auで機種変更のベストタイミングは?違約金と契約縛りを解説

auで機種変更したいけど解約金がとられないタイミングがわからない方も多いのではないでしょうか。そんな方に自身の契約状況から解約タイミングを割り出す方法を解説していきます。auの機種変更タイミングに迷ったらている方はぜひ参考にしてみてください。

  • 2021年3月8日
auで機種変更のベストタイミングは?違約金と契約縛りを解説
au公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!

auの携帯機種変更を検討されているなら、タイミングを考慮した方がいいでしょう。

利用中のプログラムによっては、違約金や途中解約金などが発生する可能性もあるため、2年縛りや解約月などをよく確認する必要があります。

機種変更のベストタイミングをケース別に理解して、損をしないようにしなければなりません。

契約の縛りや機種変更に関連するプログラムなど、利用状況に合わせてタイミングを見定めていきましょう。

また機種変更をすでに決めている方は、auでお得に機種変更する方法も併せてチェックしてみてください。

auの機種変更ベストタイミング一覧

auのキャンペーン
auで機種変更するタイミング

auで機種変更をするタイミングは、前回の機種変更で利用したプログラムによっても異なります。

自分がどのプログラムを利用しているかに応じて、適切な機種変更のタイミングを確認しておきましょう。

スマホの購入時期によって、利用したプログラムが異なるケースも存在します。

自分が利用中のプログラムが現行のものではない可能性もあるので注意しなければなりません。

機種変更で利用したプログラムの違約金が発生することもあるので全体的な確認が必要となるでしょう。

まずは、自分の契約状況をしっかり把握して、auが実施している各プログラムごとの機種変更のタイミングをチェックしてください。

au Online Shop お得割は違約金が発生する可能性あり

au Online Shop お得割
au Online Shop お得割
au Online Shop お得割
概要au Online Shopで対象機種を購入すると
機種代金から最大22,000円(税込)割引
適用条件au Online Shopで対象機種の購入
※新規契約(他社からお乗りかえ含む)または機種変更(12カ月目以上ご利用)
期間2020年4月1日(水)~
※在庫がなくなり次第、終了となります。

「au Online Shop  お得割」は、auオンラインショップにて対象機種を新規・乗り換え・機種変更で購入すると端末代金から最大22,000円が割引されるサービスです。

対象機種がお得に手に入るため、スマホ購入で利用した方も多いと思います。

こちらのプログラムでは機種変更によるスマホ購入も割引の対象に含まれており、対象機種が最大3,300円割引されます。

しかし、機種変更の場合、割引の条件として「12ヶ月以上の利用」が加えられています。

そのため、最低利用期間が経過する前に機種変更や解約をした場合、割引が適用されないので注意が必要です。

「12カ月以上」ということは、購入月を含めて12カ月は継続利用する必要があります。

したがって、機種変更のベストタイミングとしては「13カ月目以降」といえるでしょう。

13カ月目以降であれば、割引もしっかりと適用された上で機種変更が可能です。

また、2020年9月22日時点で新規受付を終了しているプログラムで、機種変更後12カ月以上の利用を条件に加えているプログラムには、以下のものがあります。

  • 春トク割、U25 機種変更 春トク割(※2020年3月31日終了)
  • iPhone得割(※2019年10月31日終了)
  • au購入サポート(※2019年9月30日終了)
  • 3Gスマホ機種変更プログラム(※2019年9月30日終了)
  • 初スマホ割(※2019年9月30日終了)

上記のプログラムを適用してスマホを購入された方は、機種変更を行う際、購入日をよく確認しておきましょう。

「かえトクプログラム」はプログラムをしっかり利用した方がお得

かえトクプログラム
かえトクプログラム
かえトクプログラム 詳細
概要・予め買取価格を設定しておいて2年後となる25回目にプログラムを利用すれば残りの支払いが不要
・25カ月目に新しい機種へ買い替えしない場合は、最終回支払分を再度24回に分割
・13カ月目~なら機種変更が可能だが、24ヶ月目までは支払いが続く
適用条件①対象機種を12カ月以上ご利用後、当社・au取扱店でauのスマートフォン・ケータイ・タブレット・ルーターのいずれかを購入すること
②本プログラムでご購入された機種を当社が回収すること
プログラム料無料
プログラム加入時・au、au取扱店で対象機種を本プログラムでご購入する
※加入は購入と同時の場合のみ可能
プログラム利用時・新しい機種へ買い替えと同時に本プログラムの特典を利用し、本プログラム加入機種を回収する
・回収はau取扱店に限る。一部店舗、au Online Shopでは取扱いできない。
注意点・故障している場合は故障時利用料22,000円(不課税)が必要

「かえトクプログラム」は、対象機種を24回の分割払いで購入し、23回分を支払い後、機種変更すると最終回分の支払いが不要になるプログラムです。

支払い方法は変則的になっており、最終回分の金額は購入機種の2年後の買取価格に設定されています。

そのため、1~23回分の支払い代金は低く抑えられており、実質的な負担は端末価格の2/3程度に収まります。

かえトクプログラム
かえトクプログラム

ただし、このプログラムを適用するには23回目の支払い後、機種変更を行うのが条件になっています。

機種変更しなければ最終回支払い分が24回に再分割されて支払いが継続されるので注意が必要です

この「かえトクプログラム」はスマホ購入月を1カ月目と設定し、2カ月目から分割払いが開始されます。

そのため、23回目の支払いが行われるのは24カ月目となり、25カ月目に機種変更することで最終回分の支払いが不要になります。

したがって、機種変更のベストタイミングとしては、対象機種を購入してから「25カ月目」といえるでしょう。

「かえトクプログラム」は現在も提供中で、ご利用の方も多いと思います。

今後の機種変更の参考のためにも、購入日から計算した機種変更のベストタイミングを確認しておきましょう。

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

「アップグレードプログラムDX」の人は13カ月目〜25カ月目がおすすめ

新しくなった機種代金プログラム「アップグレードプログラムDX」とは?
アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムDX 詳細
概要・対象端末48回払いで購入し、12カ月間利用後、機種変更に買い換えると最大24回分の支払いが不要
・25カ月目に新しい機種へ買い替えしない場合は分割払いが継続
適用条件auスマホを48回払いで購入と同時に本プログラムへ申し込む
プログラム料390円/月
プログラム加入時・au、au取扱店で対象機種を本プログラムでご購入する
※加入は購入と同時の場合のみ可能
プログラム利用時・新しい機種へ買い替えと同時に本プログラムの特典を利用し、本プログラム加入機種を回収する
・回収はau取扱店に限る。一部店舗、au Online Shopでは取扱いできない。
注意点・故障している場合は故障時利用料22,000円(不課税)が必要

「かえトクプログラム」の1つ前の端末購入プログラムとして、auでは「アップグレードプログラムDX」が提供されていました。

こちらは2019年10月31日までの受付となっているため、こちらのプログラムが適用されている人も多いはずです。

※「かえトクプログラム」は2020年2月21日以降提供開始。

対象機種を購入して48回の分割払いを行い、12カ月間の利用後、機種変更すると最大24回分の支払いが不要になるプログラムです。

アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムDX

また、プログラムの適用には、「プログラム料:390円/月」を毎月支払う必要があります。

こちらのプログラムを利用している場合、機種変更のベストタイミングとしては13カ月目〜25カ月目となります。

13カ月目(12回分支払い済み)で機種変更した場合、13〜24回目までの支払い分を負担することにはなりますが、25回目以降の支払いが不要になります。

25ヶ月目以前での機種変更だと24回目までの残金支払いがあるので注意が必要です。

そして、13〜24カ月目までに機種変更する場合、前倒し利用料として「プログラム料390円×24カ月目までの残月数」の支払いが必要です。

また、実質的な負担額は同じですが、機種変更で新しい端末の購入代金がかかることを考えると、負担額が一時的に大きくなる可能性もあります。

そのため、機種変更のタイミングとしては「13〜25ヶ月目」がおすすめで、一時的な負担を増やしたくない人は「25ヶ月目」での買い替えがおすすめです。

今お使いのスマホに「アップグレードプログラムDX」が提供されている場合には、利用期間をよく確認してみましょう。

auで端末の分割支払残額がなくなってから

auで端末の分割支払残額がないかを確認しよう
auで端末の分割支払残額がないかを確認しよう

もしauで機種変更を考えている場合は、現在利用している端末の分割支払残額がないかを確認しておきましょう。

機種変更の場合は他社への乗り換えをしたりauを解約する訳ではないので、契約縛りや違約金を気にする必要はありません。

前回端末を購入する際に利用した機種代金プログラムの種類と、分割支払残額をチェックするようにしましょう。

分割支払残額はWEB(My au)から確認することができます。

WEB(My au)から「分割支払金残額」の確認をする方法
WEB(My au)から「分割支払金残額」の確認をする方法
WEB(My au)から「分割支払金残額」の確認をする方法

WEBから「分割支払残額」を確認する方法は下記の通りです。

  1. 端末から「My au TOP(ご利用料金)」にアクセスする。
  2. au IDでのログインする。
  3. ページ下部の「料金内訳を確認する」をタップする。
  4. 4桁の暗証番号を入力し、「次へ」をタップする。
  5. 料金内訳の画面からau機器代金の項目の電話番号をタップする。
  6. 分割支払金項目で残額を確認する。

支払残額や残りの支払い回数を確認しておけば、機種変更のタイミングを明らかにすることができます。

どうしても欲しい新モデルがあった場合など「残額を支払って機種変更する」か「完済まで待つ」といった判断をしてください。

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

ベストタイミングを逃した時の対処方法

auの下取りプログラム
auの下取りプログラム

「かえトクプログラム」は、機種変更時に端末を回収される仕組みとなっていて、下取りに出すことはできません。

もし既にかえトクプログラムの機種変更のベストタイミングを逃してしまっている場合は、「下取りプログラム」の利用を検討しましょう。

機種によっては残り少ない割賦代金を免除されるよりも、下取りに出したほうが高く売れる場合があります。

例えば、「iPhone XS Max」であれば、通常品で58,300円の割引が適用されます。

かえトクプログラムを利用時の免除額と下取りした時の金額とを比較して、どちらが得かを考えてみましょう。

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

au新プランは2年契約期間の縛りが緩和

機種変更のタイミングは、新旧どの料金プランを利用しているかによっても変わります。

auでは2019年10月1日から新しい料金プランが提供されており、2年契約縛りが緩和されました。

違約金があることで乗り換えや解約のタイミングが難しくなっていましたが、今では容易に行えるようになっています。

新しい料金割引サービス「2年契約N」は、2年単位のauの継続利用することで基本使用料が170円/月の割引になります。

これは2019年10月からの改正電気通信事業法に合わせた内容になっています。

期間拘束の有無による料金差の上限を170円/月まで、契約解除料は1,000円というルールに対応して設定されています。

更新月は3ヶ月(24ヵ月目、1・2ヶ月目)で、更新月以外に契約を解除すると契約解除料1,000円がかかる仕組みです。

更新月中に申し出が無ければ自動更新となり、2019年10月1日以降は加入時などに次回の自動更新有無を選択することが可能となります。

これにより、以前の契約解除料9,500円だったプランと比べるとかなり値下げされて他社への乗り換えがしやすくなった印象です。

ただ、契約解除料が安くなるかわりに月額料金から引かれる割引額が少なくなり、これまでの2年契約よりも月額料金は1,330円も高くなる計算です。

比べると「2年契約N」はかなり割引額が少ないので、近々他社へ乗り換え予定という方以外は通常の「2年契約」のままのほうがお得でしょう。

既に契約中の場合は引き継き「2年契約」のサービスを受けることも可能です。

更新月以外の契約解除料1,000円のプラン
  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 5G ALL STARパック
  • ピタットプラン 5G
  • データMAX 4G
  • データMAX 4G Netflixパック
  • ピタットプラン 4G

【契約解除料1,000円のプランで受付終了プラン】
auピタットプランN(s)/auフラットプラン7プラスN/auフラットプラン20N(シンプル)/auフラットプラン25
 NetflixパックN(シンプル)/auデータMAXプランPro

もし現在契約中の「2年契約」から「2年契約N」に変更する場合は、「2年契約」の加入年数に関わらず契約解除料はかかりません。

ただ、その場合は料金プランも「2年契約N」対応の新プランへ変更することになるので注意しましょう。

また旧プランから10月1日から提供される新料金プランに移行した場合も、「2年契約N」へ変更となります。

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

更新月以外でau新プランに変更する場合の注意点

auの機種変更タイミング注意点

2年契約縛りがなくなり、違約金が安くなったことで乗り換えや解約が容易になりました。

「機種変更のタイミングで新プランに移行しよう!」と思ったかもしれませんが、新プランへの移行には注意点もあります。

旧プランを利用中の方で新プランへの移行を検討している方は以下のポイントを確認しておきましょう。

旧プランの違約金は次回の更新月まで保留となる

現在利用中のプランで2年契約縛りが適用されている中で、新プランに変更しても違約金がなくなるわけではありません。

「新プランだと違約金が1,000円で済むのでは?」と思ったかもしれまんが、実は旧プランの違約金は次回の更新月まで保留されます。

更新月の時期もそのまま引き継がれるため、新プランに移行した後でも、更新月以外に解約すると9,500円の違約金が発生します。

新プランに移行しても、次の更新月までは旧プランの違約金条件が維持されてしまうので注意してください。

更新すると、晴れて新プランの内容が適用され、違約金も1,000円となります。

新プランに移行してから乗り換えや解約をしようと思っていた方は、タイミングを再検討しましょう。

2年縛りなしでもプラン変更後すぐの解約はダメ

auの新プランでは「2年契約N」の他に、定期契約のないプランも用意されています。

先ほど、旧プランから新しい「2年契約N」移行しても、旧プランの違約金が保留されると紹介しました。

実は、定期契約なしのプランを選んだとしても、旧プランの違約金が更新月まで保留されるので注意してください。

「定期契約なし」だと料金が上がる分、違約金などの縛りがなくなるのですが、移行後それが適用されるのは更新月を過ぎてからです。

月額料金やサービス内容に魅力を感じている場合は、新プランへの移行もおすすめですが、違約金目当てで移行する場合は注意してください。

違約金と契約の縛りまとめ
  • 2年契約の縛りが緩和されたのは2019年10月開始の新プランだけ
  • 2年契約による違約金は9,500円→1,000円に緩和
  • 新プランに移行しても旧プランの違約金が保留される
  • 新プラン移行後、違約金1,000円になるのは更新月以降

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

auで機種変更するならauオンラインショップ

auで機種変更するならau公式のオンラインショップを利用しよう
au公式オンラインショップ

auでは、機種変更時もau公式のオンラインショップを利用すればお得に端末を購入することが可能です。

auオンラインショップのメリット
  • 待ち時間不要
  • 来店不要+24時間受付
  • 2,500円以上の購入で送料無料
  • 機種変更の頭金不要
  • オプションの強制加入がない

もしキャリアショップや街の家電量販店等で端末を購入した場合は、キャリアショップや家電量販店の利益となる頭金が1万円前後上乗せされた価格になります。

これまでキャリアショップ等でのみ購入していた方にとっては当たり前のことでしたが、公式のオンラインショップで購入すればムダな頭金は発生しないのでお得です。

また、キャリアショップや家電量販店で機種変更を行うと、必ずショップ独自で設定したオプション加入を勧められます。

オプションを断ると割引がなくなり購入価格価格が高くなってしまうので、必ず無料期間だけはと加入していませんか?

公式のオンラインショップで購入する場合は、こういった煩わしいオプションの強制加入がありません

2,500円以上の購入なら送料無料で最短翌日には自宅まで届くので便利ですし、休憩中の短い時間でも待ち時間を気にすることなく購入できます。

ぜひ機種変更をする場合は、時間的にも金額的にもお得になる公式のオンラインショップを利用しましょう。

au公式オンラインショップならスマホ料金の分割支払い時、頭金0円で断然お得!

>au公式オンラインショップで機種を探す

▲目次に戻る

ベストなタイミングで無駄なく機種変更をしよう

auの新料金プランでは、違約金が1,000円へ値下げされたことより、他社への乗り換えはかなり容易になりました。

しかし、現在利用中の機種代金プログラムによっては、指定された期間継続して利用しないと割引が適用されなくなることもあるので注意が必要です。

機種変更の時期に差し掛かっている方は、違約金1,000円を支払って他社へ乗り換えるか、auで機種変更を行うかは悩むところでしょう。

どちらのほうがお得になるかは、古い端末の機種代金プログラムをチェックして、他社へ乗り換えるのと機種変更とを比較してみなくてはわかりません。

自分が加入しているプログラムをチェックして、機種変更のタイミングを調べてみましょう。

ベストタイミングで機種変更できれば、無駄なくお得に新しいスマホが手に入るのでおすすめです!


au公式でスマホ本体代が最大50%OFFになるキャンペーン実施中!
この記事を書いた人
mur1mot0tty
専業ライターとして活動している28歳。サッカー観戦とサイクリングが趣味。 スマホはAndroid派で、スペックよりもコスパを重視しています。 普段はキャリア・格安SIM、クレカ、キャッシュレス、ネット回線系の記事を執筆。