ドコモ ドコモ MNP ドコモ 手続き
読了時間:約 2

割引サービスを利用した最低維持費で考えると、ドコモを含めた大手キャリアの利用料金は意外と低く抑えられています。

しかし端末持ち込みで大手キャリアと契約する方は少ないでしょうし、使用するデータプランが1G以上だと考えると機種代金を含めて5,000円~6,000円となっている方が多いのではないでしょうか。

現在は大手キャリアよりも低価格で利用する事が出来る格安SIMも急速に普及していますので、この機会にドコモを解約したいと思っている方も多いはずです。

ここでは契約期間が設定されている各種プランを中心に、ドコモを解約するベストタイミングをご紹介しています。ドコモの解約を検討している方は、余計な出費をかけないためにも是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドコモを解約して乗り換える(MNP)おすすめ携帯キャリア

スマホの予約・購入はオンラインショップだと頭金0円、有料オプション加入の必要なしでお得!

ドコモの解約を考えているなら!まずは2年契約を確認しよう

ドコモに限らず、大手キャリアでは携帯電話を契約した際の2年契約という制度があります。2年縛りとも呼ばれるこの制度は「2年間、あなたの会社で携帯電話を使い続けます」という契約で、その見返りとして料金の割引を受けられるというものです。

2年縛りを適用しなくても問題はありませんが、長期的に見ると決して安くはない割引が発生するため意識的に選択したユーザーも多いはずです。ここでは2年契約をしている場合・していない場合に分けてそれぞれの特徴を確認してみましょう。

2年契約をしている場合

ドコモの2年契約・2年縛りの正式名称は「2年定期契約」と呼ばれ、特定の更新付き以外に解約・他社への乗り換えなどを行うと9,500円の違約金が発生するサービスです。

ドコモのスマートフォン向け通話サービスには国内通話24時間無料の「カケホーダイプラン」などがありますが、2年定期契約はこれらの通話サービスを含めた基本プランに適用される割引です。

例えば「カケホーダイプラン」では2年定期契約の有無によって月額料金に1,500円もの差がありますから、2年間契約した場合など36,000円もの違いがあるのです。

2年定期契約あり・なしの場合の通話料金

プラン2年定期契約あり
月額使用料(税抜)
2年定期契約なし
月額使用料(税抜)
カケホーダイプラン
国内通話24時間無料
2,700円4,200円
カケホーダイライトプラン
国内通話5分以内無料
1,700円3,200円
シンプルプラン
家庭内通話無料
980円2,480円
データプラン
通話無し
1,700円3,200円

また、ドコモには新規契約から2年経過後に加入できる「ずっとドコモ割」というサービスが用意されていますが、こちらも2年定期契約を引き続き選択した場合のみ適用されます。

ずっとドコモ割の特典

  • 2年ごとに更新ありがとうポイントがもらえる(3,000ポイント)
  • データプランから最大2,500円の割引発生(契約4年以上から)

上記はずっとドコモ割の特典ですが、2年ごとのポイントプレゼントやパケットパックからの割引など長期契約者を優遇する内容となっています。

更新月以外の解約には注意しなくてはなりませんが、お得に利用出来るため適用しているユーザーは多いはずです。

2年契約をしていない場合


画像引用元:ドコモからのお知らせ : 新料金プランを更に充実し、長くご利用のお客様がよりおトクに -2年定期契約に選べる2つのコースを新設、「ずっとドコモ割」を拡充、「更新ありがとうポイント」を開始- | お知らせ | NTTドコモ

契約満了後に引き続き2年定期契約を結ぶ場合選択出来るコースを「ずっとドコモ割」と呼ぶのに対して、2年定期契約なしはフリーコースと呼ばれます。

どちらも新規契約から2年経過後以降に選択出来るコースですが、フリーコース(2年定期契約なし)の内容は何年使い続けようが同じです。

つまり、いつ解約しても違約金が発生しない代わりに、更新ありがとうポイントやデータパックからの割引などは一切無いという事になります。2年定期契約がある・なしの場合の料金は上記でご紹介していますが、長期的な契約をするなら確実に2年契約ありの方がお得です。

このためよほどの事情が無い限りは2年契約を行っているユーザーが大半なのではないでしょうか。

次のページでは料金プランによっても変わるベストタイミングについて解説します。

ドコモ|契約期間中の解約料金・違約金はいくらかかる?iPhone Xで試算

Pocket

1 2 3