スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大13,000ポイント
読了時間:約 3

最近、スマホとタブレットの2台持ちをする方が増えています。

ドコモでもiPadだけでなくAndroidのタブレットも提供されており、気になっているという方もおられるでしょう。

今回は、2020年現在入手できるドコモのタブレットを評価やレビューをふまえてすべて比較します。

「無料で購入する方法はあるの?」という質問にもお答えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

ドコモのスマホ・タブレットにも利用できるキャンペーン情報まとめはこちらで確認できます。

画像引用元:dtab Compact d-02

2020年|ドコモで手に入るタブレットは8種類

ドコモのタブレット
画像引用元:dtab d-41A | タブレット | 製品 | NTTドコモ

現在、ドコモで手に入れることができるタブレットは、以下の8種類です。

機種名価格
ドコモタブレット
dtab d-01K
月額1,540円 x 36回
(総額55,440円)
ドコモタブレット
dtab Compact d-02K
月額1,276円 x 36回
(総額45,936円)
iPad(第7世代)64GB 2,310円×24回
(総額55,440円)
128GB 2,805円×24回
(総額67,320円)
iPad(第6世代)64GB 2,409円×24回
(総額57,816円)
128GB 2,970円×24回
(総額71,280円)
iPad Pro 11インチ
(第2世代)
128GB 4,686円×24回
(総額112,464円)
256GB 5,181円×24回
(総額124,344円)
512GB 6,204円×24回
(総額148,896円)
1TB 7,194円×24回
(総額172,656円)
iPad Pro 12.9インチ
(第4世代)
64GB 5,610円×24回
(総額134,640円)
256GB 6,105円×24回
(総額146,520円)
512GB 7,095円×24回
(総額170,280円)
1TB 8,118円×24回
(総額194,832円)
iPad Air64GB 3,234円×24回
(総額77,616円)
256GB 3,960円×24回
(総額95,040円)
iPad mini64GB 2,805円×24回
(総額67,320円)
256GB 3,564円×24回
(総額85,536円)

どのタブレット・iPadでも料金プランは「データプラス」月々1,100円となります。

タブレットのOSとしてはタブレットの代名詞ともいえるiPadのiOSのほか、AndroidとWindowsがあります。

やはりiPadの人気が高いようで、レビューの多さもダントツです。

ドコモで取り扱っているモデルでもiPadの種類が圧倒的で、Android OS搭載のタブレットは2モデルと少数派となっています。

Windows OSのスマートフォンは市場から消えつつありますが、Windowsのタブレットはまだ健在です。

Windows PCと同じOSが搭載されているため持ち歩けるPCといった位置づけで利用できるものです。

しかしながら、ドコモでは現在取り扱っていません。

タブレットはスマホとPCの中間に位置づけされていますが、レビューからはややスマホ寄りであることが読み取れます。

そのためドコモのiPhoneユーザーは「iPad」Androidユーザーは「dtab」 を選択する傾向があるようです。

2020年|ドコモのタブレットを全て比較

ここからは、2020年現在ドコモで手に入れられるタブレット8種類について、評価・レビューをふまえてすべて紹介します。

dtab Compact d-02K/dtab d-01K


画像引用元:dtab Compact d-02

おすすめポイント
  • ドコモのオリジナルタブレット
  • HUAWEIが製造している
  • Compact d-02Kは8.1インチ/d-01Kは10.1インチ

「dtab」は5万円前後で手に入るお手頃価格が魅力のタブレット。

「dtab Compact d-02K」と「dtab d-01K」の2種類あります。

名前からわかるようにドコモオリジナルのタブレットですが、製造はHUAWEIが行っています。

それぞれのスペックは、以下のとおりです。

名称dtab Compact d-02Kdtab d-01K
発売時期2018年8月2018年2月
OSAndroid 8.0Android 7.0
CPUKirin 659オクタコア・2.36GHzKirin 659オクタコア・2.36GHz
RAM3GB3GB
ROM32GB32GB
外部ストレージ最大256GB最大256GB
画面サイズ8.0 インチ10.1 インチ
画面解像度1,920×1,2001,920×1,200
背面カメラ1300万画素+200万画素800万画素
前面カメラ800万画素800万画素
バッテリー4,980mAh6,500mAh
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
ワンセグ/フルセグ非対応対応
防水防塵対応対応
生体認証指紋指紋
サイズ約209×120×8.0(mm)約248×173×7.8(mm)
重量309 g475 g
カラーシルバー・ゴールドシルバー・ゴールド
価格45,936円55,440円
公式ショップ>dtab Compactを見る>dtabを見る

「dtab Compact d-02K」はコンパクトと名付けられているように、dtab d-01Kより画面・本体とも小型軽量になっています。

加えて背面カメラがダブルレンズ仕様になり、一眼レフのような背景をぼかした写真を撮ることができるようになりました。

その他のスペックはほぼ同じですが、dtab Compact d-02Kは本体の小型化にともなってバッテリー容量も小さくなっています。

ワンセグ/フルセグにも対応していませんが「dtab Compact d-02K」の片手で持てるサイズ感と携帯性の高さは秀逸です。

サイズ感については、レビューでも好意的な評価を集めています。

一方の「dtab d-01K」は、10インチのディスプレイでレビューでの評価が分かれているようです。

画面が大きくて見やすいというプラス評価に対して、かさばるし片手で持てないというマイナス評価があります。

この点はどこでdtabを使うかで違ってくるため一概にいえないものがあるようです。

iPad Pro 12.9(第4世代)/iPad Pro 11(第2世代)

iPad Pro画像
画像引用元:iPad Pro | iPad | ドコモ

おすすめポイント
  • 1,200万画素の広角・1,000万画素の超広角のデュアルカメラ搭載
  • iPad Pro 11は11インチ/iPad Pro 12.9は12.9インチ
  • トラックパッド付きMagic Keyboardに対応(後日発売予定)

こちらは2020年3月18日に発表、3月20日から予約を開始、3月27日に発売を開始した最新モデルです。

「iPad Pro12.9(第4世代)」は、iPadのハイスペックモデルの最新機種で「iPad Pro11」を少し大きくした感じです。

iPadの中では、最高性能を誇るこちらのモデルはハイスペックでまさにプロ仕様!

ROMはともに最大で1TBもあるので、パソコンと遜色なく、ビジネスシーンでの利用もおすすめです。

「iPad Pro11(第2世代)」同様にスタイリッシュな外観で、ディスプレイの大きさに比べてコンパクトなボディとなっています。

とはいえレビューでも「値段が高すぎるのが玉にキズ」という声が多いように、なかなか手が出しづらいモデルといえそうです。

名称iPad Pro 12.9(第3世代)iPad Pro 11
発売時期2018年11月2018年11月
CPUA12X BionicA12X Bionic
RAM4GB(1TBモデルは6GB)4GB(1TBモデルは6GB)
ROM64GB/256GB/512GB/1TB64GB/256GB/512GB/1TB
画面サイズ12.9インチ11インチ
画面解像度2,732×2,0482,388×1,668
背面カメラ1200万画素1200万画素
前面カメラ700万画素700万画素
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証顔認証顔認証
サイズ約280.6×214.9×5.9(mm)約247.6×220.6×6.9(mm)
重量633g468g
カラーシルバー・スペースグレイシルバー・スペースグレイ
価格64GB・142,560円
256GB・160,776円
512GB・160,776円
1TB・208,296円
64GB・117,216円
256GB・137,016円
512GB・160,776円
1TB・208,296円
公式ショップ>iPad Pro 12.9(第3世代)を見る>iPad Pro 11を見る

iPad(第7世代)/iPad(第6世代)


画像引用元:iPad(第7世代) 32GB

おすすめポイント
  • 第6世代は9.7インチ/第7世代は10.2インチ
  • 第6と第7の最大の違いはSmart Connectorの有無
  • 第7の方が解像度が高い

「iPad(第7世代)」は、2019年10月4日に発売された最新モデルです。

第6世代に比べて画面・本体ともにやや大きくなっています。

処理速度が早くマルチタスクも可能と優秀なモデルであるにもかかわらず、5万円台から手に入れることができるモデルです。

コスパの高さを評価するレビューがとても多く、初めてiPadを買う方にもおすすめといえます。

第6世代と第7世代の最大の違いはSmart Connectorの有無です。

Smart Keyboardに接続できるようになったので、より便利に、そして拡張性がアップしました。

名称iPad(第7世代)iPad(第6世代)
発売時期2019年10月2018年3月
CPUA10 FusionA10 Fusion
RAM3GB2GB
ROM32/128GB32GB
画面サイズ10.2インチ9.7インチ
画面解像度2,160 x 1,6202,048 x 1,536
背面カメラ800万画素800万画素
前面カメラ120万画素120万画素
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋認証指紋認証
サイズ約250.6×174.1×7.5(mm)約240×169.5×7.5(mm)
重量493g478g
カラーシルバー・ゴールド・スペースグレイシルバー・ゴールド・スペースグレイ
価格32GB・55,440円
128GB・67,320円
32GB・57,816円
公式ショップ>iPad(第7世代)を見る>iPad(第6世代)を見る

iPad Air


画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

おすすめポイント
  • Apple PencilとSmart Keyboardに対応
  • 持ち運びに便利な薄くてコンパクトなデザイン
  • 10時間使える長持ちバッテリー

「iPad Air」は、価格・スペックともに「iPad Pro」と「iPad(第7世代)」の中間となっているバランスのよいモデルです。

「Air」というネーミングどおりの薄くて軽い本体に加え、申し分ない機能で人気を集めています。

10.5インチというちょうどいいサイズ感も人気の秘密です。

Apple PencilとSmart Keyboardに対応しているので、サッと絵をかいたりメモを取ったり、さまざまな使い方ができます。

名称iPad Air
発売時期2019年3月
CPUA12 Bionic
RAM3GB
ROM64GB/256GB
画面サイズ10.5インチ
画面解像度2,224×1,668
背面カメラ800万画素
前面カメラ700万画素
Wi-Fia/b/g/n/ac
生体認証指紋認証
サイズ約250.6mm×174.1mm×6.1mm(mm)
重量464g
カラーシルバー・ゴールド・スペースグレイ
価格64GB・77,616円
256GB・95,040円
公式ショップ>iPad Airを見る

iPad mini(第5世代)


画像引用元:iPad mini – Apple(日本)

おすすめポイント
  • Apple Pencilに対応
  • 7.9インチとコンパクト
  • 「iPad Air」とほぼ同等の高スペック

「iPad mini(第5世代)」は、使いやすいサイズと軽さで人気の「iPad mini」最新モデルです。

見た目は「iPad mini 4」とほとんど変わりませんが、性能面ではCPUやRAMのほか、カメラの画素数などが大きく進化しています。

「iPad Air」とほぼ同等の高スペックでありながら、7.9インチとコンパクトサイズなので、外出先で使用する方にはおすすめです。

また、miniシリーズではじめてApple Pencil(第一世代)に対応、Logicool Crayonも使えるためとても便利です。

名称iPad mini(第5世代)
発売時期2019年3月
CPUA12 Bionic
RAM3GB
ROM64GB/256GB
画面サイズ7.9インチ
画面解像度2,048×1,536
背面カメラ800万画素
前面カメラ700万画素
Wi-Fia/b/g/n/ac
生体認証指紋認証
サイズ約203.2mm×134.8mm×6.1mm(mm)
重量300.5g
カラーシルバー・ゴールド・スペースグレイ
価格64GB・67,320円
256GB・85,536円
公式ショップ>iPad mini(第5世代)を見る
ドコモで手に入るタブレット2020
  • dtab:2機種
    ・dtab Compact d-02K
    ・dtab d-01K
  • iPad:6機種
    ・iPad Pro 12.9(第4世代)[64GB/256GB/512GB/1TB]
    ・iPad Pro 11(第2世代)[64GB/256GB/512GB/1TB]
    ・iPad(第7世代)[32GB/128GB]
    ・iPad(第6世代)[32GB/128GB]
    ・iPad Air[64GB/256GB]
    ・iPad mini(第5世代)[64GB/256GB]

ドコモでタブレットを買うならどれがおすすめ?

iPad Proドコモ
画像引用元:iPad Pro | iPad | ドコモ

ドコモでは、現在8種類のタブレットを販売しています。

どれにしたらいいか迷ってしまう…という方のために、おすすめのタブレットをランキング形式でご紹介します。

ドコモのタブレットおすすめTOP3

1位:iPad Pro11(第2世代)

買う理由
  • 趣味だけでなくビジネス用途でも活躍する
  • パソコンと同等の作業ができる
買わない理由
  • パソコンが買えるほどの値段
  • Face IDが使いにくいという指摘がある

iPad Proは2015年の発売以来、プロユースのモデルとして定評があります。

2020年3月発売の最新モデルは、さらに進化しています。

まず、顔認証の「Face ID」に対応したことで、より快適にスピーディーに使えるようになりました。

Smart Keyboardを装着し、ノートパソコンのように使うことができるのも魅力です。

機能やスペックは最高性能で、使い勝手もよく、ビジネスシーンはもちろん趣味にも、とタフに使えます。

サイズは11インチの方がコンパクトで、持ち運びも便利なのでiPad Pro11がおすすめです!

2位:dtab d-01K

買う理由
  • 一家に一台置いておくタブレットとして最適
  • 使いやすくて見やすい画面&操作性が高い
  • 指紋認証に対応し、使いやすさアップ
買わない理由
  • 大画面のため持ち運びしにくい
  • ストレージ容量が32GBと少ない

見やすくて使いやすい、シンプルな画面でタブレット初心者でもわかりやすいのが魅力です。

防水対応なので、キッチンやアウトドアでの使用もOK!料理のレシピを見るためにキッチンで使用することが多い方におすすめ。

スマホのように、指紋センサーでサッと触れるだけで起動できるのもうれしいポイントです。

家族みんなで使用するタブレットをお探しなら、こちらが最適です。

3位:iPad Air

買う理由
  • 軽くて薄くて持ち運びに便利
  • Smart Keyboard対応でパソコンのような使い方ができる
  • 大画面で動画や漫画が見やすい
  • 価格が比較的リーズナブル
買わない理由
  • 画面が大きいので片手での操作がしにくい
  • iPad Proに比べて音質が劣る

薄くて軽いのでバッグに入れて持ち運ぶのに便利なモデルです。

最新のA12プロセッサを搭載、Smart Keyboardに対応しているところがメリットです。

家の中だけでなく、外でも動画や漫画などを楽しみたい方に適しています。

ドコモのタブレットを格安で購入する方法は?

iPadとiPhone
iPhoneとiPadの2台持ちは安い?

2019年6月までは、ドコモのタブレットを実質無料で購入できました。

その後、料金プランの大幅な変更に伴い、現在無料で購入することはできなくなってしまいました。

しかし、通信プランや下取りなどを活用すれば、ドコモのタブレットを安く手に入れることは可能です。

ここでは、ドコモのタブレットの購入価格を抑えて極力無料に近づけるいくつかの手法を紹介します。

ドコモの割引キャンペーンを利用する

ドコモでタブレットを利用する方におすすめのキャンペーンをご紹介します。

キャンペーン名下取りプログラムギガホ割
内容現在使用中の
・iPhone
・iPad
・ドコモのスマホ
・タブレット
・ドコモ ケータイ
を下取りに出すと
購入代金から割引される。
料金プラン「ギガホ」に加入で最大6ヶ月1,000円割引
割引額
iPad Pro11(第2世代)/128GBを購入の場合
【例】
12.9インチiPad Pro(第2世代)
33,000円割引

実質支払額
134,640円‐33,000=101,640円
毎月1,000円割引
(最大6ヶ月)

下取りプログラムは、不要になったiPhoneやAndroidスマホを下取りに出すことで購入するタブレットが割引になるキャンペーンです。

例えば、12.9インチiPad Pro(第2世代)をお使いの方が、新しい12.9インチiPad Pro(第4世代)を購入するとします。

第2世代iPad Proの下取り額が33,000円なので、第4世代の最新iPad Proの購入代金134,640円から33,000円が割り引かれます。

つまり、実質101,640円で購入できるというわけなのです!

iPadからiPadでなくてもOK!ほとんどの機種に対応しているので、お使いのスマホ、ケータイなどを下取りに出すことが可能です。

使わないスマホをタブレットに変える…という方法もおすすめですよ。

ドコモの下取りキャンペーンは定期的に対象機種と金額を変更するので、必ず利用前にチェックしましょう。

>ドコモ公式で下取りを確認する

「ギガホ割」も活用してさらにお得に

ギガホ割
画像引用元:ギガホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

「ギガホ」は毎月30GBまで利用可能な料金プランで「ギガライト」は毎月1~7GBまでの間で使った分に応じて支払うプランです。

今なら、「ギガホ」が最大6ヶ月、月額1,000円(税抜)割引になる「ギガホ割」が実施されています。

半年間のみとはいえ、これはお得。実質6,000円分の割引です。

では、「ギガホ」と「ギガライト」どちらを選ぶべきでしょうか?

動画視聴が多いなどデータ容量を気にせず使いたいという方などには「ギガホ」がおすすめです。

動画はあまり見ない、メールやSNSのチェックが多い、自宅ではWi-Fiを使っているという方は「ギガライト」がおすすめ。

ただ、スマホとタブレットと併用するのであれば、それなりにG数も必要なのではないでしょうか?

月に5Gを超えるようであれば「ギガホ」のほうがお得です。

相当なヘビーユーザーではないかぎり、最大30GBまでOKの「ギガホ」で「データプラス」を利用すればOK!

ギガ不足に悩むようなことにはならないでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

ギガホ増量キャンペーンを利用する

ギガホ増量キャンペーンは、割引とは直接関係ありませんが、タブレットで動画をたくさん見る方に最適なキャンペーンです。

料金プラン「ギガホ」をご利用の方は、毎月の利用可能データ量30GBが60GBに増量されます。

※2019年10月1日以降にギガホに契約いただいた方に限ります。

ドコモでタブレットを買うなら「データプラス」がお得


画像引用元:データプラス | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモのタブレットはデータ通信専用プランでの契約です。

そのため、ドコモのスマホの通信プラン「ギガホ」や「ギガライト」に契約しても通話はできません。

例えば、ドコモでiPadを単体で契約すると、最安のギガライト(1GB)の場合で毎月2,980円+iPad本体分割代金が必要です。

ところが、スマホと回線をシェアできる「データプラス」を利用すれば、月々の料金は1,000円+iPad本体分割代金で済みます

「データプラス」は定期契約や違約金が不要なため、スマホとタブレットの2台持ちを試してみるにも安心です。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモオンラインショップで買うのがお得

スマホと同様に、タブレットを買うときもドコモオンラインショップの利用が便利でお得です。

ネットにつながりさえすれば、店舗に赴くことなくいつでもどこでもタブレットの購入手続きを行うことができます。

頭金や事務手数料のほか送料も無料で、受け取り場所を店舗にすることも可能です。

dポイントの利用や下取りプログラムにも対応できるので、ぜひどうぞ。

なお、ドコモオンラインショップを利用する場合、下取り価格分のdポイントは後日付与となります。

ドコモでお得にタブレットを買うなら!
  • 通信プランは「データプラス」
  • 「ギガホ割」も活用
  • 下取りプログラムに加入
  • ドコモオンラインショップを利用

ドコモでタブレットとの2台持ちをお得に実現しよう

今回は、ドコモのタブレット全モデルの紹介やおすすめのモデルなどを紹介しました。

スマホをはじめ端末代金が実質無料になることは、法律の関係で難しくなっています。

けれども、通信料での割引や下取りなどを賢く利用すれば、タブレット代金分のお金を浮かせることは充分に可能です。

記事を参考に、便利に使えるタブレットとの2台持ちをお得に実現していただければと思います。