大手キャリアの2年縛りの基本的な仕組み

読了時間:約 2

顔認証や指紋認証が搭載された機種が多くなり、入力の機会が減っているパスワード。

ふとした時に入力を求められ、思い出せないこともあるのではないでしょうか。

そんなとき、むやみやたらと入力するとロック状態が解除できなくなってしまいます。

本記事では、iPhoneとAndroidそれぞれで、ロック解除できなくなった場合の対処法と注意点をまとめました。

ロック解除ができない、パスワードを忘れた、といったことで困っている方は参考にしてみてください。

dカードの暗証番号忘れてスマホでログインできなくなった場合の対処方法

ロック解除ができないときの対処法【iPhone編】


iPhone、iPad、iPod touch のパスコードを忘れた場合や、デバイスを使用できないというメッセージが表示された場合 – Apple サポート

iPhoneシリーズでは、iPhone 5s以降にTouch ID(指紋認証)、iPhone X以降にはFace ID(顔認証)が搭載され、簡単かつ堅牢なロック解除システムを採用しています。

加えて、端末の再起動時やソフトウェアアップデート時などには、通常6桁のパスコードの入力が求められます。

端末を長らく再起動していなかった場合など、ふとした時にパスコードを忘れてしまっても、適当な数字を何度も入力するのはおすすめしません。

iPhoneでは、パスコードロック解除の失敗回数に応じて、以下の使用不能時間が設定されているためです。

  • 6回連続失敗 → 1分間iPhone使用不能
  • 7回連続失敗 → 5分間iPhone使用不能
  • 8回連続失敗 → 15分間iPhone使用不能
  • 9回連続失敗 → 60分間iPhone使用不能
  • 10回連続失敗 → 60分間iPhone使用不能
  • 11回連続失敗 → iPhone単独では使用不能

パスコード入力に11回失敗してしまうと、PCのiTunesなど別のデバイスからiPhoneを復元する必要があります。

また、10回目の失敗でiPhone上のデータを削除する「設定」>「Face IDとパスコード」の「データを消去」をオンにしていた場合は、10回目の失敗でiPhoneが工場出荷状態に初期化されます。

iPhoneのパスコードを忘れたときの対処法


iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合の対処法は、一度iPhoneを初期化してからデータを復元するしかありません。

以下の3通りの方法のどれかを使って初期化してから、バックアップデータから復元することで、元のiPhoneに戻すことができます。

ポイント
  • 同期したことのあるiTunesから初期化
  • iCloud.comから初期化
  • リカバリーモードから初期化

過去にiPhoneをiTunesと同期させたことがある方は、PCのiTunesに接続して初期化・復元するのが一般的です。

これまでiTunesに接続したことはないが、本体の「iPhoneを探す」機能をオンにしている方は、PCなどの別のデバイスでiCloud.comにアクセスし、デバイスを消去することで初期化することができます。

どちらも該当しない方は、PCにiTunesをインストールし、リカバリーモードを使って初期化を行います。

方法1:同期したことのあるiTunesから初期化


普段からiTunesと同期させている方は、iTunesからであれば簡単に初期化・復元ができます。

iTunesからの初期化の手順は以下の通り。

  1. iPhoneとPCを接続し、iTunesを起動する
  2. 「バックアップ」の「今すぐバックアップ」でPC内にバックアップを作成する
  3. iPhoneの欄から「iPhoneを復元」をクリックする
  4. 初回設定時の「Appとデータ」で「iTunesバックアップから復元」を選択する
  5. 初回設定完了後、新しいパスコードを設定する

iTunesを使う方法は、初期化の前にバックアップが取れますので、最新のデータで復元できる点もおすすめです。

方法2:iCloud.comから初期化


iTunesと同期させたことがない方、普段使っているPCがない方は、別のPCからiCloud.comにアクセスしてiPhoneを初期化します。

ただし、本体の「iPhoneを探す」機能がオンになっていることが条件です。

iCloud.comからの初期化の手順は以下の通り。

  1. iCloud.comにアクセスする
  2. Apple IDでサインインする
  3. 「すべてのデバイス」から初期化したいiPhoneを選択する
  4. 「iPhoneの消去」で初期化する
  5. 初回設定時にいずれかのバックアップから復元する
  6. 初回設定完了後、新しいパスコードを設定する

iTunesの場合と違い、データの復元は最後のバックアップ時になりますので、バックアップ以降のデータは残念ながら失われてしまいます

方法3:リカバリーモードから初期化

どちらの方法も使えない場合は、リカバリーモードから初期化を行います。

リカバリーモードからの初期化の手順は以下の通り。

  1. PCにiTunseをインストールする
  2. iPhoneをPCに接続し、iTunesを起動する
  3. iPhoneをPCに接続した状態で強制再起動を行う
  4. リカバリーモードが起動し、iTunseのポップアップから「復元」を選択する
  5. iPhoneが初期化されたら初回設定を行う
  6. 新しいパスコードを設定する

3つ目の手順のiPhoneの強制再起動は、機種によって以下の方法で行ってください。

iPhone 8 / 8 Plus、iPhone X以降 ・サイドボタンと片方の音量調節ボタンを長押しする
・電源オフスライダが表示されたら、スライダをドラッグして電源を切る
・サイドボタンを押しながらiPhoneをPCに接続する
iPhone 7 / 7 Plus ・サイドボタンを長押しする
・電源オフスライダが表示されたら、スライダをドラッグして電源を切る
・音量を下げるボタンを押しながらiPhoneをPCに接続する
iPhone 6s以前 ・サイドボタンを長押しする
・電源オフスライダが表示されたら、スライダをドラッグして電源を切る
・ホームボタンを押しながらiPhoneをPCに接続する
iPhoneのロック解除ができないとき
  • 入力回数の制限があるのでパスコードはむやみやたらと入力しない
  • 方法1:同期したことのあるiTunesから初期化
  • 方法2:iCloud.comにアクセスして初期化
  • 方法3:リカバリーモードから初期化
ドコモメールで『アカウントエラー』が出た時の原因と対処法

次のページでは、ロック解除ができないときの対処法【Android編】をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2