arrows Be4
ドコモユーザーなら最大50,000円以上お得になる公式ショップがおすすめ!
読了時間:約 2

ドコモ arrows Be4 SC-41Aの発売日やスペック・機能・価格の評価レビューを、買う理由や買わない理由を含めつつご紹介していきます。

arrows Be4はスタンダードモデルのドコモコレクションの一つとして発表されました。

ドコモのarrows Be4は日本製で頑丈や洗える点を維持しつつ、新しい機能が追加。

コンパクトサイズで片手でも持ちやすく、豊富な機能が揃っているわりに価格が抑えられているのが特徴です。

今回はそんなarrows Be4のスペックや機能など、評価レビューを詳しくお伝えします。

arrows Be4の評価ポイント
  • 発売日は、2020年6月以降予定
  • スマホデビューにちょうどいいスペック
  • ジュニアモード・迷惑電話対策機能を搭載
  • ドコモ公式価格は未定だが低価格になる予想
  • 頑丈さを継続しつつ新機能もある格安スマホ

ドコモのarrows Be4におすすめの機種変更・乗り換え(MNP)方法やキャンペーンの情報はこちらで確認ができるので、併せてチェックしてみてください。

画像引用元:arrows Be4 F-41A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

ドコモ arrows Be4の評価まとめ|買うべきか?

arrows Be4
画像引用元:arrows Be4 F-41A 製品特長(使いやすさ) – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通
ここからは、arrows Be4の評価をまとめて、買うべきかどうかそれぞれの理由を解説します。

arrows Be4を買う理由

買う理由4つ
  • 価格が安い
  • 子供・シニア向けスマホ
  • 機能が豊富
  • 頑丈で洗える

スマホの価格が安いのは、購入条件の一つになる人も多いかと思います。

arrows Be4は以前発売されたarrows Be3よりも安くなると予想されています。

それでいて、スマホの基本的なスペックや機能はパワーアップしています。無難に使える安いスマホが欲しい人にはイチオシです。

機能面ではジュニアモードやシニア向けシンプルモードなどが便利で、該当する人にはおすすめ。

スマホのサイズは小さく、重さも比較的軽めと予想されていますから、子供の手でも持ちやすいでしょう。

そして前機種arrows Be3から引き継いでいる魅力、頑丈で洗えるところは、さまざまな環境・状況で利用する人には嬉しいポイント。

長く愛用しているとどうしても傷ついたり汚れたりしますから、arrows Be4なら綺麗なまま使えるのではないでしょうか。

ほかにも、迷惑電話対策機能や文字入力など、使える機能が豊富です。災害時にも安心なFMラジオも受信可能。

キャッシュレス決済も支払いに利用するアプリと指紋を設定しておけば、電源ボタンを触るだけで起動・決済できます。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

arrows Be4を買わない理由

買わない理由3つ
  • とくに際立ったスペックはない
  • カメラ性能が低い
  • ジュニアモードは使わない

RAMやROMなどのスペックは前機種arrows Be3とほぼ一緒。ディスプレイやバッテリー容量も変化はありません。

カメラ性能に関してはarrows Be3よりわずかにアウトカメラの画素数が増えているものの、実感としてはあまり変わらないかと思います。

加えて、3眼や4眼カメラ搭載のスマホが多く出ている現状では、カメラの性能も低いと言わざるをえません。

新しい機能、ジュニアモードも使う予定がなければ、わざわざこのスマホを選ぶ必要はないでしょう。

文字やアイコンを大きく見やすくするシニア向け機能も同様です。平均以上のスペックを求めて乗り換える場合はおすすめできません。

arrows Be4に似たドコモで発売中の初心者にもおすすめなスマホをラインキングにしているので、是非こちらもチェックしてみてください。

ドコモ arrows Be4の発売日・予約開始日

ドコモ arrows Be4の発売日・予約開始日
  • 2020年6月以降発売予定
  • 予約開始日は未定

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

ドコモのarrows Be4の発売日は、予定では2020年6月以降です。予約開始日はいまのところ発表されていません。

これから予約開始日を発表する予定ということですので、今は情報がでるのを待ちましょう。

予約さえしておけば、発売されてから慌てることもありません。

arrows Be4が気になっている人は、予約開始されたら早めに予約おくと安心です。

ドコモ arrows Be4の評価レビュー【スペック】

arrows Be4
画像引用元:arrows Be4 F-41A デザイン – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

ドコモ arrows Be4のスペック
項目詳細
サイズ未定
重量140g台(予定)
SoCSnapdragon 450
CPUオクタコア
1.8GHz
RAM3GB
ROM32GB
OSAndroid 10
ディスプレイ有機ELディスプレイ
フルHD+(2220 × 1080ドット)
インチ数約5.6インチ
カラーゴールド
ホワイト
ブラック
パープル
バッテリー容量2780mAh
通信速度4G(LTE)受信時最大:150Mbps
送信時最大:50Mbps
公式ショップ>arrows Be4を見る

まずは、arrows Be4のスペックから評価レビューを確認していきましょう。

基本性能やディスプレイなど、各ポイントで過去機種arrows Be3との違いも説明しています。比べながらチェックしてみてください。

基本性能

  • SoC:Snapdragon 450
  • CPU:オクタコア1.8GHz
  • OS:Android 10
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB

基本性能をみると、ミドルレンジモデルのスマホとしては決して高くはありませんが、無難なスペックです。

WEBサイトを閲覧したり動画鑑賞したりと普通に使う分には事足りるでしょう。

arrows Be3と違う点はOS。OSも現在arrows Be3を使用している人は、Android 10へアップデートされている可能性が高いかと思います。

そのため、前モデルからの機種変更なら触った感じに大差ないため、スムーズに使いこなせるのではないでしょうか。

そこまでスペックにこだわっていないという人には、おすすめのスマホです。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

ディスプレイ

  • インチ数:約5.6インチ
  • ディスプレイ:有機ELディスプレイ フルHD+

ディスプレイに関しても、コンパクトスマホで売り出しているため、従来モデルからインチ数に変更はありません。

液晶も同じ有機ELディスプレイで、美しい画質を堪能できます。

サイズ・重量

  • サイズ:未定
  • 重量:140g台(予定)

サイズと重量の正式な数値は、2020年3月20日現在では公表されていません。

とはいえ公表されている数値目安では、重量は140g台と予定されており、軽量タイプのスマホであることが想像できます。

ディスプレイに関しては、arrows Be3と同じ5.6インチでしたので、今回のサイズも前モデルの、約147(H)× 70(W)× 8.9(D)mmに近い数値でしょう。

デザイン・カラー

  • カラー:ゴールド ホワイト ブラック パープル
  • 指紋センサーは電源ボタンと一緒

arrows Be4のカラーは全部で4色。背面には縦一列に丸ボタンやカメラなどが並んでおり、過去機種よりも上品で高級感のある色やデザインです。

指紋センサーは本体背面にある丸いボタンで、これは電源ボタンも兼ねています。

電源を入れてすぐに指紋認証のロック解除が可能です。

側面は過去モデル同様、丸みのあるラウンドフォルムで手の中に収めやすくなっています。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

ドコモ arrows Be4の評価レビュー【機能】

arrows Be4
画像引用元:arrows Be4 F-41A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

arrows Be4には、どのような機能があるのでしょうか。ここからは機能面の評価レビューをご紹介します。

ドコモ arrows Be4の機能
項目詳細
アウトカメラ約1310万画素
インカメラ約810万画素
指紋認証
防水防塵
おサイフケータイ
その他機能ハイレゾ
FMラジオ
公式ショップ>arrows Be4を見る

カメラ

  • アウトカメラ:約1310万画素
  • インカメラ:約810万画素
  • ポートレートモード搭載

arrows Be4のカメラは、一眼レフカメラで撮影したような写真を、簡単操作で撮影可能です。

画素数で過去モデルと比べてみても、arrows Be3の約1220万画素から約1310万画素へと、アウトカメラの画素数が上がっています。

ディスプレイは有機EL液晶ですから、色鮮やかで美しい写真や動画を撮影できるでしょう。

また、誰でも簡単にぼかし加工された写真が撮れるポートレートモードを搭載。ぼかしレベルは3段階あり、自分で好きに選択可能です。

その設定したぼかしレベルに合わせて調節してくれます。カメラで写真を撮るのが苦手な人でも楽しめるでしょう。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

防水防塵・MIL規格

arrows Be4
画像引用元:arrows Be4 F-41A 製品特長(割れにくい/洗える) – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

  • 防水:IPX5/8
  • 防塵:IP6X
  • MIL規格23項目準拠

arrows Be4には、頑丈で洗えるスマホという魅力があります。なかでも注目なのが、スマホを落としても画面が割れにくいところ。

例えば、落下テストでは1.5mの高さから落としても割れにくいという結果がでています。

このほかにも、アメリカ国防総省が定めたMIL規格では、さまざまな状況・条件で耐えられるかのテストを行い、実際に23項目もクリア済みです。

【MIL規格23項目の一部】

防水・防塵・落下・耐衝撃・塩水・高温&低温動作・氷結など

防水防塵だけでなく、多様なMIL規格の耐久テストを通っているため、釣りや登山など天候が変化しやすいアウトドアシーンでも問題ありません

もし汚れてしまってもハンドソープで洗えるのも重要です。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

ジュニア・シンプルモード

arrows Be4
画像引用元:arrows Be4 F-41A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

  • ジュニアモードで子供のスマホデビューにもおすすめ
  • 簡単に操作できるシンプルモードでシニアにも優しい

arrows Be4は新しくジュニアモードを搭載しています。近年では小学生や中学生にスマホを持たせることも一般的になりました。

そういったユーザー向けに使用可能アプリの選択や使えない時間帯を設定するなど、使いやすいようにカスタマイズできます。

またシニア向けにはシンプルモードを搭載

こちらは文字やアイコンを見やすい大きさに変更したり電話を短縮ダイヤルでかけられたりといった機能があります。

通常の画面でも、本体背面の丸ボタンを触れ続けるだけで、拡大表示やスクロールでき、こちらも便利です。片手だけで自由に操作できます。

防犯対策機能

  • 迷惑電話対策
  • 還付金詐欺対策

防犯対策として迷惑電話と還付金詐欺に対策できる機能が搭載されました。

迷惑電話対策は、電話帳未登録の発信者へ自動で牽制用メッセージを発信。さらに迷惑メモへ自動登録もされるためとても便利です。

還付金を餌にお金を騙し取る詐欺の対策では、電話内容をシステムが読み取って解析し、牽制や注意喚起をします。

新しく搭載された機能ですから、ぜひうまく活用してみてください。

文字入力

  • Super ATOK ULTIAS搭載
  • ガラケー配列など文字配列を変更できる
  • 音声や手書き入力に対応

文字入力の面でも力を入れています。標準装備の文字入力システムは、ジャストシステムと富士通が共同開発したSuper ATOK ULTIASです。

ATOKは入力した文字の変換能力が高いことで知られています。

加えてスマホに表示される文字配列も、ガラケーのような配列へ変更可能。

ほかにも、音声や手書きでの入力にも対応しています。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

ラジオ

arrows Be4ではラジオの受信が可能で、災害時にも心強い存在です。FMラジオ・インターネットラジオ・FMでAMが聴けるワイドFMが聴けます。

スマホでラジオが聴ければ、災害時の荷物を増やさなくて済むでしょう。

ドコモ arrows Be4の評価レビュー【価格】

arrows Be4
画像引用元:arrows Be4 F-41A | スマートフォン(4G) | 製品 | NTTドコモ

ドコモ arrows Be4の価格
  • 本体価格:未定

arrows Be4の価格は公式には未定となっています。

しかし、過去モデルのarrows Be3よりも安くなるのではないかと予想されています。

機種arrows Be4arrows Be3
本体価格未定34,056円
分割36回払い未定946円/月

初めてスマホを買う人、端末料金が安いものがいい人にarrows Be4はおすすめできそうです。

>ドコモ公式サイトでarrows Be4を見る

arrows Be4はコンパクトで使いやすい頑丈&洗えるスマホ

ドコモ2020年コレクションで発表されたarrows Be4は、片手でも軽くて持ちやすいスマホ初心者におすすめの製品です。

端末料金もお手頃価格(予想)ですから2台持ちしたい人にも適しています。過去モデルから引き継いでいる堅牢性と洗える本体も魅力。

ぜひarrows Be4を手に取ってみてはいかがでしょうか。