au AQUOS sense5G SHG03の評価レビュー|買う理由と買わない理由

auから2021年春モデルとして、AQUOS sense5G SHG03が2021年2月10日に発売されました。本記事では、最新モデルAQUOS sense5G SHG03の評価レビューと買う理由・買わない理由を解説します。

  • 2021年3月3日
AQUOS sense5G SHG03
au公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

auから2021年春モデルとして、AQUOS sense5G SHG03が2021年2月10日に発売されました。

AQUOSシリーズはSHARPが手掛ける人気シリーズで、5Gスマホとしては約5ヶ月ぶりの発売です。

本記事では、最新モデルAQUOS sense5G SHG03の評価レビューと買う理由・買わない理由を解説します。

またauの最新おすすめスマホランキングはこちらにまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

au AQUOS sense5Gの評価レビュー【価格編】

AQUOS sense5G
au AQUOS sense5Gの評価レビュー【価格編】

AQUOS sense5G SHG03の販売価格は下記の通りです。

au AQUOS sense5Gの価格

AQUOS sense5G SHG03の価格
総額(税込)39,890円
かえトクプログラム適用時:26,450円
分割料金(税込)と回数1,150円×23回+13,440(24回目)
かえトクプログラム適用時:1,150円×23回

総額は39,890円(税込)で、かえトクプログラムを利用すると実質負担金は26,450円です。

同じ2021年春モデルのGalaxy A32 5G SCG08は総額31,190円(税込)なので、AQUOS sense5G SHG03のほうが8,000円ほど値が上がります。

しかしAQUOS sense5G SHG03は5Gスマホでは3番目に安い機種で、決して高価な部類ではありません。

むしろAQUOSシリーズのファンであれば、第1候補にしても問題ないでしょう。

AQUOS sense5G SHG03
SHARPAQUOS sense5G

公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する

au AQUOS sense5Gの評価レビュー【スペック編】

au AQUOS sense5G
au AQUOS sense5G SHG03 スペックの評価レビュー

AQUOS sense5G SHG03のスペックを順番に見ていきます。

AQUOS sense5G SHG03のスペック
搭載OSAndroid11
内蔵メモリRAM 4GB/ROM 64GB
外部メモリmicroSD/SDHC/SDXCカード(最大1TB)
プロセッサSnapdragon 690 5G
カラー・ライトカッパー
・ブラック
・オリーブシルバー
ディスプレイ約5.8インチ IGZOディスプレイ
HDR対応フォーマットHDR10・HLG・VP9・YouTube HDR
サイズ約W71×H148×D8.9mm
重量約178g
バッテリー4,570mAh

それぞれ詳しく解説していきますね。

搭載OS

AQUOS sense5G SHG03に搭載されているOSは、最新バージョンの「Android11」です。

Android11には新しい機能として、下記の2つの機能が搭載されました。

Android11の新機能
  • スクリーンレコーダー
  • バブル

スクリーンレコーダーとは?画面を撮影するスクリーンショットに対して、動画を撮影する機能のこと。アプリを使わずに画面の録画が可能。

バブルとは?画面上に表示されるアイコンから、メッセージのやりとりなどがいつでもできる機能のこと。

また、シャープは発売から2年間で最大2回のOSバージョンアップと、3年間のセキュリティアップデートに対応してくれます。

長く使用する予定でも安心して使えますね。

内蔵メモリ

AQUOS sense5G SHG03の内蔵メモリは、「RAM 4GB/ROM 64GB」です。可もなく不可もなくといった容量で、特別小さいわけではありません。

一般的な使い方では容量不足になりづらいですが、動画をたくさん撮影すると足りなくなる恐れがあります。

ただし外部メモリのmicroSDカードを利用すれば解決するため、気になる人は外部メモリを用意すれば問題ありません。

CPUプロセッサ

AQUOS sense5G SHG03のCPUは、Snapdragon 690 5Gです。

5G対応のCPUなので、ミドルレンジのスペックでありながら高速で大容量の通信が可能です。

快適な操作が可能で、従来機種AQUOS sense3 SHV45と比べて性能が大きく上がっています。

CPU処理性能とデータ読み込み速度は、約2.4倍に上がっているとのこと。動画視聴やゲームプレイも快適にできそうですね。

ディスプレイ

AQUOS sense5G SHG03のディスプレイは、最先端のIGZOディスプレイです。

高精細かつ明るいディスプレイで、写真や動画、webサイトもくっきりと表示します。

また臨場感を生み出すコントロール技術と最適な画質調整で、臨場感と省エネも両立。バッテリー容量と相まって、バッテリーの持ちをよくしています。

ほかにもHDRコンテンツに対応していて、細部まで忠実に再現された迫力ある映像が楽しめるでしょう。

HDRとは?High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、より広い明るさの幅を表示する技術。

Netflix/Amazonプライム/YouTubeのHDR10コンテンツの再生にも対応しています。

またアウトドアビューのおかげで、屋外でも日差しに負けない見やすさを実現しました。

コントラストやバックライトの輝度を自動で調整し、屋外でも画面が見やすくなります。

バッテリー

AQUOS sense5G SHG03のバッテリーは大容量の4,570mAhです。シャープの公称値では動画再生13時間、ビデオ通話6時間が可能とのこと。

AQUOSシリーズでも最大の容量を誇っており、バッテリーの持ちで悩まされることはなくなりそうです。

5G通信での動画視聴と非常に相性がよく、どこでも安心して視聴できますね。

AQUOS sense5G SHG03
SHARPAQUOS sense5G

公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する

au AQUOS sense5Gの評価レビュー【機能編】

au AQUOS sense5G
au AQUOS sense5G SHG03 機能の評価レビュー

AQUOS sense5G SHG03には、下記のようなたくさんの機能が搭載されています。

いずれも楽しく、便利に使える機能です。

カメラ機能

au AQUOS sense5G
AQUOS sense5G SHG03のカメラ機能

AQUOS sense5G SHG03のアウトカメラには、下記の3つのレンズが搭載されています。

AQUOS sense5G SHG03に搭載された3つのレンズ
  • 広角カメラ
  • 標準カメラ
  • 望遠カメラ

「背景を撮影するときは広角カメラ、被写体がちょっと離れたところにいるときは望遠カメラ」のようにシーンに合わせて撮影できます。

普段使いなら十分に足る機能と言えるでしょう。

手ブレ補正が優秀なので、静止画だけではなく動画でも綺麗に撮影できます。子どもやペットが遊ぶシーンを撮影すると、ブレがなく見やすくなります。

また綺麗に撮影するために、AIが補佐してくれる点も見逃せません。AIが人を認識すると、顔の画質を自動で最適化してくれます。

難しい技術がなくてもかんたんに、美しい表情を残せるでしょう。

また夜景など夜の撮影をサポートしてくれるナイトモードも搭載しているので、昼夜問わず写真撮影を楽しめます。

ARCore対応

AQUOS sense5G SHG03はARCoreに対応しています。

ARCoreとは?Googleが開発した、Android向けARアプリが開発できるキットのこと。

Googleの検索結果からAR撮影したり、AR対応アプリを楽しんだりできます。人を選ぶ機能ですが、子どもがいる家庭では活躍するかもしれませんね。

2画面分割

「ながら見」を満喫するための機能「2画面分割」は、AQUOS sense5G SHG03ではボタンを押すだけで行えます。

動画を観ながら関連情報を探したり、SNSを見ながらニュースをチェックしたりできるのでweb検索がかんたんになるでしょう。

さまざまなアプリを同時起動できるので、他にもいろいろな使い方が楽しめそうですね。

テザリングオート

AQUOS sense5G SHG03はテザリングを自動で切り替えてくれる機能があります。

テザリングとは?テザリングとは、スマホを介してPCやタブレットをインターネットに接続できる機能のこと。

本来であれば手動で切り替える必要がありますが、テザリングオートを活用するとあらかじめ設定した場所を判別し、自動でON/OFFしてくれます。

外出先でONになるよう設定しておけば、かんたんにインターネットへ接続可能です。毎回操作する必要がないので、家や外でも便利に活用できます。

ただしauのテザリングはオプション機能なので、申し込まなければいけません。

料金プランによっては有料だったりデータ容量に制限があったりするので、しっかりと確認しておきましょう。

Payトリガー

AQUOS sense5G SHG03にはPayトリガーが搭載されており、スマホでの支払いがよりかんたんにできます。

Payトリガーとは?端末前面にある指紋センサーを長押しして、電子決済アプリが起動する機能のこと。

Payトリガーを使うと、端末のロック解除→アプリの起動の動作が指紋センサーだけで完結できるので、ストレスなく活用できます。

普段からバーコード決済を利用している人がPayトリガーを体験すると、便利さから手放せなくなりそうです。

かんたんモード

かんたんモードは、初めてスマホを持つ人向けにユーザーインターフェースが見やすくなる機能です。

四角いアイコンは見やすさや押しやすさを重視した設計になっており、文字も自由に設定できます。

また、画面の下にある3つのボタンは「楽ともボタン」と言って、よく電話する人のショートカットを登録できます。

初めてスマホを持つ人、特に年配の人におすすめの機能と言えるでしょう。

AQUOS sense5G SHG03
SHARPAQUOS sense5G

公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円

au公式オンラインショップ>au公式ショップで確認する

au AQUOS sense5Gは買うべき?買わないべき?

au AQUOS sense5G
au AQUOS sense5G SHG03 買う理由と買わない理由

AQUOS sense5G SHG03の評価レビューしましたが、実際のところAQUOS sense5G SHG03は買うべき機種と言えるのでしょうか。

買う理由と買わない理由を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

au AQUOS sense5Gを買う理由

AQUOS sense5G SHG03を買う理由は下記の3つです。

AQUOS sense5G SHG03を買う理由
  • 低価格
  • バッテリー持ちがいい
  • 防水防塵、耐衝撃に優れる

なんと言ってもユーザーにとって大切なのは価格です。低価格であることは、それだけで十分な強みと言えるでしょう。

ハイエンドクラスを求めない人は、一考の価値があります。

バッテリー持ちの良さも、AQUOS sense5G SHG03がもつメリットの1つです。

省エネIGZOディスプレイと大容量バッテリーの恩恵は大きく、普段使いであればバッテリーを気にする必要はありません。

気兼ねなく動画やゲームを楽しめるでしょう。

低価格スマホであるにもかかわらず、防水防塵・耐衝撃を備えている点も見逃せません。

突然の雨も問題なく、不意に落下させてしまっても大丈夫な場合もあります。

ただし当たりどころによっては、当然故障してしまうので落下させないに越したことはありません。

さらにアルコール除菌シートも使用できるので、ウイルスなどが気になる人にもおすすめです。

au AQUOS sense5Gを買わない理由

AQUOS sense5G SHG03を買わない理由は下記の3つが考えられます。

AQUOS sense5G SHG03を買わない理由
  • カメラ機能が物足りない
  • 初心者向けのスペック
  • 内蔵メモリが少ない

カメラは3つのレンズを搭載していますが、マクロ撮影は不可能です。

多機能なカメラで撮影を楽しみたい場合は、使い慣れてると不満を感じるかもしれません。たくさんカメラを使うなら、他の機種を考えてもいいでしょう。

またスペックが初心者向けなので、人によっては選択肢に入らないこともありそうです。

購買層の違いと言えるのであまり気にする必要はありませんが、ハイスペックスマホを求める人は買わないほうが無難でしょう。

さらに内蔵ストレージであるROMが64GBしかないことも、人によっては気になるポイントかもしれません。

動画のように容量が大きいものを保存すると、足りなくなる恐れがあります。

ただし外部メモリのmicroSDカードを使うと解決できるため、大きな問題とは言えませんね。

au AQUOS sense5Gは5Gデビュー向けの1台

AQUOS sense5G SHG03をスペック、機能、価格の観点からレビューしました。

5Gスマホとして必要十分な性能を持っており、価格面から5Gスマホのデビューにおすすめできる機種と言えます。

また初めてのスマホにも向いているため、年配の人は選択肢に入れてもいいかもしれません。

安価な5Gスマホがほしいなら、ぜひ一度チェックしてみてください。


au公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
津田まさき
家電量販店で勤務する複業WEBライター。家電製品や携帯端末を日々勉強し、わかりやすくロジカルな記事を心がけています。アニメやゲーム、文房具が好きで、毎日デジタルvsアナログが脳内で繰り広げられています。