ソフトバンク ソフトバンク 手続き ソフトバンクオンラインショップ
読了時間:約 2

近年スマホの高スペック化はますます加速しており、ハイエンドモデルではメモリ4GB・ストレージ64GB以上はもはや当たり前となりました。11月1日に発売されたGoogle Pixel 3もこのようなハイエンドモデルとして位置づけられており、国内キャリアではソフトバンクとドコモが取り扱っています。

今回は、ソフトバンクのGoogle Pixel 3が壊れた時の修理依頼方法や加入すべき保障をご紹介しています。既に購入している方、そしてこれから購入を検討している方にも役立つ情報をご紹介していますので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

Google Pixel 3はどんなスマホ?


画像引用元:Google Pixel 3 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

国内で11月1日に発売されたGoogle Pixel 3は、インターネット事業などで知られるアメリカのGoogle社が手掛ける注目のスマートフォンです。

デザインは近年流行のノッチ型=切り抜きを採用していますが、メモリは4GB・ストレージは64GB・128GBの2種類が用意されており高スペックスマホとして位置づけられています。

カメラはハイエンドモデルとしては珍しいシングルとなっていますが、背面のぼかし機能や夜景モードなとの多彩な機能を備えており幅広い状況で美しい写真を撮影できるのが魅力的なポイントです。

価格や性能・予約開始日などからAppleのiPhone XRと比較される事が多いGoogle Pixel 3ですが、インターネット事業を手掛けるGoogleのサービスをより便利に使えるなど多くのメリットを持っています。

AppleのiPhoneシリーズと同じく、Google Pixel 3が唯一無二の個性を持っているのは間違いありません。

国内版はソフトバンクとドコモから発売

2018年9月21日に発売されたAppleのiPhone XsとiPhone Xs Max、そして10月26日発売のiPhone XRはすべて国内の大手キャリア3社から発売されました。

一方、Google Pixel 3はauのみ取扱いしない事を発表しており、大手キャリアではソフトバンクとドコモから発売となりました。Google Pixel 3は画面サイズなどに違いがあるGoogle Pixel 3 XLも用意されており、ストレージ容量を含めると合計で4つの種類がある事になります。

しかし、ドコモではGoogle Pixel 3が64GBのみ、Google Pixel 3 XLは128GBのみの取り扱いで選択肢が限られています。一方、ソフトバンクはGoogle Pixel 3とGoogle Pixel 3 XLのすべての容量を取り扱っているため、大手キャリアでは唯一選択肢が広いのがメリットとなります。

今現在国内で多くのシェアを持つiPhoneシリーズは、2008年にソフトバンク(当時はソフトバンクモバイル)が初めて取扱いを始めました。ソフトバンクが率先して取り扱いしている事を考えると、今後Google Pixelシリーズが新たな高スペックスマホとしてシェアを拡大していくかもしれません。

 Pixel 3Pixel 3 XL
ディスプレイ5.5型有機EL6.3型有機EL
解像度1,080×2,1601,440×2,960
サイズ68.2×145,6×7.9mm76.7×158×7.9mm
重量148g184g
CPUSnapdragon 845Snapdragon 845
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB/128GB64GB/128GB
OSAndroid 9.0Android 9.0
カメラ画素数アウト1,220万画素
イン800万画素(デュアル)
アウト1,220万画素
イン800万画素(デュアル)
バッテリー2,915mAh3,430mAh

限定特典も要チェック!


画像引用元:Google Pixel 発売記念キャンペーン | モバイル | ソフトバンク

Google Pixel 3はソフトバンクとドコモのキャリア版の他に、Googleストアで取り扱われているSIMフリー版も存在します。国内では格安SIM会社のシェアが年々増加していますから、SIMフリー版の購入を検討しているという方も多いかもしれません。

iPhoneシリーズと同じくソフトバンク・ドコモ・SIMフリー版でそれぞれ価格に違いがありますが、それほど大きな差があるわけではありません。しかし、どこで購入しても手に入るGoogle Play Pointsのゴールドステータスを除くと、それぞれ限定特典が用意されているのは見逃せません。

SIMフリー版では11月13日よりサービスが開始されたYouTube Music Premiumの6か月無料、ソフトバンク版はクラウドストレージであるGoogle One 100GBの1年間無料利用権が特典として用意されています。

ドコモ版は現状特典の発表がありませんから、ソフトバンクとSIMフリー版の方が少しだけお得に利用出来るのではないでしょうか。ソフトバンクはウルトラギガモンスター+の加入が条件に設定されているため、この点だけは注意が必要です。

Google Pixel 3
税込価格
ドコモ版ソフトバンク版SIMフリー版
64GB98,496円98,400円95,000円
128GB取り扱いなし108,960円107,000円
独自特典現状発表なし1年分のGoogle One利用権YouTube Music Premium 6か月無料
Google特典Google Play PointsのゴールドステータスGoogle Play PointsのゴールドステータスGoogle Play Pointsのゴールドステータス

ソフトバンクのGoogle Pixel 3修理依頼方法は?

続いては、ソフトバンクで購入したGoogle Pixel 3をどのように修理依頼すればよいのかチェックしていきましょう。Google Pixel 3は全国に展開するソフトバンクショップの他に、オンラインショップや家電量販店でも購入する事が出来ます。

ビックカメラなどの大型家電量販店ではAndroidスマートフォンのポイント還元・各種キャンペーンなどを定期的に実施しているため、これらを目当てにキャリアショップ以外で購入したという方も多いはずです。

ただし、どのような場所で購入してもGoogle Pixel 3をはじめとしたキャリアのAndroidスマートフォンは修理依頼する場所が限定されるでしょう。

ソフトバンクショップを利用する


画像引用元:かんたん来店予約 | ショップ | ソフトバンク

ソフトバンク製品を取り扱うソフトバンクショップは、2018年時点で全国に2,000店舗以上の数が存在しています。どのような地域にお住まいの方でも、一度はソフトバンクショップの看板を見かけた事があるのではないでしょうか。

お近くのソフトバンクショップを利用する事で、Google Pixel 3の修理を申込む事が可能です。基本的な修理申込みの流れは以下のようになっており、すべて含めても完了まで3日~1週間程度で済ます事が出来るのではないでしょうか。

「壊れているかどうか自身で判断出来ない」という状況でも、とりあえず持ち込めば専門知識が豊富なショップスタッフが端末の確認をしてくれますから安心出来ます。

修理を依頼している間の代替機の貸出も無料で行えますが、貸出期間が30日を過ぎた場合は料金が発生するため早めに返却する事が重要です。ソフトバンクショップは日にちや時間帯によって混み合いますから、お手持ちのスマホやパソコンなどから来店予約をしておいた方が良いでしょう。

STEP内容
STEP.1故障受付
STEP.2店員が状態を確認(修理が必要かどうかチェック)
STEP.3故障の可能性が高い場合、お預かり
STEP.4修理完了後連絡
STEP.5受取り・料金支払い

オンラインショップで申し込む


画像引用元:オンライン修理の利用方法 | 困ったときは | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクショップがキャリアと契約を結んだ代理店なのに対して、ソフトバンクオンラインショップはキャリア直轄で運営されています。24時間営業でオプションの加入が必須では無い事など多くのメリットを持つオンラインショップは、スマホの購入などの他に修理やサポートも行っているのです。

オンラインショップでGoogle Pixel 3の修理依頼を行う場合、ソフトバンクのHP上のMy SoftBankにログインして申し込みましょう。代替機の貸出も無料でソフトバンクショップと同じく別途料金は必要ありませんから、オンラインショップは特に忙しい方に向いている修理依頼方法です。

しかし、ソフトバンクショップと比べると修理完了までの期間は多少長く、「よくあるご質問」内ではお引き取りから10営業日前後かかると記載されています。早く済ませたいならソフトバンクショップ、多少時間がかかってもいいならオンラインショップというように使い分けると良いでしょう。

電話で修理を申込む

ソフトバンクショップやオンラインショップ以外では、電話で修理を申込む事も可能です。しかし、電話で修理依頼を申込んでも最終的な端末の確認はソフトバンクショップや配送を利用する事になるでしょう。

これは口頭説明では端末の状況が完全には分からないため、修理が必要かどうかを判断するためにソフトバンク側が直接端末を確認しなくてはならないからです。

いきなり修理依頼になるわけではなくまずは担当者が端末の操作などを説明してくれるので、故障でなければこの時点で解決する事もあります。「ソフトバンクショップに行く時間も無く、端末の故障かどうかも分からない」というような状況で利用するのが適しているのではないでしょうか。

故障の問い合わせ・修理の申込みソフトバンク携帯電話から一般電話などから
電話番号113(通話料無料)0800-919-0113(通話料無料)
受付時間午前9時から午後8時午前9時から午後8時
注意点電話で申込んだ場合、あんしん保証加入の割引なし電話で申込んだ場合、あんしん保証加入の割引なし

その他の場所では修理出来る?

ソフトバンクのGoogle Pixel 3は家電量販店でも販売されていますが、修理などのサポートはキャリアであるソフトバンクが請け負っています。このため、購入した場所に関わらず修理の申込みなどはすべてキャリアを通して行いましょう。

しかし、ユーザーの使い方に問題がある故障で、ディスプレイの破損や水没などはそもそも修理不可能だったり高額な料金が発生する可能性もあります。

家電量販店以外だと費用の安さから専門の修理業者に依頼するという方法もありますが、一度他の店舗などで修理を行った端末はキャリアの無償サポートが適用されなくなる可能性があります。

リスクのある方法ではありますが、買い替えや修理費用を払えないという場合は検討してみるのも悪くないかもしれません。

修理費用や加入すべき保障は?

先ほども少し触れていますが、ソフトバンクをはじめとしたキャリアのスマートフォンにはメーカーの1年保障がついています。当然SIMフリー版にも1年間の保障がついているわけですが、これにより自然故障の場合は基本的に無償での修理となります。

Google Pixel 3はまだ発売されたばかりですから、自然故障の場合はどのような方でもこの1年保障を利用して修理を行う事になるでしょう。スマートフォンの自然故障として多いものは、例えばタッチ切れやバッテリー・基盤の不具合などです。

一方、水漏れや落下などユーザーの使い方に問題がある場合の故障は基本的に有料となっており、状況によっては高額な修理料金が発生する可能性があります。どんなに丁寧に使っている方であってもスマートフォンの水漏れや落下などが絶対に起こらないとは言い切れません。

ここでは、Google Pixel 3の修理料金やソフトバンクで加入できる保障について確認しておきましょう。

購入後1年以内でも料金が発生する例

  • ユーザーの扱い方に問題がある場合の故障・破損など
  • 改造が原因となる故障・破損
  • ソフトバンク指定以外の機器及び消耗品が原因の故障
  • 水没・水漏れシールが反応している場合

ソフトバンクのGoogle Pixel 3修理料金

初期不良や不具合などで自然故障した場合スマホ自体に問題がある事になるわけですから、基本的に1年以内の修理は無料で行えます。自然故障であれば1年以内の修理は何度でも無料となっているため、購入後不具合に気づいた時点で早めにソフトバンクに修理を依頼する事が重要です。

しかし、ユーザーの使い方に問題がある場合は例え購入後1年以内であっても高額な修理料金が必要となる可能性があります。料金は端末によっても異なるため一概には言えませんが、ソフトバンクの公式HPにあるシミュレーションを利用すると以下のような金額となります。

保障等に加入していない場合のGoogle Pixel 3の画面割れは1年未満でも見込みで16,200円~、水漏れや破損などでは見込みで27,000円~と非常に高額です。

現在では10,000円~20,000円台で購入する事が出来る格安スマホも多くありますから、状況によっては買い替えた方が安くなる可能性もあるでしょう。このような状況になってしまわないためにも、万が一に備えた保障に加入しておく事は重要なポイントです。

購入してからの期間自然故障画面割れその他(故障・破損・水漏れなど)
1年未満修理0円(見込み)16,200円~(見込み)27,000円~(見込み)
1年~2年16,200円~(見込み)16,200円~(見込み)27,000円~(見込み)
2年以上16,200円~(見込み)16,200円~(見込み)27,000円~(見込み)

ソフトバンクで加入できる保障


画像引用元:あんしん保証パックプラス(あんしん保証パック) | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクでGoogle Pixel 3などのAndroid端末向けに用意されている保障は、月々500円(税抜)の「あんしん保証パック」と月々650円(税抜)の「あんしん保証パックプラス」です。

2つの大きな違いは「ケータイなんでもサポート」が利用できる事と対応機種が事なる事ですが、Google Pixel 3はどちらも加入可能となっています。

この保障に加入している事で1年以上の自然故障が無償修理となるのはもちろん、水漏れや破損で修理可能な場合は上限5,000円(税抜)で修理を行ってもらえます。また、水漏れや破損の際のデータ復旧は無料、オンライン修理受付サービスの20%割引きがあるなどメリットが多い内容となっています。

年間で計算すると最低でも6,000円以上の費用となってしまいますが、Google Pixel 3などの新機種ほど壊れた時の修理代金は高いものです。スマホが壊れるリスクを考えると、万が一に備えて保障に加入しておいた方が良いのは間違いありません。

購入してからの期間自然故障画面割れその他(故障・破損・水漏れなど)
1年未満
1年~2年
2年以上
修理0円(見込み)
配送交換8,100円
修理1,620円~(見込み)
配送交換8,100円
修理5,400円~(見込み)
配送交換8,100円

Google Pixel 3が壊れた時にまずやる事は?

Google Pixel 3に限らず、購入したスマートフォンが突然壊れたら誰でも慌ててしまうものです。端末本体のみならず、保存された写真や電話帳など大切なデータが心配で居ても立っても居られなくなるかもしれません。

しかし、スマートフォンが壊れたらまずは修理の申込みではなく、自身でバックアップやデータの保存などを行う必要性があります。

キャリアに修理依頼を申込むと個人情報保護の観点からデータなどは完全に消去されますので、基本的にはユーザー自身でのバックアップやデータ保存が推奨されているのです。

また、データの保存の他にもおサイフケータイの残高移行やLINEの引き継ぎ情報登録なども基本的には自身で行っておく必要性があるでしょう。

上記でご紹介したあんしん保証パックにはメモリーデータ復旧サービスも付随していますが、水漏れや破損などで端末交換となった場合はデータ復旧の可否に関わらず廃棄となる上、そもそも完全にデータが復旧できるとは限りません。

まだ端末が動作するなら、まずは時間をかけてデータの保存やバックアップを行っておきましょう。

修理に出す前の主要確認ポイント

  1. データのバックアップ
  2. おサイフケータイの残高預入
  3. LINEの引継情報登録
  4. アカウント/各種IDのメモ
  5. アプリ内のデータ保存

端末が動かない・操作できない場合

スマホが故障した際、必ずしもデータの保存・バックアップが出来る状況だとは限りません。画面の全面破損でそもそもスマホの操作が出来ない・電源が入らないという事もあるでしょうから、自身でデータの保存・バックアップが出来ない可能性も十分あり得るのです。

このような場合はPCと接続して専用のソフトを使う事でデータの吸いだしを行ったり、専門の業者に依頼するという方法も考えられます。また、おサイフケータイであれば運営会社に直接問い合わせを行う事で状況次第では残高の移行・預入が可能です。

しかし、どのような方法でデータを保存するにせよ基本的にはスマホの電源がしっかり入る事が条件となります。電源がしっかり入るという事はつまり、画面は操作出来ないが基盤など内部には問題が無いという事です。

大切なデータを守るためにも、バックアップや保存はスマホが壊れる前から定期的に行っておくのが良いのではないでしょうか。

保障に加入してGoogle Pixel 3を使おう

いかがだったでしょうか。今回は11月1日に発売されたばかりのGoogle Pixel 3の情報をはじめ、壊れた時の修理依頼方法と加入すべき保障などを合わせてご紹介しました。AppleのiPhoneシリーズなど、近年ハイエンドモデルのスマートフォンの価格は100,000円を上回る事も珍しくありません。

そのような高価なスマートフォンが壊れた際、保障などに加入していないと高額な修理費用が必要となってしまいます。端末が壊れるだけでも一大事ですが、保存してある大切なデータまで失ってしまう事になるわけですから元に戻す時間などを総合的に考えても大変です。

ソフトバンクで用意されている保障制度は端末を修理する際に使えるだけでなく、条件次第ではデータの復旧なども行ってもらえるなど多くのメリットがあります。高価なGoogle Pixel 3を安心して長く使うためにも、ソフトバンクが提供する保障への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket