読了時間:約 2

家族向けの割引サービスやシェアパックなど、携帯キャリア大手のドコモは魅力的なサービス・サポートで高いシェアを誇ります。しかし、格安SIMの料金プランや他社キャリアのキャンペーンを目当てに、ドコモの解約を検討しているという方もいらっしゃるはずです。

ここではドコモで親回線を解約・MNPする際の注意点、子回線を親回線にするための手順などを幅広くご紹介しています。ドコモのシェアパックや各割引サービスの関係は複雑ですので、解約・MNP前に確認してみてはいかがでしょうか。

まずはドコモの契約形態を知っておこう


一般的に「ドコモの親回線・子回線」と聞くと、ほとんどの方がシェアパックの事を思い浮かべるのではないでしょうか。

ドコモのシェアパックは親回線がパケットパックを契約してしまえば、子回線は1回線につき月額500円(税抜)のシェアオプションを適用する事でデータが分けあえるようになっています。

ドコモの1人向け従量制プランは~1Gまででも月額2,900円(割引適用無し)のベーシックパックが最安ですから、月額6,500円で5Gのベーシックシェアパックを利用する事で利用料金を下げられる可能性もあるでしょう。

シェアパックの利用はファミリー割引が必須


画像引用元:ファミリー割引 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモのシェアパックは家族向けの契約プランで、一般的に親回線・子回線の関係で知られています。しかし、このシェアパックを利用するためのシェアグループは同一ファミリー割引グループ内の回線で設定可能であり、ファミリー割引への加入も必須となっています。

ファミリー割引はドコモの家族向け割引サービスであり、FOMAの基本使用料割引や家族内の国内通話無料など加入するメリットは大きいものです。対象も代表者から三親等以内で20回線までですので、複数の家族・世帯で申請できるのも特徴的です。

更にファミ割MAX50など組み合わせる事が出来る割引サービスも多いですから、ドコモで家族契約を行っているならほとんどの方が既に利用しているのではないでしょうか。

ファミリー割引の主な特徴

  • 三親等以内、20回線まで加入可能
  • 特定のプランと組み合わせる事で家族内の通話が無料
  • FOMAの基本使用料が25%割引
  • グループ内のiモードメール無料、指定した一般電話への通話割引

シェアパック・ファミリー割引・一括請求サービスの親回線は違う


画像引用元:ファミリー割引 | 料金・割引 | NTTドコモ

上記のように複数の家族・世帯で加入する事が出来るファミリー割引は、シェアパックを利用するための必須事項です。しかし、ファミリー割引の中心回線は「代表回線契約者」と呼ばれ、シェアパックの「親回線」とは区別されます。

実際にファミリー割引を申し込む際の「代表回線契約者」は1回線のみですが、複数の家族・世帯が加入する場合は「支払は別々にしたい」という方もいらっしゃるはずです。

このため、1つのファミリー割引の中に複数のシェアパックの「親回線」があるという事も珍しくありません。

更に複数回線の請求を1つにまとめる「一括請求サービス(グループ)」の場合は「一括請求代表回線契約者」というものがありますし、こちらは子回線に設定する事も可能です。

少々複雑ですが、簡単にまとめると「ファミリー割引>シェアパック&一括請求サービス」という事になります。あくまでファミリー割引が大前提であり、その下にシェアパックや一括請求サービスを設定すると理解しておくと良いかもしれません。

その他ポイント共有グループを含む内容・用語などは下記の表を参考にして下さい。

ドコモの家族向けサービスの内容・用語など

サービス名内容回線などの用語
シェアグループパケットを共有(シェア)するグループ。同一ファミリー割引グループで設定可能。親回線(代表回線)と子回線
ファミリ―割引三親等以内で入れるグループ。家族内通話が無料になるサービス。代表回線契約者と他回線(子回線)
一括請求グループ(サービス)請求を一つにまとめるサービス。同一名義・三親等以内が対象のためファミリー割引と併用されやすい。一括請求サービス契約者(親回線である必要無し)
ポイント共有グループdポイントを共有するサービス。ポイントを管理する方=代表会員

自分の回線の確認方法は?

ドコモのファミリー割引・一括請求サービス(グループ)・シェアパックはそれぞれ代表回線・親回線を別々に設定する事が出来ます。人によっては「今現在使っている回線が代表回線・親回線・子回線なのかまったく分からない」という方もいらっしゃるはずです。

ここでは親回線を解約・MNPする事前準備として、自身の回線の確認方法を知っておきましょう。

ファミリー割引の代表回線


画像引用元:ファミリー割引 | 料金・割引 | NTTドコモ

ファミリー割引には複数の家族・世帯が加入出来るため「誰とファミリー割引を結んでいるか」という点はもちろん、「そもそも代表回線は誰なのか」という事も分からなくなってしまう可能性があるでしょう。

ファミリー割引の代表回線は下記のような手順で確認する事が出来ます。「個別にご請求のファミリー割引グループ電話番号。」という項目を見つけるだけですので、比較的簡単に代表回線を確認する事が出来るでしょう。

しかし、これは代表回線が分かっている場合の確認手段であって、誰が代表回線なのか分からない場合は子回線も含めてファミリー割引に加入しているすべての契約者が個別に確認する必要性があります。

ドコモショップやドコモインフォメーションセンターのファミリー割引情報開示は代表回線者本人・または代表回線者の同意が必要であるため、子回線では問い合わせで探すのは難しいでしょう。

代表回線者の目星がある程度ついているならドコモインフォメーションセンターで同意を得た事と個人情報を伝える事で開示される可能性もありますが、まずはファミリー割引加入者同士の連絡を取り合う事が必要ではないでしょうか。

ファミリー割引の代表回線確認方法(My docomo)

  1. 「料金」から「ご利用料金の確認」へ進む
  2. 「利用内訳」を選択
  3. その月に獲得したdポイントやステージが表示される
  4. 「個別にご請求のファミリー割引グループ電話番号。」という項目が表示される

一括請求サービス(グループ)の代表回線

一括請求サービス(グループ)の代表回線確認方法は、ファミリー割引と比較すると簡単です。代表回線・子回線問わずMy docomoの「料金」から「ご利用料金」まで進んでいき、子回線の電話番号を表示できるなら「代表回線」という事になります。

一括請求の代表番号でなければ子回線の番号は表示されないようになっているため、代表回線・子回線ともに確認は容易ではないでしょうか。

一括請求サービスはファミリー割引内に複数設定されている可能性がありますので、こちらも他の家族・世帯と事前に連絡を取り合っておく必要性があるでしょう。

一括請求サービス(グループ)の代表回線確認方法(My docomo)

  1. 「料金」から「一括請求合計」へ進む
  2. 「ご利用料金の確認」を選択
  3. 「表示内容の変更」をチェック
  4. 子回線の電話番号が選択出来れば代表回線

シェアパックの親回線と子回線

一括請求サービス(グループ)と同じく、シェアパックも親回線であれば子回線の利用状況を個別に確認する事が出来ます。下記の手順でMy docomoにログインすればすぐに親回線を確認する事が可能でしょう。

ファミリー割引や一括請求サービスとは違いこちらは父親や母親が親回線となっている事が多いでしょうから、改めて確認するまでもないかもしれません。

自身の利用者情報や契約者情報を伝えれば、シェアパックの契約内容などはドコモショップやドコモインフォメーションセンターでも教えてもらう事が可能です。

シェアパックの親回線と子回線の確認方法(My docomo)

  • 「My docomo」にログイン
  • 「ご利用データ量確認」を選択
  • 確認したい月を選択

親回線を解約・MNP│子回線を親回線にする手順と料金

ここからは実際にドコモの親回線を解約・MNPし、子回線を親回線にする手順や料金を確認していきましょう。

何度も触れている通り、ドコモのファミリー割引代表回線・一括請求サービス(グループ)・シェアパックの代表回線や親回線はそれぞれ個別に設定する事が可能です。

1 2