Android iPhone ドコモ ドコモ 手続き
読了時間:約 2

ドコモオンライショップには、「下取りプログラム」というサービスがあります。

ドコモの下取りプログラムは、古いスマートフォンをドコモへ下取りを出すことで、相当額を新しく購入する機種の代金から割り引いてくれるというものです。

この記事では、この下取りプログラムについて解説していき、「傷あり・画面割れスマホでも下取りしてもらえるのか?」についても解説します。

dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入する必要あり

下取りプログラムの適用条件として「dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入されていること」があります。

引用元: 下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ

未加入の方は利用できませんのでご注意ください。

ほぼ全機種が下取りプログラムの対象になる


下取りの対象となる機種ですが、iPhone・iPad、Androidスマートフォンやタブレット、ドコモケータイならほぼ全機種が対象です。

下取りプログラムで最大38,000円(税込)の割引!


下取りプログラムを使うと、最大で38,000円(税込)まで値引きしてもらえます。

大きいですね。購入する機種の値段によっては半額以下になりそうです。

「良品」か「画面割れ品」で値段が変わる

下取りプログラムでは、下取りする機種の状態を「良品」か「画面割れ品」に分けています。

良品であればより高い値段で下取りしてもらえて、画面割れ品であれば良品より安い値段での下取りになります。

どこまでが「良品」扱い?

気になるのは、どこまでの状態を「良品」としてもらえるのかですよね。

明確な基準があるのでしょうか。

ドコモに問い合わせたところ、実際の端末の状態を見てから判断しますとのことでした。

ただ、新品同様でなくてもいいそうです。

よほどの割れ方でなければ「良品」扱いしてもらえる?

複数報告によると、端末が汚いとか、傷がある程度なら「良品」として受け取ってもらえることが多いそうです。

画面に傷があっても「良品」だったという報告もありました。

「画面割れ品」というのは、本当に思いっきり画面が割れているような状態のことを指しているのかもしれません。

完全に故障している場合は下取り不可

画面が割れていても下取りしてくれますが、端末が壊れていて動かないような場合は下取りしてもらえませんのでご注意ください。

主な下取り条件

・下取り申込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
・下取り申込み機種に故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
・下取り申込み機種に記録されているメモリ/データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)
・改造していないこと
・お客様が下取り申込み機種の所有権を有していること
・電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと

下取りは店頭でも郵送でも可能

下取りは、店頭に機種を持って行ってしてもらうこともできますし、郵送する方法もあります。

ドコモに問い合わせたところ、店頭か郵送かで査定の基準が変わることはないそうです。

iPhoneを下取りに出したときの値段


例えばiPhoneを下取りに出すと、いくら値引きしてもらえるのでしょうか。

実際に価格を見てみたいと思います。

ドコモで買ったiPhoneを下取りに出すケース

では、ドコモで買ったiPhoneを下取りに出す場合について見てみましょう。

下取り対象機種 下取り価格(店頭/郵送下取り価格)
良品 画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
38,000円 11,400円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
30,000円 9,000円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
22,000円 6,600円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
17,496円 5,200円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
15,000円 4,500円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
11,000円 3,300円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
4,000円 1,200円
iPhone 5c
(16GB/32GB)
4,000円 1,200円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
15,000円 4,500円

表の価格はすべて税込で、2018年4月3日(火曜)以降の価格です。

iPhone 7のような新しい機種ほど価格が高く、機種が古くなるほど安くなっていくのがわかりますね。

最高額の38,000円(税込)に達するのはiPhone 7 Plusの良品しかないのが少々残念ですね。

「良品」と「画面割れ品」では3分の1以上の差額がありますね。

その他で買ったiPhoneを下取りに出すケース(au、ソフトバンク、SIMフリー版など)

次に、ドコモ以外で買ったiPhoneを下取りに出す場合について見てみましょう。

下取り対象機種 下取り価格(店頭/郵送下取り価格)
良品 画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
38,000円 11,400円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
30,000円 9,000円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
22,000円 6,600円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
17,496円 5,200円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
15,000円 4,500円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
11,000円 3,300円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
4,000円 1,200円
iPhone 5c
(8GB/16GB/32GB)
4,000円 1,200円
iPhone 5
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4S
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4
(8GB/16GB/32GB)
1,000円 300円
iPhone 3GS 1,000円 300円
iPhone 3G 1,000円 300円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
15,000円 4,500円

iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3Gなど、ドコモから購入した場合には対象になっていなかった機種が対象になっていますね。

いずれもかなり旧い機種です。下取り価格は安いですが、今さら中古ショップなどに売るよりもいいかもしれません。

他はドコモで購入したiPhoneの場合と条件は変わりません。

他社Android端末も下取りプログラムの対象!


iPhoneと同様、ドコモ以外で購入したAndroid端末も下取りプログラムの対象になります。

Android端末の最大割引額は32,000円(税込)です。

Android端末は種類が非常に多いので、リストは公式サイトから確認してみて下さい。

ドコモ公式サイト: 下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ

ドコモで機種変更するなら是非下取りプログラムを利用しよう!


以上、ドコモの下取りプログラムの解説でした。

下手に中古ショップに売るよりも高値で引き取ってもらえる場合も多いので、使っていない端末を持っている方は是非とも利用することをオススメします。

端末に傷がある程度なら「良品」として受け取ってもらえます。

画面が割れていても、「画面割れ品」として下取りしてもらえます。ただ「良品」の価格と比べると3分の1以下になってしまいます。

端末が壊れて動作しないような場合は下取りしてもらえません。

下取りプログラムの利用条件のひとつとして、「dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入されていること」というのがあることにも注意してください。

詳細な手続方法などについては参考まページもご確認ください。

関連:ドコモオンラインショップで機種変更|下取りプログラムの手続き方法

ドコモ公式サイト: 下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ

トップ画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/shitadori/

Pocket