docomo with ドコモ ドコモの料金プラン
読了時間:約 1 minute

スマホの2台持ちや、携帯にタブレットの組み合わせなど、1人2回線の契約を持つのも珍しくありません。大手携帯キャリア各社でも2台持つこと前提のプランやキャンペーンも充実しています。

ここでは、大手携帯キャリアの中でもドコモの「2台目プラス」を利用したお得な方法を紹介します。中には4,000円以上お得になる方法も紹介しますのでぜひご覧ください。

2台目プラスとは

1人で2台目の契約にデータ通信プランを契約する場合、パケットパックのデータ通信量をシェアできるサービスです。”カケホーダイプラン””カケホーダイライトプラン””シンプルプラン”と同一名義であることが条件です。

データ通信量を複数台でシェアをする場合シェアパックの契約を案内されますが、2台目の契約が音声プランではなくデータ通信プランであれば2台目プラスを利用することで、”ベーシックパック””ウルトラデータLパック””ウルトラデータLLパック”が選択できます。

契約するのには

2台目プラスを契約するにはまず1台目の契約が同一名義で契約であることが絶対条件です。契約しているプランも”カケホーダイプラン””カケホーダイライトプラン””シンプルプラン”である必要があります。古いプランで契約されている方はプラン変更も行いましょう。

さらにパケットパックを”ベーシックパック””ウルトラデータLパック””ウルトラデータLLパック”の中から選択します。

1台目の条件が確認・変更したら2台目をデータプランで契約し、パケットパックを契約せずシェアオプション500円(税抜)を契約します。2台目プラスが自動的に適用されます。

2台目プラスのメリット

2台目プラスは様々な割引と併用することができます。例えば、対象機種を購入し使い続ける限り毎月ずっと月額料金に1,500円の割引を受けることができるdocomo withの併用が可能です。

他にも購入機種ごとに異なる割引を受けることができる月々サポートや、ドコモを長く利用している方にうれしいずっとドコモ割プラスも併用可能です。

もちろん一番大きなメリットは、2台目に契約するデータプラン回線とデータ通信量がシェアできる点です。シェアパックだと3台以上の複数台数シェアできるメリットはありますが2台だけだと割高になっていまう可能性があります。

シェアパックは確かに大きなデータ通信容量のプランが用意されていますが、1人で契約する場合でもウルトラデータLパックなどデータ通信量に余裕のあるプランが充実しています。1人で2台のみの契約なら2台目プラスはベストなサービスと言えます。

注意すべきポイント

2台目プラスはあくまでも2台目をデータプランで契約すること、1台目と同一名義で契約することが必須です。2台目を音声プランで契約したい場合は2台目プラスを適用することはできません。

また、すでに1台目でシェアパックを契約している状態で2台目契約を行うと、2台目プラスは適用されません。シェアパックグループへの追加か、単独でパケットパックを契約する方法を選択することになります。

2台目プラスの特徴と注意点を踏まえてどんな方法で持つのがお得なのか、1台目と2台目のデータ通信プランをそれぞれ契約した場合と、2台目プラスを利用した場合で月額がどのくらい変わってくるのかチェックしていきましょう。

携帯とタブレット

それぞれ独立したプランで契約した場合

2台目プラスを利用せずそれぞれ携帯とタブレットを契約した場合、携帯の契約プランをカケホーダイプラン(ケータイ)2,200円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ケータイパック300円~4,200円(税抜)=2,800円~6,700円(税抜)

タブレット側の契約プランをデータプラン1,700円(税抜)+SPモード300円(税抜き)+ベーシックパック 1GB 2,900円(税抜)=4,900円(税抜)とします。

それぞれをの月額料金を合計すると毎月7,700円~11,600円(税抜)かかります。携帯側のデータ通信量が10MB以下に収まれば2台で7,700円(税抜)です。

しかし携帯とはいえ今やガラホと呼ばれる携帯端末はスマホと同様のサイトを閲覧することができます。10MB程度のデータ通信量で上限金額に上がってしまうため、11,600円(税抜)かかるものと思っておいた方が良いでしょう。

上限は2GBまで使えます。しかしデータ通信量が10MBは超えても、2GBの通信は余ってしまうことも多いのではないでしょうか。そんな時2台目プラスを利用すれば無駄なくまとまります。

2台目プラスを利用して契約した場合

2台目プラスなら、携帯の契約プランをカケホーダイプラン(ケータイ)2,200円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ベーシックパック ステップ1 1GB 2,900円(税抜)=5,400円(税抜)

タブレット側の契約を、データプラン1,700円(税抜)+SPモード300円(税抜き)+シェアオプション500円=2,500円(税抜)とします。

2台の月額料金を合計すると毎月7,900円(税抜)です。1GBで心許なければ、ベーシックパック ステップ2 3GBまでの利用でパケットパックが4,000円(税抜)なので、2台合計で9,000円(税抜)です。

それぞれ独立した契約のプランと2台目プラスを利用したプランの月額料金の差額は、2,600円~3,700円(税抜)ほどとなりかなり安く押さえることができます。

スマホとタブレット

それぞれ独立したプランで契約した場合

2台目プラスを利用せずそれぞれスマホとタブレットを契約した場合、スマホの契約プランをカケホーダイプラン2,700円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ベーシックパック ステップ1 1GB 2,900円~ステップ4 20GB 7,000円(税抜)=5,900円~10,000円(税抜)

タブレット側の契約プランをデータプラン1,700円(税抜)+SPモード300円(税抜き)+ベーシックパック ステップ1 1GB 2,900円~ステップ4 20GB 7,000円(税抜)=4,900円~9,000円(税抜)とします。

それぞれの月額料金を合計すると、毎月10,800円~19,000円(税抜)となります。スマホもタブレットそれぞれ20GBも使うヘビーユーザーの方はなかなか居ないかもしれませんが、それでもそれぞれの契約で持つのはコストがかかり過ぎてしまう印象です。

2台目プラスを利用して契約した場合

2台目プラスを利用してプランを組む場合、1台目のスマホの契約プランをカケホーダイプラン2,700円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ベーシックパック ステップ1 1GB 2,900円~ステップ4 20GB 7,000円(税抜)=5,900円~10,000円(税抜)

タブレット側の契約を、データプラン1,700円(税抜)+SPモード300円(税抜き)+シェアオプション500円=2,500円(税抜)とします。

2台合計した月額料金が毎月8,400円~12,500円(税抜)となり、それぞれ独立さいた契約で持つパターンと比較すると、月額料金の差額が2,400円~6,500円(税抜)も安くなります。

データ通信量をあまり使わない方より、使う方の方が差額が大きくお得に感じられます。また、毎月20GBのデータ通信を行う割合が多い方はベーシックパックより、ウルトラデータLパック 20GBがおすすめです。

ウルトラデータLパック 20GB は毎月の月額料金が6,000円(税抜)なので、さらに1,000円(税抜)安く押さえることができます。

シェアパックとの違い

2台目プラスもシェアパックもひとつのパケットパックをシェアして使うことができるという点では一緒です。

1人で2台の契約をするなら2台目プラスが使い易いというメリットは紹介しましたが、シェアパックにも魅力的な点が多々あり、しっかり比較検討したうえで2台目プラスを契約するかどうか判断していきましょう。

シェアパックは2台目プラスと違い3台以上の複数回線でデータ通信量をシェアすることが可能です。

複数回線でシェアすることが前提なので選べるパケットパックも2台目プラスと異なり、”ベーシックシェアパック””ウルトラシェアパック”のプランの中から選びます。

ウルトラシェアパックだと最大で100GBのプランも用意されているため、たっぷり使う可能性のある方は余裕を持ったプランニングもできます。

また、2台目プラスは1台目も二台目も同一名義であることが条件ですが、シェアパックは同じファミリー割引グループ内の回線であれば名義が異なっていてもシェアすることが可能です。

2台目以降の契約はデータ通信プランに限定されず、音声プランの契約でもシェアすることができるのがシェアパックの大きなポイントです。

もし、2台だけの契約であっても、異名義契約や音声プランで2台契約したい場合はそれぞれ独立した契約にするか、シェアパックを選択することになります。

シェアパックよりお得

3台以上の複数台の端末でデータ通信量をシェアする場合は、シェアパックでないと組むことができません。しかしそんなシェアパックより2台目プラスを利用した契約の方が安く済む場合があります。

スマホ2台とタブレット

シェアパックの場合

家族2人でそれぞれスマホ1台とスマホとタブレットの2台持ちをしたい場合、シェアパックでの契約を案内されます。さらにタブレットを加え3台の契約ということであれば、1台あたりの月額料金が安くなるためシェアパックのメリットが発揮されるからです。

例えば1台目の契約をカケホーダイプラン2,700円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ベーシックシェアパック ステップ1 5GB 6,500円~ステップ4 30GB 1,5000円(税抜)=9,500円~18,000円(税抜)

2台目の契約をカケホーダイプラン2,700円(税抜)+SPモード300円(税抜)+シェアオプション500円(税抜)=3,500円(税抜)とします。

3台目のタブレット側の契約を、データプラン1,700円(税抜)+SPモード300円(税抜き)+シェアオプション500円=2,500円(税抜)とします。3台の合計月額料金が毎月15,500円~24,000円となります。

3台で5GBのデータ通信量で間に合うという話であれば、1台あたり5,000円ほどの月額料金になるので安く感じますが、20GBほどたっぷり使いたいとなれば1台あたり8,000円ほどの月額料金になるので決して安いわけではありません。

スマホとタブレット2台持ちしたい家族が、基本的にタブレットをメインにデータ通信を楽しむということであれば、2台目プラスで契約する方がお得になります。

2台目プラスの場合

例えば1台目の契約をカケホーダイプラン2,700円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ウルトラデータLパック 20GB 6,000円(税抜)=9,000(税抜)

2台目の契約をカケホーダイプラン2,700円(税抜)+SPモード300円(税抜)+ベーシックパック ステップ1 1GB 2,900円(税抜)=5,900円(税抜)とします。

3台目のタブレット側の契約を、データプラン1,700円(税抜)+SPモード300円(税抜き)+シェアオプション500円=2,500円(税抜)とし、1台目に2台目プラスを利用し契約をまとめます。

3台の合計の月額料金は毎月17,400円となり、シェアパックを利用して契約した場合と比較すると差額6,600円(税抜)も安くなります。

とにかく安く押さえたいのであれば、シェアパックを利用したデータ通信量の安いプランでまとめる方がお得ですが、余裕を持てデータ通信を楽しみたいのであれば2台目プラスを利用した契約の方が安くまとまります。

全く通話を利用しない方

2台目プラスは2台目がデータプランでの契約であれば利用できるサービスです。2台目の契約端末をタブレットではなくスマホで契約することも可能です。

もちろんプランはデータプランで音声回線ではないので通話はできません。しかし、まったく通話を利用しない方は、2台目プラスを利用することで月額料金を安く押さえることができます。

通話はできませんが電話番号は契約上割り振られます。LINEなどでの電話番号を利用した年齢認証は問題なく行えます。何かあればLINEで通話もできるので、データプラン契約のスマホのみでもそこまで不便はないかもしれません。

ただし2台目プラスの利用は必ず同一名義で契約することが必須条件なので、家族と相談し契約をまとめてもらう必要があります。検討してみてはいかがでしょうか。

さらにお得なプランを使って安く

2台目プラスと組み合わせて、より月額料金をお得に利用できるプラン、サービスをご紹介します。ぜひ活用していきましょう。

シンプルプラン(スマホ)

通話のほとんどが待ち受け、もしくは全く通話を利用しない方向けのプランです。無料通話分はありません。こちらから発信した場合は国内通話料20円(税抜)/30秒がかかります。

ファミリー割引グループ内での通話は無料なので、家族との通話は気兼ねなく利用することができます。

通話をあまり利用しないのであれば、1台目の契約にシンプルプラン(スマホ)を組み合わせることでより安く押さえることができます。ぜひ現在の契約プラン、通話状況を見直してみましょう。

docomo with

docomo withとは対象機種を購入し、次の機種変更を行う時まで月額料金からずっと毎月1,500円割引してくれるサービスです。同じスマホを2年以上長く使い続ける方にはお得なサービスです。

シンプルプラン(スマホ)や、ベーシックパック ステップ1 1GBなどの月額料金が安いプランでも割引は適用されます。

また、対象端末自体も本体価格が安く購入しやすいのもポイントです。月額料金だけではなく端末価格も安く押さえられるのはお得です。

スペックや機能も充実した機種がラインナップしているのも魅力です。また、2018年9月より対象機種にiPhone 6sが加わりました。

2台目契約を検討するなら2台目プラスがお得

毎月の月額料金を安く押さえることができるだけではなく、データ通信量を無駄なく使えるのもこの2台目プラスの魅力的な要素です。自分の契約、家族みんなの契約をこの機会に見直してみましょう。

タブレットの契約を検討している方や、データ通信専用の2台目スマホを持ちたいなと考えている方はぜひ2台目プラスを利用して契約してみてはいかがでしょうか。

Pocket