読了時間:約 2

割引サービスを利用した最低維持費で考えると、ドコモを含めた大手キャリアの月額利用料金は意外と低く抑えられています。

しかし、使用するデータが1G以上だと考えると機種代金を含めて5,000円~6,000円となっている方が多いのではないでしょうか。

現在は大手キャリアよりも低価格で利用できる格安SIMも急速に普及しているので、この機会にドコモを解約したい方も多いです。

ここでは、契約期間が設定されている各種プランを中心に、ドコモを解約するベストタイミングをご紹介しています。

ドコモの解約を検討している方は、解約時に余計な出費をかけないためにも是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドコモの解約を考えているなら!まずは2年契約を確認しよう

大手キャリアでは携帯電話を契約した際の2年契約という制度があります。別名2年縛りとも呼ばれています。

この制度は、「2年間あなたの会社で携帯電話を使います」という契約で、その見返りとして料金の割引を受けられるというものです。

2年縛りを適用しなくても問題はないですが、長期的に見るとおトクな割引が発生するため、意識的に選択したユーザーも多いはずです。

ここでは2年契約をしている場合・していない場合に分けてそれぞれの特徴を確認してみましょう。

格安スマホにも2年縛りはある?申し込む前に確認が必要なこと

2年契約をしている場合

 
ドコモの2年縛りの正式名称は「2年定期契約」と呼ばれ、更新月以外に解約・乗り換えを行うと9,500円の違約金が発生します。

ドコモの料金プランには「カケホーダイプラン」などがありますが、2年定期契約はこれらの通話基本プランに適用される割引です。

例えば、「カケホーダイプラン」では2年間契約した場合は契約していない料金より年間で36,000円も安くなるのです。

2年定期契約あり・なしの場合の通話料金

プラン2年定期契約あり
月額使用料(税抜)
2年定期契約なし
月額使用料(税抜)
カケホーダイプラン
国内通話24時間無料
2,700円4,200円
カケホーダイライトプラン
国内通話5分以内無料
1,700円3,200円
シンプルプラン
家庭内通話無料
980円2,480円
データプラン
通話無し
1,700円3,200円

ずっとドコモ割の特典

ドコモには新規契約から2年経つと加入できる「ずっとドコモ割」という長期契約者向け割引サービスが用意されています。

  • 2年ごとに更新ありがとうポイントがもらえる(3,000ポイント
  • データプランから最大2,500円の割引発生(契約4年以上から)

特典は、2年ごとのポイントプレゼントやパケットパックからの割引など長期契約者を優遇する内容となっています。

2年契約をしていない場合


画像引用元:ドコモからのお知らせ : 新料金プランを更に充実し、長くご利用のお客様がよりおトクに -2年定期契約に選べる2つのコースを新設、「ずっとドコモ割」を拡充、「更新ありがとうポイント」を開始- | お知らせ | NTTドコモ

契約満了後に引き続き2年定期契約を結ぶ場合選択出来るコースを「ずっとドコモ割」と呼びます。

一方で、契約満了後に2年定期契約なしを選択する場合はフリーコースと呼ばれます。

どちらも新規契約から2年経過後以降に選択できますが、フリーコースの内容は何年使い続けても変わりません。

つまり、いつ解約しても違約金が発生しない代わりに、ポイントやデータパックからの割引などは一切無いという事になります。

2年定期契約がある・なしの場合の料金は上記でご紹介していますが、長期的な契約をするなら確実に2年契約ありの方がおトクです。

このため、よほどの事情が無い限りは2年契約を行っているユーザーが大半なのではないでしょうか。

ドコモを解約するベストタイミングは料金プランによっても変わる

2年縛りはauやソフトバンクも当然実施していますが、通話プラン・基本プランを割引対象としているのはどのキャリアも同じです。

しかし、ドコモで違約金が設定されているのはこの2年定期契約だけではないため、選択したプランによっては注意が必要となります。

ここでは契約更新月が設定されているデータプランについて理解しておきましょう。

Xiデータプランにねんの解約違約金に気を付けよう


画像引用元:ドコモの料金のしくみ | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモを含む携帯電話大手キャリアは、近年データ定額制と従量制の2つのサービスを中心とした新料金プランへと移行しました。

ドコモでは通話プランに加えて、初めから使用するデータ量を決めた定額制と使った分だけ料金が発生する従量制の2つのデータプランを組み合わせる料金体系となっています。

※現在、2019年6月から新料金プランとして「データ定額・従量制」がメインの料金プランに移行されました。

これにより従来よりも分かりやすくユーザーも好みのプランを選びやすくなったのは事実です。

現在のドコモのデータプランに2年契約は付随していませんが、以前にはデータプラン自体に違約金が設定された「Xiデータプランにねん」というプランもありました。

このプランは既に2014年8月31日を持って新規受け付けを終了していますが、引き続き契約していたという方もいる事でしょう。

「Xiデータプランにねん」は利用期間ごとに異なる違約金が設定されており、更に25ヶ月目以降も9,500円の違約金が発生します。

2年自動更新の契約ですが、契約満了月は違約金が発生しないため通話プラン・基本プランと同じく注意しておく必要性があります。

Xiデータプランにねんの違約金

利用期間解約料利用期間解約料
1ヶ月目25,600円(税別)13ヶ月目17,200円(税別)
2ヶ月目24,900円(税別)14ヶ月目16,500円(税別)
3ヶ月目24,200円(税別)15ヶ月目15,800円(税別)
4ヶ月目23,500円(税別)16ヶ月目15,100円(税別)
5ヶ月目22,800円(税別)17ヶ月目14,400円(税別)
6ヶ月目22,100円(税別)18ヶ月目13,700円(税別)
7ヶ月目21,400円(税別)19ヶ月目13,000円(税別)
8ヶ月目20,700円(税別)20ヶ月目12,300円(税別)
9ヶ月目20,000円(税別)21ヶ月目11,600円(税別)
10ヶ月目19,300円(税別)22ヶ月目10,900円(税別)
11ヶ月目18,600円(税別)23ヶ月目10,200円(税別)
12ヶ月目17,900円(税別)24ヶ月目9,500円(税別)
携帯機種変更のベストタイミング|2年縛りの解約月・更新月を解説

定額データプランの割引サービスも要チェック

2年定期契約、そしてXiデータプランにねんも長期的な契約を結ぶ事により、通常より月額使用料金が安くなります。

月額使用料金が安くなる代わりに違約金が設定されているという事になりますが、もちろんこのような割引制度は他にもあるのです。

定額データプラン割は解約すると違約金発生!

定額データプラン関連の割引サービスに加入した人は、ドコモが指定するプランに変更や更新月の解約でない場合違約金がかかります。

違約金は基本的に9,500円に設定されていますが、2年定期契約やXiデータプランなどを含めると高額な料金になってしまいます。

定額データ スタンダード割」など既に受付終了した割引サービスもありますが、基本的にどれも自動更新となっています。

定額データプラン関連の割引サービス一覧

割引サービス内容契約期間
定額データ スタンダード割月額利用料金最大3,600円割引2年間
定額データ 128K割月額利用料金最大1,505円割引2年間
ファミ割MAX50基本使用料が50%OFF2年間
ひとりでも割50基本使用料が50%OFF2年間
ビジネス割50基本使用料が50%OFF2年間
オフィス割MAX50基本使用料が50%OFF2年間
(新)いちねん割引基本使用料最大25%OFF1年間
いちねん割引基本使用料最大15%OFF1年間
ドコモの2年契約まとめ
  • ドコモを利用者の多くが2年縛りともいわれる、「2年定期契約」を結んでいる
  • 「2年定期契約」は、更新月以外に解約・乗り換えを行うと9,500円の違約金が発生
  • 定額データプラン割の違約金にも注意

次のページでは、契約更新月を調べる方法をご紹介します。

1 2