読了時間:約 2

ドコモでは、契約期間中の解約や定期契約のない料金プランへの変更時などに、解約料金・違約金が発生する場合があります。場合があるというと、一部の特殊ケースのようにも聞こえるかもしれませんが、実際は大半のユーザーが発生する契約を結んでいます。

解約料金・違約金は、知らなかった、では済まされない問題です。このページでは、ドコモの契約期間中の解約料金・違約金について解説し、ドコモでiPhone Xを購入している場合を想定して試算を行います。

ドコモからMNP乗り換え先をソフトバンクにすることで、頭金0円・高額キャッシュバックがもらえる「おとくケータイ.net」がお得です。

現在のドコモの基本プラン


はじめに、現在のドコモの基本プランを見てみましょう。金額は特別な表記がない限りすべて税抜とします。

スマートフォン向け 月々の料金(税抜)
カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 2,700円
カケホーダイプラン(2年定期契約なし) 4,200円
カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 1,700円
カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 3,200円
シンプルプラン(2年定期契約あり) 980円
カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 2,480円
データプラン(2年定期契約あり) 1,700円
データプラン(2年定期契約なし) 3,200円
タブレット向け 月々の料金(税抜)
データプラン(2年定期契約あり) 1,700円
データプラン(2年定期契約なし) 3,200円
ケータイ向け 月々の料金(税抜)
カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 2,200円
カケホーダイプラン(2年定期契約なし) 3,700円
カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 1,200円
カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 2,700円
シンプルプラン(2年定期契約あり) 980円
シンプルプラン(2年定期契約なし) 2,480円
らくらくホン向け 月々の料金(税抜)
カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 2,700円
カケホーダイプラン(2年定期契約なし) 4,200円
カケホーダイプラン(2年定期契約あり) 1,700円
カケホーダイライトプラン(2年定期契約なし) 3,200円
キッズ向け 月々の料金(税抜)
キッズケータイプラン(2年定期契約あり) 500円
キッズケータイプラン(2年定期契約なし) 1,000円

この他、「データ通信製品向け」と「デジタルフォトフレーム製品」というカテゴリーもあるのですが、それはスマホ・ケータイという枠組みから外れるためここでは割愛します。

さて、基本プランのうち、赤字にしたプランがあります。赤字になっているプランは、解約金が発生するプランです。

整理すると、すべてのプランの「2年定期契約あり」で解約金が発生します。そして、大半のユーザーが「2年定期契約あり」の契約を結んでいるのが実情です。

「2年定期契約あり」とは

「2年定期契約あり」とは、開始から2年間は継続するという契約であることを示しています。これがよく言われる「2年縛り」の正体です。

この縛り中に解約するときに、解約金が発生します。

解約料金・違約金は9,500円(税抜)

それでは気になる解約金の額ですが、これは一律で9,500円となっています。契約から1ヶ月目で解約しても、1年11ヶ月目で解約しても変わりません。

一度「2年定期契約あり」で契約を結んでしまった以上は、きっちり2年間は継続しないと9,500円という余計な負担がかかってしまうのです。

「2年定期契約なし」で契約すればいい?

「2年定期契約あり」での途中解約は、9,500円の解約金が発生してしまいます。それでは、「2年定期契約なし」ならどうなのでしょうか。

「2年定期契約なし」であれば、2年待たずに解約しても 解約金は発生しません。例え1ヶ月目に解約したとしても同様です。それならば、「2年定期契約なし」で契約したほうがお得な気がしますね。

ところが、実際はそうでもありません。「2年定期契約なし」では、「2年定期契約あり」と比べて、すべてのプランで月々の料金が1,500円も高くなってしまいます。月々1,500円というと馬鹿になりません。

仮に、「2年定期契約なし」で2年間使った場合、「2年定期契約あり」と比べてトータルで36,000円も高くついてしまいます。それどころか、1年間でも18,000円も高いわけですから、これなら解約金9,500円を払ったほうが安いです。

「2年定期契約なし」が得するラインは6ヶ月目までに解約する場合

「2年定期契約なし」が得するには、「2年定期契約あり」より月々1,500円多く払っている分が、9,500円を上回る前に解約するしかありません。つまり以下のようになります。

  • 1ヶ月目で解約する場合 9,500円-1,500円=8,000円の得
  • 2ヶ月目で解約する場合 9,500円-3,000円=6,500円の得
  • 3ヶ月目で解約する場合 9,500円-4,500円=5,000円の得
  • 4ヶ月目で解約する場合 9,500円-6,000円=3,500円の得
  • 5ヶ月目で解約する場合 9,500円-7,500円=2,000円の得
  • 6ヶ月目で解約する場合 9,500円-9,000円=500円の得
  • 7ヶ月目で解約する場合 9,500-10,500円=1,000円の損

以降、1,500円ずつ損が拡大していきます。

つまり、短期で解約する場合でなければ「2年定期契約なし」にメリットはありません。そして、短期で解約することを前提にわざわざ契約するユーザーは現実的にはほとんどいないでしょう。

これについてドコモショップにも尋ねてみましたが、「2年定期契約なし」で契約するユーザーは少数とのことでした。

次のページでは2年定期契約の落とし穴について解説します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2 3