キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

おサイフケータイはとても便利で、一度使うともう手放せません。ところが、おサイフケータイに不可欠なクレジットカードについては無頓着な方が多いようです。この記事では、おサイフケータイに対応している主要なクレジットカードについて会社別に解説し、お得な使い方も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

おサイフケータイで支払いができる理由

おサイフケータイが支払っているのは電子マネー


コンビニエンスストアや駅の自動改札などで、スマホやケータイをかざしておサイフケータイを使っている光景をよく見かけます。

スマホやケータイからお金が出ているわけでもないのになぜスルーできるのかというと、スマホやケータイを通して電子マネーが支払われているからなのです。

端末にFeliCaを内蔵することで、FeliCaチップを採用している電子マネーや乗車カードをおサイフケータイで利用できるようになっています。そのため、スマホやケータイをかざすだけで電子マネーの支払いや乗り物への乗車ができるのです。

おサイフケータイで使える電子マネー


おサイフケータイで電子マネーを利用するには、スマホやケータイに電子マネーのアプリをダウンロードすればOKです。おサイフケータイで利用できる電子マネーには以下のようなものがあります。

  • Suica
  • Nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy:
  • iD
  • QUICPay

ここに挙げたなかで、「iD」と「QUICPay」以外の電子マネーはプリペイドタイプのものです。プリペイドとは先払いという意味で、利用する前にお金をチャージしておき、そこから払い出していくというシステムの電子マネーです。

残高が0になると、新たにチャージしない限りそれ以上使うことができなくなりますが、おサイフケータイで利用できるクイックチャージやオートチャージを活用すれば、プリペイドタイプでも残高を気にせずに使えます。

一方、「iD」と「QUICPay」はポストペイタイプの電子マネーです。ポストペイとは後払いという意味で、事前にチャージしておく必要はありません。

買い物代金は後日まとめて支払われるというシステムが採用されているため、クレジットカードと同じ感覚で電子マネーを使うことができます。

おサイフケータイとクレジットカードの関係

今のところ、クレジットカードとしておサイフケータイを使うことはできません。けれども、おサイフケータイで利用する電子マネーへのチャージや、後払いタイプの電子マネーを利用するために、クレジットカードが使われるのです。

つまり電子マネーを仲介にすることで、おサイフケータイでクレジットカードを利用できるようになります。

おサイフケータイがクレジットカードを使うタイミング

プリペイドタイプへのチャージで支払う

プリペイドタイプの電子マネーにお金をチャージするタイミングは、買い物前です。おサイフケータイに入れた電子マネーでは現金以外でも、登録しておいたクレジットカードからチャージすることができます。

つまりプリペイドタイプの電子マネーでクレジットカードが使われるタイミングは、カードからチャージするときです。なおクレジットカードからチャージしても、プリペイドタイプの電子マネーでの支払い方法は、買い物毎の一回払いとなっています。

ポストペイタイプの引き落としで支払う

事前のチャージが不要なポストペイタイプの電子マネーでは、買い物代金は買い物のときに支払われるのではありません。

ポストペイタイプでは、利用代金は登録済みのクレジットカードから後日まとめて支払われます。引き落とし日は、利用した店舗やカード会社の締め日によってまちまちですが、おおむね1~2ヶ月後になるようです。

残高を気にせずに使えるのがポストペイタイプのメリットですが、クレジットカードを使っている自覚があまりないまま、お金を使いすぎてしまう危険性もあります。

また、ポストペイタイプの電子マネーは分割払いやリボ払いにも対応できるため、金銭管理をきちんと行う必要があるのです。

ポイントがたまるタイミングは?

プリペイドタイプならポイント付与は3回

おサイフケータイが現金払いよりお得だといわれているのは、使うたびにポイントが貯まっていくからです。貯めたポイントは商品やサービスと交換するほか、支払いに充てたり他のポイントに交換したりできます。

ポストペイタイプの電子マネーの場合、チャージするだけでポイントが付きます。ここに買い物代金に対して付与されるポイントと、チャージしたお金がクレジットカードから引き落とされるときのポイントが加わるのです。

つまり、プリペイドタイプの電子マネーなら、1回の買い物に付き3度ポイントが付与されることになります。

ポストペイタイプでのポイント付与は2回

ポストペイタイプの電子マネーの場合、事前のチャージが不要となります。チャージの手間が要らないうえ、残高を気にすることなく買い物ができてとても便利なのですが、残念ながらチャージ分のポイントは手に入りません。

買い物したときに付与されるポイントと、買い物代金がクレジットカードからまとめて引き落とされるときのポイントが付与されるのみです。つまり、ポストペイタイプの電子マネーでは、1回の買い物に付き2度ポイントが付与されることになります。

おサイフケータイ向けクレジットカードの選択ポイント

おサイフケータイに対応しているクレジットカードは、各社から発行されています。その中からおサイフケータイに登録するクレジットカードの選択ポイントを紹介します。

年会費は無料が基本


おサイフケータイでお得さを高めたいなら、クレジットカードの年会費は見逃せないポイントです。ほとんどのクレジットカードでは初年度の年会費は無料となっています。けれども次年度以降は毎年年会費が発生するものもあるのです。

まずは年会費が完全に無料のクレジットカードを選択することが、おサイフケータイをお得に利用するためのポイントといえます。

還元率は高い方がうれしい


200円の買い物に対して、ポイントが1円分しかつかないクレジットカードと2円分が付与されるクレジットカードでは、単純計算でポイントが貯まる速さには2倍の開きがあります。ポイントの還元率はお得さに大きな影響を与えるため、しっかりとチェックしておきたいものです。

また、利用サービスによってポイント還元率が異なることが多いため、ご自身がよく利用しているサービスとクレジットカードの「相性度」も注目したいところです。

貯めたポイントの使い勝手も重要


せっかく貯めたポイントなのに、使い道が限られていたり使い勝手が悪かったりすることがあります。結局使えなかったり期限切れで無効になってしまったりすると残念です。

けれども、貯めたポイントをよく使うポイントに変換できたり、おサイフケータイなどの支払いに利用できたりすれば、ポイントが無駄になってしまうことはありません。お得におサイフケータイを使うためには、ポイントの使い勝手も見逃せません

ユーザーが優遇されるクレジットカード


ユーザーの属性も、クレジットカード選びに大きな影響を及ぼす項目です。ご自身がよく利用するサービスに対して手厚い特典や優遇措置があれば、年会費や還元率を少々犠牲にしてもお得になる場合もあります。

ご自身の日頃の消費活動を一度じっくりと再点検して、最もお得度の高いクレジットカードをお選びください。

おサイフケータイに対応しているクレジットカード

ここからは、おサイフケータイで使える電子マネーサービスに対応したクレジットカードについて、年会費や還元率およびメリットなどを紹介します。

楽天カード


画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

楽天ユーザーには特におすすめ

楽天カードは、年会費が永年無料となっています。クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018に輝いた実力派のクレジットカードで、国際ブランドはVISA・Master・JCBから選べます。また、学生や主婦の方でも審査に通りやすいことも大きなメリットです。

通常のポイント還元率は1.0%ですが、楽天市場を利用すると還元率は3.0%になるので、楽天市場でよくお買い物をする方には必携のクレジットカードです。

楽天Edyへのチャージでポイント3重取り

楽天カードから楽天Edyにチャージすると200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。そして買い物のとき楽天Edyで支払うと、200円につき1ポイントがもらえるのです。さらに1ヶ月の楽天カード合計利用金額に対しても、1.0%の楽天スーパーポイントが付与されます。

つまり、楽天カードでチャージした楽天Edyで200円の買い物をすれば、楽天スーパーポイントを3重取りできて合計4ポイントもらえることになるのです。便利なクイックチャージやオートチャージも利用できます。

ポイントはANAマイルなどと交換できる

おサイフケータイでは、楽天スーパーポイントをANAマイルやPontaポイントなどに交換できます

ポイントは一定数以上貯めなければ使えないことが結構あります。そんなとき、楽天スーパーポイントなら目的のマイルやポイントに融通できるので、とても便利です。交換できるポイントは、TポイントやWALLT ポイントなどにも交換できます。

楽天カードは楽天Edyにぴったり

楽天Edyへのチャージは、楽天カード以外でもアメックスやライフカードのほか、ニコスやセゾン、オリコなど数多くのクレジットカードで対応できます。また現金や銀行口座からのほか、楽天スーパーポイントを使ってのチャージも可能です。

なお楽天カードでは、楽天Edy以外の電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外となっているので、ご注意ください。

イオンカードセレクト


画像引用元:イオンカードセレクト|暮らしのマネーサイト

暮らしに便利なイオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカードおよびWAONカードが一体になったカードです。年会費は永年無料で、国際ブランドはVISA・Master・JCBから選べます。

全国のイオンやイオンモールのほか、ダイエーやマックスバリュなどイオングループの対象店舗で利用すると200円ごとにときめきポイントが2ポイント付与されます。20日・30日のお買い物5%OFFのほか、イオンシネマでの割引など、暮らしに密着したサービスが人気です。

イオンカードセレクトで普通預金の金利が0.1%に

現在の超低金利下では、普通預金の金利は0.001%となっています。ところがイオンカードセレクトだと最大0.12%になります。

クレジットカードの引き落としのために銀行口座が必要になりますが、イオンカードセレクトを利用するだけで、普通預金でも定期預金並みの金利を手にすることができるのです。

WAONを使うならイオンカードセレクト

WAONを使うならイオンカードをおすすめします。というのは、WAONをおサイフケータイでクレジットチャージやオートチャージを行うためには、イオンカードが必要となるからです。

イオンカードにはさまざまな種類のものが発行されていますが、イチオシはイオンカードセレクト。先に解説したように普通口座の金利が優遇されるうえ、キャッシュカードとクレジットカードが一体になっているので、カードを増やさずにすむのです。

なお、イオンカードセレクトの利用代金は、イオン銀行からの引き落としのみとなります。イオンカードセレクトの優遇金利は、クレジットカードとイオン銀行をともに利用するユーザーへのサービスとして提供されているのです。

WAONでもポイントを3重取りできる

WAONを使うと200円ごとに1WAONポイントがもらえます。事前のチャージは、お店のレジやWAONチャージャーのほか、イオン銀行のATMからでも可能ですが、イオンカードセレクトを利用してオートチャージすれば。200円毎に1ポイントがもらえます。

さらにクレジットカード利用代金200円ごとにときめきポイントが1ポイント貯まり、ポイントを3重に獲得できるのです。

dカード GOLD(ゴールド)


画像引用元:dカード | dカード GOLD(ゴールド)のご紹介

ドコモユーザーならメリットを最大化できる

年会費が税別10,000円掛かるにも関わらず、会員特典の手厚さでドコモユーザーから熱い支持を獲得しているのがdカード GOLD(ゴールド)。

dカード GOLD(ゴールド)にはさまざまな特典が用意されていますが、メリットを最大化できるのはドコモユーザーであり、ドコモが契約者を獲得するための戦略と考えれば納得できます。dカード GOLD(ゴールド)の特典として特筆できるものは以下のとおりです。

  • 携帯電話やドコモ光の利用で還元されるポイントが10.0%
  • ケータイ補償が最大10万円(購入から3年以内)
  • お買物あんしん保険が年間300万円
  • 海外利用項保険が最大1億円
  • 国内旅行保険が最大5,000万円

これらの特典をみれば、年会費10,000円の元はすぐに取れます

dカード GOLD(ゴールド)のiDは登録が簡単

dカード GOLDにはドコモの電子マネー「iD」が付いていて、おサイフケータイでiDを利用するには、iDアプリを起動してカード情報を設定します。

アプリの[はじめて「iD」を使う方]から[「iD」対応のクレジットカードで登録する]へ進み、dカード GOLD(ゴールド)を選択すればOKです。

iDはチャージ不要のポストペイタイプ

iDは、利用した代金が後で請求されるポストペイタイプです。使用するクレジットカードをdカード GOLD(ゴールド)で登録していれば、毎月のケータイやドコモ光の利用代金、およびその他のクレジットカード利用代金と一緒に請求されます。

iDの場合、間接的にクレジット払いをしていることになるのですが、おサイフケータイを利用すれば面倒なサインは不要で、ケータイをかざすだけで支払いが完了します。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)


画像引用元:オリコカードの魅力|クレジットカード・カードローンのオリコ

ポイントが貯まりやすいOrico Card THE POINT

カードの名称に「THE POINT」とあるように、Orico Card THE POINTはポイントが貯まりやすいカードです。年会費は無料で、通常のクレジット決済でポイントが1.0%付与され、入会後6ヶ月間は2%の高還元が受けられるのです。

さらにAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの主要ネット通販をオリコ専用のショッピングモール「オリコモール」を経由して利用すると、オリコポイントが最大15.0%も貯まります。

iD・QUICPayの両方に対応

Orico Card THE POINT は、おサイフケータイで利用できるポストペイタイプのiDとQUICPay の両方に対応しているクレジットカードです。

その他、Suica・ICOCAやEdyも利用できます。おサイフケータイが利用できないiPhoneでは、Apple PayでQUICPayの利用が可能です。

リアルタイムでポイント交換できる

オリコポイントには、リアルタイムにポイント交換できる交換先もあります。ポイント交換は、手続き終了後から実際に交換が完了するまで時間が掛かることが多いものですが、リアルタイムで交換できれば使いたいときにすぐ使えて、とても便利です。

なお、通常、オリコポイントの有効期限はポイント加算月を含めて12ヶ月後の月末までですが、キャンペーンで獲得しポイントの有効期限は、それぞれのキャンペーンによって異なります。

おサイフケータイはカードとの相性も大切


おサイフケータイで使えるクレジットカードを会社別に解説し、お得な使い方を紹介しました。電子マネーとクレジットカードには相性があることや、ポイントの付与率や付与される回数など、知れば知るほどおサイフケータイをお得に使うことができるようになります。

記事を参考におサイフケータイをさらに便利でお得に使いこなしていただければ幸いです。