読了時間:約 2

突然スマホが故障したら…考えたくはありませんが、落としたり水没させてしまったりすることは結構よくあることです。この記事では、そんな「イザ」というときに備えてauのスマホが故障したときに確認すべきことや、修理に費用や期間はいくらかかるのかなど、知っておくと役に立つことを紹介していますのでご覧ください。

au|新型iPhoneへ機種変更時に入るべきスマホの修理・補償・保険

auのスマホが故障?まず確認したいこと

実は故障していないのかも?

スマホの故障が疑われるときにまず確認したいことは、本当に故障してしまったのかどうかということです。とくに電源が入らないときや操作に反応しないような場合、故障ではないことが多いようです。こんなときには、以下に挙げることを試してみてください。

もう一度充電してみる

スマホの電源が入らない!特に充電したばかりのときには故障を疑ってしまいますね。こんなときには焦らずもう一度充電してみましょう。ケーブルやアダプタが劣化していればうまく充電できないので、別のもの(できれば正規品)に交換してみるとうまく充電できる場合が多いようです。

充電できたらもう一度電源を入れてみましょう。これで無事電源が入れば大丈夫ですが、その後も同じようなことが続くならバッテリーの寿命かもしれません。

この場合にはバッテリーを交換すれば解決しますが、お手持ちのスマホがバッテリーの交換ができないタイプであれば、auまで修理に出すか端末の買い替えが必要となります。なお、水濡れが疑われるときに充電は禁物です。水濡れのケースでの対策は、後ほど解説します。

強制終了してみる

スマホが操作に反応しなくなっているときは、スマホのOSやアプリのフリーズが考えられます。このような場合には、スマホの強制終了+再起動を試してみてください。パソコンでもそうですが、何をやってもダメだったトラブルが、強制終了+再起動することでウソのように解決することがよくあります。

強制終了の方法は機種によって異なっていますが、多くのAndroidでは電源ボタン(+ボリュームボタン)を10秒以上長押しすればOK、iPhone7までの機種では電源ボタン+ホームボタンを長押ししてAppleマークが表示されたらOKです。

iPhone X / 8では、「音量を上げるボタン」「音量を下げるボタン」を押してからAppleロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けてください。

アプリを再インストールしてみる

特定のアプリの動作だけがおかしい場合には、バックアップを取ったうえでそのアプリを再インストールしてみることをおすすめします。アプリの不具合は、再インストールで以前の状態に戻ることがよくあるのです。

また、旧バージョンの端末に最新のアプリをインストールすると、うまく動作しないことが多いため注意が必要です。

付属品を取り外してみる

ここまで試してもイマイチなときには、一度電池パックやSIMカード・microSDカードを取り外してみましょう。接触部にゴミがついていたら、綿棒などでそっと取り除いてからセットし直すと復活するはずです。

これでダメなら、本当に故障していることが疑われますが、最後にもうひとつ試してほしい方法があります。

auの公式アプリ「故障紛失サポートアプリ」を利用する


画像引用元:Android™ スマートフォン/タブレットの故障・修理 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

落下や水没などの原因が思い当たらない場合なら、修理に出す前にauの公式アプリ「故障紛失サポートアプリ」を試してみましょう。「故障紛失サポートアプリ」は、スマホの故障トラブルをサポートしてくれるアプリで、以下のようなサービスを受けることができます。

  • クイック診断
    データ履歴(キャッシュ)のクリーニング+故障診断サービス
  • 交換申し込み(故障紛失サポートに加入中の方限定)
    Web(24時間対応)または電話からスマホの交換を申し込めるサービス
  • データ移行アプリ
    利用中の機種に対応したデータ移行アプリを起動

「故障紛失サポートアプリ」は、スマホ購入時に「故障紛失サポート」に加入しておく必要があり、月額料金は以下の通りです。

機種 月額利用料
スマートフォン(4G LTE)
4G LTEタブレット
630円※1
スマートフォン(3G)
ケータイ(4G LTE)/ケータイ(3G)
データ通信端末
フォトストレージ端末(4G LTE)
据置き型ルーター(4G LTE)
380円

よくあるトラブルに対して解決策をアドバイスしてくれる「故障紛失サポートアプリ」は、スマホに詳しくない人でも操作できるため気軽に使うことができ、トラブル症状の改善が期待できます。また、故障診断から交換の申し込みやデータの移行まで行えるため、大変重宝なアプリとなっています。

故障以外でも、「クイック診断」を定期的に行うことで端末をリフレッシュできるので、日頃から活用していただきたいサービスです。

水没・水濡れの場合は要注意

水没・水濡れが原因で故障が疑われるときは、慎重に対応してください。誤った対応をしてしまうと、被害が拡大してしまうこともあるからです。

電源ONや充電はNG

ここで覚えておいていただきたいことは、水没・水濡れで電源ボタンを押したり電源ケーブルを刺したりすることは絶対に禁物ということです。

実は水に濡れしまったスマホが必ず故障してしまうとは限らず、うまく対処すればそのまま使い続けられることもあるのです。けれども、スマホ内部に水分がある状態で通電するとショートして、故障してしまうことになります。

ドライヤーで乾かすこともNG

スマホを早く乾かそうとして、ドライヤーを当てることも禁物です。ドライヤーを当てると端末が高温になり、故障してしまう危険性があるためです。

端末を振ることはNG

端末を振って水を切ろうとすることも禁物です。端末を振ることで内部に入った水が拡散し、被害がかえって大きくなってしまうからです。焦って思わず振ってしまいがちですが、ここは抑えて次の章で紹介する方法をお試しください。

でも早く乾かしてあげて

電子機器であるスマホは、水が苦手です。水没や水濡れに遭ってしまったら、やはり早く乾かしてあげることが必要です。まずタオルで表面の水気を拭き取ってから、電池パックやSIMカード・SDカードなどを取り外します。これらの水気も拭き取り、内部の水気は綿棒などでそっと吸い取りましょう。

その後しっかりと自然乾燥させてから元に戻せば、何事もなかったように復活することもあります。なお、ジュースや味噌汁などのような糖分や塩分が含まれた水分の場合は、乾かしても元に戻らないことが多いようです。

修理に出す前に確認したいこと

ここまで紹介した方法を試してみてもダメだった場合、修理が必要と考えられます。けれどもあわててauショップに駆け込む前に、以下のことを確認してください。

修理が可能な機種かどうかを確認

そもそもお手持ちの機種の修理受付期間が終了している場合、修理してもらうことはできません。補修用部品の保有期間は製造終了後4~6年間で、この期間が過ぎると修理受付は終了となります。

お手持ちの機種がまだ修理を受付けてもらえるかどうかは、auのwebサイトにある「修理受付対応状況」で確認できます。

データのバックアップを試みる

修理に出すと、スマホ内のデータは初期化されて消えてしまいます。そのため、データをバックアップしたいのですが、電源が入らなければ自力でデータを取り出すことは不可能です。今さらですが、日頃からこまめにバックアップをとる習慣をつけておくことが、スマホの故障対策としては最重要といえるでしょう。

1 2