ドコモの解約金を確認する方法と1000円で解約できない理由

ドコモの解約金を1,000円にするための条件や注意点をまとめてご紹介していきます。ドコモで解約する際に高額の解約料を取られる可能性があります。そうならないためにも自信の解約タイミングや解約料金の確認をしておきましょう。

  • 2021年1月17日
ドコモのトップ画像

2019年10月にドコモは解約金を、9,500円から1,000円に値下げすることを発表しました。

どのタイミングで解約しても解約金の負担が少なく済むので、気軽に他社への乗り換えを検討される方も増えたのではないでしょうか。

しかし、実は、誰でも必ず解約金1,000円で解約できるわけではありません。今現在の契約状況によっては9,500円の解約金が発生してしまう可能性があります。

今回ここでは、そんなドコモの解約金について、1,000円で解約するためのポイントと、ドコモの解約金を確認する方法をご紹介します。

ドコモの解約金を1,000円にするためのポイント

ポイント
ドコモの解約金を1,000円にするためのポイント

ドコモを解約する際に、解約金が1,000円にならない人は、下記2つの理由に当てはまります。

解約金が9,500円になる条件
  • 旧プランを契約している
  • 更新月以外で新プランにしている

解約金が1,000円になるのはあくまでも新プランに変更された方のみです。旧プランのままでは解約金は9,500円のままとなります。

また、更新月以外に急いで新プランに変更しても、すぐに解約金は変更されません。

では、どうすれば解約金1,000円で解約することができるのか、具体的なプランとタイミングをご紹介します。

解約金が1,000円になる料金プラン

シンプル2択な料金プラン
ギガホとギガライト

解約金を1,000円にするには、まず2019年10月以降に登場した新プランに変更する必要があります。

2019年10月以降に登場したプランは下記になります。

  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • データプラス
  • キッズケータイプラン
  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • 5Gデータプラス

ギガホ、ギガライト、ケータイプラン、データプラス、キッズケータイプランは、旧プランも名前が一緒なのでややこしいです。

しかし、毎月の明細などには新旧どちらなのか混乱させないため、新プランにはギガホ2といったように、プラン名の横に”2”を加えて表記しています。

家族が契約を一括管理されている方は、ご自身のプランが旧プランなのか、新プランなのか確認しておきましょう。

解約金が1,000円になるタイミング

新プランに変更してすぐに解約しようとお考えの方は、早まらずご自身の更新月も確認しましょう。

解約金が1,000円になるのは、新プランに変更した後の次回更新月以降の解約からとなります。

例えば、次回更新月が2021年5月契約回線は、2020年11月に新プランに変更しても2021年5月までの間に解約した場合は解約金が9,500円かかります。

次回更新月である2021年5月以降の解約であればいつでも解約金は1,000円です。(もちろん更新月での解約であれば解約金はかかりません)

ご自身の契約の更新月も確認しておきましょう。また、更新月の期間中に解約するのであれば、解約金自体が発生しません。

更新月の期間中であれば、新プランに変更の際に2年の定期契約なしのプランに変更することも可能です。

▲目次に戻る

ドコモの解約金を確認する方法

早速、ご自身の契約が旧プランなのか新プランなのか、また、更新月がいつなのか確認していきましょう。

契約内容は3つの方法で確認することができます。

電話で確認する

ドコモのお問い合わせ窓口の番号は下記になります。

  • ドコモの携帯電話からかける場合:151
  • その他の電話からかける場合:0120-800-000

お問い合わせの際には、契約を確認したい回線の番号と、暗証番号を用意しておくとスムーズに確認できます。

ただし、混み合っていて繋がるまでに時間がかかる場合が多いため、時間に余裕がない時はおすすめできません。

ドコモショップで確認する

現在ドコモショップでは基本的に予約制を取っていますが、タイミングよく空いていれば、すぐ確認してもらえる可能性もあります。

ただし、契約者本人でないと内容が確認できないため、家族名義え契約している場合は家族に確認してきてもらいましょう。

また、ご自身名義であっても本人確認は求められますので、運転免許証など、本人確認書類も忘れずに持っていきましょう。

My docomoで確認する

My docomo

暗証番号さえがわかれば、My docomo」で確認する方法が一番おすすめです。待ち時間もなく、お持ちの携帯電話からすぐに確認することができます。

docomo ID・PWを設定していれば、パソコンからアクセスして確認することも可能です。

現在契約中のプランを確認する場合は下記の通りです。

>My docomo公式サイトへ

  1. My docomoにログインし、「契約内容・手続き」を選択する
  2. 画面を少しスクロールすると「料金プラン・パケットパック」の内容が確認できます。

更新月の確認する場合は下記の通りです。(この方法で契約プランを一緒に確認することもできます)

  1. My docomoにログインし、「契約内容・手続き」を選択する
  2. 画面下部までスクロールし、「全てのご契約内容の確認」を選択する
  3. 契約情報詳細が表示される中の2ページ目、「ご契約プラン」の項目内にて確認可能

「契約満了月は○○年○月です」と表示されています。更新月は、契約満了月の当月・翌月・翌々月の約3ヶ月です。

例えば2021年6月が満了月の場合は、2021年6月〜8月までの間で解約を行えば解約金はかかりません。

ドコモの解約金を確認する方法のまとめ
  • 電話で確認:繋がりにくい時間帯もあるが、気軽に問い合わせできる
  • ドコモショップで確認:契約者本人じゃないと確認できない
  • My docomoで確認:暗証番号やdocomo ID・PWがわかればすぐに確認できる

▲目次に戻る

ドコモの解約金で注意すべきこと

注意点
ドコモの解約で注意すること

解約金にどうしても気を取られがちですが、他社に乗り換えする際には、解約金以外にも費用が発生したり確認しておくべきことがあります。

ドコモの解約時に注意するポイントはこちらの2つです。

機種代金の分割払いが残っていないか

解約の際に、現在使用している機種の機種代金の分割払いが残っている場合は、完済するまで支払いが続きます。

もちろん分割払い以外に、解約の手続きの際に残金を一括精算することもできます。

しかし「スマホおかえしプログラム」に加入されている方は一括精算すると、24ヶ月目以降の機種代金の還元を受けることができず損になります。

特別な理由がない限り、一括精算せず残りの機種代金はそのまま分割払いを継続した方が良いでしょう。

乗り換えにかかる手数料

他社に乗り換える場合は、ドコモの解約金以外に下記手数料がかかります。

その他手数料
  • MNP予約番号発行手数料:2,000円
  • 新規契約手数料:3,000円

ドコモの場合、MNP予約番号の発行手数料は2,000円です。手数料の請求は他社に乗り換え(新規契約)が完了して初めて発生します。

後日、最後の利用料金と一緒に手数料も請求されます。また、予約番号を発行しても他社に乗り換えしなければ、請求は発生しません。

MNP予約番号を発行したけれど、有効期限内に乗り換えをしなかった場合は、番号が自動消滅するだけなので特別な手続きもいりません。

新規契約事務手数料は、乗り換え先のキャリアで発生します。

乗り換えを行う際には、解約金1,000円以外に少なくとも5,000円は費用がかかることを念頭に入れておきましょう。

解約金がかかる人は機種変更キャンペーンの方がお得

解約金が1,000円だと、気軽に乗り換えを検討したくなるものですが、ドコモでは機種変更の方にもお得なキャンペーンを用意しています。

キャンペーンもしっかりチェックしてから、機種変更するのか他社に乗り換えるのか検討してみてください。

ドコモの機種変更キャンペーンはこちらでまとめているので、自分に合った割引をしっかり確認したい方はこちらもチェックしてみてください。

端末購入割引

端末購入割引
ドコモ 端末購入割引

端末購入割引は、対象機種を購入することで、機種代金から5,500円~22,000円(税込)の割引してくれるキャンペーンです。

下記割引金額は2020年11月5日現在の金額となります。

対象機種割引額
iPhone XS(64GB)(256GB)13,200円
iPhone XR(64GB)

現状は2機種のみですが、時期によってはドコモのオンラインショップ限定で対象機種が増えたり、還元内容が変わったりすることがあります。

ドコモのオンラインショップも、定期的にチェックすることをおすすめします。

はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ 購入サポート
ドコモ はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ購入サポートは、その名の通り初めてスマホへにする方が対象のキャンペーンです。対象機種を購入することで、機種代金を割引します。

他社の3G回線を使っていてドコモに乗り換える方はもちろんのこと、ドコモの3G回線(FOMA)から機種変更される方も対象です。

ドコモの3G回線(FOMA)から機種変更される方向けの、対象機種は、2020年11月2日現在では下記になります。

対象機種割引額
iPhone XS Max(64GB)(256GB)(512GB)110,000円
iPhone XS(512GB)110,000円
iPhone XS(64GB)(256GB)55,000円
iPhone XR(256GB)88,000円
iPhone XR(128GB)99,000円
iPhone XR(64GB)55,000円
Galaxy A41 SC-41A22,000円
らくらくスマートフォン me(F-01L)22,000円
らくらくホン F-01M11,000円
AQUOS ケータイ SH-02L11,000円

割引額がかなり大きく、iPhone XS(512GB)であれば、110,000円も割引されるため、機種によっては乗り換えするよりも機種変更の方がお得な可能性もあります。

これからはじめてスマホに変えられる方は、ぜひ検討してみてください。

ただし、中にはオンラインショップではすでに販売終了しているものもあるため、手に入らない場合もあります。

ほしい機種が決まったら、まずはお近くのお店に在庫があるか確認してみましょう。

MNP乗り換えを検討している方は、ドコモの機種変更で使える5種類のクーポンでお得にする方法があるので、こちらも是非チェックしてみてください。

▲目次に戻る

早めに新プランに変更しよう

ドコモの解約金が1,000円に変わったからとはいえ、今の契約のまま1,000円に変わるわけではありません。

乗り換えしようと決断した時に、実は旧プランのままの契約だったとなれば残念ですよね。早めに現在の契約プランと、更新月の確認をしておくことをおすすめします。

また、今なら新プランのギガホで、一ヶ月のデータ通信容量がプラス30GB増えて、60GBまで使えるキャンペーンも行っています。

今契約している旧プランで、データ通信容量に不満のある方は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
masyumaron
2匹の猫と暮らす、元・ドコモショップ店員。ソフトバンクもauも販売スタッフ経験あり。スマホ2台持ち10年目。現在もたまに家電量販店で各キャリアのキャンペーンスタッフのバイト中。SHARPとGalaxyシリーズが好き。