読了時間:約 1 minute

ドコモでもモバイルWi-Fiルーターを取り扱っています。しかし他社ほど大きく売りに出しているように見えず、どのようなプランなのかわかりにくい印象です。

実際ドコモのモバイルWi-Fiルーターがどのくらい使い易いのか、評判とともに料金や速度についても紹介します。

ドコモのモバイルWi-Fiルーター


画像引用元:Wi-Fi STATION N-01J|製品|NTTドコモ

モバイルWi-Fiルーターは、インターネットに接続するための小型の無線LAN機器のことです。

モバイルWi-FiルーターとポケットWi-Fiを混合されている方も多いようですが、そもそもポケットWi-Fiはソフトバンクの登録商標です。

ドコモでの名称について厳密には「データ通信製品」と呼んでいます。

データ通信製品もポケットWi-Fiもそれぞれのキャリアでの名称であり、どちらもモバイルWi-Fiルーターのことを指しています。

ドコモユーザー向けの料金プラン

ドコモユーザー向けというのは、すでにドコモで音声プランの契約をお持ちの方がシェアオプションでモバイルWi-Fiルーターを契約する場合の料金です。

  • 月額基本使用料:1,200円(税抜)
  • インターネット接続サービス:200円(税抜)
  • シェアオプション:500円(税抜)
  • インターネット接続サービスについては「mopera U シンプルプラン」での契約になります。

    スマートフォンの契約に合計で月々1,900円(税抜)追加するだけでモバイルWi-Fiルーターが利用できます。

    1,900円だけで持てるなら非常に安く感じますが、端末代が別であること、データ通信容量はスマートフォンで契約しているパケットパックと共有です。

    端末代に関してはキャンペーンなどで一括支払い代金が安くなる時もあるので、タイミングによってはそこまで負担になりません。

    しかしデータ通信容量はどのくらい利用するかで、スマートフォンで契約しているパケットパックを見直す必要があります。

    データ通信単独契約の料金プラン

    シェアオプションを利用しスマートフォンのパケットパックとデータ通信容量を共有しない場合、単独でパケットパックを契約することになります。

    例えば契約するパケットパックを、「ウルトラデータLパック(20GB)」で契約した場合で計算してみましょう。

  • 月額基本使用料:1,200円(税抜)
  • インターネット接続サービス:200円(税抜)
  • ウルトラデータLパック(20GB):6,000円(税抜)
  • 上記3点を合計すると毎月7,400円(税抜)の支払いになります。20GB使えるとはいえ、単独契約は非常に高く感じます。

    特徴とメリット・デメリット

    料金プランだけに囚われずサービスの良し悪しもしっかり検討しましょう。

    ドコモのモバイルWi-Fiルーターのメリット・デメリットそれぞれご紹介します。

    ドコモのモバイルWi-Fiルーターのメリット
    • 工事不要で即日開通かんたん設定
    • 高速で安定した通信
    • サービスエリアが広い
    • 安心のセキュリティ
    • アフターケアがしっかりしている

    工事不要・即日開通のメリットはモバイルWi-Fiルーターの一番の強みです。また、ドコモの場合は全国にショップや販売店の数も多いのですぐ手に入れることができます。

    ドコモの通信サービスエリアは非常に広く、また通信が安定しているのも魅力です。

    速度に関しては2019年3月8日に新端末が発売されたことにより、一部エリアでは受信時最大1,288Mbps、送信時最大131.3Mbpsもの超高速通信が実現しました。

    モバイルWi-Fiルーターの中では他社含め国内最速となりました。

    インターネット接続サービスでmopera Uを契約することで、「特定サイトブロック」や「ウィルスサイトブロック」を無料で利用できます。

    アフターケアに関してはモバイWi-Fiルーターの特徴というより、ドコモの特徴というべき点でしょう。

    端末の故障の相談や受付は全国どこにでもあるドコモショップで対応ができますし、補償に入っていれば修理代金の負担も少なく、dポイントで支払うことも可能です。

    受信時最大1,228Mbpsってどれくらい速いのか

    1,228Mbpsと表記されると若干わかりづらいですが、1,000Mbps=1Gbpsなので要は1Gbps超え速さということになります。

    今の光回線が個人で契約する場合大体1Gbpsプランなので、数値だけ見ると光回線並みの速さです。

    もちろん有線・無線の違いがありますので光回線の方がより安定してはいるものの、モバイルWi-Fiルーターはどこでも持ち出せるのでこの速さを外で使えるのは魅力的です。

    ドコモのモバイルWi-Fiルーターのデメリット
    • 月額使用料が高い
    • 通信制限がある

    意外にもデメリットとして挙げられる点は2つだけでメリットの方がやや優勢に見えますが、実はこの2点がデメリットとして大きすぎる理由になります。

    まず月額使用料ですが、単独契約の場合まず他社と比べても非常に高く気軽に契約には踏み出せません。

    契約するパケットパックにもよりますが、一番安くできるプランでもベーシックパックのステップ1(~1GB)で2,900円(税抜)、全て合わせて4,300円(税抜)です。

    1GBまでしか使えないのに、4,300円は高いです。他社だとWiMAXなら4,380円(税抜)でWiMAX 2+のデータ通信量は上限なし、LTE通信は上限7GBまで利用できます。

    ドコモのベーシックパックは段階制で上がっていくので1GBを超える通信になれば次のステップの料金が発生します。

    また、auやソフトバンクにはモバイルWi-Fiルーターを契約すると月額使用料が割引になる、auスマートバリュー(ルーター割引)やPocket Wi-Fiセット割があります。

    ドコモにはモバイルWi-Fiルーターを契約しても、月額使用料が割引になるサービスがありません。スマートフォンとセットで契約する特別なメリットがないのです。

    もうひとつネックなのが通信制限があることです。固定回線の代わりに契約するのであれば20GB使えるウルトラデータLパックでも足りない可能性があります。

    他にも家族でシェアパックを契約している場合、自分以外の家族がたくさんデータ通信量を使ってしまえば、自分が気を付けていても制限がかかってしまいます。

    通信制限は大きなデメリット

    モバイルWi-Fiルーターの利用目的は外でパソコンをインターネットに繋げるだけではありません。

    スマートフォンの通信量を節約したり、快適に利用したくて契約する方もいるのではないでしょうか。寧ろそれが目的の方が多いかもしれません。

    ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、紹介したようにスマートフォンとパケットパックをシェアするか、単独契約の2他通りの持ち方があります。

    しかし、パケットパックをシェアする契約だと、スマートフォンで通信制限がかかっているのであればモバイルWi-Fiルーターも同じ状態です。

    結局は通信制限が解除される翌月1日まで耐え忍ばねばなりません。

    次のページでは、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの評判をご紹介します。

    1 2