読了時間:約 2

カメラの撮影機能向上・美しいディスプレイ解像度など、スマートフォンは年々急速に進化を続けています。今や誰しも当たり前のように持っているスマートフォンですが、ガラケーからの機種変更や新規契約でこれから使い始めるという方もいらっしゃる事でしょう。

ここではauの2018-2019年冬春モデルの中でも、特にエントリーユーザーにおススメのLG it LGV36をご紹介しています。シニア・お子様など年齢を問わず、これからスマートフォンを購入する方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

auの2018-2019年冬春モデル


画像引用元:au 2018秋冬モデル、5機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社

2018年10月11日、au(KDDI・沖縄セルラー)は2018-2019年冬春モデルとして5機種のスマートフォンを発表しました。

この5機種のスマートフォンはXperiaとして初となる有機ELディスプレイを搭載した「Xperia XZ3 SOV39」や独特の形状が支持されるLTEケータイ「INFOBAR xv」などそれぞれ魅力的な個性を備えています。

もちろんここでご紹介する「LG it LGV36」も、他とは一味違うコンセプトで作られたスマートフォンとなっているのは言うまでもありません。

LGエレクトロニクス製スマートフォン

LG it LGV36を製造しているのは韓国ソウルに本社を置くLGエレクトロニクスです。auはこれまでもLGエレクトロニクス製スマートフォンを取り扱っており、過去にはグローバルモデルの国内ローカライズ版となった「isai Beat LGV34」や「isai vivid LGV32」などを発売していました。

つまり、LG it LGV36はLGVシリーズの最新モデルという事になります。LGエレクトロニクスは他にOptimusシリーズなどのスマートフォンを製造していましたが、現状携帯電話機の主力はLGVシリーズのみとなっています。

また、LGエレクトロニクス社製のスマートフォン販売は大手キャリアでは累計でドコモが最も多く、反対にソフトバンクではまったく取り扱われていないのも特徴的です。

LG it LGV36の価格

auの2018-2019年冬春モデルの中では「Xperia XZ3 SOV39」と「Galaxy Note9 SCV40」が100,000円前後の価格設定となっていますが、どちらも高い性能を備えたハイスペックスマートフォンです。

一方「LG it LGV36」の価格はSIMフリーモデルもある「AQUOS sense2 SHV43」と同じ32,400円(税込)となっており、5機種の中では比較的低価格となっているのも見逃せません。

ただしスマートフォンのスペックは基本的に価格に比例しますから、当然「LG it LGV36」のスペックも「Xperia XZ3 SOV39」や「Galaxy Note9 SCV40」より低くなっています。この点も含めて、下記からの基本スペックをチェックしていきましょう。

auの2018-2019年冬春モデルの価格

端末価格(現金一括)
Xperia XZ3 SOV3999,360円(税込)
Galaxy Note9 SCV40129,600円(税込)
AQUOS sense2 SHV4332,400円(税込)
LG it LGV3632,400円(税込)
INFOBAR xv51,840円(税込)

au LG it LGV36の基本スペック&コンセプト


画像引用元:LG it(エルジー イット)LGV36 | スマートフォン(Android スマホ) | au

先にご紹介した通り、LG it LGV36の価格はauの2018-2019年冬春モデルの中でもAQUOS sense2 SHV43と並んで最安の32,400円です。また、この価格設定は近年発売されている所謂「ミドルスペックモデル」の中でも低い部類に入ります。

スマートフォン本体の価格が低く抑えられている事はユーザーとしては嬉しいポイントですが、あまりに安いとスペック面が心配になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

基本スペック

まずはLG it LGV36の基本スペックをチェックしてみましょう。LG it LGV36は片手で持ちやすい5.0インチのディスプレイに、3GBのRAMと32GBのROMを備えるスマートフォンです。

auを含めた大手キャリアでスマートフォンを購入するとアンインストール出来ないアプリ(プリインストールアプリ)が初めから入れられていますが、32GBのストレージ容量を備えている事に加え外部メモリにも対応しているため容量不足の心配はないでしょう。

また、2018年8月にリリースされたAndroid 8.1に対応している事、QualcommのSnapdragon 425の搭載などからごく一般的なミドルクラスのスペックを持つスマートフォンと言えます。

ちなみにまったく同じ価格で販売されているAQUOS sense2 SHV43のスペックも合わせてご紹介していますが、CPUの性能ではLG it LGV36が僅かに劣っています。

 LG it LGV36AQUOS sense2 SHV43
サイズ約72×145×8.0mm約71×148×8.4mm
ディスプレイ約5.0インチ
液晶ディスプレイ
(IPS)
約5.5インチ
液晶ディスプレイ
(IGZO)
重量約140g約155g
バッテリー容量2,500mAh2,700mAh
内蔵メモリ/RAM3GB3GB
内蔵ストレージ/ROM32GB32GB
防水&防塵×
OSAndroid 8.1Android 8.1
CPUMSM8917
(Snapdragon 425)
1.4Ghz クアッドコア
SDM450
(Snapdragon 450)
1.8Ghz/オクタコア
カメラ
(メイン+サブ)
約1,300万画素
約500万画素
約1,200万画素
約800万画素
おサイフケータイ×

コンセプトは「じぶんで学べる楽しめる」

上記でご紹介した通り、まったく同じ価格で発売されたAQUOS sense2 SHV43のスペックの方がLG it LGV36を僅かに上回っています。このため、スマートフォンに詳しい方なら本記事を見ずとも迷わずAQUOS sense2 SHV43を選択するのではないでしょうか。

しかし、LG it LGV36は「じぶんで学べる楽しめる」というコンセプトの元作られたスマートフォンであり、単純にスペックだけで比較出来ない特徴を持っているのです。次からは、スペック表だけでは分からないLG it LGV36の特徴を実機レビューを元にご紹介していきます。

気になるポイントを辛口実機レビュー

LG it LGV36に限った話ではありませんが、独自の操作感やUI(ユーザーインターフェース)などスマートフォンはそれぞれ個性があります。この端末ごとの個性は実際に触ってみるまで分からない事が多く、スマートフォンに詳しい方でも完全に操作感を理解するまで一定の期間がかかるものです。

ここではLG it LGV36のメリットだけでなく、デメリットも含めた実機レビューを5つのポイントに分けてご紹介致します。

独自アプリをプリインストール


画像引用元:LG it(エルジー イット)LGV36 | スマートフォン(Android スマホ) | au

LG it LGV36には、独自に制作されたアプリケーションである「auかんたんガイド」がプリインストール(購入時よりインストール)されています。

このアプリではタッチやスクロールと言ったスマートフォンの基本操作はもちろん、文字入力や音声入力などLG it LGV36に関する操作全般を学んでいくことが出来ます。

自分のやりたい事に合わせて使い方を学習できるので、これまでまったくスマートフォンに触った事がなかったという方でも安心して利用出来るのが魅力です。このアプリはLG it LGV36向けに初めて制作されたもので、現状他のスマートフォンにはプリインストールされていません。

今後対応する端末は増えていくかもしれませんが、現状LG it LGV36だけにプリインストールされているのは見逃せないポイントとなっています。

片手で持ちやすい約5.0インチ

近年のハイスペックスマートフォンは有機ELの搭載&ノッチ型が主流で、画面サイズも大型化の傾向が見られます。ミドルスペックスマートフォンもこの例に漏れず、液晶ディスプレイを搭載したモデルでも画面のサイズは比較的大型です。

画面が大型化するとそれだけ視認性や操作感は良くなりますが、反面ガラケーのように片手で操作しにくくなるのがデメリットとなります。LG it LGV36の画面サイズは約5.0インチと比較的小型に設計されており、片手でも持ちやすいのがメリットです。

1 2