キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

「認証エラー」、「dアカウントに問題が発生した」などのメッセージと共に起こるアカウントエラーは不意に起こることが多いトラブルです。

普通にドコモメールを使えたのにいきなりアカウントエラーが発生した、というケースは非常に多く、ユーザーを困らせる悩みの種となっています。

そんなドコモメールにおけるアカウントエラーに関連した問題の原因はどのようなものなのでしょうか。

また、アカウントエラーが出た時はどんな対処をすれば良いのかも知りたいところです。

今回はアカウントエラーが出る原因と対処法をご紹介していきます。

今まさにアカウントエラーが出て困っているという方はもちろん、不足の事態に備えて対処法を知っておきたい方も、是非目を通して見て下さい。

アカウントエラーの原因は複数ある

ドコモのメールでアカウントエラーが出た際の原因をすべて紹介していきます。

そもそもIDとパスワードが違う

ドコモメールへのログインにはdアカウントを使用しますが、そもそもdアカウントのIDとパスワードを間違えている場合はログインすることが出来ません。

このケースではアカウントエラーが発生する際に「ユーザー名またはパスワードが間違っています」と表示されます。

単純なミスによるエラーではありますが、アカウントエラーの中では最も起こりやすいトラブルであるため、落ち着いて対処しましょう。

アカウントがロックされている

dカードかdカード GOLDかは利用状況次第で選ぼう
前述のようにドコモメールにログインするためにはdアカウントが必要になりますが、dアカウントがロックされていると、ドコモメールの利用も制限されます。

dアカウントがロックされる原因は、複数回のログインミスであることが多いです。

ロックされてしまったdアカウントはロックを解除してからでないと再度使用することが出来ません。

アカウントロックによるエラーが起きる際は「dアカウントの認証に失敗しました」というメッセージが表示されます。

dアカウントがロックされていると分かったら、すぐにロック解除の手続きを始めましょう。

データ通信環境に問題がある

データ通信環境に問題がある場合は、ドコモメールにログインすることが出来ないためにアカウントエラーが起きてしまいます。

よくある例としては「モバイルデータ通信をOFFにしていた」などが挙げられ、このケースではモバイルデータ通信をOFFにすることで問題を解決することが可能です。

ただ、Wi-Fiに問題があるケースや山間部、地下などの電波が届きにくい場所に居るために問題が発生しているケースでは、他の対処法が必要になります。

また、データ通信環境が原因のアカウントエラーでは「通信中にエラーが発生したため、認証情報を送信できませんでした」というメッセージが表示されます。

このメッセージを確認したら、「データ通信環境を見直す」の項でご紹介している対処法を試してみて下さい。

プロファイル情報に問題がある


ドコモメールにおけるプロファイルとは簡単に言うと「メールの送受信履歴や連絡先を保存した個人ファイル」のことを指します。

厳密に言えばそれ以外にもいくつかの情報を保管していますが、基本的には上記のように考えておけば問題ないでしょう。

このプロファイル情報に問題が発生しているケースでは、「メールを取得できません」というエラーメッセージが表示されます。

プロファイル情報の破損は手動/自動のどちらでも直すことが困難であるため、プロファイル情報に問題があるケースでは設定のやり直しを行わなければいけません。

『プロファイル』という難しそうに見える単語が登場しているため対処は難しいように思えますが、プロファイル情報の再設定は簡単な作業であるため誰にでも行えます

余談ですが、プロファイル情報に問題が発生して起こるアカウントエラーはiPhoneでのみ発生する現象です。

理由としては「Android端末と違いiPhoneはドコモメールアプリではなく独自のメールアプリを使用している」ということが挙げられます。

というのも、互換性こそあるものの公式アプリではないiPhone独自のメールアプリを使うことで、情報のやり取りに問題が生じてしまっているのです。

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の税抜1000円につき10%還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリット・デメリットまとめ

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

アカウントエラーの対処法


ここからはドコモのメールでアカウントエラーが出た際の対処法をご紹介していきます。

IDとパスワードの開示を行う

IDやパスワードを忘れてしまった場合はdアカウントの公式サイトにてID/パスワードの開示を行わなければいけません。

ID/パスワード開示の手順は以下の通りです。

  1. Wi-Fiに接続している場合は切断する
  2. dアカウント公式サイトを開く
  3. 「アカウント管理へ」をタップ
  4. IDをお忘れの方/パスワードをお忘れの方をタップ
  5. 「ドコモの回線をご契約されているお客様」をタップ
  6. 「spモードまたはmopera U 接続のお客様」を選択
  7. dアカウントメニューを表示

dアカウントメニューの表示に成功すると、登録されているdアカウントのIDが表示されます。

パスワードが分かっているのなら表示されたIDと一緒にログイン画面にて入力を行ってドコモメールへログインしましょう。

パスワードが分からない場合は、dアカウントメニューから「パスワードの確認」をタップした後、ネットワーク暗証番号を入力することでパスワードの開示が行えます。

ここまでの手順は非常に簡単で、スマホの操作に慣れていない方でも5分もあれば対処できるでしょう。

問題はネットワーク暗証番号が分からない時で、この場合だと最悪の場合ドコモメールに再度ログイン出来るのは数日後になりかねません。

というのも、暗証番号が分からない時は、

  • ドコモショップで手続きする
  • ドコモインフォメーションセンターに電話して暗証番号を郵送にて教えてもらう

のどちらかの方法でドコモからネットワーク暗証番号を教えてもらわなければならないのです。

ドコモショップで手続きをする際は顔写真付き身分証明書を持参して、受付にて「ネットワーク暗証番号が分からない」と伝えましょう。

ドコモインフォメーションセンターに電話をする際は生年月日などの個人情報を伝えた後、「ネットワーク暗証番号が分からない」と相談します。

電話にて相談をする場合は後日ネットワーク暗証番号の記載された用紙を郵送という形を取る関係上、かなり時間が掛かります。

ドコモショップで手続きをすれば、その場で暗証番号を知ることが可能なので、すぐにドコモメールを使いたいなら店舗での手続きがおすすめです。

アカウントのロックを解除する

大手キャリアの2年縛りの基本的な仕組み
アカウントロックは複数回ID/パスワードを間違えることで起きますが、一度ロックされるとロックを解除しない限りログインが出来ません。

そのため、アカウントがロックされてしまった場合は、正しいIDやパスワードを入力する前にロックの解除手続きをしなければならないのです。

  1. 前項でご紹介した手順でdアカウントメニューを表示
  2. 「ID/パスワードの確認・ロック解除」をタップ
  3. ネットワーク暗証番号を入力

アカウントのロック状態は上記の手順で解除することが出来ます。ロックを解除することが出来たら、再度ドコモメールにログインしてみましょう。

データ通信環境を見直す

データ通信環境が元になってアカウントエラーが発生しているケースでは主に、

  • 電波の届きにくい場所に居る
  • Wi-Fiに接続している

の2つの原因が考えられます。電波の届きにくい場所に居る場合は、電波の届きやすい場所へ移動することでスムーズにドコモメールへログインすることが可能です。

地下に居るのなら地上に出る、山間部に居るのなら平野部や市街地に行ってから再度ログインを試みてみましょう。

Wi-Fiに接続しているケースでは必ずしもアカウントエラーが発生してしまうわけではないものの、電波強度によってはエラーが起きてしまうことがあります。

よくあるケースとしては「電波の弱い/回線が弱いフリーWi-Fiに接続している」、「Wi-Fi機器に不具合が発生している」などが挙げられます。

この場合、4G回線が快適に使える場所に居るのなら、回線を4Gに切り替えるだけで問題なくログイン出来ることが多いです。

原因が場所にあるのか、回線にあるのか分からない場合は場所移動と回線切替の両方を行ってみると良いでしょう。

プロファイル情報を更新する


プロファイル情報に問題が発生してしまったケースでは、プロファイル情報を一度削除して、インストールし直さなければいけません

前述の通りプロファイル情報の破損が原因のアカウントエラーはiPhoneでのみ起こる現象であるため、ここではiPhoneにおける更新手順をご紹介します。

  1. iCloudバックアップの設定
  2. プロファイル情報の削除
  3. プロファイル情報を再度インストール

手順は以上の通りですが、どの手順も細かな作業をしなければならないため、手順毎に詳細をご説明します。

iCloudバックアップの設定は、

  • ホーム画面から「設定」をタップ
  • ユーザー名をタップ
  • iCloudを選択
  • アプリリストから「メール」を見つける
  • メール右横のタブをオンに切り替える
  • iCloudバックアップをタップ
  • 「今すぐバックアップを作成」をタップ

以上の手順で行えます。iCloud以外を使ったバックアップももちろん可能ですが、他の機器が必要になるためあまりおすすめしません。

また、iCloudを使ってバックアップを取る時は膨大な量のデータをやり取りするので、Wi-Fiに接続した状態でバックアップを取るようにしましょう。

プロファイル情報の削除は、

  • ホーム画面から「設定」をタップ
  • 「一般」を選択
  • 「プロファイル」を選択
  • 「キャリアメールのアドレス」をタップ
  • 「プロファイルの削除」を選択
  • 「削除」をタップ

という手順で行って下さい。プロファイルの削除が終わったらWi-Fiを切断した後再びプロファイルをインストールします。

  • My docomoを開く
  • dアカウントでログインを行う
  • メニューから「設定(メール等)」をタップ
  • 「ドコモメールセットアップ」を選択
  • 「初期設定プロファイルをダウンロード」をタップ
  • 利用規約に同意して「次へ」を選択
  • インストールをタップ
  • 「完了」をタップ

以上でプロファイル情報の再インストールは完了です。

アカウントエラーが出る原因とその対処法
  • そもそもIDとパスワードが違う…ドコモショップやdアカウント公式サイトでIDとパスワードの開示を行う。
  • アカウントがロックされている…dアカウント公式サイトでロックを解除する。
  • データ通信環境に問題がある…Wi-Fi利用時にエラーがでているのなら回線を4Gに切り替えるなど通信環境を変える。
  • プロファイル情報に問題がある…プロファイル情報を更新する

原因の特定をしっかり行ってから対処する


アカウントエラーが出る原因はご紹介したように複数あります。

そのため、問題を解決したいのなら、まずアカウントエラーの原因がどんなものなのかを特定しなければいけません。

原因を特定することなく対処法を試してしまっては、最悪のケースだと他の問題まで起きてしまうこともあるのです。

アカウントエラーの原因を特定する際は、アカウントエラーが出た時にどんな画面が表示されるかを見るのが手っ取り早いでしょう。

例えばアカウントがロックされている際はその旨がドコモメールへログインする際に表示されます。

原因が分かったら、エラーメッセージに合わせて対応する対処法で問題の解決を試みて下さい