読了時間:約 2

今まで携帯電話を決済端末にかざして「ピッ!」っとスマホを使った決済を利用したことはありますでしょうか?

現在では交通系ICカードなどで非接触型の決済カードがお馴染みとなってきていますが、スマホを使った決済をまだ利用した事がないという方が意外と多いのも現状です。

今回はスマホを使った決済「Apple Pay」・「おサイフケータイ」についてご紹介していきます。

Apple Payとおサイフケータイ対応で後悔しないクレジットカード選びのコツ

iPhone・Android端末で利用できる電子決済サービス

iPhoneでは「Apple Pay」、Andoroid端末では「おサイフケータイ」というように、スマホにアプリを導入して登録をしておけば、店頭・改札などでスマホをかざすだけで支払いが完了する便利なサービスの電子決済サービス。

「Apple Pays」・「おサイフケータイ」それぞれどういったサービスなのか詳しく見ていきます。

電子決済には3つの種類があり、事前にある程度の金額をチャージしておく前払いのプリペイド型、電子決済後にクレジット会社から請求が来る後払いのポストペイ型、電子決済時に同時に銀行口座残高から差し引かれるデビット型です。

前払いのプリペイド型は使用する上限金額を決め計画的に利用しやすく安心ですが、後払いのポストペイ型は思っていた以上に使いすぎてしまって、後から来る請求金額にびっくりしてしまうということもありえますので、注意が必要です。

電子決済やポイントサービスを利用するには、事前にお手持ちのクレジットカードなどを登録するか、端末上で新規入会手続きをする必要がありますが、一度登録をしてしまえばその後はワンタッチで店頭等で決済をする事が可能となります。

Apple Pay ってどんなサービス?


画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

iPhone 7以上のiPhoneや第2世代以降のiWatchなどを持っていれば利用できる「Apple Pay」。おサイフケータイと同様、携帯端末にFelicaが入っています。

対応しているカードは「おサイフケータイ」よりは少なく、使用できるのは「iD」と「QUICPay」に対応しているクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードで、「楽天Edy」・「nanacoカード」・「WAON」といったプリペイド式の電子マネーは使用できません。

交通系ICカードはおサイフケータイ同様Suicaのみの対応となります。

おサイフケータイってどんなサービス?


画像引用元:おサイフケータイ | サービス | モバイル | ソフトバンク

「おサイフケータイ」とはNTTドコモの登録商標された電子決済サービスです。

このサービスはSONYが開発したFelicaという非接触ICカードをスマートフォンやフィーチャーフォンに埋め込むことで、店頭や駅の改札口で読み取り機械に携帯端末を近づけるだけで決済が可能というサービスです。

2004年にドコモが始めてサービスを開始して以来、現在では、ドコモだけでなく、auやソフトバンクの大手キャリアに加えてMVNOでもサービスを提供しています。

「おサイフケータイ」では、決済のみではなくそれぞれの会社のポイントを貯めることもできます。おサイフケータイでポイントを貯められるサービスを提供しているのは、ローソンのPontaカード、マクドナルドやビッグカメラのポイントなどがあります。

Apple payやおサイフケータイのメリット・デメリット

クレジットカードやSuicaカードそのものではなくApple Payやおサイフケータイを使用するにあたってのメリット、デメリットをまとめました。

携帯端末の電子決済サービスを利用する上で主なメリットを下記に5つご紹介します。

【1.クレジットカードをお店の人に渡さなくて良い】

Apple Pay・おサイフケータイを利用すると店頭で店員にクレジットカードを直接手渡すことがないので、クレジットカード情報を相手に見られることがありません。また、お店側の端末に暗証番号を入力したり、サインをする必要がないので決済時の手間を減らすこともできます。

Apple Payは、登録したクレジットカードなどの情報が端末自体には記録されないので、端末からクレジットカード情報を盗まれたり、スキミングのような被害に会うことも避けられるといった、セキュリティー面を見てもカードを持つより安心です。

【2.お財布の中のカードや現金を減らせる】

カード類をApple Pay・おサイフケータイに登録することで、カードを持ち歩く必要がなくなります。特に、おサイフケータイではビッグカメラなどのポイントカードも登録できますので、クレジットカード以外のカードの枚数を減らすことも可能となります。

また、最近ではこれらの電子決済を使用可能な店舗が増えていますので持ち歩く現金を減らすことも可能です。現金は一度盗難に会ってしまうと、取り返すことは難しいですが、電子決済であれば、たとえスマホの盗難に会ってしまったとしてもロックをかけてしまえば安心です。

【3.使った金額をいつでも支払い履歴でチェック可能】

電子決済にしておけば、使用履歴は全て残りますので使った金額がいつでもスマホでチェック可能です。こまめに確認をする事で使いすぎの防止にもなりますし、「お財布あるある」でもある、レシートをむやみに貯めてしまうといった事もなくなります。

【4.スマホを紛失してもロックをかけられるので、カードをただちに停止する必要がない】

クレジットカードやプリペイドカードを紛失してしまうと、暗証番号が必要のないネットショッピングなどでは、カードを使用されてしまう可能性があります。

通常、紛失に気づいた時点でカード会社に連絡をして利用停止などの手続きをする必要がありますが、電子決済の場合、スマホ自体に遠隔でロックをかけることが出来ますので、カード会社への連絡も必要ありません。

【5.2重でポイントを稼げる】

プリペイド式の電子マネーを利用する場合プリペイドサービスへのチャージをクレジットカードから行なうことでクレジットカードのポイント、プリペイドカードのポイント両方を取得することができ、効率よくポイントを貯める事も可能です。

スマホの電子決済サービスを利用することで、セキュリティー面の強化、家計管理も容易になり、さらにポイントを沢山貯めることもできます。多くのメリットを受けられる電子決済サービスですが、その反面デメリットももちろんあります。

【1.バッテリー切れでは決済できない】

スマホの電源が入らず電話としての機能を果たせない状態でも、放電し切るまで決済が可能な機種もありますが、通常電源が入らない状態では、Suicaへのチャージ等は出来なくなります。バッテリー切れには常に注意を払う必要があります。

最悪、改札に入った後でバッテリーが切れ、改札を出る事が出来なくなってしまった場合には、登録しているSuicaが定期券であったとしても、窓口で乗った駅を告げ現金で支払いをする必要があります。

【2.簡単決済でついつい使い過ぎる】

プリペイド型のサービスのみを使用している場合にはそこまで問題にはなりませんが、ポストペイ型のクレジットサービスを多く利用すると、その1ヶ月後、2ヵ月後の支払いが増え、思わぬ出費でその後の生活に影響が出る可能性もあります。

店頭・ネットショッピングでの決済が容易になるため、ついつい購入の機会が増えていってしまう可能性は十分にありますので、ご自身でしっかりと管理をする事が必要です。履歴をこまめにチェックし、次回の請求額を把握するよう習慣付けするのも一つの手です。

この2点にしっかりと気をつかえば、スマホでの電子決済は非常に便利なサービスとなる事は間違いありません。

登録可能なクレジットカード

「Apple Pay」・「おサイフケータイ」には登録できるクレジットカードと出来ないクレジットカードがあります。

また「Apple Pay」で決済した場合に還元ポイントが減ってしまうクレジットカードもありますので、電子決済に登録するクレジットカードは使用目的によって考慮する必要もあります。

Apple Payで登録できるクレジットカードと注意点

Apple Payでは登録できるクレジットカードの中でも、ネットショッピングのApple Pay決済には使えないなどの注意点もいくつかあります。

Apple Payで登録できるクレジットカード

Apple Payで登録できるクレジットカードはドコモが提供する電子マネーサービス「iD」もしくはJCBが提供する電子マネーサービスの「QUICPay」に対応しているクレジットカード会社である必要があります。

1 2