読了時間:約 3

毎年9月は新型iPhoneの発売でスマホ界隈が賑わいますが、同じ日に発売されるApple Watchも注目のデバイス。2018年は9月21日にiPhone XS/XS Maxと並んで、Apple Watch Series 4が発売されました。

モバイルデータ通信に対応した2017年モデルのSeries 3は、世界で約1,800万台の出荷台数を記録。2018年モデルのApple Watch Series 4は、Series 3と同様、データ通信が可能なGPS+Cellularモデルが登場し、ディスプレイの表示部が拡大に成功するなど、使い勝手がさらに良くなりました。

本記事では、ソフトバンクの新型iPhoneとApple Watch 4の価格と、同時購入した場合の実質負担額をお教えします。新型iPhoneを購入する予定の方は、iPhoneユーザーの生活をより快適にするApple Watchと合わせて買うのも、ぜひ検討してみてください。

ソフトバンクの新型iPhoneの価格は?


画像引用元:iPhone XSまたはiPhone XS Maxを購入する – Apple(日本)

ソフトバンクからは、9月21日よりiPhone XS/XS Maxが発売されました。発売の遅れるiPhone XRは、Apple Storeと同様に10月19日16時01分から予約開始、10月26日から発売される予定です。まずはソフトバンクオンラインショップでの新型iPhoneの価格を見ていきます。

iPhone XS/XS Max/XRの販売価格


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

キャリアでiPhoneを購入する方は、何かしらの機種代金割引を利用する方が多いと思います。2018年9月時点でソフトバンクで利用できる機種代金割引は「月月割」と「半額サポート for iPhone」(以下半額サポート)の2種類

「月月割」は月額利用料金から毎月割り引かれる形の割引です。iPhone XS/XS Max共通で、総額73,200円の割引が適用され、24回払いと48回払いのどちらも選択可能。ですが、2019年1月31日の契約までで終了することが発表されています。

「半額サポート」は、ここ数年で登場した新しい割引プログラム。機種代金を48回払いで購入して本プログラムに加入後、25ヵ月目以降に使用したiPhoneを下取りに出して機種変更すると、機種代金24回の残債が無料になります。そのため、割引代金は一定ではなく、機種代金の半額となりますので、高額な機種ほど割引額が大きいプログラムです。

詳しい額については、「月月割」と「半額サポート」の両方の機種代金例を載せておきますので、参考にしてください。なお、iPhone XRについては現時点で価格が発表されていません。

ソフトバンクのiPhone XS販売価格

「半額サポート」加入時
iPhone XS 64GB 256GB 512GB
分割支払金 (48回)
(現金販売価格 / 支払総額)
2,850円 / ×48ヵ月
(136,800円)
3,230円×48ヵ月
(155,040円)
3,750円×48ヵ月
(180,000円)
半額サポート
(割引総額)
-2,850円×24ヵ月
(-68,400円)
-3,230円×24ヵ月
(-77,520円)
-3,750円×24ヵ月
(-90,000円)
実質負担金 (24か月)
(総額)
2,850円×24ヵ月
(68,400円)
3,230円×24ヵ月
(77,520円)
3,750円×24ヵ月
(90,000円)
「月月割」加入時(24回払い)
iPhone XS 64GB 256GB 512GB
分割支払金 (24回)
(現金販売価格 / 支払総額)
5,700円 / ×24ヵ月
(136,800円)
6,460円×24ヵ月
(155,040円)
7,500円×24ヵ月
(180,000円)
月月割 (割引総額) -3,050円×24ヵ月 (-73,200円)
実質負担金 (24か月)
(総額)
2,650円×24ヵ月
(63,600円)
3,410円×24ヵ月
(81,840円)
4,450円×24ヵ月
(106,800円)

ソフトバンクのiPhone XS Max販売価格

「半額サポート」加入時
iPhone XS Max 64GB 256GB 512GB
分割支払金 (48回)
(現金販売価格 / 支払総額)
3,120円 / ×48ヵ月
(149,760円)
3,500円×48ヵ月
(168,000円)
4,020円×48ヵ月
(192,960円)
半額サポート
(割引総額)
-3,120円×24ヵ月
(-74,880円)
-3,500円×24ヵ月
(-84,000円)
-4,020円×24ヵ月
(-96,480円)
実質負担金 (24か月)
(総額)
3,120円×24ヵ月
(74,880円)
3,500円×24ヵ月
(84,000円)
4,020円×24ヵ月
(96,480円)
「月月割」加入時(24回払い)
iPhone XS Max 64GB 256GB 512GB
分割支払金 (24回)
(現金販売価格 / 支払総額)
6,240円 / ×24ヵ月
(149,760円)
7,000円×24ヵ月
(168,000円)
8,040円×24ヵ月
(192,960円)
月月割 (割引総額) -3,050円×24ヵ月 (-73,200円)

実質負担金 (24か月)
(総額)
3,190円×24ヵ月
(76,560円)
3,950円×24ヵ月
(94,800円)
4,990円×24ヵ月
(119,760円)

「半額サポート」は条件に注意


iPhone XSの64GB以外は「半額サポート」の方が安く購入することができます。ただし「半額サポート」の特典が適用される条件は注意が必要。注意すべきポイントは以下の通りです。

  • 24回払いは選択不可
  • 割引を受けるには2年後の機種変更必須
  • 機種変更時に使っていたiPhoneは下取りに出す
  • 機種変更時にプログラムに再加入

最後の条件については、公取委からの指摘があったことで、ソフトバンクから12月までの見直しが発表されていますが、その時点でプログラム加入しているユーザーの条件から外れるかは不明です。

半額サポートは下取りを前提としていますので、実質リースのような形とも言えます。機種を手元に残したい方や、キャリアの乗り換えも選択肢に入れたい方など、条件面で合わない方は「月月割」のプランを選択するの方が良いでしょう。

「月月割」は2018年1月31日で終了予定


今後新たな機種購入サポートが登場する可能性もありますが、「月月割」は2019年1月31日の契約までとなっていますので、毎月割引される形の機種購入サポートに申し込めるのはラストチャンスかもしれません。期限内の申し込みであれば割引は24回分適用されます。

また、「月月割」の対象プランはスマ放題とホワイトプランとなっていますので、プランとの兼ね合いも検討する必要がありますね。

ソフトバンクのApple Watch 4の価格は?


画像引用元:Apple Watch Series 4 製品情報 | ソフトバンク

Apple Watch 4は、iPhoneと連携して使うスマートウォッチ。さまざまなデザインの文字盤で時刻を表示できる時計機能のほか、iPhoneにかかってきた電話を受ける、iPhoneの通知を確認する、1日の運動量や消費カロリーを計算する、など多機能なデバイスです。

ソフトバンクから発売されるのは、単独で通信が可能なGPS+Cellularモデル。ソフトバンクのほかには、Apple Storeとドコモ、auも取り扱っていますが、2018年9月時点では、特別な割引等はありませんので、各社定価通りの価格になっています。

また、Apple Watchからモバイル通信を利用するには、iPhoneと回線を共有するためのオプションプランへの加入が必要ですので、そちらも紹介しておきます。

なお、本記事では価格を紹介するに留まりますので、Apple Watch 4のスペック・活用法について詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。
Apple Watch Series 4が発売開始|今更聞けないApple Watchのメリット

Apple Watch Series 4の価格

製品名 サイズ Apple Store ドコモ au ソフトバンク
アルミニウムケース×スポーツバンド 40mm 61,344円(分割12回払い可) 61,344円 / 月額2,556円×24カ月
44mm 64,584円(分割12回払い可) 64,584円 / 月額2,691円×24ヵ月
ステンレススチールケース×スポーツバンド 40mm 80,784円(分割12回払い可) 80,784円 / 月額3,366円×24ヵ月
44mm 86,184円(分割12回払い可) 86,184円 / 月額3,591円×24ヵ月

現在は、Apple Storeとソフトバンク含む各キャリアで価格差はありません。ただし、支払い方法は若干異なり、Apple Storeでは一括払いと12回払いのどちらか、ソフトバンクは一括払いと24回払いのどちらかから選択可能です。

Apple Watchは、ケースとバンド、ディスプレイのサイズをそれぞれ選択し、その組み合わせによって価格が変わってきます。ソフトバンクで取り扱っているのは、組み合わせの異なる32種類です。

1 2