読了時間:約 2

2018年2月より日本市場に参入した中国のスマホメーカーであるOppoですが、まだ国内での知名度は高くありません。しかし、スマホ出荷台数で見ると、世界では第4位、アジア圏では堂々の第1位の超大手メーカーです。

そんなOppoから日本向け第1弾として販売を開始したAndroidスマホ「R11s」では2,000万画素の前面カメラを搭載し、セルフィー好きといわれるアジア人の好みに合致させたスマホを発表。

その後も日本向けとしておサイフケータイへの対応や、ディスプレイの黒枠が少ないベゼルレス化に合わせ、カメラをスライド化させることで完全ベゼルレス化されたスマホ「Find X」を発表しています。

今後日本での知名度は上がっていくことが予想されるOppoですが、機種を購入した後のサポートについて不安視する意見が多いのも事実です。

今回はOppoのスマホを購入した場合の保証期間や、故障した場合の修理等について解説していきます。

トップ画像引用元:OPPOサポートにお問い合わせください – OPPOカスタマーサービスにお問い合わせください – OPPOアフターサービスにお問い合わせください | OPPO 日本

Oppoとは

画像引用元:価格.com – OPPO R15 Neo 3GBメモリー SIMフリー の製品画像

OppoはHuaweiやZTE、Xiaomiなどと同様、中国生まれのスマホメーカーです。

スマホ市場での競合である、HuaweiやXiaomiを抑えてのアジアNo.1の座を獲得したOppoのシェア率は世界的にみると、およそ8%を推移しています。

Oppoの市場での成長を成功に導いたのは、中でも広告戦略が挙げられます。首都圏だけでなく幅広い地域に渡り、実店舗などでの宣伝広告の他、多種多様な広告戦略を行う中で着実にユーザーへの認知を獲得してきました。

Oppoのスマホの特徴は、流行りの自撮りに力を入れたインカメラを高性能にしたり、独自開発をしている高速充電の技術を採用したバッテリーにあります。

また、OPPOのスマホはその本体デザインにも力を入れ他にはないスマートかつ先進的なフォルムでもユーザーを惹きつけています。

他者よりも早く、本体自体をキズなどから保護する構造を取り入れ、競合他者との差別化を意識したラインナップなどがユーザから高い支持を得ている大きな要因となっています。

代表的な機種には2013年に発売されたデザイン性にストレスレスの操作性で話題を集めた、「Find 5」。

初めて回転式のカメラユニットが搭載された「N1」、N1のカメラユニットの回転を自動制御へと昇華させた2015年発売の「N3」をはじめとして、本体フレームに強化アルミ合金を取り入れた頑強な設計などで話題をさらった「N5」。

現在ではスタンダードともなっている、ディスプレイの両側にカーブを持たせた技術もOppoが他社を差し置いて取り入れ、その後の市場を牽引している「R7 ・R7 Plus」にも見られるようにOppaは独自の戦略により、他社の一つ先を行くリードを続けているといった特徴を持つメーカーです。

Oppo アフターサービスについて

画像引用元:OPPOサポートにお問い合わせください – OPPOカスタマーサービスにお問い合わせください – OPPOアフターサービスにお問い合わせください | OPPO 日本

Oppo公式サイトにスマホ本体と付属品に関するアフターサービスについて説明が記載されているように、そのサービス内容を見てもしっかりとユーザーの事を考えている事が伺えます。

製品の修理保証期間

Oppoが設定している修理保証期間については購入日から起算し、携帯電話(内蔵バッテリーを含む)の修理保証期間は12ヶ月、イヤホン・マイクロUSBケーブル・充電器の修理保証期間は6ヶ月となっています。

12ヶ月の修理保証期間はどのメーカーでも設定している一般的な長さです。イヤホンや充電器などの付属品に対する修理保証期間は3ヶ月というメーカーもある中、決して短い期間ではありません。

また、購入日から14日以内が初期不良期間となり、初期不良期間内の機能・性能の故障等については、新品と交換対応が可能です。

初期不良期間を設定していないメーカーや、あったとしても1週間程度のメーカーも多く存在しますが、中には1ヶ月程度に設定しているようなメーカーもあります。

購入日から14日以内に申し出た初期不良に対し、新品との交換が約束されているのはまずまずの対応といえます。

初期不良期間を1日でも過ぎてしまうと、メーカーの対応にもよりますが、新品との交換ではなくリフレッシュ品(リニューアル品)との交換もしくは、修理対応になる場合がほとんどです。

リフレッシュ品とはメーカーが新品同等と判断した製品で、販売用としてでは無く交換用に用意されたもので、付属品や化粧箱等も付いていない状態での交換となります。

購入してすぐに問題が確認された場合はすぐに購入した店舗に申し出るのが最良の手です。新品の化粧箱に入った製品と、交換用に用意されている箱にも入っていないような製品との交換では受け取る側もすっきりとしないのが現実です。

無償修理規定

製品の修理保証期間内に、取り扱い説明書とガイドブックに従った使用中の故障が発生した場合には、無償で故障部品を交換が可能です。すべての交換部品は、いずれもOppoが公式に提供する新品の純正部品との交換となります。

公式サイトでも「取り扱い説明書とガイドブック」が赤字で強調されていますが、通常の使用方法に沿った使用をしていたにも関わらず故障が起きた場合には、修理保証期間内であれば無償で保証が受けられますので、取り扱い説明書とガイドブックを熟読しておくことをオススメします。

また、修理保証期間内の無償修理サービスなどを受けるには、日本で購入された製品にのみ適用となりますので注意が必要です。

機種本体を国内で購入した場合でも、並行輸入品である場合は注意が必要です。AmazonなどでOppoシリーズの並行輸入品が販売されていますが、こちらは正規ルートを通った日本向け製品では無く別ルートからの輸入品扱いとなります。

このような製品は「並行輸入品」と呼ばれ、真正品ではあるものの保証や修理は本国である中国国内に限定されます。

並行輸入品が購入される理由としては、当初からSIMフリーであることや、標準でインストールされているアプリが少ないこと、さらにシステムアップデートが早いなどのメリットにあります。

しかし、国内キャリアの保証が受けられないなどのデメリットもありますので、その点を考慮した上で購入を検討しないと、いざという時に思わぬ出費に悩まされる結果となります。

無償修理で気をつけなければならない事が、修理保証期間内でも一定の事項に該当する場合は無償修理対処外となる事です。この場合には、補修費用を請求されてしまいます。

無償修理の対象外となる場合は以下の通りです。

  1. 製品購入日の確証(領収書、保証書等)をご提示いただけない場合。
  2. 領収書または保証書の重要な情報が記入されていない、または修正されている場合。
  3. 不適切な使用により発生した故障や損壊。
  4. 自ら行った分解や改造により発生した故障や損壊。
  5. 製品のシリアル番号が修正されている、または識別できない場合。
  6. 落下や外部からの圧力により発生した故障や損壊。
  7. 指定の充電器を使用しなかったことにより発生した故障や損壊。
  8. 火災、地震、風災、水害、落雷等の自然災害、または汚染、塩害、異常電圧等の事故により発生した故障や損壊。
  9. 劣悪な環境で使用し発生した故障や損壊。
  10. 製品の正常な使用において発生した自然な摩損、汚れ、擦過痕、さび等。
  11. 製品内部に水が入ったことにより発生した故障や損壊。

通常の使用状況下であれば修理保証期間内に故障が起きたとしても、無償修理対象外となることはありません。領収書や保証書は捨てずに残しておくことが重要となります。

1 2