楽天モバイルでeSIM契約から初期設定までの手順|再発行の注意点

楽天モバイルでスマホをeSIM契約から初期設定するまでの手順を解説していきます。eSIMにする際の注意点や、設定の際に注意する点もまとめています。またトラブル時の対処方法や再発行する方法なども解説しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 2021年7月12日
楽天モバイルでeSIM契約から初期設定までの手順|再発行の注意点
楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!

楽天モバイルでは、物理的なnanoSIMの他に、eSIMの提供も行っています。

eSIMならSIMカードを差し替える必要や、SIMカードの到着を待つ必要がなくすぐに利用開始できて便利です。

本記事では、楽天モバイルでeSIM契約から初期設定までの手順をまとめて紹介します。

新たに楽天モバイルでeSIMを契約したい人はもちろん、nanoSIMからeSIMへ切り替えたいと考えている人もぜひチェックしてください。

楽天モバイルのことが全てわかる!楽天モバイルへ乗り換えで6万円得する方法!購入から開通までの手順楽天モバイルがiPhone12・SEを
キャリア最安で発売!
>楽天モバイル公式を見る

eSIMとは

楽天モバイルeSIM

そもそもeSIMとは、スマートフォンに内蔵された一体型のSIMのことです。

一般的になSIMカードはnanoSIMと呼ばれる小さなチップのようなSIMカードをスマートフォンに差し込んで使います。

nanoSIMとは違い、物理的なSIMカードではないので、SIMカードの差し替えや到着を待つ必要がありません。

申し込みが完了後からすぐに設定をして使い始められるのも特徴です。

デュアルSIMの使い方が便利

nanosim
デュアルSIM

機種によってはnanoSIMとeSIMのデュアルSIMに対応している端末もあります。

iPhoneであればiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降の機種が対象です。

デュアルSIMとは、2つの電話番号やモバイル通信を1台のスマホで使い分けられる便利な機能となっています。

例えば、電話はキャリアの電話を使用して、インターネット通信は楽天モバイルを使用する方法や、仕事用とプライベート用の電話番号を分けるなどの使い方が可能です。

機種変更時の手続きには注意が必要

注意点
eSIM契約の注意点

eSIMの注意点として、機種変更を行った場合の変更手続きが少し面倒になります。

SIMカードを差し替えて初期設定をするだけで機種変更ができるnanoSIMとは違い、eSIMでは移行手続きが必要です。

楽天モバイルならオンラインでの手続きで手数料も無料でできますが、手続きが必要となる点は覚えておきましょう。

楽天モバイルでeSIM契約から初期設定までの手順

楽天モバイル
楽天モバイルでeSIM契約から初期設定までの手順

楽天モバイルでeSIM契約から初期設定までの手順は以下の通りです。

  1. eSIM対応の端末を用意する
  2. 楽天モバイルへ申し込む
  3. eSIMの初期設定を行う

それぞれの手順について詳しく紹介していきます。

eSIM対応の端末を用意する

eSIMはすべての端末で利用できるのではなく、eSIM対応端末が必要です。

iPhoneであれば、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降の機種であればeSIMに対応しています。

対応端末はSIMロック解除の手続きも必要となるため、事前に準備しておきましょう。

キャリアオンライン電話店舗
ドコモ「ドコモオンライン手続き」→「その他」→「SIMロック解除手続き」→製造番号の入力→「SIMロック解除を申し込む」にチェックを入れて申し込み151ドコモショップ
auMy au→「契約内容手続き」→「SIMロック解除のお手続きはこちら」-auショップ
ソフトバンクMy SoftBank→「契約・オプション管理」→「SIMロック解除手続き」→製造番号の入力→「解除手続きをする」-ソフトバンクショップ
UQモバイルmy UQ mobile→「契約確認・変更」→「詳細を確認・変更する」→「SIMロック解除」0120-929-818-
ワイモバイルMy Y!mobile→「契約の確認・変更」→「SIMロック解除手続き」→製造番号の入力→「解除手続きする」-ワイモバイルショップ

また、楽天モバイルでeSIM対応端末をセット購入も可能です。

楽天モバイルへ申し込む

楽天モバイルで利用する端末の用意ができたら、楽天モバイルへ申し込みを行います。

  1. 「my 楽天モバイル」アプリから申し込み手続きへ進む
    楽天モバイルの申し込み
  2. 必要なオプションがあれば選択してeSIMを選択し、「この内容で申し込む」をタップする
    楽天モバイルの申し込み手順
  3. 楽天IDでログインする
    楽天モバイル申し込みフロー
  4. 契約者情報を確認し、「AIかんたん本人確認(eKYC)」を選択する
    楽天モバイル申し込み手順
  5. 「書類を読み込む」をタップする
    楽天モバイルの申し込み手順
  6. 運転免許証もしくはマイナンバーカードを選択する
    楽天モバイル申し込み手順
  7. 表示に従って本人確認書類を正面から撮影する
    楽天モバイルの申し込み手順
  8. 表示に従って厚みがわかるように本人確認書類を傾けて撮影する
    楽天モバイルの申し込み手順
  9. 運転免許証の場合は裏面を撮影する
    楽天モバイル申し込み手順
  10. 表示に従って自分の顔の撮影をする
    楽天モバイルの申し込み手順
  11. 電話番号の選択をする
    楽天モバイル申し込みフロー
  12. 受け取り方法などを設定して申し込みを完了させる
    楽天モバイル申し込み手順

上記の手順で楽天モバイルのeSIMの申し込みが完了します。

本人確認書類の確認は、画像アップロードなどでも可能ですが、アプリからeKYCを利用すると最短5分で本人確認が完了するのでスムーズです。

eSIMの初期設定を行う

申し込み手続きが完了したらeSIMの初期設定を行います。

  1. 「my 楽天モバイル」アプリにログインする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  2. ログイン後、画面上部に表示される「申し込み番号」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  3. 5分ほど経ってからページを更新し、「開通手続きをする」ボタンが表示されるのを待つ
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  4. 「開通手続きをする」ボタンをタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  5. 「続ける」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  6. 「モバイル通信プランを追加」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  7. 「続ける」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  8. 「続ける」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  9. 「続ける」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  10. 「続ける」をタップする
    楽天モバイルのeSIM設定手順
  11. 「開通手続きが完了しました」の表示を確認して終了
    楽天モバイルのeSIM設定手順

上記は、iPhone XS/XR以降のiPhoneでeKYCで本人確認を行った場合の手順です。

eKYCを使わずに申し込みをした場合は、表示されるQRコードを楽天モバイルで使うスマホで読み込む必要があります。

そのため、初期設定はパソコンや他のスマホなどの端末で行うようにしてください。

楽天モバイルのnanoSIMからeSIMへ変更する手順

既に楽天モバイルを利用していて、nanoSIMからeSIMへ変更する手順について紹介します。

機種変更を行ったときの移行手続きも同じ手順になるため、確認しておきましょう。

eSIMを再発行して手続きをする

  1. my楽天モバイルアプリを開き、「契約プラン」を開く
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  2. 「各種手続き」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  3. 「SIM交換」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  4. 「再度ダウンロード(再発行)」にチェックを入れて「再発行を申請する」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  5. 内容を確認して「確定する」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  6. 「SIMの交換を申請しました」と表示されるのを確認する
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  7. 画面右上の三本線をタップ→「申し込み履歴」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  8. 申込番号の下の「>」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  9. 「開通手続きをする」をタップする
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  10. 「OK」をタップする(iPhoneの場合は「続ける」をタップ)
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  11. 画面上部にある「開通手続きが完了しました」の表示を確認する(Androidの場合)
    楽天モバイルのeSIM変更手順
  12. アンテナが表示されれば完了
    楽天モバイルのeSIM変更手順

楽天モバイルでnanoSIMからeSIMに変更する場合の手順は上記の通りです。

eSIMを再発行するときの注意点

eSIMの再発行手続きをするときは以下の点に注意してください。

eSIMを再発行するときの注意点
  • 忘れずにeSIMを選択する
  • 前のeSIMは使えなくなる

現在楽天モバイルのnanoSIMを使っている場合は、同じページでnanoSIMの再発行もできるため注意が必要です。

再発行手続き時時にeSIMの選択を忘れずに行った上で再発行をするように注意してください。

機種変更の場合で既にeSIMを使っている場合は、再発行手続きをした時点で前のeSIMは使えなくなります

そのため、再発行手続前に新しいスマホの準備などを行ってから手続きをするように注意してください。

楽天モバイルのeSIMへの変更がうまくできないときの対処法

OPPO A73 eSIM
eSIMのトラブル対処方法

楽天モバイルのeSIMの変更がうまくできないときの対処法について紹介します。

楽天モバイルのeSIM設定がうまくいかないとき
  • 本人確認が完了しない
  • 「eSIM開通用のQRコードを表示する」ボタンが表示される
  • 切り替えのためのQRコードが表示されない
  • 手続きは完了したがインターネット接続・音声通話が使えない
  • 開通が終わったのに準備中のままになっている

本人確認が完了しない

楽天モバイルでeSIMを申し込む際に、my楽天モバイルアプリからeKYCを利用して本人確認をすると約5分で本人確認が完了します。

しかし、ウェブサイトから申し込みをした場合や、本人確認書類のアップロードなどeKYC以外の本人確認を選択した場合は1週間程度かかるので注意が必要です。

また、もし入力した内容と本人確認書類に不備がある場合は、メールが届くため、メールの内容に従って手続きを行ってください。

「eSIM開通用のQRコードを表示する」ボタンが表示される

開通手続き時に「eSIM開通用のQRコードを表示する」ボタンが表示される場合は以下の通りです。

  • eKYCで申し込み手続きをしたがeSIMを利用するスマホ以外で開通手続きをしている
  • eKYCを利用せずに申し込みをした

eKYCで申し込み手続きをした場合は、実際にeSIMを利用するスマホで開通手続きを行えばQRコードを読み込まなくても開通手続きができます。

また、どちらの場合でもeSIMを利用したい端末でQRコードを読み込めば開通手続きができるので、焦らずに手続きを行ってください。

切り替えのためのQRコードが表示されない

本人確認の方法をeKYC以外で手続きをした場合、開通切り替えのためのQRコードを読み込む必要があります。

my楽天モバイルアプリから開いてみて、切り替えのためのQRコードが表示されない場合は、ウェブ版から開いてみてください。

それでも切り替えのためのQRコードが表示されない場合は、楽天モバイルの公式サポートへの問い合せが必要です。

手続きは完了したがインターネット接続・音声通話が使えない

開通までの手続きが完了したものの、アンテナが立たない場合やインターネット接続や音声通話ができない場合は以下を試してみましょう。

  • しばらく待ってみる
  • 再起動をする
  • 機内モードのON/OFFをする
  • モバイルデータ通信のON/OFFをする

上記を試しても改善されない場合は、楽天モバイル公式サポートへ問い合わせをしてください。

準備中のままになっている

楽天モバイルのeSIM申し込み後、本人確認が完了すると開通手続きへ進めます。

申し込み履歴画面で申し込み番号をタップ後、「開通手続きをする」ボタンが表示されれば本人確認が完了している状態です。

この場合でも表示されるステータスは準備中のままになっていますが、問題はありません。

また、開通手続きが無事に完了いした後もステータスが準備中のままになっている場合があります。

これは反映が遅れているだけで、反映までに1週間程度かかる場合もあり、eSIMでの通信が問題なく行えていれば気にする必要はありません。

楽天モバイルでeSIMを始めてみよう!

本記事では、楽天モバイルのeSIMへの申し込み方法から初期設定までまとめて紹介しました。

楽天モバイルで初めてeSIMを利用する人も多く、不安に感じている人も多いかもしれませんが、実際の手続きは手順通りに進めば簡単に終えられます。

楽天モバイルでeSIMを使ってみたいと考えている人は、本記事を参考に申し込みから初期設定までを行ってくだい。


楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
みっさん
家電量販店にて3年間携帯販売をして培った知識を活かし、スマホに関する「わかりにくい」情報を「わかりやすく」お届けします。ソフトバンクユーザーですが、ドコモ・au・ワイモバイル・楽天モバイルの利用経験があります。