スマホとお金

読了時間:約 1 minute

ここ数年ドコモはもちろん大手キャリア各社は料金プランの入れ替えを頻繁に行っています。

全体的にこれまでよりシンプルなプランになって来ており、ドコモの月額料金が高いと感じている方には見直しに絶好のタイミングです。

ここでは主に、既にドコモをご利用中の方に向けて月額料金を見直すポイントなどをご紹介しています。

ドコモのオプションを確認・解約する方法|おすすめの設定を紹介

ドコモの料金プランについて知っておこう

まずは現在のドコモのスマホ向けプランと月額料金の請求内訳を改めて確認しておきましょう。

ギガホ、ギガライトPR画像
画像引用元:これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモのスマホ向けデータプランは毎月使った分だけ支払う「ギガライト」と定額制の「ギガホ」の2つを中心としています。

「ギガライト」は毎月1GBまでなら各種割引を適用する事で最低1,980円から利用できるスマホ向けの最安プランです。

一方の「ギガホ」は毎月30GBですので金額は高めですが、専用の割引を利用する事で適用から6か月間までなら最低4,980円で利用できます。

かつてドコモで提供されていた「カケホーダイ&パケあえる」は選択肢が多い非常に複雑なプランでした。

「ギガライト」と「ギガホ」は基本的なサービスがセットになっているため、以前と比べて非常にシンプルなプランになっているのが特徴的です。

ドコモの請求の内訳

当たり前ですが、ドコモの月額料金には「ギガライト」と「ギガホ」以外の使用料も含まれています。

例えば通話料金は30秒/20円として設定されていますし、定額制の「音声オプション」を付けた場合も別途請求が発生します。

また、割賦契約を結んだ機種代金やドコモに加入した際につけた各種オプションの請求も忘れてはなりません。

基本プランがシンプルになったとは言え、オプションに加入している場合などは月額料金を正確に把握しきれていないという方も多いのではないでしょうか。

基本的に、ドコモの請求には以下の4つの料金が含まれていると理解しておきましょう。

ドコモの月額料金

  1. 基本プラン(データ)
  2. 通話料(オプションあり)
  3. 各種オプション
  4. 機種代金

ドコモの月額料金を見直すポイント

割賦契約を結んでいる場合は機種代金も月額料金の請求に含まれますが、既に支払いを始めている場合はこれから見直すというのは難しいものです。

機種代金以外だとドコモの月額料金を見直すポイントは主にこの4つがあります。

  • 料金プラン
  • 通話
  • オプション
  • 割引&特典

料金プランを見直す

各種割引を含めず考えると「ギガライト」の基本使用料は1GBから3,150円~、「ギガホ」の基本使用料は30GBで7,150円となります。

また、「ギガライト」の最大データ量はステップ4で月間7GB、6,150円となっています。

ギガライトとギガホの料金

(税抜)ギガライトギガホ
定期契約なし7GB:6,150円
5GB:5,150円
3GB:4,150円
1GB:3,150円
30GB:7,150円
定期契約あり:170円引き
(違約金:1,000円)
7GB:5,980円
5GB:4,980円
3GB:3,980円
1GB:2,980円
30GB:6,980円
容量超過後の速度128kbps1Mbps

どちらも2年定期契約をつけた場合170円引きとなりますので「ギガライト」は2,980円、「ギガホ」は6,980円で利用可能です。

単純に考えると月間7GBまでなら「ギガライト」の方が多少お得になるという事になるでしょう。

ちなみに「ギガホ」は30GBを超えた場合送受信最大1Mbpsとなっていますが、「ギガライト」は7GBを超えて128kbpsとかなり差があります。

「音声オプション」は通話時間で考える

「ギガライト」と「ギガホ」は基本サービスに通話が含まれているため、特に何もせずとも30秒/20円で国内通話を利用できます。

ただし毎月一定時間通話をかける場合は提供されている「音声オプション」で月額料金を下げられる可能性があります。

「音声オプション」として提供されているのは国内通話が無料で利用できる「かけ放題オプション」と5分以内の通話が無料となる「5分通話無料オプション」の2つです。

音声オプション月額料金通話料(国内)
かけ放題オプション1,700円通話かけ放題
5分通話無料オプション700円5分以内:無料
5分超過分:30秒20円

「かけ放題オプション」は月額1,700円が必要ですが、国内であれば回数・通話時間に限らず定額で利用できます。

一方の「5分通話無料オプション」は月額700円で利用できますが、5分を超過した場合通常と同じく30秒/20円の料金が発生します。

通話は17分30秒で700円となりますので、それ以上利用する場合は基本的に「音声オプション」を利用した場合がお得という事になります。

不要なオプションを解約

ドコモの月額料金のうち、見直しで最も手を付けやすいのが不要なオプションの解約です。

例えば月額500円の「dTV」や月額400円の「dアニメストア」など、ドコモが提供している定額制サービスはドコモショップで加入を勧められたという方も多いでしょう。

これらのサービスは初回31日間無料となっている事が多いものですが、無料期間中に解約しないと自動的に有料プランへと移行してしまいます。

オプション契約に心当たりがない方でも、一度「My docomo」から利用明細やオプションの契約状況を確認しておくと良いでしょう。

オプション&利用明細の確認方法

  • オプションの確認: 「My docomo」の契約内容・手続きから
  • 利用明細の確認:「My docomo」の料金から

ちなみにドコモでは故障・水漏れ・全損などの際に一定額の負担金で端末を交換する「ケータイ補償サービス」も提供されています。

月額料金+負担金こそ必要ですが、新しく端末を購入するより安くなる事もあるためユーザーによっては解約しない方が良い事もあります。

請求額を減らしたい一心で慌てずに、内容も良く確認してからオプションを解約するようにしましょう。

ドコモの割引&特典を理解

ファミリー割引詳細説明画像
画像引用元:みんなドコモ割 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモでは加入する事で割引される各種特典が提供されています。

ドコモの主要な割引&特典

ギガホ割ギガホに加入する事で1,000円×6か月割引
dカードお支払割「定期契約なし(違約金なし)」の料金から月額170円引き
みんなドコモ割ファミリー割引グループの加入人数によって各回線から最大1,000円割引
ドコモ光セット割ドコモ光を1回線以上契約しているファミリー割引グループの加入人数によって各回線から500円~1,000円割引

例えばギガホは1,000円を割り引く「ギガホ割」が提供されており、最大6か月間までなら定期契約あり・月5GBのギガライトと同額で利用できます。

また、「dカードお支払割」は基本プランに適用される割引で、定期契約なしの場合でも月額料金が170円引きとなります。

dカードをドコモ利用料金の支払い方法に設定する必要はありますが、ただでさえ安くなった違約金が0円となるなど他にもメリットがあります。

「みんなドコモ割」はファミリー割引グループ内の回線契約数に応じて最大1,000円が割り引かれるという内容です。

1,000円割引は各回線ごとに適用されるため、家族3人以上で加入する方がお得に利用できます。

この他に「ドコモ光セット割」などもありますがこちらもファミリー割引グループが軸となっています。

基本プランに関わらず家族で契約した方がお得に利用できるのがドコモの新プランの大きな特徴だと言えるでしょう。

ドコモの機種変更|最新機種でも12万円お得に購入できる方法と時期

どれくらい差が出るのか計算しよう

月額料金見直しのポイントを理解した所で、続いてはどれくらいの差が出るのか具体的に計算してみましょう。

月のデータ使用量でプランを選択

ギガライトの料金ステップ
画像引用元:ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

1人(単体)で契約する場合、1GBまでの使用量ならギガライトが最安となります。

また、ギガホは「ギガホ割」が提供されている事もあり、契約から6か月間までならギガライトの5GB(みんなドコモ割なし)と同額で利用できるのは魅力的です。

ちなみにかつてドコモで提供されていた「パケホーダイ&パケあえる」はシェアパックを契約して家族とデータを分け合う事が可能でした。

一方新料金プランはシェアパックの制度自体が無いため家族で加入する場合はギガライトかギガホどちらかを契約する事になります。

仮に家族で契約する場合であっても「ギガライトの方が安く使える」という点は変わりありません。

このため最終的には「月にどれくらいデータを使うか?」でギガライトかギガホを選択するのが良いのではないでしょうか。

ギガライトとギガホの比較

(税抜)ギガライトギガホ
基本料
定期契約あり/dカードお支払割
7GB:5,980円
5GB:4,980円
3GB:3,980円
1GB:2,980円
30GB:6,980円
みんなドコモ割2回線:-500円
3回線以上:-1,000円
プランのキャンペーン-ギガホ割:-,1000円(6か月)
合計(みんなドコモ割適用)7GB:4,980円
5GB:3,980円
3GB:2,980円
1GB:1,980円
30GB:4,980円(6か月)
6か月以降:5,980円

旧プランから移行する場合

ギガライトとギガホは2019年6月1日から提供開始されましたのでまだ旧プランに加入しているという方も多いはずです。

適用されている割引にもよりますが、1人の場合は新プランに移行した方が月額料金は安くなる可能性があります。

ただし「月々サポート」や「docomo with」など料金プランとセットになった端末割引を利用していた場合は注意が必要となります。

この場合違約金は特に必要ありませんが割引が途中で終了してしまう事により分割支払い金が高くなってしまう可能性があります。

旧プラン利用中の方は、必ず確認してから新プランへと移行するようにしましょう。

ドコモの旧プランと新プランの比較例

(税抜)旧プラン新プラン
基本プランシンプルプラン:980円ギガライト:2,980円~
インターネット接続サービスspモード:300円
パケットパックベーシックパック:2,900円
月額料金~1GBまで4,180円2,980円

ドコモユーザーならdカードでdポイントがお得になる?

dカードお支払い割
画像引用元:【dカード】dカードお支払割5%還元 | キャンペーン

2019年10月1日から始まった「dカードお支払割」に合わせてドコモではdカードの年会費を永年無料へと変更しました。

これまでは初年度移行の利用が無かった場合1,250円の年会費が必要でしたが、これが無料になった事により更に使いやすさが向上しています。

また、「dカードお支払割」を利用している方向けの専用キャンペーンが実施されている事をはじめ各種dポイントアップキャンペーンが豊富なのも見逃せません。

dポイントはドコモの携帯電話料金の支払いに使えるのはもちろん街やネットサービスで貯まる・使えるなど加盟している企業も多いポイントサービスです。

更にお得に利用するなら、dカードまたはdカード GOLDをドコモの月額料金の支払いに利用してみてはいかがでしょう。

dカード/dカード GOLDを利用すると?
  • 「dカードお支払割」が使える
  • キャンペーンを利用してdポイントの還元率アップ
  • dカード GOLDならドコモ利用料金の10%を還元
dカードお支払割でドコモの月額割引、dポイント大幅還元!内容を紹介

月額料金を見直して無駄な出費を削減

基本プランはもちろん、通話料や各種オプションなどドコモの月額料金を見直すポイントは以外と多くあります。

料金プランとともに加入後に利用できる割引&特典も変わって来ていますのでユーザーによって最安となるプランは異なってくるはずです。

既にドコモと契約している方はもちろん、これからのりかえを考えている方もなるべく月額料金が安くなるようにしてみてはいかがでしょうか。

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の10%がポイント還元
  • ドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで高ポイント還元
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDはドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費は1万円かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!