1.ソフトバンクiPhoneがそのまま使えるnuro mobile

nuro mobileは、ソフトバンクのiPhone5/5s/5c、iPhone6/6プラスがSIMロック解除無しでソフトバンク回線プランを利用する事ができます。

iPhone6/6s、iPhone7/7プラス、iPhone8/8プラス、iPhoneXも同様ですが、SIMロック解除が可能な場合は、SIMロック解除してドコモ回線プランを利用する方が月額料金が安いのでおすすめです。

2.ソフトバンクiPhoneがそのまま使えるb-mobile

b-mobileもiPhone5〜iPhoneXまで利用が可能ですが、プランが990ジャストフィットSIM、7GBプリペイドSIM、スマホ電話SIMのソフトバンク版のみとなっていますので契約の際には注意してください。

SIMフリー版に関しては、全てのプランが利用可能です。

3.ソフトバンクiPhoneがそのまま使えるu-mobile

u-mobileはu-mobile SというプランのみソフトバンクのSIMロック解除していないiPhoneが利用できます。u-mobileもiPhone5以降ならすべての機種に対応しています。月額も税込950円からとお手頃なので、昔のiPhoneを2台めとして復活させるのにおすすめのSIMカードです。
 

ソフトバンクのiPhoneSIMロック解除はメリットがいっぱい


引用元:ぱくたそ
ソフトバンクのiPhoneSIMロック解除について書きました。SIMロック解除を行うことで、海外の現地SIMが使用できたり、日本でも多様なSIMカードが使えたりと、さまざまなメリットがあることには間違いありません。

オンラインで手続きすると、手数料が無料になることを考えるとSIMロック解除はするべきと言えるでしょう。もし解除ができなくてもソフトバンク回線対応SIMを利用することで使用できるので、最悪の場合は対応SIMカードを使ってください。

SIMロック解除をしようと決心した方は、意外とかんたんに解除できるオンラインでぜひ挑戦してみましょう。

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費10,000円(税別)ポイント還元率1~10%
ポイント名dポイント保険国内・海外あり
ETC年会費無料審査最短5分で審査完了
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)